« コマツヨイグサの花 | トップページ | 舞い戻った蜜蜂の合同 »

2008年5月27日 (火)

蜜蜂の引越し、いろいろ、、、

2008_05_27_049syuku

芙蓉、、、、もうすぐ6月

フヨウ、、やさしい響きの名前

でも、まばゆい強い太陽の日差し、初夏の花にふさわしい

今日は、長~い一日だった!

早朝 4時 起床

外は、まだ薄暗い

ヘッドライトで蜜蜂の巣箱を照らす、、、ああ、まだ巣の門の外で寝た蜜蜂たちが居る2008_05_27_003syuku

薫煙器で煙を吹っかけて、蜂が巣の中に逃げ込むのをすかさず、巣門を閉じる2008_05_27_005syuku      

ロープを掛けて、しっかりと結んで、イザ、持ち上げようとするも、重たくてどうにも生らない

30~40kg?

お~い! 起きよ~ 運ぶの助けて~!  

モンタじゃね~  妻が起きてくる!

二人がかりで、持ち上げて、軽トラまで運んで、荷台に載せる2008_05_27_008syuku

4つの巣箱と土台のコンクリートブロック、レンガ、板、、、なども積み込んで、イザ出発!

6キロメーター離れた山の茶園に到着!2008_05_27_011syuku 2008_05_27_015syuku  荷台から、二人で荷を降ろす         

二人で、ヨイショ,ヨイショと重い箱を抱えて斜面を下る

設置位置を決めて、ブロックを置き、巣箱を載せて、ロープを解き、巣門を開ける2008_05_27_017syuku      

でも、蜜蜂は、ちょっと外の様子を伺いながら、なかなか出てこようとはしない。2008_05_27_034syuku      

移動作業も終わり、茶園で朝食を取り、家に引き上げた。

さて、問題はそれから、、、、、

電話が鳴る、、、、「大和運輸ですが、、、」

やはり、心配してたことが起こったのである。

藤枝の「大和運輸」さんから、愛知県日進市のYさんと姫路市のWさん向けが、現地の「大和運輸」で、箱から蜂蜜の漏れがあるとの連絡!

荷物はすぐ送り返してもらう

差し替えの蜂蜜を梱包し、午後に取りに来てもらって明日午前中の配達になった。

昨年、一昨年、同じように送って大丈夫だったのが油断の元!

ガラス瓶同士が接触し、何らかの力が急激にかかると破損する

あらためて、同じガラス瓶の水を入れて、同じ箱に入れて、梱包し、床に落下させても、瓶と瓶の間に送り状の紙を挟むようにすると、割れなかった。2008_05_27_040syuku

確か、昨年はそのようにしたはずだが、今年は抜かってしまった。

今後の蜂蜜の発送の梱包に対して、よき教訓!

朝から午後、、、いつ大和運輸から電話がくるかわからない

夕方まで待機したが、電話がかかってくるとドキッ!

皆様、2名の方以外は大丈夫だったのだろうか?

明日、配達予定のところもあるので、まだ安心できない。

夕方、庭の巣箱のあったところへ行って、驚いた、、、

箱のあった場所に、たくさんの蜜蜂が固まっている

帰って来たのだ!2008_05_27_062syuku 2008_05_27_067syuku                                          

6キロメーターも離れている場所から帰って来たのですよ~

普通は、移動は2キロ以上離れていること、それ以下だと元に帰ってくる、、とテキストには書いてある。

小さい箱を置いてやると、ぞろぞろ箱の中に入っていく、、、、、、、2008_05_27_073syuku 2008_05_27_075syuku 、、、

ナベショーの蜜蜂たちは美味しい蜜を集めるために、6キロメーターの遠くまで飛んでいってたのだろうか?

