« グラジオラスの花 | トップページ | ヨウシュヤマゴボウ »

2008年7月17日 (木)

名も無き雑草も、、、!

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします2008_7_17_141yuku

昨日もアップした花

山芋のような葉っぱと蔓

小さな小さな可愛い白い花が咲き並ぶ2008_7_17_145syuku 2008_7_17_152syuku

真面目に、よく見ると、そうそう変な花でもない2008_7_17_156syuku                               

趣さえ感じさせられる2008_7_17_158syuku                                        

これも、綺麗に写ってるでしょう!2008_7_17_164syuku_2                                 

花の写真は背景処理によって、すごく印象が異なる。

普通に、人の目には、、、、つまらなくて、木々に巻きつくショウガナイ雑草2008_7_17_166syukuなのである、、、が。                                        

ナベショーの里山ガーデン、最近はワイルドガーデンの木瓜の木に絡まりついてる蔓の雑草

名前がわからない、、、、ツルドクダミのように見えるが、花の形が異なる、、、

図鑑にさえ出てるような、出てないような雑草、、、それを美しい花に変えてしまうのがマクロレンズ

魔法のレンズである。

今日も、、昨晩に続いて社会福祉法人 にじの会の「ワークショップハーモニー」の手作りソーセージ!2008_7_17_175syuku

右はピリからあら挽きウインナー

次が、フライシュケーゼ  牛肉と豚肉を練り上げて、じっくりや焼き上げたミーとローフ風のソーセージ

下が、豚ロース肉を丁寧に熟成、燻製した高級感溢れるロースハム

昨日に続き、いずれもスーパーやデパート、市販で売ってるハム、ソーセージに比べて、お世辞抜きで、かなり美味しい。

ほどよい塩味が利いて、燻製のスモーク味が美味しい

「スモーク工房」のスタッフは、本場のドイツで修業してきた方について、半年間研修を受けたそうである。

(7/18  にじの会 理事の比企さんからの補足 

ば~ば様のコメントのとおり、スタッフが初めに実習を受けたのがマイスター村上さん 基本を習った後、村上さんの知人(長野)の工房で住み込みマンツーマンの実習

塩は岩塩を使用、岩塩も香辛料の本場ドイツのものを使用

食の安全が問われる世の中、健康、安全、安心、低価格で商品を提供、パン、豆富含めて徐々に注文が増えている

現在、ホームページ作成中、、今月中完成予定とのことです

お問い合わせは、直接 にじの会 ワークショップハーモニーへ

FAX 0422-30-2021  TEl 0422-26-8621 )

なお、マイスター村上さんは、本場ドイツで修行し、マイスターの資格を持つ唯一の日本人ソーセージ、ハム職人

今日は、モンタ、、暑いのに外へ飛び出した、、、2008_7_17_085syuku                           

生き生きした表情、、、でも、少し胴体、太りすぎではない?

玄関の前で、中に入れてくれるまで2008_7_17_171syuku 待ちぼうけ!                           

モンタを見てのお帰りに、クリックしていただけるとモンタも喜びます! 

「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキング

|

« グラジオラスの花 | トップページ | ヨウシュヤマゴボウ »

コメント

名もない雑草にも、心惹かれる花が咲くものなのですね!!
先生の撮り方がいいのですかね???
背景の作り方?で、本当にその表情をころっとかえるのですね~!?

投稿: koji | 2008年7月17日 (木) 23時34分

Namo nai hanatachi daisuki desu.
Saikinha amarinimo gouka na bara ya shinshu no ningen ga tsukuridashita hana bakari de isasaka omoshiroku naidesu. Mochiron kirei da toha omoimasu
ga. Atatakami ya natsukashisa ga arumono no houga
doumone-.

Amari ryukou no saishin no monowo kisotte teniiretari surukotoha konomini aimasen.

Kono so-se-ji, ham koubou ha nyuushu sakiya, shinamono no shoukai ga arimasen deshita.

投稿: M.K. | 2008年7月17日 (木) 23時57分

おはようございま~す♪ナベショーさま
野山に咲く小さな見落とされそうなお花も こんなに輝くのですね。今朝は 久々に図鑑を取り出し 探しました~
   オニドコロ(有毒)
       ヤマノイモに似てますが 葉が 互生しているのと    
       丸いところから オニドコロと思われます。

かけだし故 毒の特性までは 調べかねました。
本日は お出掛けにつき 失礼いたします。

繋ぎを待たれよ 門田刑事

投稿: キュリー | 2008年7月18日 (金) 08時15分

おはようございます。
この花って山に行くとよく見かける
山芋ではないでしょうか?ジネンジョ(自然薯)

葉の一ヶ所から葉脈が出ていて
ハート型の葉ですから秋~冬に芋掘りをします。
実が丸くて茶色でたくさんありませんか?
実に羽根がついているとオニドコロだと思います。
どうかな~?

