« LAの女寿司シェフ 奮闘記(2) | トップページ | キクラゲ料理のフルコース! タラの若葉も! »

2008年6月25日 (水)

LAの女寿司シェフ 奮闘記(3)

2008_6_24_047syuku

庭の低潅木、、、 青い小さな美しい花が開花を始めた

蜜蜂がたくさん来てる、、、、僕の蜜蜂でないのが残念だ!

YUKOさんにかかってきたもう一つの電話

それはLAのTV局からTVの番組、出演の依頼!

映画、TV関係へのケイタリングの仕事が多かったので、YUKOさんのことが自然にLAのTV業界のなかで話題になってたらしい。

いろいろな分野で活躍している人を訪ねてインタービュー、

番組レポーター達自身もそれに挑戦するという番組

その番組のプロデユーサーが、是非番組に撮らせて欲しいと、、、

撮影は6月18日(水)、、、、韓国人キリスト教会のケータリング 6月21日の三日前

お店とYUKOさん自身のPRにもなるので、店のオーナーの了解を得て、OKの返事!

お客の少ない午後の時間、働いてる寿司レストランでのTV収録、撮影風景

二人のレポーターとTV撮影スタッフが9人June_14_094                           

実際に、カウンターの中で、 リポーターに寿司をコーチ

さあ、準備OK 撮影開始!June_14_089

まずは、ネタの切り方June_14_092

ちなみに、リポーターはけっこう有名な双子の兄弟の歌手

さあ、、やれるかな~

June_14_098_2

TV番組収録は、完了

約2時間、とても楽しかった、、、彼らは、またお店に来るそうです。

TV放映の時は、「YUKO KITCHEN」のPR、紹介もしてくれるという。

質の高い良い仕事を積み重ねていけば、口コミでお客がお客を呼び、ケイタリングの依頼も、さらに増えていくだろう。

そうだよ~、、モンタもうなずいてる、、、2008_6_24_061syuku

三回シリーズ、皆様のYUKOさんへの応援、有難うございました。

人気ブログランキング「花・ガーデニング」部門にエントリーしています。

皆様から、応援のクリックしてくださると嬉しいです。

モンタも喜びます! → 人気blogランキングブログランキング

|

« LAの女寿司シェフ 奮闘記(2) | トップページ | キクラゲ料理のフルコース! タラの若葉も! »

コメント

おひさしぶりです。
YUKOさんのご活躍ぶり、すばらしいですね。
アメリカに行くたびにカリフォルニア米はおいしいと思っていただきます。
ただ、すこし違和感があるのがおすしです。
そのむずかしいおすしに挑戦され、好評をはくしておいでるのはすごいと思います。
今後のご活躍を祈っています。

投稿: 野の花2517 | 2008年6月25日 (水) 22時23分

yukoの横顔!私の若かりし頃にあまりにもよく似てたんでビックリ!です。
 母者が生きていたらどんなコメントするかな?
きっと卒倒しちゃうよ!

投稿: sakura | 2008年6月25日 (水) 22時39分

miyagakiと申します。いつもブログを楽しみにしております。
美味しい香りの良い蜂蜜も半分以下になってしまいました。

YUKOさんのすごい活躍ぶりに感心し、溌剌としたお姿まで拝見でき感激!うれしいです。
出演されたテレビ番組が日本でも放映されたら良いのにと思います。

私も近かったらお手伝いに・・・邪魔ですね。

お元気でご活躍くださいませ。、またお知らせくださいね。

投稿: miyagaki | 2008年6月25日 (水) 23時07分

凄いですね!本当に!!
TV出演されてたなんて!!!
ひたむきにチャレンジし続けてきた娘さんの
努力が今、報われようとしているのかもしれませんね!!
本当に成功をお祈りしています!!

投稿: koji | 2008年6月26日 (木) 00時18分

こんにちは。おひさしぶりです。

YUKOさん、すごいですね!!たいへんだったでしょうねえ。でも、とっても生き生きなさってる!!
15歳から、一貫して・・・。それは、すごいことです。くじけそうになったこともあったでしょうねえ。素晴らしい!

でも、このマメさ、エネルギッシュさ、ご本人を知らない私からみると、ナベショーさん、そのもの。血、ですね・・・。

こちら、この1ヶ月、6匹の保護子猫を順次里子に出しました。
楽しかったですよ!
なんだか、今はちょっぴり呆けています。まだうちの子6匹いるのにね!モンタ!!

