« 更紗ドータンツツジ 下十枚山 | トップページ | 「藤枝かおり」で淹れる美味しい冷茶 »

2008年6月14日 (土)

蜂 退治!

2008_6_14_095syuky

こぼれるように咲く白いウツギ、、、

山には、このような赤やピンクのウツギの花もある、 ウノハナと呼ぶことが多いかな。

昨日の更紗ドータンツツジに混じってウツギが咲く2008_6_14_094syuku

濃ピンクのウツギも咲いている2008_6_14_097syuku                                   

久しぶりに蜜蜂の内検

5月末に誕生した新女王、、、

二週間を経て、やっと産卵を開始した。

二週間前2008_06_042syuku 生まれて間もない女王蜂

二週間後の産卵を始めた女王蜂2008_6_14_243syuku 、、、、、産卵された小さな卵がたくさんあった!                                 

これで、三つの箱が全て新女王に更新されて、産卵が始まったことになる。

それ以外に、女王更新での予備のために残しておいた二年目の女王の箱、これは盛んに産卵をし続けている。

女王更新のために、王台が出来てから新女王が生まれるまでに16日間、

生まれてから交尾飛行をするまでに一週間

さらに、産卵を始めるまでに一週間

産卵された働き蜂の卵が孵化するのに3週間

孵化した働き蜂が内勤を終えて花蜜を集める仕事をするまで2~3週間

女王の更新作業を始めてから、新女王の産んだ働き蜂が花蜜を集めるまでに2ヶ月近くかかることになる。

この間、春に生まれた現役の働き蜂は、どんどん寿命が来て死んでいく

5月初旬、二段の箱の中が溢れそうだった群れも、今は蜂が少なくなっている。

梅雨で晴れた日が少ないこともあり、蜂蜜がなかなか満杯にならない。

来年は、女王の更新のやり方を、かなり工夫する必要がある。

たとえば、それぞれの旧女王を別の箱で温存して、どんどん産卵させておき、新女王が無事産卵を開始した時に、旧女王の小群れを合同させる。

もちろん、旧女王は、その時に役目を終える。

しかし、元気に一年頑張った旧女王を処分するに忍びなく、結局女王と群れを温存して、巣箱が増えていく。

あるいは、女王を毎年更新しないで、二年ごとに更新するとか、、、

昨日、浜松の次男から電話

「ベランダにアシナガバチの巣があるが、退治するにはどうするか?」

ご近所の奥さんから相談、

「娘のアパートにアシナガバチの巣があるが、どうすればよいか?」

それぞれ、退治の方法を教える

今日、畑で仕事してたら、妻から、、

「二階のベランダで、蜂に顔を刺された!

アシナガバチの巣があるよ~」

「直、ドクダミでも何でもよいから草の葉をよく揉んで、刺された場所に良く刷り込むこと」

どうも、今年は蜂のあたり年らしい。

うちの二階、ベランダの蜂の巣は!2008_6_14_285syuku                                   

ガラス戸と網戸の際、、女王蜂を含めて3匹、、、まぎれもなきアシナガバチ

夕刻を待ち、全ての蜂が巣に帰って来た頃に、、、

お馴染のキンチョールで、1~2m離れたところから、巣を目指して、シュ~、シュ~!

