« ササユリの花 | トップページ | 梅シロップを漬けた! »

2008年6月 7日 (土)

三枝花のササユリ

2008_6_7_010syuku

三花のササユリ

昨日のササユリの記事に、キュリー様が、三つの花がついたササユリを三枝(さいぐさ)と呼んで、三枝の姿を感謝する三枝祭り(奈良)のことをコメントくださった。

ネットで調べると、奈良の率川神社の三枝祭り(6月17日)、別名「ゆりまつり

4人の巫女が三輪山に咲いてたというササユリを持ち、ゆったりと、かざしながら踊り、巫女の透ける朱に白の薄ものを重ねた衣装は、ゆるゆるさらさらと風にそよぎ、囲まれたちいさな境内で光り輝くようだという。

昨日、確かめたナベショーの秘密の場所、

茶畑の草刈からの帰途、三枝のササユリを撮りに寄った。

ススキが生い茂る急斜面に咲いている2008_6_7_047syuku                              

斜面全体に、あちこちの咲いているが、まだ蕾も多い

足場が悪いので、なかなか良いアングルで撮れないのが残念である

これも三枝ユリ、、、もうすぐ開花!

2008_6_7_034syuku

これは、蕾ばかり、、左上のは、蕾が一つ向うを向いてるが、三枝だよ!2008_6_7_039syuku

一枝、二枝、、、、三枝はさすがに少ない

四枝は無いらしく、三枝が最高だった。

今でこそ、このようにたくさん群生して咲いてるところは少なくなった。

子供の頃、京都、山陰の田舎では、山間の水田の山の斜面には、この写真のように、たくさんのササユリが咲いていた。

一抱えほどに採ってきて、入院していた姉の見舞いに母が持っていった。

一本、一本、病室に配ったという。

しかし、今も咲いてるのだろうか、、

記憶してる限り、ササユリを見かけることは無くなった

昔は、秋になると、水田の持ち主が、入会権により、山の斜面の岸の草を刈っていた。

その刈った草を堆肥にするためである。

春になると、再び草が生い茂る

しかし、今は草を刈ることも無い

山全体が足を踏み入れることすら出来ないほど、ジャングルのように荒れてしまっている。

この三枝花、、明日には三つそろって開花するよ。

2008_6_7_044syuku

ニ枝花も美しい2008_6_7_037syuku                                           

一枝の花も綺麗だよ、、、草の中に隠れるように咲いている2008_6_7_019syuku                   

これも明日頃に、開花だね!2008_6_7_042syuku                                   

これが、ヤマユリだと花が大きすぎて、なおかつ10個以上付いて咲いてるのが多いので、写真に撮るのが一苦労、、、

これらの蕾、、、全部咲いたら壮観だね!

2008_6_7_046syuku_2

二番茶の新芽が吹いてきたよ2008_6_7_004syuku                                  

今日も一日、畝と畝の間に生えた草引き、、、ほっておくと茶畑を覆ってしまう

6月の中~末には二番茶の茶摘ができるかな、、、、、

本来、この段階で消毒をしないと、日本の高温多湿の気候では、柔らかい新芽は病気になるか、虫に食われてしまう。、

あえて、無農薬だとどうなるか、、、?

二番茶を採った後に、真夏に出てくる新芽にとってはさらに過酷、、、、、

葉がやられると茶樹が十分に育たず、来年に新茶に影響が出るかもしれない。

高温多湿の日本の風土にとっては、無農薬栽培 というのは、非常に難しいことなのである。

2008_6_7_003syuku_2

茶畑の斜面の中ほどに、蜜蜂の箱が見えるでしょう!

モンタ、、、モデル猫!

2008_6_7_075syuku

人気ブログランキング「花・ガーデニング」部門にエントリーしています。

皆様から、応援のクリックしてくださると嬉しいです。

モンタも喜びます! → 人気blogランキングブログランキング

|

« ササユリの花 | トップページ | 梅シロップを漬けた! »

コメント

Kyouno monta ha yoi kao shitemasune-.

Takusan no sasayuri gousei desune-.

Sukidana- konohana.

投稿: M.K. | 2008年6月 7日 (土) 23時16分

はい。蜂さんのおうち見えます。
時計で言うと…12時の位置です。
って表現すればよかったんですね。
主語がないので、よく、みんなに怒られます。
ナベショーさんにもご迷惑おかけしました。
ごめんなさい。
女王蜂…クリックせずにみつけたんですよ!search