それとも、偵察飛行で、2~3キロメーターほど飛んだ時、

見覚えのある景色、花を見つけて、そのまま元の巣箱の場所に帰ってきたのかもしれない。

一匹が花蜜のありかを探し当てると、帰ってきて仲間にその場所を教える、、そうして、どんどんたくさんの蜜蜂が同じ場所の花に飛んでいく、、

今回、4つの箱のうち、帰ってきたのは二つのみ、、、

食べるものが無いだろうから、とりあえず砂糖水を与えた。

さあ、、、明日、早朝、再度、茶園の養蜂場に運んで、一段箱に合同させてみることにしょう。

お知らせ

今回の蜂蜜、、多くの方から御注文を頂ましてありがとうございまいた。

さらに第二回目に絞る蜂蜜のご予約もたくさんいただいております。2008_03_24_024syuku

しかし採取予想数量をはるかに越えてしまって、順次、第三回目の採蜜分の予約とさせていただいております。

来年は、蜂の群数も今より増やして、少しでも多くの方に行き渡るようにしたいとは思いますが、なにぶん自然相手なので、何が起こるかわからず、、、

ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

人気ブログランキング「花・ガーデニング」部門にエントリーしています。

皆様から、応援のクリックしてくださると嬉しいです。

モンタも喜びます! → 人気blogランキングブログランキング

|

« コマツヨイグサの花 | トップページ | 舞い戻った蜜蜂の合同 »

コメント

Otukaresama deshita. Donnani taihen na sagyono
renzokukaga yoku wakarimasu. Sonoue jar no hason de
oshigoto ga fuemasune-.

Demo ohanashi wo yonde mitubahitte kawaii desune-.
Motono sue kaette kurunante.

Hachimitu no oajiha very very good desu.

投稿: M.K. | 2008年5月28日 (水) 00時40分

本日、無事に到着しました。
夕方、受け取ったので、明日・明後日のうちに前回の残しておいた分と味比べするのが楽しみです。
今回、いただけたら、夏の採取分はいただけませんか?
みなさんに味わっていただきたいと思いつつ、ナベショー蜂蜜の虜です^_^;

投稿: Bistrot DELICIOUS みほ | 2008年5月28日 (水) 00時42分

無事到着しました!
ありがとうございました。
ダンボールに蜂蜜と、ガラスが光っていたので、
もしや??と開けましたが、無事でした。ホッ!!!
ということは、どなたかが可哀相だったのですね・・・。
大変な大変な作業を・・・・ありがとうございました。
明日(?今日?)の朝、早速いただきます!
た の し み で~~~~す!!!

投稿: viviel | 2008年5月28日 (水) 03時25分

へー、伝書鳩みたいだねえ。
ちゃんとご主人さまの庭に帰ってくるなんてかわいいねえ。

投稿: LAの次女 | 2008年5月28日 (水) 03時55分

蜜蜂達、戻ってきちゃったんですね。可愛いですよね。
あの小さな体で6kmは、私たちの何十倍でしょう!

猫の手も借りたいお忙しいナベショーさん。お体ご自愛
くださいませ。
「おーい、手伝って!」って声に、モンタちゃん、
真っ先に飛んできてくれたんじゃあないでしょうか?
猫ってそういうとこ、ありますよね。(笑)

投稿: cchiyochiyo | 2008年5月28日 (水) 05時34分

ハチミツ無事に届きました。ありがとうございました。

ミツバチの移動興味心身読ませて頂きました。心配なのは

>今回、4つの箱のうち、帰ってきたのは二つのみ、、、

と言う記事。あとの二つは(ミツバチや子どもたちは)どうなってしまうのでしょうか?

投稿: 比企 | 2008年5月28日 (水) 05時48分

昨日届きました。ありがとうございました。
うっかりしていて郵便局へ印鑑を持っていくのを忘れてました。
今日、振り込みまーす。
カードをたくさん作りたくないので、未だ印鑑派です。
それだと、送金料は140円です。
カードがあれば無料だったんですね~ ↓で知りました。

ずーっと前に、瓶入りジャムが一本届いたのですが、
そういえば、めちゃめちゃ厳重にパックされて届きました。
プチプチつぶせるあのクッション材に何重にも包んでいたと思います。
瓶の梱包は大変ですね。割れることってあったんですね。
もんたくんに、上腕二頭筋を鍛えるように、メールしときました。

