« 今日も畑を! | トップページ | 三枝花のササユリ »

2008年6月 6日 (金)

ササユリの花

2008_6_6_163syuku

もっとも好きな花は何ですか?

って、聞かれたら、たぶん躊躇えことなく「ササユリ」と答えるであろう。2008_6_6_158syuku_2

ユリは、7月になると野山に咲く「ヤマユリ」

これは、お花の大きさ、豪華さ、どれをとっても、野生の花としては最大級、

ヤマユリが改良されて開発された園芸種が「カサブランカ」

多くの園芸種のユリが、これから楽しませてくれる

しかし、この「ササユリ」だけは、山に行かないとお目にかかれない。

山で球根を採取して、庭に植えても、成長せず、そのうちに絶えてしまう。

ヤマユリが一株に『5~6個も大きな花を咲かせるが、このササユリはせいぜい2個、3個以上咲いてるのは見たことがない。

可憐で美しい花だが、香りも強い2008_6_6_161syuku                                 

茶畑の軽トラを止める農道の斜面、ふと見上げると一厘咲いていた。2008_6_6_169syuku

茶畑の周り、他の場所も咲いている、、

帰り道の雑草の繁った山の斜面、いつもたくさん咲いてる場所、、

たぶん、僕しか知らないところ、、、

まだ蕾が多いが、チラホラト咲き始めている

茶園の中の新しい場所、蜜蜂たちはすっかり馴れたようである。2008_6_6_087syuku              

久々の晴天、、機嫌よく、飛び回っている。

最後まで、女王の更新が遅れた巣箱

やっと新女王が誕生し、今日あたりの午後は、交尾飛行に飛び立ったであろう。

多くの蜂の中から、女王蜂を探しだすのは、慣れるまでは大変だった。

特に、産まれたばかりのときは、働き蜂よりも小さい

でも、動きが速いこと、数匹の働き蜂が取り巻いていること、色が飴色なので、慣れると、直に見つけられる

クリックしてアップで見てください。

2008_6_6_066syuku 2008_6_6_068syuku

先日、どうしても女王蜂を探し出せなかった巣箱、、、3回繰り返して探したが発見出来なかった、

今日は、、、、、2008_6_6_079syuku いました、いました! 見つけました! 、、、、ええ~どこに?

ヨッコラショ! ただいま、産卵中でした。

ハイ、、ご苦労様!2008_6_6_076syuku

次は、どこに産むの?

お付の働き蜂が女王蜂を誘導して、どんどん空の巣房へ案内する

一日に休むことなく1500~2000個の卵を産む、、、43秒~60秒間に一個である

夏の暑い時と冬の間を除いて、4~5年間、毎日産卵を続ける

しかし、おばあちゃん女王になると、さすがに産卵が鈍るので、1~2年間で新女王に更新する。

今日は、分蜂が起こっても、女王が遠くへ行かないように、新女王蜂達の羽をハサミで1/3ほどに切る作業をした。

明日も晴天らしい。

最近、遊んでやれなくて、、、、モンタの怖い顔!

2008_04_05_017syuku

人気ブログランキング「花・ガーデニング」部門にエントリーしています。

皆様から、応援のクリックしてくださると嬉しいです。

モンタも喜びます! → 人気blogランキングブログランキング

|

« 今日も畑を! | トップページ | 三枝花のササユリ »

コメント

私もササユリがとても好きですが、栽培すると数年後には消えてしまいますし、通販でも滅多にお目にかかれない。どこかでバッタリ切花に出会えたらきっと散財してしまいそうです。ナベショーさんしかご存じない場所に咲き始めているとか、美女を独り占めですね!
先日の山アジサイ、そして今宵のササユリと、どうもありがとうございます。

投稿: moon | 2008年6月 6日 (金) 22時53分

百合は気高く美しい・・・
しかも香りも良いときている。
中には香りを持たない百合もあるけど。
花の形はそっくりなのに、高砂百合は香りを持たない・・葉っぱの形も違うからすぐにわかりますね。
去年から1株、根付いた高砂百合、今年も観葉植物のような葉が茂り始めた。

女王蜂、ナベショーさんがかこってくれた中なら動いてないし見つけられるけど、これが右往左往と似たり寄ったりした蜂たちの中から見つけるのは至難の技ですね。
ブログって凄い・・ナベショーさんのブログに出会ったから、知らないこと、たくさん知ることが出来ます。ありがとうございます。

投稿: みほ | 2008年6月 6日 (金) 22時55分

日本と西洋の蜂蜜の味、比べてみたくて、、、

数年前にウイスキー樽から採った日本の蜜と
よれいねにあった西洋のそれを、、、

ナベショー隠れファンの試飲会、一品増えました。

笹ゆり、崖の草むらに咲いていると一安心です。
心無い輩の手が届かないから、、、

投稿: やまんば | 2008年6月 6日 (金) 23時51分

私は今年やり始めてなので蜂の種類ちがえど、メチャ勉強になります!!!

