« 梅雨時のしばしの晴れ間 | トップページ | ササユリの花 »

2008年6月 5日 (木)

今日も畑を!

2008_6_5_006syuku

白いホタルブクロ、、、太い孟宗竹の側に咲いていた、

梅雨にはムラサキツユクサ2008_6_5_026syuku 、、、一夜明けるとナメクジが食べてしまう          

2008_6_5_011syuku ハルジオン

梅雨時には梅雨にふさわしい花がある

春のカラフルな花の季節に咲いていても目立たない

真夏の強い太陽のもとで咲いても、ふさわしくない

厚い雲、降りだしそうな空、しょぼしょぼと小雨が降り肌寒い、、、

こういう梅雨の時こそ、似合う花だね。

今日は午後から雨、、、という予報だったが、何とか夕方まで降らずに持ちこたえた。

畑仕事が出来たよ!

里芋を植え損ねたと思ってたら、いつも話しかけてくるおばあさん

「里芋、たくさん芽が出てるのがあるけど、要らんかね?」

「欲しい。欲しい」

藤枝市内の苗屋「ろくなん」で生姜の種芋も買ってきた。

手前の畝は大生姜、その次が里芋、その向うにの二畝が薩摩芋(30本)、その向こうの青々してるのはジャガイモである

2008_6_5_030syuku

下仁田ネギは追肥して土寄せした2008_6_5_035syuku

山芋も草を取って、蔓が登れるように竹で手を作ってやった2008_6_5_038syuku

トマト、茄子、キュウリ、、、草を取り、追肥土寄せ2008_6_5_032syuku  手前は青くび大根          

牛蒡がマグレで良く育っている、、、間引いて追肥2008_6_5_037syuku                       

キャベツ、、、モンシロチョウの幼虫のかなり食われたが、、、、収穫頃

この時期のキャベツは、玉を作ったら、さらに成長して間もなく破裂!

秋キャベツのように畑に春まで置いて置けない。

どんどん採って食べねば生らない、、、、、

2008_6_5_033syuku

畑をやるときの七つ道具2008_6_5_029syuku  股クワ、トンガ、スコップ、とんかちの大きいの、、、ツルハシを写すの忘れた。

ツルハシは、硬い地面を30~50センチ以上深く掘り起こし、石を除いて開墾するのに使う。

左端の二股鍬、、、これはこの地方、藤枝の独特のものらしい

お茶畑の畝と畝の間を耕すのに使うが、畑を耕すのに、実に使いやすい!

軽く一振りで、容易に根元まで深く地中に入る、、、、

三股鍬ではそうは行くまい、、2008_6_5_045syuku

HCにも、園芸店にも売られていない、、、地元の刃物屋店、鍛冶屋が一本一本作る

お値段のほうも 8000円、、、

一本目は3年間使って、先が丸くなってしまった。

今日は、牛蒡の間引きがたくさん採れた2008_6_5_047syuku                                

牛蒡と人参の間引きでキンピラ2008_6_5_052syuku 、、、、、牛蒡の茎も美味しいよ

牛蒡の茎と葉、人参の茎と葉、新玉ネギのかき揚げ天婦羅2008_6_5_055syuku                   

キャベツ、人参、新ジャガ、鶏のスープをお鍋に一杯、、、、

これでもキャベツ半分しか食べられない2008_6_5_059syuku                              

モンタ、、、いつものモンタ2008_6_5_061syuku

人気ブログランキング「花・ガーデニング」部門にエントリーしています。

皆様から、応援のクリックしてくださると嬉しいです。

モンタも喜びます! → 人気blogランキングブログランキング

|

« 梅雨時のしばしの晴れ間 | トップページ | ササユリの花 »

コメント

今日も畑を。

白いホタルブクロ、ムラサキツユクサ、ハルジオン、、
こちらでも駅へ向かう団地を抜ける道に咲いていました。
ハルジオンの薄紫のこまかなはなびらがかわいいです。

ナベショーさんのご丹精の畑。
いろんな野菜がいっぱいですぐには覚えられません。
カモミールかと思ったら春菊のお花畑。
炸裂するキャベツが、痛々しいです。

モンタくん、笑顔でおねんね???