蜂はびっくりして、飛んでいく 2008_6_14_289syuku_2 2008_6_14_301syuku_3                                       

しばらく経っても、蜂は戻ってこない、、、どこかで死んでしまったのであろう

蜂の巣には、たくさんの幼虫

これが、、夏になると、巣は数倍の大きさ2008_6_14_311syuku 、蜂の数は数十匹

子供の頃は、村の家々の軒下を蜂の巣を捜し歩き、長い竿竹で蜂の巣をたくさん採って、蜂の子を魚釣りの餌にしたり、

フライパンで炒って食べたり、、、

市の広報に、、

スズメバチの退治、、、無料

アシナガバチ、蜜蜂、、、有料

スズメバチは、非常に怖いし、刺されると危ないので、市に依頼して専門業者に退治してもらったほうが良い。

アシナガバチはナベショーの方法で容易に退治できる。

蜜蜂、、、これは分蜂のために集団で木の枝等に塊になってるものである

塊の下に箱を置いて、揺さぶれば、簡単に収容できるし、女王蜂を見つけて、箱の中に入れれば、群れは自然に箱の中にぞろぞろ入る

恐ろしく見えるけど、おとなしくて人を刺すようなことはない。

ナベショーに連絡下されば、喜んで収容作業に飛んでいきます。

蜜蜂の群れが、一群、無料で手に入るのですから、、、

今日も新ジャガイモ料理

ジャガイモと鶏のクリームシチュウ

2008_6_14_syuku

ジャガイモと玉ネギ、ベーコンのジャーマンポテト2008_6_14_292syuku

モンタ、、なんともすごい格好してるね!

2008_6_14_255syuku

人気ブログランキング「花・ガーデニング」部門にエントリーしています。

皆様から、応援のクリックしてくださると嬉しいです。

モンタも喜びます! → 人気blogランキングブログランキング

|

« 更紗ドータンツツジ 下十枚山 | トップページ | 「藤枝かおり」で淹れる美味しい冷茶 »

コメント

ナベショーさん、こんばんは。
うちも女王蜂が生まれましたが交尾は未だのようです。
交尾は何回も行くらしいから羽根をいつ切ったら
いいのかわかりません・・・。
また教えてくださいお願いします。

自分は、ナベショーさんの旧女王蜂の群を新女王蜂の群と
合同しようと思っています。
そこでサロンパスを吹きかけようと思いますが
1発ぐらいでOK?ですか。

西洋ミツバチと日本ミツバチを庭で飼っていると
最近、くもの巣が気になります。
気が付くとすかさず棒でとっています。(笑)

投稿: FZ250 | 2008年6月14日 (土) 23時15分

FZ250さま
新女王が数回の交尾飛行を終えて、実際に産卵を開始し、産卵された卵を多数、確認した後に、羽を切ります。
FZ250さまが、もし、まだ一群だけなら、合同せずに二群にするほうが良いと思います。
別の箱に保存してる旧女王、、盛んに産卵しますので、立派に一群を形成し、夏には継ぎ箱をするほどの強群になりますよ。
サロンパス、、それぞれの箱、シュ~で2~3秒で十分ですよ。
蜘蛛の巣、、小まめに取り除いて、蜘蛛を殺さないと、蜂が犠牲になっていますね。

投稿: ナベショー | 2008年6月14日 (土) 23時28分

ありがとうございます。
4月に購入した4枚群(3万匹)は3段になり
5枚を採蜜し、もったいないですが夏に備えて
残りは採蜜せずに残しました。全滅すると怖いので。
5月にも1群購入です。

今のところは女王蜂は新旧入れて3匹で5群まで増やそうと
思っていますがあまり増やすと管理が行き届かない可能性が
あるので出来ません。
女王蜂は現在、リンゴ箱で生活しており新しく本物の巣箱を製作します。

投稿: FZ250 | 2008年6月15日 (日) 00時06分

FD250さま
3段の継ぎ箱、、大きな強勢群に育てられましたね。
旧女王の群れを入れて3群あれば、どんなアクシデントにも対処できるし、何かのアクシデントで弱小群が出てきたときは合同して強勢群を保つことも出来ます。
これで、夏越し、秋のダニや病気の防御、セイタカアワダチソウの蜜をたくさん貯めさせて冬越しの準備、、、
楽しみですね。
私も、来年は5群に増やそうかと思っています。

投稿: ナベショー | 2008年6月15日 (日) 06時38分

豊中のおうちの2階のベランダに蜂の巣が
とっても、とっても蜂たちが作って…
そのたび、殺虫剤を使って外したことを
思い出しました。
足の長い蜂でした。 食べるの忘れてましたぁ~