投稿: きみどり | 2008年6月26日 (木) 00時40分

YUKOさん、テレビデビューですか!
アメリカン・ドリームshineって感じですねぇ~

日本にも支店作って欲しいですhappy02

モンタくんも、同意してくれるよねcat


投稿: ぽんた | 2008年6月26日 (木) 00時52分

お父さん、楽しい奮闘記を書いてくれてありがとう!!

この数週間は本当にハードなスケジュールだったけど、こうして振り返ってみるとおもしろいね。

周りからは常に冷静で、、、に見えるらしいのだけど、本当は毎回大きな仕事の度に一分一秒ごとにハラハラの連続。まさにジェットコースターのよう。やめときゃ、良かった、助けて!逃げたよう、なんていう弱音と闘いながら、っていうことも多々。でも、その度に学ぶことも多く、感謝だなあって思う。

昔、まだ見習かけ出しだった頃、仕事中辛くて思わず涙が出てきてしまったことがあった。それを見た親方(今は疎遠になってしまったけど)が、"かっこよく生きろや”って叱るように言ったのを今でも忘れない。

これからもっとワクワク、ハラハラのYUKO KITCHENになりそうだから、期待しといてね!!

ナベショーの読者の皆様、沢山の素晴らしい声援ありがとうございます。皆様の声援の一つ一つが励み、自信になりこれからもがんばります!!

Yuko Kitchen

投稿: LAの次女 | 2008年6月26日 (木) 05時07分

朝からPCの前で涙流して感激してます。
覇気がない若者が多い日本国のニュースをきいて「いいのかなこの国
??」と内心思ったのが数日前のこと。なんの、なんの、エネルギッシュな日本人まだまだ健在してますよね。嬉しいです。悲しいニュースなんか聞きたくない。私こんなに奮闘してます。。。の情報大歓迎です。

投稿: koba | 2008年6月26日 (木) 05時56分

こーんな素晴らしいケータリング、アメリカでお目にかかったことはありません。田舎暮らしでしたから当たり前ですけど。
LAならセレブからオファー来るんじゃないのかなって奮闘記1を読んで思っていたらTV!
フードチャンネル系ですかねぇ。お嬢さん忙しくなりそうですね。
アメリカでは健康第一を実感しました。お嬢さんも体に気をつけてくださいますよう。ご活躍を応援しています。

投稿: momo | 2008年6月26日 (木) 06時03分

和食はアメリカで大ブレイク中ですよね。

和食って創作料理でもあると思います…

細かい仕事、感性は日本の文化ですもんね。

数限りない可能性がありますよね。

まだまだ…発展しますね!

今後のご活躍…応援いたします!

投稿: れおぽん | 2008年6月26日 (木) 07時29分

お嬢様の活躍ぶり、何度拝見してもすごい!すばらしい!
の言葉しか見つかりません。
お寿司の芸術的すばらしさにも、感動!です。
海外でこのように立派に活躍されている姿は、日本人としての誇りでもありますね。
すっかり現地の人と変わらないお姿(多分写真の方)のお嬢様、ますますのご健闘をお祈りいたします。

投稿: にりんそう | 2008年6月26日 (木) 08時39分

今、お嬢様からのメッセージを拝読しました。
感動のあまり涙腺が・・・・。

私も海外に住んでいる娘がおりますが、
生き方は全く違っても、いろいろな事を経験されたことかと思います。
それを知るたびに(ほとんど後から聞いたことですが)親はハラハラドキドキと悩んだり・・・・。
ナベショー様はそんな経験ありましたか?

それにしても本当に素敵なお嬢様ですね。

投稿: にりんそう | 2008年6月26日 (木) 08時48分

YUKOさんのメッセージを見てますます感激しています。
ほんとに頑張って、そしていきいきとした姿勢素晴らしいです。
遠く離れたところで頑張っている姿、私も人ごとではないだけに、涙と共にエールを送ります!

投稿: chobingon | 2008年6月26日 (木) 10時04分

ちょうど昨日は“和食”の「食」について書きました。
「食」の字は『人に良い』と分けられます。

この3回の記事を通して、お嬢様のなさってることは「食」=『人に良い』なんですものね。

それにしてもお父様似?

投稿: ば~ば | 2008年6月26日 (木) 10時46分

もう感激しました!
涙がこぼれそう・・・
YUKOさん、身体に気をつけて、自分の夢に一歩一歩近づいてね。

モンタ君も、鷹揚に頷いています~

ナベショーさんのユリの一枚目の写真、すごく好きですよ。
気高いユリというイメージで・・・
これは、ソフトフィルターかけてはいけないなと思ったんで、柔らかな花のイメージの時は効果的では?