蜂の記事大好きな私。。。
これからも、たま~に書いてやってくださいね!!!

投稿: koji | 2008年6月 7日 (土) 00時27分

いろいろあったけど、みんなやっと慣れたんだね。
よかった。

なんだか心配だったんだ。

投稿: LAの次女 | 2008年6月 7日 (土) 08時30分

おはようございま~す♪ナベショーさま
お久しぶりです~ささゆりの写真ありがとうございます。
ささゆり 私も大好きです♪
中部以西に自生するので 北国ではお目にかかれません。
それ故なおさら憧れ いつか会いたい逢いたいと思っております。

その昔 万葉人は 量感のあるものがゆっくりと揺れ動く様を佐韋と表現し ささゆりもさいと呼ばれていたとのこと
(あじさい しおさいも同じ)
花をつけた1年目は1輪 2年目は2輪 3年目は3輪 それ以降は同じく3輪た゜け
その三花のささゆりを三枝(さいぐさ)とよんでいたそうです。
 ヒトは杖を頼りに立って文明をもたらした 三枝の姿を感謝する祭典が三枝祭り(奈良)

ささゆり プチ情報でした。 

投稿: キュリー | 2008年6月 7日 (土) 10時32分

ササユリは本州中部から九州に分布するので、普段仕事で走り回っている関東では見られません。
逆にヤマユリは、北陸、北海道、近畿以西ではほとんど見られません。

地方ごとのユリを見るのも一興です。

これだけ、働き蜂が増えるとどこに女王蜂がいるのか探すのは大変ですね。研究室では、背中に白いペイント(生物マーキング用です)されてすぐわかるようにしてました。

モンタ君も遊んでもらえないとこういう顔するんですね。
うちは、ストーカーと化します。

投稿: ムシコ | 2008年6月 7日 (土) 11時14分

ササゆり・・・・なんと可憐な、楚々とした、美しい花なのでしょう。あまりの素敵さに胸が打ち震えました。
(決してオーバーではありません)。
自然の花って、やはりすばらしいですね。
毎回雨で流れていた山歩き、明日は何とかいけそうです。
こんな素敵なササ百合にめぐり合ったらいいな・・・・。
今日も素敵な画像ありがとうございました。

投稿: にりんそう | 2008年6月 7日 (土) 11時24分

moonさま
いつだったか、ササユリを人工的に鉢で栽培して増やしてるのをTVか本で見たことがあります。
でも、難しいようですね。
だからこそいいのでしょうが、、、
京都の丹波では、子供の頃、山の岸に普通にたくさん咲いていて、一抱えほども花を採ってきて、お見舞いに持っていったことがあります。
野山の花はいいですね。

投稿: ナベショー | 2008年6月 7日 (土) 13時13分

みほさま
ユリはやはり香りがないと物足りないですね。
背丈ほどの草群の中に隠れるように、ひっそりと咲くササユリ、、、趣もあります。
女王蜂、、なかなか見つからないと、何かあったのではないか、前回見たとき誤って傷つけて死んでしまったのではないか、、とあれこれ心配してしまいます。
元気に動き回ってるのを発見すると、ほんとにほっと安心です。

投稿: ナベショー | 2008年6月 7日 (土) 13時22分

やまんばさま
え~、なんと、水窪の手前まで行かれたのですか!!!!
ウイスキー樽の日本蜜蜂のと比べたら、見劣りするでしょう。
しかし、味覚の優れたやまんば様のお友達に、味わっていただけるなんて幸せですね。

投稿: ナベショー | 2008年6月 7日 (土) 13時29分

kojiさま
日本蜜蜂は、西洋蜜蜂のように世話がかからないそうですね。
三年前に始めた頃は、アクシデント続きで、蜂蜜を絞るどころか、群れの存続、滅亡の危機の連続でした。3年目でやっと何とか、、、かな。

