« 蜜蜂への贈り物 「ナンキンハゼ」 | トップページ | グラジオラスの花 »

2008年7月15日 (火)

リョウブの花

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします

2008_7_13_075syuku_2

リョウブの花

梅雨が明けるころから真夏にかけて、山に咲く代表的な花

2008_7_13_071syuku

5月の新緑の頃の山々、山全体が白くなるほどの咲いたドングリ類

でも、夏の山は濃い緑の葉が繁って、薄暗いほど、、、落葉樹も常緑樹の区別も付かない

そうした中で、ハットするような白い花が木全体に咲いてる、、、リョウブの木

毎年、花が咲くが、5年または10年に一回、どかっと蜜を出すそうである。

蜜蜂が全滅する、、という悲劇が起こる

数年ぶりの大流蜜で、巣箱の中が蜜でいっぱいになり、女王蜂が産卵する場所が無くなってしまう

今まで、働いていた蜜蜂も次第に死に、次世代もいないので、ついに全滅という悲劇が起こる

リョウブの蜜が余りに多いので、こういうことが起こるそうである。

山にリョウブの花が咲き始めて、どんどん蜜がたまりだしたら、どんどん蜜を絞って、空の巣脾を入れないと危ないそうである。

このリョウブの花には、蜜蜂が群れてなかったので、今年はその心配はなさそうである。

うちの蜜蜂、、、時さわぎ をやってた2008_7_10_017syuku                              

産卵した卵は、21日間で孵化し、生まれた働き蜂は二、三週間は巣箱の中の仕事をする

お掃除、育児、女王蜂のお世話、昼夜羽で扇いで蜜の濃縮、、、

それらの仕事を終えると、卒業して、外勤作業

蜜を集め、花粉を集め、スズメバチなどの外敵と戦い、、、そして、死期が来ると、巣箱から離れたところに行って生涯を終える。

よく晴れた日の午後等に、先輩蜂が、新米蜂を誘導する

箱の前に向かって、しばらくホバーリングした後、くるくると大きく旋回しながら飛び去っていく2008_7_10_018syuku

そうして、自分の巣箱の位置を記憶するのである。

約2~3km四方がテリトリー、、その範囲から花蜜を集める

5月中旬に、蜜を絞って、間もなく梅雨に入った

雨の日が続くと、蜜蜂は貯蜜を食べる、、、当たり前の話!

6~7割がた貯まって以来、なかなか蜜が貯まらないまま梅雨時を過ごした。

むしろ、梅雨に入る時より減ってしまった。

最もたくさん貯めて、蜂も多い箱、、、、

天気も良くなってるので、もっと貯まっていいはずだが、そとへ飛んでいく蜂も少ないようだ、、、、

十分、蜂蜜は貯めてあるから、暑い中を無理して花蜜集めに外へ行くこともないね~

夏の蜜源が少なくても、秋まで十分持つよ、、、、

なんて、気になってるに違いない。

ついにナベショーは決心した!

今朝、早朝起きして、その箱のみ、採蜜!2008_7_15_061syuku                           

ほぼ絞る段階まできて、梅雨入り、、、梅雨の間にかなり蜂達が食べてしまってる

約9kg、、 

これで、蜜蜂は、本気になって花蜜を集めだすに違いない

この箱は、5月には約13kg以上も採れたんだよ!

後の二箱がいつ頃採蜜できるか、、、、

もう一つの増やした箱、、、蜂は増えてるが蜂蜜はほとんど無い

巣箱から1km近くの住宅地、、あちこちにトウネズミモチの花が咲いている2008_7_13_064syuku        

山にはリョウブも咲いてるぞ!

これから山は、ハゼやタラノキの花も咲くよ

蜜蜂さんには、暑い中を頑張ってもらって、

八月末までには予約された全員に「ナベショーの蜂蜜」が行き渡るように、、、、

みなさん、、楽しみにされてるんだから、、、頼むよ~

ナベショーの田舎 夏の定番料理

茄子、かぼちゃ、油揚げ、それに茗荷の炊いたん

2008_7_15_057syuku

お出汁をたっぷり使い、醤油、味醂で味付け、、、

田舎では、暑い夏の百姓仕事、、味付けはかなり甘い

今回は茗荷がたくさん入れられなかったが、茗荷で味が引き立つ

あと、かんぴょうの剥いた芯や冬瓜、キュウリの大きいの、、などを入れることもある。

モンタ、、邪魔! 新聞が、、、、、

Zsyulkusyou

モンタを見てのお帰りに、クリックしていただけるとモンタも喜びます! 

「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキング

|

« 蜜蜂への贈り物 「ナンキンハゼ」 | トップページ | グラジオラスの花 »

コメント

O, hachimitsu ga tore hajimemashitane.
Yokatta-. Ochaha zannen deshita.
Rainen ha motto hayakuni tewo uchimasu.

Nankinhaze no dry ni shita shiroi hana kouen
de sakunen no kure ni hiroi mahsita.
Door no kazarini shimashita.

Monta ha monoomoini fukette iru yousu.

投稿: M.K. | 2008年7月15日 (火) 22時57分

リョウブの大流蜜があるとそんな事になるんですね。
知らなかったです。
ナベショーさん、時騒ぎが起こると分蜂かと思い
自分は焦ってしまいます、特にニホンミツバチには。

投稿: FZ250 | 2008年7月15日 (火) 23時27分

もんた君のモデル振り、ますます冴えて参りました!

