« トロロアオイが発芽した! | トップページ | 今日は茶摘納め! »

2008年5月 6日 (火)

新女王蜂が誕生!

2008_05_05_020syuku_2

桐の花

桐の木は、ほとんどが大木、、、その枝枝に白っぽく淡い紫の美しい花が房状に咲いている

枝が高いので、近接撮影だ出来なかったが、桐の花の美しさは、十分に感じていただいたことでしょう。

もう少し、リアルな写し方ではいかがでしょう!2008_05_05_022syuku                         

この桐の花を撮影したのは、5月5日、、、、、

え~、、、、そんなはずはない、、と思われる方もいらっしゃることでしょう。

4月   藤

5月   菖蒲

6月   牡丹と蝶

7月   萩と猪

9月   菊に杯

10月  紅葉と鹿

11月  柳に蛙

12月  桐に鳳凰

桐の花は12月に咲く?、、、、5月の今咲いてるよ!

11月だっておかしいぞ、、、、、、陰暦で11月は冬、、蛙は冬眠してるはず、、

花札カルタ、、、今の今まで何の疑問も持っていなかったよ!

今日は蜜蜂の検査2008_05_06_007syuku

10日ほど前、一つの箱、、王台を一つ残して、女王を別の箱に移した。

もうボツボツ、新女王が誕生してる頃、、、

おおっ!

王台の先端が破られている、、、

どこかに新女王がいるはずだよ!

いました!2008_05_06_002syuku  茶褐色の細長いお腹、、、すばやい動きで這い回っている          

6万匹の蜜蜂の中から、女王蜂を見分けるの、、、最初の頃はなかなか見つけられなかった。

これから1週間ほどすると発情する

働き蜂が新女王を誘導して、雄蜂達がたくさん集まってるところに案内する

新女王は空を高く高く飛んでいく、、、雄蜂達が後を追う

最後まで着いて来れた雄蜂が新女王と空中で交尾する

その瞬間に、雄蜂の生殖器は女王にもぎ取られて、雄蜂は息絶えて地上に落下する。

その幸運にあずかれなかった他の多くの雄蜂はすごすごと巣に帰っていく

こうして、雄蜂から生殖器ごと精子をいただいた新女王蜂のお腹は、もう一回り大きくなって、5~6年の間、毎日1500~2000個の卵を産卵する。

しかし、交尾飛行の際に、燕や小鳥に食われてるというアクシデントもしばしば起こる

昨年は、二回誕生したのに、二回ともいなくなってしまった、、、おそらく交尾飛行の際に鳥に食われたのであろう。

別の箱に移した旧女王蜂、、、、まだ3年目、元気に産卵している。2008_05_06_011syuku

しかし、アクシデントも無くて、新女王が産卵を始めたら、その役目を終えるのである。

分蜂が起こっても、遠くに飛べないように、羽が半分切ってある

他の巣箱も二段の箱が蜂で満杯

蓋を取ると、2008_05_06_008syuku 、、溢れかけている                                    

上蓋の内側も蜂が一杯2008_05_06_015syuku くっついている                                

二段目の箱は、蜂蜜が一杯貯まってるので、持ち上げるのが大変である

腰を入れて持ち上げないと、ギックリ腰になりそう、、、

一段目と二段目の間には仕切り板があり、女王が上の蜂蜜貯蔵エリアに移動できないようになっている2008_05_06_016syuku

ここ一段目は産卵、育児エリア、、、卵と幼虫、蛹で一杯である

この中に出来ている王台を一個だけ残して、他のを取り除いた。

この箱も、満杯、、、、

もうこの箱のスペースでは、群れが大きくなりすぎている

働き蜂たちは、新しい女王蜂を準備して、分蜂(巣別れ)の準備をしているのである

別の箱に女王を含む2枚の巣脾枠を移す。

こうして王台から新女王の誕生を待つ

こうして、毎年、女王蜂の更新を行って、常に元気一杯の若い女王蜂に産卵をさせるのである。

全部の巣箱が新女王に更新されたら、別の箱にそれぞれ移した3組の女王の群れを、一匹の女王にして、一つの群れに合同する。

この操作によって、ナベショーの蜜蜂は、5月末には3群から4群に増えることになる。

養蜂も3年目にして、やっとスムーズな年間管理ができるようになった。

今年、初めての蜂蜜採取は、再来週かな、、それとも月末かな?  30KGは採れるよ!