投稿: MONA | 2008年6月26日 (木) 13時01分

テレビ出演は、YUKOさんの努力の結晶ですね!
これからも、お体お大事にがんばってください。

投稿: hiroko | 2008年6月26日 (木) 13時37分

野の花2571様
日本の伝統的なお寿司に比べ、野菜や果物、カルホルニア米などアメリカの食材を豊富に使った巻物は、とても美しく、しかもヘルシー、、日本のお寿司をはるかに越えてしまったと思えるほどですね。
さすが、サンドウイッチの国です。
YUKOさんはパテシエの経験を生かし、ケーキ感覚の美しいお寿司が得意のようです。

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 17時55分

sakuraさま
ナベショーファミリーの中では、YUKOさんが、もっともAKURAさんに似てるようですね。
母は卒倒するでしょう!

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 18時31分

miyagakiさま
こんにちは、、ブログいつも見ていただき有難うございます。
蜂蜜、、毎日少しずつ食べてると、すぐに無くなってしまいますね。
うちも残り少なくなりました。
YUKOさん、、リポーターの歌手達よりも場馴れして堂々としてますね。
また、時々、奮闘記(4)(5)、、、、の記事を載せるつもりです。
お楽しみに!

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 18時37分

kojiさま
僕のような田舎者は、TVに写るなんて、どこか別の世界のことのように思っていますので、すごいことです。
いろんなことがあるけど、イッポイッポですね。

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 18時40分

きみどりさま
料理は、やはり体力も要るし、調理場は男の世界、
男に混じって女がやっていけるのか、迷っていた時期もありました。
6匹の子猫の里親、、全部里子に出せてよかったですね。
幸せな子猫たち!
元々の6匹の猫ちゃんを育てながら、、すごいです。
お疲れが出ませんように、、

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 18時49分

こんにちは。
お嬢様の記事を以前に読んだときから
近い将来 きっとこんな展開になることを
確信していましたよ~♪

本当に今までの努力が次々花開いて・・
努力しても報われない事も多い世の中
きっと 幸運をキャッチする力もお持ちなんですね!!
これからますます楽しみですね♪

投稿: coltlamp | 2008年6月26日 (木) 18時52分

ぽんたさま
アメリカンドリーム、 料理特に和食や寿司の分野、日本では男の世界、なかなかしきたりや制約が多いので、女性がやっていくのは難しいことが多い。
やはりアメリカですね。
LAに女性の寿司職人は3人いるそうです。
LAに店出して、たくさん店が増えて、日本に支店も出来て、、そうしたら、そので働かせてくれるかな。

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 18時56分

KOBAさま
暗いニュースが多いと、気持ちまで暗くなる、、
しかし、オリンピックや野球などスポーツの世界、日本の若者達は、プレッシャーにも屈せず、たくましく世界で活躍してますね。
野茂選手なんて、初めて単身でアメリカに渡り、メジャーで活躍、その後の日本の野球選手のアメリカ進出を切り開いたパイオニア。
その後のイチローもすごいです。
そういう若者の姿は、元気づけられるし、尊敬します。

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 19時04分

momoさま
momo様はアメリカに長く生活されてたのですね。
LAの場所がら、映画、TV、ファッション関係のお客さんが多いらしく、ケータリングの仕事のほとんどは口こみ、、忙しくなるでしょうね。
うまくいかなくて落ち込むこともあるだろうし、忙しすぎて無理が貯まり、健康を損なわないこと、、元気でやれること、これが一番大切でしょう。

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 19時12分

れおぽんさま
アメリカは、ヘルシー志向、寿司や和食が大人気!
ベジタリアンも多いしね。
パテシエがスタートなので、ケーキのセンスをお寿司に生かすという強みがあるようです。

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 19時16分

Tuini TV debut! Dou dou toshite irashite gorippa!

Nabe-sho san, mou okosan no koto de omoi wazurau kotoha nai desune. Nabe-sho san no DNA wo rippa ni
uketuide iraremasumono.

Omedetou gozaimasu!!!!!

Hachimitu sorosoro nihonme mo naiyo-.

投稿: M.K. | 2008年6月26日 (木) 19時17分

にりんそうさま
15歳でアメリカへ留学、挫折して泣きながら日本へ帰って来たり、再びアメリカへ渡ったり、ずいぶんとめちゃくちゃな体験の繰り返しでしたが、好きな料理の世界から離れなかったのが良かったと思う。
YUKOさんの、子供時代からの全ての体験と能力が生かせるのが今の料理の仕事だと思います。
ハラハラ、ドキドキの連続でしたが、他の3人の子供達も同じく、ハラハラドキドキでした。
いつも誰かがパッピーで誰かが大変でしたから、よほど度胸が座ってないと親はやってられませんでした。
うろたえるな!、、そのうち何とか生る!って、自分に言い聞かせながら、、。
まあ、海外にいると、何かがあっても、飛んでいくことも出来ず、また仮に飛んでいっても言葉もわからず何も出来ず、、ですが。
にりんそう様もそうでしたか?
子育て、、なんていいますが、子供は勝手に育っていく、、つまり子育ち、、ですね。

