« モミジの若葉 | トップページ | 大阪より丹後の宮津へ »

2008年4月14日 (月)

書写山円教寺

2008_04_10_007syuku

姫路 書写山円教寺

2008 4 10

姫路といえば、あまりに有名な姫路城

ほとんどの観光客は姫路を訪れても、お城だけ見て、日帰りで次の予定地へ移動してしまう。

西の比叡山と言われる書写山円教寺を知らずとは、あまりにもったいないことである

姫路駅からバスで約20分、リフトで書写山山頂へ2008_04_10_001syuku 2008_04_10_003syuku                       

山は満開の桜と燃えるような新緑、小雨に濡れて鮮やかに映える

円教寺は966年前の性空上人によって開かれた。

トム、クルーズと渡辺 謙 主演の映画「ラストサムライ」や2003年のNHK大河ドラマ「武蔵」のロケ地になり、一躍世に知られるようになったが、素晴らしい寺である。

京都や奈良の有名な寺院とは、全く趣きを異にする静かな寺院である。

私は単身赴任で姫路在住の頃、3回も訪れているが、非常に印象が深いお寺である。

山門から、桜やミツバツツジの咲く山道を約1km歩くと、摩尼殿2008_04_10_0syuku 2008_04_10_011syuku                      

摩尼殿から、さらに裏道を進むと、美しい三つの堂が並んだ広場に出る

正面が食堂、右側が大講堂、左が常行堂、、、2008_04_10_015syuku 2008_04_10_017syuku 2008_04_10_014syuku                                                                

私が始めてここを訪れた時は、この広場がライトアップされ、小椋 桂さんの夜間コンサートが行われた。

真ん中の食堂、ここで「ラストサムライ」のトムクルーズと渡辺 謙が対じし問答をするシーンの撮影が行われた。2008_04_10_031syuku

この古い木の柱には、中国攻めの織田軍の羽柴秀吉(小太郎)の落書きがある、、2008_04_10_025syuku

この食堂は修行僧が寝食したところ、二階建てである。

この長い廊下と広場、、、ここでNHK大河ドラマで武蔵と宝蔵院胤舜2008_04_10_055syuku が対決した。                 

食堂の裏側は美しい木々2008_04_10_043syuku                                          

ほんとに静か 外国人の観光客の二人連れが、時折、おとづれるのみ、、、2008_04_10_041syuku

この広い円教寺境内の中には、姫路城主であった本田家や榊原家、松平家の墓もある。

春、秋、冬、、いづれの季節もそれぞれの味わいと趣き、美しさのある円教寺

雨が降り、霧で覆われた円教寺、、是非訪れたいと、以前から思っていたが、やっと実現したのである。

以前,訪れた時は、マンションのある飾磨から姫路城、さらに書写山、片道十数Kmを徒歩で往復した。

今日はバスで

姫路城から駅に向かって右側の通り、かもめ屋というお店がある2008_04_10_065syuku                        

このお店の名物料理は海老と牛フィレステーキ2008_04_10_073syuku にバターソースのかかったの、、        

夕食 ちょっと贅沢だったかな~

大阪に引き返して、宿泊は大阪

今日も応援クリック よろしくお願いします。

花・ガーデニング部門にエントリーしています。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« モミジの若葉 | トップページ | 大阪より丹後の宮津へ »

コメント

霧で覆われた円教寺~何と神秘的・・・。
お寺だから~神様じゃないわ・・・何と表現したら良いでしょうか??
神戸に長く住み、姫路にも友人がいたのに、知りませんでした。
ゆっくり帰省した折には、是非訪れてみたいです。
かもめ屋も・・・・。

投稿: viviel | 2008年4月14日 (月) 00時58分

おおおーーーーーーーーーーーー。
なんともいえない、重み。
霧の中にただずむ。
言葉にできない。
それをとりまく緑。

パーフェクト。(たしか渡辺ケンが繰り返し映画のなかで言っていた)

ため息さえ、そこの空気に吸い込まれていきそう。

前から思っていたんだけど、日本ってお城よりお寺のほうが豪華できれいだね。なんで?