投稿: れおぽん | 2008年6月 7日 (土) 23時35分

無農薬栽培、、、、
どんな作物でも非常に難しいですよね・・・・

畑を割と本格的にするようになって、しみじみ感じる今日この頃です。

いつも、なんで???山にはもっと美味しい新芽や、身があるだろうに???って、日々悩んでます。

投稿: koji | 2008年6月 7日 (土) 23時53分

M.Kさま
今日のモンタは、ちょっとポーズをとってます。
ササユリ、、こんなにたくさん、贅沢ですね。

投稿: ナベショー | 2008年6月 8日 (日) 06時40分

れおぽんさま
想像力がれおぽんさんについていけない、、
12時の位置ですね。

投稿: ナベショー | 2008年6月 8日 (日) 06時42分

kojiさま
お茶に関して言えば、ニ番茶を採ろうとすることが無理なんですね。
一番茶だけなら、その後出てきた葉は成長して夏は強い葉になるので、多少病気や虫が来ても大丈夫!
秋に来春の新茶のために整枝する。
しかし、実際は枝が伸びすぎるのですね~
それに、機械で摘めるように丸く刈り込むと、葉が密になるので風通しが悪くなる、、、これも病気の原因ですね。
肥料は最小限必要として、どうしたら、無農薬栽培できるのか、、いろいろ試行錯誤です。

投稿: ナベショー | 2008年6月 8日 (日) 06時52分

二番茶の頃、チャノホソガが葉を巻きます。チャハマキとかコカクモンハマキもこのシーズンでしたね。
クワシロカイガラもこの時期ですし、無農薬は本当に大変です。
病気も炭そ病とか網もち病とか、高温多湿の日本は、まさにインキュベータの中にいるようです。

不思議と、茶の害虫は桜の害虫とダブっています。同じ種がつくんですよ。食べわけによる分化が始まっているのかもしれません。

ヤマユリは林縁型、ササユリは草地型。カヤ場が減少しているのでササユリも減っているんでしょうね。

投稿: ムシコ | 2008年6月 8日 (日) 07時59分

 むかし、藤枝の瀬戸ノ谷の奥深くで、ササユリに出会ったことがあります。カヤの葉蔭で人知れず咲いておりました。自己主張し過ぎず控えめな咲き姿が、余計にいとおしさをつのらせるのでしょうか。‘やはり野に置け…’の代表的なお花ですね。私も大好きです。
 

投稿: はなあかり | 2008年6月 8日 (日) 09時05分

あ、そうか「三枝祭り」は京都じゃなく奈良だったんですね。
料理取材は一挙に奈良も京都も大阪や神戸・・・と回るので、料亭やレストラン以外のことは何が何処だか失念します。

キューリーさんとナベショーさんに感謝。

投稿: ば~ば | 2008年6月 8日 (日) 10時19分

久しぶりにコメントさせて頂きます。
三枝のササユリ、バランスよく美しく撮れていますね~!

野に観るユリはその辺りのすがすがしい空気とともにいちだんと心に残ったことでしょね。

 すすきなど緑濃い中で咲く白ユリは背景を独り占めした贅沢さがあります 印象深いですよね>も そんな場面に出会ったことがあって 一句出来ました。

 
 白ユリを 囲みて四方の 深みどり

投稿: まめ | 2008年6月 8日 (日) 12時31分

ムシコさま
JAのマニアル、年間消毒予定どおり消毒して、施肥予定どおり肥料やったら、お茶の売り上げは飛んでしまいます。
昨年は、無消毒で、今年の新茶を採りました。
やはり、自然に逆らわない農法がいいですね。
ササユリが減少してるのは、まさしく野の草刈をしなくなったからと思います。

投稿: ナベショー | 2008年6月 8日 (日) 17時40分

はなあかりさま
瀬戸の谷の山間には、ササユリをたくさん見ることが出来ます。
ほんとに控えめで、やさしく、優雅、清純、、形容する言葉がいくらあっても足りません。
誰も見ていなくても、ひっそりと、草むらの中で咲いておろます。

投稿: ナベショー | 2008年6月 8日 (日) 20時46分

ば~ばさま
三枝祭り、、恥ずかしながら、私は知りませんでした。
ササユリのお祭り、、一度観たいものです。

投稿: ナベショー | 2008年6月 8日 (日) 20時48分

まめさま
ほんとは雨上がりの草むらのササユリが、さらに風情もあって美しいのですが、足場が悪くて近寄れません。
緑の背景に良く合いますね。
たくさんの蕾が開花したら、再び撮ってみたいものです。
一首、有難うございました。

投稿: ナベショー | 2008年6月 8日 (日) 20時52分

初めてほんのりと口元に紅をさした乙女たち・・って感じですね・・
楚々としていて、その立ち姿は凛としています。
ナベショーさん、あまりの美しさに、かどわかされませぬよう・・(笑)

遅くなりましたが、蜂蜜味比べをしました。
違いますね・・びっくりしましたよ(@_@)
お時間のある時にでもご覧いただけたら嬉しいです。

投稿: みほ | 2008年6月 8日 (日) 22時55分

みほさま
かどわかされてみたい、、、!!!
夏の蜂蜜、春の蜂蜜、、、味比べされましたか!
花の種類によって異なるものですね。

投稿: ナベショー | 2008年6月 8日 (日) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ササユリの花 | トップページ | 梅シロップを漬けた! »