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 19時31分

chobingonさま
海外で生活をする、、、一部の人か、海外駐在員の家庭くらいしか、私達の世代では考えられなかったこと、、
海外音痴、英語音痴のナベショーにとって、こんなことがあるのだろうか、、と、、
世の中も変わったものです。
家族の誰かが海外にいる、外国の人と結婚してる、、日本も国際的に生ったものですね。

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 19時45分

ば~ばさま
そうか、、食とは人に良いことをする、、という字なんですね。
ほんと、、美味しい料理を真心こめて作り、お客さまや家族に食べていただき、美味しいと喜んでもらう、、、そして自分自身もともに喜ぶ。
まさしく、そうですね。
誰に似た、、?

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 19時53分

MONAさま
アメリカン・ドリーム!
夢を実現して欲しいですね。
堂々とした気高いユリ、、幾枚も撮影しましたが、やはりソフトフィルターをかけないほうが良いですね。
比較のためソフトのを一枚載せました、、。
花によって効果的に使うべきです。

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 20時01分

hirokoさま
TV出演、僕は、たまたま写ってたことはあるけど、出演したことはありません。
嬉しいことですね。
ほんとに健康、第一です。

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 20時05分

coltlampさま
ほんとに、やっと報われて、いままでの苦労、経験が実を結び始めたようです。
確かに、いろんなことがあったようですが、常に非常にアクテイブ、アイデアを実際に具体的な実行に移すところが凄い。
だから、良い方向に回り始めると、とどまるところを知らず。

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 20時12分

M.Kさま
もう、いつ死んでも良い、、、とんでもない!
もっと、自分の人生をたのしみます、、。
蜂蜜、、もう無くなりそう、、よく食べましたね~
我が家も底をつきそうです。
蜜蜂がせっかく8割近く蜜を貯めたところで梅雨入り、、
天気が悪くて、働き蜂はほとんど蜜を集められず、、反対に食料としてどんどん消費中、
当たり前、しごく当然のことなんですが、、、
やはり、7月に入り、梅雨が明けて、カラットした晴天が続かないと貯まらないようです。

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 20時19分

LAの次女さん
多くの皆さんから、暖かい励ましと声援を頂いて嬉しいですね。
写真と、メールと電話の話から、楽しい奮闘記が書けました。
話がドラマチックに展開するから楽しいね。
かって働いた寿司屋の親方の叱るように言った言葉 「かっこよく生きろや!」
なかなか含蓄のある言葉ですね。
この親方、きっと若い頃、日本を飛び出してアメリカに渡り、皿洗いの長い惨めで貧乏で辛い下積み生活のなかで、歯を食いしばって自分に言い聞かせてたのでしょうね。
、、、かっこよく生きるんだって!
日本からやってきて苦労してる若い料理人達に、、、自分の数十年前の同じ姿を見たのでしょう。
ともあれ、いろいろ確執はあったろうけど、単なるウエイトレスで雇ったYUKOさんに寿司の握り方,魚の捌き方をじきじきに教えて、LAの女寿司職人に育て上げたのはこの親方!
奮闘記の続編を楽しみに!

投稿: ナベショー | 2008年6月26日 (木) 20時43分

涙腺緩みっぱなしのVivielです。
Yukoさんの頑張っておられる様子が私の頭の中のスクリーンで流れています。
若いエネルギーをぎりぎりまで使って、
それがまたエネルギーに変わって成長される様が・・・・。
いつも誰かがハッピーで、誰かが大変で~。
ナベショーさんのお言葉身にしみます。
4人・・・3人でも色々ですから・・・。
これからまだまだいっぱいあるのですよね・・・。
ド~ンと構えないと親やってられませんね。

投稿: viviel | 2008年6月27日 (金) 02時51分

vivielさま
親は死ぬまで子供のことで、あれこれ心配し、取りこし苦労して、思い煩うのでしょうね。
側で、遠くで、見守っているだけなのですが、、、
しかし、若さというのはいいですね。
夢を見ながら、先へ先へと歩んでいく、、
60歳過ぎると、人生の終わりの時を、常に見ながら生きていく、、

投稿: ナベショー | 2008年6月27日 (金) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LAの女寿司シェフ 奮闘記(2) | トップページ | キクラゲ料理のフルコース! タラの若葉も! »