投稿: LAの次女 | 2008年4月14日 (月) 03時22分

外国の方を案内するのに、私は京都より奈良、
お寺は京都宇治にある黄檗寺!
(美味しいベジタリアン料理の普茶料理♪)
大阪に住んでいるので、近場は四天王寺、
ランチは広田屋と決めていましたが、
姫路の円教寺、はずせませんね。
こんな穴場を知りませんでした。

ザ・ラストサムライの映画が評価されたのには
このお寺の風景も役に立っているのかしら?
立派な食堂ですね。柱の美しさ・・・圧巻!
お食事は「神戸ビーフ」をかもめ屋さんで、
って、できすぎてます?(笑)

投稿: cchiyochiyo | 2008年4月14日 (月) 04時43分

れおぽん、ラストサムライ行きました。
なので、今すごくあのシーンを思い出しました。
ここがロケ地だったんですね。

姫路城からもう少しのところだったんですね。
とても行ってみたくなりました。

武蔵も少し見ていたけど、気が付きませんでした。

danger>>cchiyochiyoさまのおっしゃっている
京都宇治の黄檗寺は、れおぽん泊まって座禅やったことありまする。
もちろん、子供時代です。

投稿: れおぽん | 2008年4月14日 (月) 08時07分

わ~懐かしい~

よく行ったんです~書写山!

遠足とか、家族でも~

ここの、精進料理も一度食べました~

中学以来行ってないかも~


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2008年4月14日 (月) 09時26分

古刹には惹かれる何かがあります。

それにしても立派な寺院・・・すごい造りですね。
木組みの至る箇所に、昔の大工たちの腕・技・・・いい仕事してますね~と言いたくなります。

こんな大きな建造物だと、丁寧にみていたら一日がアッと言う間でしょうね。

投稿: ば~ば | 2008年4月14日 (月) 10時36分

vivielさま
姫路近辺の人は知っていますが、あまり全国的には知られていない、、、でも、「ザ、ラストサムライ」のロケ地だったことから、外国向けのツアーガイドで、日本を訪れる外国人のほうがよく知ってるようです。
966年前と全く同じ、人工的なものが無く、自然と寺院が一体となり静かな雰囲気、、
是非、訪れてください。
感動します。

投稿: ナベショー | 2008年4月14日 (月) 12時57分

LAの次女さま
お城にも姫路城など立派なのがあるけど、古い寺院は素晴らしいね。
特に、この円教寺は、自然と一体になった美しさ、静かな三つの建物の前に立つと言葉で表せないものを感じます。
特に外国の訪問者は、古い日本の美しさに圧倒されるでしょう。

投稿: ナベショー | 2008年4月14日 (月) 13時07分

cchiyocihyoさま
「ザ、ラストサムライ」の当初の計画には、円教寺の場面は無かったそうです。
姫路観光をした撮影スタッフが、市の職員に案内されて書写山円教寺を訪れた時、その、古き日本の美しさに感動して、映画の場面、ロケ地に決定したそうです。
多くのお寺がありますが、この円教寺の美しさほど感動したところはありません。
姫路城と書写山、、姫路日帰りだと、二つを一日で見るのはしんどいかもしれませんが、是非、案内したいところですね。
13時半ころ、姫路駅について、駅に帰ってきたのは17時ころ、午前中に姫路城を見れば、午後にはいけますね。

投稿: ナベショー | 2008年4月14日 (月) 13時19分

れおぽんさま
僕も「ラストサムライ」を見たときは、このお寺がロケに使われたことは知りませんでした。
姫路で書写山へ行ってから、それを知りました。
是非、訪れてください。
ウイークデイだと、外国人の観光客がほんのちらほら、静かですよ。

投稿: ナベショー | 2008年4月14日 (月) 13時23分

マグロ君さま
兵庫県、姫路近辺の人は、学校の遠足、合宿などで一度は行ってるんですね。
精進料理、、予約制でしたね。
中学校以来、、、多分、当時と全く変わっていないと思います。

投稿: ナベショー | 2008年4月14日 (月) 13時26分

ば~ばさま
これらの建物以外にも、たくさんのお堂や歴代姫路城主の大名の墓などがあり、感動いたします。
何も手を加えず、素朴で、自然と溶け込み、一体となった美しさ、、表現のしょうがないほどです。
日本の他の寺院とは異なり、ユニークな寺院ですが、日本らしさをもっとも表した寺院だと思います。