投稿: FZ250 | 2008年7月18日 (金) 08時26分

あの…あの畑で唯一、グングン育ってくれているのが、
ヤマトイモ?自然薯?です。
期待を裏切らない野菜だぁ~

エコひいきしてます。自分的に…

投稿: れおん | 2008年7月18日 (金) 09時55分

つる性植物~クレマチス大好きなのですが~
それに絡みつく臭い子・・・。
私のお隣さんがへ”くそかずら”と教えてくれたのですが・・・、
この子を退治していて~
違うお隣の叔父様が、
へクソカズラ~よく言ったもんだ!!とお手伝いで退治してくださりました・・・。
クレマチスダイアナごと・・・。
へクソカズラって綺麗な可愛い花を咲かせるね・・・!って言いながら・・・。
後の祭りでした・・・トホホホホホホホ・・・・・・。

投稿: viviel | 2008年7月18日 (金) 10時08分

やはり当初は村上さんがご指導されたのですね。

村上さんのハム工房(お店)は、元の我が家と駅を挟んで真対象の所で、良く行きました。
駅の向こうだから三鷹だと思ったら、武蔵野だったんです。

投稿: ば~ば | 2008年7月18日 (金) 10時30分

kojiさま
雑草といわれる野の花、、素朴で美しいですね。
写真も絵画もそうですが、何も描かれていない背景、無の空間こそ多くのことを語っているそうです。

投稿: ナベショー | 2008年7月18日 (金) 10時34分

M.Kさま
野山の草花、、趣があって気持ちも安らぎます。
一輪挿しの花瓶に入れて部屋に飾る、、、やはり野の花ですね。
このソーセージ、ハム、、今HPの工事中だそうです。
今朝、補足しましたが、この連絡先にFAXされれば、商品カタログを送ってくれるそうです。
ファックスで注文すれば、商品を宅配、代金は郵便振り込みだそうです。
本格派のソーセージ、ハム、やはり一味違います。

投稿: ナベショー | 2008年7月18日 (金) 10時47分

キュリーさま
ご名答、、、オニドコロでした。
そういえば、秋に出来てたムカゴを口に入れたけど、苦くて食べられなかったのを思い出した。
昔は灰汁を抜いて食べたそうですが、この根を砕いて水に溶かし、渓流に流して、その毒で魚を獲るとか、、、
そのうち、再び門田刑事が活躍しそう、、、

投稿: ナベショー | 2008年7月18日 (金) 10時58分

FD250さま
山芋(自然薯)は、葉が対になってるけど、オニドコロは蔓に一本ずつ付いている、、ネットで調べたら、これはオニドコロ、、でも、よく似てますね。
僕は山芋のムカゴを畑に植えて、一年後に高い畝を作って植えます。
味は山のものとは劣るかもしれないけど、収穫するのが楽しみです。

投稿: ナベショー | 2008年7月18日 (金) 11時05分

れおんさま
山芋、、自然薯はもともと自然に生えてる芋だから、よく育つ。
この秋も楽しみですね。今年はムカゴを収穫し、全部食べてしまわないで、ベランダでポリバケツの中で育てると楽しいよ!

投稿: ナベショー | 2008年7月18日 (金) 11時08分

vivielさま
それはそれは、トホホのホ!
お気の毒に、、、、とんだ災難!
ヘクソカズラ、、、かわいそうな、、
誰がつけたのか、、でも花は可愛いけどね~
僕はお隣のキュイフルーツの蔓、、繁りすぎてたので、善意で剪定してあげました。
調子が乗ってきて、どんどん切ってたら、側に植わってた雄の株を根元から切ってしまって後の祭り、、、

投稿: ナベショー | 2008年7月18日 (金) 11時14分

ば~ばさま
お茶もそうでしたが、標準化された大量生産の製品に比べ、手作りの本物はやはり美味しさが違いますね。
ば~ばさまが、「ワークショップハーモニー」も「マイスター村上さん」のことも良くご存知だったので、驚きました。

投稿: ナベショー | 2008年7月18日 (金) 11時19分

ナベショーさーん。
ムカゴ去年それをうかがってすぐに
植えましたが…
なんの反応もなっしぃ~

意地悪ですねぇ~あのむかごたち…

毎日水やって、様子見ているのに…この半年…

投稿: れおん | 2008年7月18日 (金) 19時54分

れおんさま
おかしいな~
春には芽を出すんだけど、、、
誰かに食べられてしまったかな?

投稿: ナベショー | 2008年7月18日 (金) 20時14分

ほんと!すごいですね。
やっぱりマクロレンズ、魔法のレンズ・・・いいえ
ナベショーさんの腕のよさですね。
名もない路傍の花をこんなにも美しく儚さいっぱいに
撮れるのは・・・・。

投稿: にりんそう | 2008年7月19日 (土) 10時50分

にりんそうさま
いや、いや、マクロさえあれば、誰でも撮れます。マクロをつけてカメラを覗けば、全く異なった幻想的な花の世界がみえるんです。
ただ、感動とともにシャッターを押す!

投稿: ナベショー | 2008年7月19日 (土) 13時25分

きょうTVで三重県松坂市の波瀬ゆり「やまゆり」を紹介していました。
数年前見学にゆきましたが鹿や猿につぼみを食うわれて群生地も少く民家の裏山で波瀬ゆりを見ることができました。
ここは飼い犬が野生動物を追い払ってくれ残っているそうです。
輸出の話しがブログに書かれていましたが30年以前、輸出の仕事していました。生まれた赤ちゃんの頭ほどのおおきさの球根が12月に産地から送られて来ました。寒い日は小雪の降るなか球根にホースから水をかけて球根を洗う仕事をしていました。
いい写真を楽しみしています。

投稿: パノラマカー | 2008年7月24日 (木) 20時48分

パノラマカーさま
こんにちは
この辺では、最近、猪が百合の球根を掘り起こして食べてしまうと聞きました。
輸出用に、畑で種から栽培しているのならいいですが、そのころはたぶん野山の山百合を掘り起こしていたのでしょうね。
それくらい、外国では人気があったのでしょうね。

投稿: ナベショー | 2008年7月25日 (金) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グラジオラスの花 | トップページ | ヨウシュヤマゴボウ »