投稿: れおぽん | 2008年6月15日 (日) 07時32分

れおぽんさま
大きくなる前に退治しないとたいへん
スズメバチの巣は、秋になると30センチ以上、1000~2000匹の大群になる、、、襲われると死に至る
怖い怖い、、

投稿: ナベショー | 2008年6月15日 (日) 08時48分

卯の花くたし・・・雨は卯の花には痛いのでしょうね。

ここでも、アシナガバチやスズメバチ退治の広報がきます。
でも、この夏は外壁補修したばかりなので、たぶん何処のベランダにも巣は無いでしょうね。

投稿: ば~ば | 2008年6月15日 (日) 10時31分

スズメバチは無料なのに足長蜂は有料なんですね・・・足長蜂とスズメ蜂の違いがよく判りません・・・
巣は違いますね。スズメバチの巣はとっても豪華で大きいですからね。

投稿: kawazuzakura | 2008年6月15日 (日) 11時28分

こんにちは。
働き蜂の寿命って短いのですね。
女王蜂が生まれてから2週間で産卵
早いように思いますが
そうでなくては絶えてしまうのですね。
今まで 知らない事も
とても興味深く教えていただけて感謝です。
モンタ 男の子なのに
妙に色っぽいですね~♪

投稿: coltlamp | 2008年6月15日 (日) 12時14分

ば~ばさま
丁度、今の季節、蜂は巣作り、夏にかけてどんどん増えます。家だけでは無く公園の木々、いろんなところに巣を作りますのでご用心!

投稿: ナベショー | 2008年6月15日 (日) 14時05分

kawazuzakuraさま
アシナガバチは普通の蜂のちょっと大きいかなという感じ、スズメバチは、もう別格、体長5~6センチはあり、一センチくらいのシマシマの胴体、太くて大きな鋭い口、子供、老人は刺されると死亡することもある
秋になると蜜蜂を襲うので、待ち構えていて捕虫網で捕まえます。

投稿: ナベショー | 2008年6月15日 (日) 14時12分

coltlampさま
女王蜂は生まれて一週間目に発情して、数回の交尾の後、2週間目から産卵開始、、約4~5年間、1500~2000個の卵を毎日産卵し続ける、、、驚異です。
ローヤルゼリーを食べて育つからでしょうか。
モンタの女形、、姿も顔も艶っぽいですね。

投稿: ナベショー | 2008年6月15日 (日) 14時45分

今年は、アシナガバチの当たり年です。
仕事で行っている某貯水池も遊歩道脇にアシナガバチが巣を作っているのを確認しました。

もちろん、管理者に通報です。

調査の仕事ですが、遭難、蜂の巣この手の話は、作業を止めて救難活動、除去活動のお手伝いです。

投稿: ムシコ | 2008年6月15日 (日) 18時26分

蜂 退治!

卯~の花の匂う垣根に、、、
蜂の巣があったら怖いです。。。

でもどこかで分蜂した蜜蜂の群れが
自然からプレゼントされたらステキですね!

新ジャガイモ、ウチでも買いました。
コロコロでかわいいです。

モンタくん、着物姿も似合いそう~^^
 

投稿: もも | 2008年6月15日 (日) 20時21分

ムシコさま
やはり、アシナガバチの当たり年ですか。
スズメバチはどうでしょうか?
スズメバチに襲われると、蜜蜂が全滅することもあるんです。

投稿: ナベショー | 2008年6月15日 (日) 22時11分

ももさま
どこかから、蜜蜂退治の連絡、、来ないかな~。
箱を置いておくと、分蜂群が自然に入ることもあるそうです。
、、で、庭に置いてるんですけどね。
新ジャガ、、皮が容易に剥ける間に料理です。
モンタ、、着物着せたら似合うね~

投稿: ナベショー | 2008年6月15日 (日) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更紗ドータンツツジ 下十枚山 | トップページ | 「藤枝かおり」で淹れる美味しい冷茶 »