投稿: ナベショー | 2008年4月14日 (月) 13時30分

ナベショウサンおかえりなさい。
こんな素敵なところへ行ってらしたのですね。

ラスト・サムライも、武蔵も見ましたが、あのシーンがおもい出されなくて、残念です。

本当にすばらしいお寺さんですね。
しみじみと見入りました。
なにか、心が洗われるおもいです。


映画、”かもめ食堂”ならぬ、かもめ屋なのですね。
すごいボリューム満点のお食事ですね。
みているだけで、おなかが満腹になりました。

投稿: にりんそう | 2008年4月14日 (月) 16時26分

にりんそうさま
数回行ったところでしたが、春の新緑、雨の日の円教寺を訪れてみたいと思っていましたが、ついに実現しました。
ラストサムライでは、渡辺 謙がたどたどしい英語で、捕らえられたトムクルーズと、寺の本堂で初めて語り合う場面でした。
西洋文明を取り入れて古きを捨てようとする明治政府に対し、古き日本の美しいもの、武士道を守ろうとするサムライたち、まさしく円教寺の雰囲気とぴったりでした。
かもめ屋、、、瀬戸内海の漁師がたくさん獲れ過ぎた海老がもったいなくて、素人の海老料理を考案して店で食べさせたのが最初の発端、、というお店、、
地味な料理ですが、ボリュームがあり、美味しい料理です。

投稿: ナベショー | 2008年4月14日 (月) 18時51分

書写山円教寺。

雨にぬれて黒々と立ち並ぶ伽藍。
周りの木々の芽吹きの色も美しく、桜、ミツバツツジも
花をそえて、、、名刹の静けさのなかに居られたのですね。

感動するとおなかが空きます。
これ、ご健康な証拠!
うふっ、すごいボリューム!^^

投稿: もも | 2008年4月14日 (月) 19時15分

 初めて書き込みします。
ナベショーさんのブログは、我がパソコンのお気に入りに入っていて、身近な花の美しさを感じさせる写真、一工夫あるお値打ち料理、青春18切符でいく楽しく旅と、私の楽しみのブログの一つで、毎日楽しく拝見しています!!
 今回、円教寺の記事、大感激です。じつは、ラストサムライの映画は、すごく気に入っていて、なんと、2回も見に行った作品なんです。日本にあるお寺で撮影したことは、知っていたのですが、姫路の、、、、などという詳しいことは、今、初めてしりました。本当にすばらしいお寺ですよね。
ワーッ!!いつか行きマース。

投稿: にこにこメイ | 2008年4月14日 (月) 20時54分

ももさま
秋も良いですが、春の季節、新緑に包まれた雨の円教寺は、美しく、静かでした。
感動もしましたが、ずいぶんと歩きましたので、すっかりお腹が空きました。
このお店は姫路、赤穂など播州では知られたお店、外国人がこのお料理を大変喜びます。
お肉の重量、海老の数など、いくつかのランクがあるので、そのときの空腹具合と財布の中に相談して、、、

投稿: ナベショー | 2008年4月14日 (月) 21時00分

にこにこメイさま
ようこそ こんにちは!
毎日、見ていただきありがとうございます。
ラストサムライ、実は私も二回見に行きました。
その後、姫路に単身赴任して、明日、書写山円教寺に行くと言ったら、工場の人から「あそこでラストサムライのロケやったんだよ」と教えられて初めて知りました。
ほんとに素晴らしい寺ですよ。

投稿: ナベショー | 2008年4月14日 (月) 22時25分

こんにちは~~
チョットお邪魔しない間に地元の紹介の記事に
釘ズケです、ナベショーさんとっても詳しい記事
に脱帽です、ちなみに小椋桂さんのコンサート、
行きましたよ~~かもめ屋も時々家族と行きますが
姫路に住んでいるものより解りやすい記事でした~~heart04

投稿: kyutarou | 2008年4月15日 (火) 15時04分

kyutarouさま
そうだ、、地元でしたね~
円教寺、、幾度訪れてもいいですね。
今回は新緑とミツバツツジ、小雨と霧に包まれた幻想的なのを期待していきました。 ばっちり!
かもめ屋、、美味しいですね。

投稿: ナベショー | 2008年4月15日 (火) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モミジの若葉 | トップページ | 大阪より丹後の宮津へ »