投稿: ナベショー | 2008年6月 7日 (土) 13時32分

LAの次女さん
もう帰ってくることは無くなった。
今日なんか、巣箱の近くで茶畑の草取りしてたら、見張り役の蜜蜂が警戒して刺しに来たよ!
箱の側で、世話してる時は何もしないのにね、、、

投稿: ナベショー | 2008年6月 7日 (土) 13時35分

きゅりーさま
三枝、、三枝祭り なるほど!
教養が増えたよ!
ササユリ、、、三つ花が咲いてるのには、めったにお目にかかれません。
万葉の時代から親しまれてるササユリ、、
日本の代表的な花ですね。

投稿: ナベショー | 2008年6月 7日 (土) 13時42分

京都の「三枝百合祭り」は、枝に3輪の花を付けた白い百合が使われます。

ささゆり、だと思っていましたが・・・。
3輪のささゆりなのかなぁ。
それとも、違うゆりかしら。

投稿: ば~ば | 2008年6月 7日 (土) 13時49分

ムシコさま
僕の故郷の山陰では、ユリといえばササユリ、山の岸には普通にたくさん見られましたが、今はほとんど無いようです。
採られてしまったのか、、、
この静岡中西部はササユリとヤマユリが混在しています。
7月になると豪華なヤマユリの花がたくさん咲きます。
昨年、天竜川沿いを旅行しましたが、ヤマユリがたくさん咲いていました。
女王蜂に白いペンキでマーキング、、、なるほどね~
モンタ、、夜も一人で寝させてるしね~

投稿: ナベショー | 2008年6月 7日 (土) 13時50分

にりんそうさま
今日も天気に恵まれて良い山行きでしたでしょう。
ちょっと高い山なら更紗ドータンツツジが、まだ咲いていたかな。
ササユリが咲いてたらいいですね。
渓谷には山紫陽花がたくさん咲いてるでしょうね。

投稿: ナベショー | 2008年6月 7日 (土) 13時55分

ば~ばさま
おそらく、三つ咲いたササユリを探して、奉納するのでしょう。
関西には、野のユリといえばササユリ、お祭りの時期にはヤマユリはまだ咲いてない。
日本古来から親しまれた野のユリなんですね。

投稿: ナベショー | 2008年6月 7日 (土) 14時00分

あのね、6時35分と、6時30分にいました。
すぐわかりました。
よく働きますね~

れおぽんなんて、ちっとも働いてないやっ!

投稿: れおぽん | 2008年6月 7日 (土) 20時32分

M.K.mo sasayuri, yamayuri daisuki desu.
Wakai koro ha yoku houraiji-san ni sasayuri wo sagahini ikimashia. Niwanimo uete mimashitaga
dame deshita. Yahari yama ni hissori sakunoga
yoi to wakarimashita.

Ajisai deha yahari gaku-ajisai, toka
yama-ajisai ga suki desu.

Nihon teki na sutekina hana desune.

投稿: M.K. | 2008年6月 7日 (土) 21時26分

れおぽんさま
あの~、、6時半、、って何のこと?
朝の新聞全部読んで、9時頃、日が高く上った頃に畑へ行き、お昼に帰ってきて、昼食作って食べて、昼寝をして、14時頃畑へ行って、17時には帰りしたくして、途中、花の写真を撮りながら道草くって帰るだけ、、、たらたらしてるだけですよ~

投稿: ナベショー | 2008年6月 7日 (土) 23時12分

M.Kさま
日本固有の野のユリ、、ササユリもヤマユリも美しいですね。
山紫陽花も風情があって大好きです。
ヤマユリも山紫陽花も、ヨーロッパで改良されて、多くの園芸種の紫陽花やカサブランカなど、開発されたそうですね。
ササユリは何故か庭では育ちません。
ヤマユリはどこでも育つタフなユリですが、、、

投稿: ナベショー | 2008年6月 7日 (土) 23時17分

crying女王蜂さんのいる場所の特定を時計で
表現しましたぁ~

えっと、真ん中より下の…やや、左にいます…happy02

投稿: れおぽん | 2008年6月 7日 (土) 23時31分

れおぽんさま
ハイ!正解です。
こんど、防布を準備しとくので、れおぽんさまに女王確認作業をお願いしましょう。

投稿: ナベショー | 2008年6月 8日 (日) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日も畑を! | トップページ | 三枝花のササユリ »