皆様、、お楽しみにcoldsweats012008_05_05_055syuku

モンタ、、やっとアップに耐えられるお顔になったね!

花・ガーデニング部門にエントリーしています。

皆様から、応援のクリックしてくださると嬉しいです。

モンタも喜びます!

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« トロロアオイが発芽した! | トップページ | 今日は茶摘納め! »

コメント

桐の花、記憶に無かったです!
初めて見た気がします。
蜜蜂飼育、順調のようですね、よく管理されていますね!
それと、女王蜂の写真撮影・・感心しました。
見つけても、カメラを持とうとしている間に、行方不明になったりして、簡単に写せないのに・・・!

投稿: bee83 | 2008年5月 6日 (火) 23時23分

大事に、大事にいただいてきたナベショーさんの蜂蜜も残りわずか・・
次の蜂蜜が楽しみです♪
この残りわずかは、次の蜂蜜と味比べの楽しみのために取ってあるの(^_-)☆
白濁して固まっているけど、湯煎して戻して味比べしたいです。
花によって味や香り、色の違う蜂蜜ならではの味わい方でしょ?
ブログでナベショーさんの働きをつぶさに読ませていただいているので、ほんとに大事にいただいていますよ♪
って、蜂蜜好きなので、生協などでも買っているのですがね^_^;

桐の花、この辺りでもGW辺りに咲きますね♪
大好きな樹の花です。

投稿: Bistrot DELICIOUS みほ | 2008年5月 6日 (火) 23時57分

お茶の作業がちゅうだんされても、
やることいっぱいですね。
蜂蜜作りも、生き物相手、いろ
いろなことを前向きに乗り切って
いかれるお姿、勉強させていただい
ております。
モンタちゃん、アップのお顔、
前から可愛いですよ。

投稿: cchiyochiyo | 2008年5月 7日 (水) 00時09分

こちらの日本蜜蜂も今のところは順調です!
しかしまだまだ分からないことだらけなので、、、、
ナベショー先生のように、上手に管理はできないでしょうが、とりあえず今年いっぱいは、精いっぱい頑張ってみます!

投稿: koji | 2008年5月 7日 (水) 00時39分

おはようございます。

養蜂、お茶とピークが重なりますが、ご安全に作業が進むことをお祈りします。

桐の花も淡い演出がいいですね。

花札カルタ、僕はまず花の基本をおさえたいと思います。

投稿: ぞう | 2008年5月 7日 (水) 06時37分

蜂蜜もお茶と同じ時期?

たいへんですね~今が一番忙しい時期なのでは~?

頑張ってください~ナベショーさん~

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2008年5月 7日 (水) 09時25分

花札大好きれおぽんですが…
絵柄の意味について…考えたこと一回もありませんでした。
蜂さん…活発ですね。蜂蜜shine蜂蜜shine
 れおぽんの畑にもやっと雑草が生えてきて、
蜂さんが来てくれるようになりました。
ミミズもたくさん生息しているようでした。

投稿: れおぽん | 2008年5月 7日 (水) 09時51分

我が家に近く、桐通りがあります。
ずらりと桐が並木になってますが・・・まだこんなに咲いていません。

桐って、咲き始めは綺麗ですが、花も葉も大きいだけに散りだすと大変。

11月には大きな枯葉が、風に舞い上げられてフロントガラスに当たると怖いですよ。

投稿: ば~ば | 2008年5月 7日 (水) 10時18分

倉敷・・・堪能してきましたよ
でも、その~~~自分の中の思い出の30年前のジャズ喫茶が解らなくて・・・古い話ですよね(笑)
商店街の方にあったと思いますが・・
オシャレなナベショーさんのことだからもしかしたら覗かれてたかも???
お店に中に階段があって・・・その頃はやった、思い出ノートなんてえのに書き込んだ覚えがあるのです(笑)
ホントはこの日は美観地区ライトアップのイベントがあったんです
スタッフさんが準備に忙しそうにされてましたよ
そうそう、今、宮本輝さんの「約束の冬」を読み始めてるんですが・・総社市とか伯備線とかでてきて・・・あ~~~通り過ぎたけしきだぁ~~とか、見覚えのアル地名だぁ~~とか、ひとりで喜んでいました・・そうしたらナベショーさんの読書記録に{約束の冬}ありましたね(^_-)
まだ、いま「上」ですが・・・楽しみです

投稿: ふうか | 2008年5月 7日 (水) 10時56分

新女王蜂の誕生。

養蜂というのは、花を求めて各地を移動していくのかと
思っておりました。道楽とおっしゃってもお茶の栽培、製造だけでも大変と思うのに、蜂さんたちまで、、、
ご自慢のお庭があるから充分活用!
持ち上げるのが大変なほどの蜂蜜?!?!
ももさん、お顔がクマサンに~~
販売は、いつごろですか???^^

モンタくんのアップシリーズ。素敵、カワイイ!!!