投稿: れおぽん | 2008年5月28日 (水) 08時23分

蜜蜂達、可愛いですね!元の場所に戻ってきてしまうなんて、いとおしくなりますよね。
きっと、愛情を掛けて育ててあげているからなんでしょうね。

投稿: chobingon | 2008年5月28日 (水) 10時12分

M.Kさま
梱包、荷姿の問題が、今回明らかになったのは良かったです。
6kmも飛んで、帰ってきたなんて、いじらしいやら、いとおしいやら、、、涙が出てしまいます。

投稿: ナベショー | 2008年5月28日 (水) 13時00分

みほさま
昨年八月の蜂蜜との比較、、面白いですね。
香りは今回の春のが強いかな!
八月、三回目の蜜、予約OK(採れたら、、ですが)

投稿: ナベショー | 2008年5月28日 (水) 13時05分

vivielさま
無事でよかった、、、ホッ!
たぶん、コンビニでの落下破損の時の汚れだと思うけど、ほかにもう無いでしょうね~
いろいろな花の香りがミックスになっていますよ。

投稿: ナベショー | 2008年5月28日 (水) 13時10分

LAの次女さん
ホント、伝書鳩と同じ!
よくぞ帰ってきたもの、、、驚くやら、いじらしいやら、、

投稿: ナベショー | 2008年5月28日 (水) 13時15分

cchiyochiyoさま
蜜蜂の体重は、ほぼ0.06グラム、それが6kmを、
人間、体重60kgとすると、比例換算では、、、、、
恐るべし!
うちのモンタは、耳と尾っぽをちょっと動かすだけで無視ですね~

投稿: ナベショー | 2008年5月28日 (水) 13時32分

比企さま
無事着いてよかった、、、!
二つの箱は、移動先の場所を覚えて、元の巣に帰ることは無かった。
しかし、そのほかに二つの箱の働き蜂の一部が元も巣箱に帰ってきた、、、、せいぜい数百匹、
一群れ、4万匹近く居るので、数百匹が新しい場所に居つくことが出来なくとも、最終的にはしかたありません。
子供達や女王の世話する蜂は、巣箱のなかにちゃんといます。

投稿: ナベショー | 2008年5月28日 (水) 13時45分

れおぽんさま
郵便局 振込み手数料 140円 カードがあればただ、、やすいな~
デリバリ業務、、って大変だね~
モンタ、、寝てばかりじゃ、しょうがないね~

投稿: ナベショー | 2008年5月28日 (水) 13時51分

cyobingonさま
あの小さな身体で6kmも飛んで帰ってきたなんて、いじらしいです。
今度から、遠くなったので、毎朝、毎夕、見てやれないのが残念です。

投稿: ナベショー | 2008年5月28日 (水) 13時57分

ビンの郵送って色々大変でしたね。コンビニでは落とされるしcoldsweats01 液体だから漏れるって事もあるし。
ご苦労様でした。
ミツバチの移動は上手くいったみたいで良かったですね。かえってきてしまったミツバチ・・・砂糖水を与えるんですか・・・カブトムシみたい!
ミツの箱は結構重いんですね、腰痛めなくて良かったですね。

投稿: kawazuzakura | 2008年5月28日 (水) 15時15分

kawazuzakuraさま
次回からは、落とされても、ぶっつけられても大丈夫なパッキングを工夫しましょう。
良い勉強でした。
蜜蜂の移動、、、どうしても帰ってくるのは、仕方がないですね。
蜜蜂は、冬越の貯蔵蜜が少なかったり、長雨で外へ出られない日が続くと、蓄えた蜂蜜を食べつくして、ついには全部飢え死にしてしまいます。
だから、そうならないように、砂糖水を与えることもあります。
元はといえば、人間がせっかく貯めた蜂蜜を横取りするからなんですが、、、
箱は重いです。
一段目、二段目、合せると30kg以上はあるでしょうね。
蜜の貯まった巣脾枠、、2kgはあります。
それが各箱に8枚入ってますから、、、

投稿: ナベショー | 2008年5月28日 (水) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コマツヨイグサの花 | トップページ | 舞い戻った蜜蜂の合同 »