投稿: もも | 2008年6月 6日 (金) 00時44分

二股鍬!!??
初めて見ました!!本当に作業がしやすそうですね!!
見た目もなんだかカッコよくて。。。。
見た目重視の私は、そのシルエットに心奪われました!(笑)

投稿: koji | 2008年6月 6日 (金) 01時39分

ももさま
ハルジオン、、もともと北アメリカ原産、観賞用に日本にもちこまれたのが野に逃げ出したそうです。
花は可愛いが、引っこ抜くと臭いがよくないですね。
キャベツの破裂、、中の芯の部分でさらに成長するからでしょうね

投稿: ナベショー | 2008年6月 6日 (金) 06時29分

kojiさま
二股鍬、、見たこと無いでしょう。
実に使いやすく、力の無い人でも楽に畑を深く耕せます。
普通の三股鍬では、力が分散して根元まで地面に入らない。
かっこいいでしょう!!!

投稿: ナベショー | 2008年6月 6日 (金) 06時33分

二股鍬は初めてみました。よく考えられた畑のお道具
ですね。チキン入りポトフに牛蒡、茎牛蒡のキンピラ
美味しそう!
私なんぞは、母の家に行くとありつけますが、最近は
そういった野菜料理の数々、作ってないので羨ましいです。体に良さそうですね。美味しそうです。
モンタ君ネムネムですね。

投稿: cchiyochiyo | 2008年6月 6日 (金) 07時02分

なんと!ごぼう…たしか、ナベショーさんのほうが
あとから植えたと記憶しております。
収穫率…すごいですねぇ~
こちら・・・ほぼゼロに限りなく近く…
落ち込みます。無理なのかなぁ?新しい土地は…
完全に酸性土壌なんですが、対策なしです。
お願いだから、石灰なり、灰なり、混ぜさせて欲しい。
虫ばっかりですよ。

投稿: れおぽん | 2008年6月 6日 (金) 07時47分

股クワ!

学生時代に見たきりでした。地方にあわせて独特の農具があったはずですが、最近は、どこにいっても同じ農具になりつつあります。
鎌と鎌の研ぎ方なんてその双璧でしょう。

ナベショーさんの畑は、学生時代の農学の教科書をみているようです。

投稿: ムシコ | 2008年6月 6日 (金) 08時50分

ゴボウの茎~食べた事ないです~

どんな味なんだろ~?歯ごたえ良さそう~

暑くなってきましたね~

畑仕事・・・たいへんそう~


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2008年6月 6日 (金) 09時43分

スローライフと言われていますが、スローなんて言葉から想像するゆったり生活じゃないですね。

次から次と、仕事が追っかけて来るんですものね。

いま、私は本当にスローしてます。

新牛蒡、柔らかで香りが良くて美味しいですね。

投稿: ば~ば | 2008年6月 6日 (金) 10時21分

cchiyochiyoさま
畑で野菜作り、、間引きを利用しての料理が楽しみです。
スーパーには、間引きは売られてないですね。
田舎で野菜作りする時の、魅力です。

投稿: ナベショー | 2008年6月 6日 (金) 20時18分

れおぽんさま
関東地方はローム層、酸性土壌なので、土にあった野菜を栽培すべし、、、
肥料、、草で堆肥を作って入れるくらいか、、、お気の毒!

投稿: ナベショー | 2008年6月 6日 (金) 20時24分

ムシコさま
農機具、、そうですね~
HCで買えば全国どこも同じですね。
この二股鍬は、もっと普及してもいいほど、仕事が楽です。

投稿: ナベショー | 2008年6月 6日 (金) 20時28分

マグロ君さま
牛蒡の間引きは柔らかくて美味しいですよ!
今日くらいの晴れの日が続かないと、仕事になりませんし、ビールも美味しくないですね。

投稿: ナベショー | 2008年6月 6日 (金) 20時30分

ば~ばさま
まあ、晴耕雨読、自然の気候の移り変わりに合わせてやってるだけです。
趣味にしては、ちょっと手を広げすぎですが、、、

投稿: ナベショー | 2008年6月 6日 (金) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨時のしばしの晴れ間 | トップページ | ササユリの花 »