投稿: もも | 2008年5月 7日 (水) 20時59分

桐の花、実物よりずっとずっと美しいです。
では、行ってきます。

投稿: 野の花2517 | 2008年5月 7日 (水) 21時23分

Bee83さま
蜜蜂、今年は3箱とも、まずは順調な立ち上がり、、
でも、昨年は一群が冬の全滅、他の群は春早々にダニ、、、今年は、何とか、強群を維持して来年に繋げたいです。
女王蜂は動きが早いので、写真撮りにくいですね。

投稿: ナベショー | 2008年5月 7日 (水) 21時49分

みほさま
そんなに大切に食べてくださり感激です。
今年は、かなりの在庫が出来るほどたくさん採取できそうなので、大事に少しずつ、、ではなく、どんどんとクマさんのように食べてください。
たぶん、蜂蜜は、来週末か再来週に採取できそうなので、2月頃の梅の花、菜の花、アンズ、スモモ、桜、リンゴ、藤、蜜柑、、の蜜など、早春から初夏の花蜜、、最高の品質、香りだと思います。

投稿: ナベショー | 2008年5月 7日 (水) 21時57分

cchiyochiyoさま
お茶と蜜蜂だけは待ってくれませんが、その代わり、庭が草ボウボウになっています。
お茶が終わったら、庭の草取り、、竹藪の筍退治も、、、、

投稿: ナベショー | 2008年5月 7日 (水) 22時01分

kojiさま
私も日本蜜蜂の管理方法は全く知らないのですが、西洋蜜蜂よりも、全く世話が要らない、、と聞きます。
たくさんの蜂蜜、、取れてほいしいですね。

投稿: ナベショー | 2008年5月 7日 (水) 22時16分

マグロ君さま
今が一番忙しい時期、これが終わると、今度は庭の果物でジャム作り、、、

投稿: ナベショー | 2008年5月 7日 (水) 22時18分

ば~ばさま
桐どおり、、あまり評判はよろしくないようで、、、
花は何でも、咲き始めが一番美しいですね。
桜くらいですか?
散る時も良いのは、、、

投稿: ナベショー | 2008年5月 7日 (水) 22時22分

なべしょー師匠様
今日2度目の訪問ですm(__)m

お茶作りのいちにちをアップしました
見ていただけますか
もみ方や乾燥のさせ方
頑張ってみましたが
今夜飲めますかね????

投稿: ふうか | 2008年5月 7日 (水) 22時27分

ふうかさま
30年前の思い出のお店を探して、、、今もあったら素晴らしいですね。
是非、探しだしてください。
きっと、30年前の思い出ノート、、保存してあるでしょう。
「約束の冬」美しい小説ですね。
宮元輝さんの小説に出てくる女性、、みな素晴らしい人ばかり、惚れてしまいます。

投稿: ナベショー | 2008年5月 7日 (水) 22時31分

ぞうさま
今は季節がいいので、みんな重なってしまいます。
でも、一年で一番楽しい季節です。
桐の花、写真に撮ると、絵になりますね。

投稿: ナベショー | 2008年5月 7日 (水) 22時35分

ももさま
蜜蜂、、蓮華など同じ花を求めて、九州から北海道まで移動するのもありますが、一箇所に置いて、いろんな花蜜を集めるやり方もあります。
置き場所さえ確保できたら、楽しい趣味になります。
今、東京の銀座のビルの屋上で飼ってる蜜蜂が話題になっていますね。
箱の上段、持ち上げると10kg以上はあるでしょう。
三箱で、30kg以上、、、
5月末、6月末、八月末、、一年に3回絞ると、100kgくらいの蜂蜜が採れる、、、でしょう。
5月中旬~末には採取するので、ブログで案内します。
お楽しみ!

投稿: ナベショー | 2008年5月 7日 (水) 22時43分

野の花2517さん
写真に撮ると絵になる花、、ってありますね。
LA、、良きご滞在を!

投稿: ナベショー | 2008年5月 7日 (水) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トロロアオイが発芽した! | トップページ | 今日は茶摘納め! »