投稿: やまんば | 2008年7月15日 (火) 23時37分

おはようございま~す♪ナベショーさま
はっきりとした眼差しで可愛い孫っちくん。
すぐにでも おしゃべりしそうな口元。
楽しみ♪がまた増えて カテゴリー 追加ですね。

投稿: キュリー | 2008年7月16日 (水) 08時24分

我が家の虎猫、名前をゴン太と言いますが、新聞大好きです!読んでると必ずやドッカとその上にのっかります・・・。邪魔なんですよねぇ・・・。でもそれがまたかわいいんです!

投稿: みゆっこ | 2008年7月16日 (水) 08時55分

やっぱりどんぐり類だったんですね。
あれを遠くから見ると…どんぐりかどうか…
いちいち近くまで行って確認しに行ったのですが、
違いましたねぇ~
花があまりにも似ているんですよ。遠くからだと…
どんぐりはもう小さい実がつき始めてますね。
今年もどんぐりするかは分かりませんが…

投稿: れおん | 2008年7月16日 (水) 10時00分

貯蜜があると集めに行かない・・・人間みたい。
なまじ財産や貯金が多いと、働く気が無くなる人が多いそうですから~。

>茄子、かぼちゃ、油揚げ、それに茗荷の炊いたん

京都の『おばんさい』のお店で、よく「今日は❍❍のた炊いたん、おますえ~」なんて勧められました。

投稿: ば~ば | 2008年7月16日 (水) 10時20分

やっと帰って来ました~
ナベショーさんのブログにもリンクしていただいたんですね。
有難うございます(^^
北海道の自然と人たち・・・色濃いですね~
ちょっとボーっとしてます・・・
暑さも原因だけど(-_-)

投稿: MONA | 2008年7月16日 (水) 16時05分

M.Kさま
春の蜂蜜はたくさん採れたのですが、その後は梅雨、女王の更新によって蜂の数も減り、場所も移動したので、どれくらい採れるのか?
予約された方には、何とか行き渡るようにしたいものです。
お茶、来年もたくさん出来ればいいですね。
昔風の素朴なお茶ですが、リピートのファンの方が増えてくるのは嬉しいことです。
ナンキンハゼ、、白い実が可愛いですね。

投稿: ナベショー | 2008年7月16日 (水) 16時45分

FZ250さま
西洋蜜蜂、、やはり一週間に二回は内検して、状況を把握しないと手遅れになる場合があるようですね。
この梅雨時、養蜂業者の方が、蜂場を回りきれず、餌切れで5箱も餓死させてしまったといっておられました。
早めに対処すればいいのですが、大流蜜のときは、産卵された卵の入った巣房の中まで貯蜜してしまうそうです。
日本蜜蜂の分蜂は防ぎようが無いので、騒ぎ出すとあせるでしょうね。
すぐ収容できれば、一群増えることに生りますが、、

投稿: ナベショー | 2008年7月16日 (水) 16時53分

やまんばさま
猫もいつも同じ顔してるかと思えば、様々な喜怒哀楽の感情を顔に表す、、表情豊かです。

投稿: ナベショー | 2008年7月16日 (水) 16時57分

キュリーさま
成長とともに、様々な表情を、、写真に撮るのも楽しみです。

投稿: ナベショー | 2008年7月16日 (水) 17時00分

みゆっこさま
トラ猫、ゴン太、、男らしい名前ですね。
新聞の上どころか、パソコンのキーボードの上に乗っかってきます。
邪魔したいのですね。

投稿: ナベショー | 2008年7月16日 (水) 17時03分

れおんさま
公園のマテバシイ、、もう緑の実がたくさん生っていました。
山も様々なドングリ類がたくさん生ってるでしょうね。
今の時期、山で咲いてる白い花は、大概リョウブのようです。

投稿: ナベショー | 2008年7月16日 (水) 17時06分

ば~ばさま
財産や貯蓄が多い人は、それなりに財産管理や税務申告がたいへんみたいですよ。
税金を減らし、お金を少しでも増やそうとするから、常識で考えればわかるような儲け話に引っかかる、、お気の毒に、、、
さて、貯蜜を奪われた蜂達、、、
夏を乗り切るために必死で働くか、、
それとも、やってっられね~とストを起すか、、
煮物といわずに、炊いたん、、京都らしいですね。
今晩は何?、、、大根の炊いたん、、え~それだけ?
なんて、子供の頃の会話

投稿: ナベショー | 2008年7月16日 (水) 17時34分

MONAさま
北海道、、毎年、夏休みは北海道, 素晴らしい自然を満喫ですね。,
エンジェルトランペット殺人事件、、みなさん、とても楽しく読んでいただいたようです。
門田刑事、、の人気、ますます上昇中!

投稿: ナベショー | 2008年7月16日 (水) 17時40分

リョウブの花がそんなに蜜を持っているとは知りませんでした。
子どものころ、少し水をつけて葉を揉むと泡立ってくるので石鹸の木なんていっていましたが、ただそれだけの印象しかありません。

投稿: オラケタル | 2008年7月17日 (木) 14時37分

オラケタルさま
5年か10年に一回、大流蜜が起こる、、どういう自然現象なのでしょうね。
蜜がたくさん出る→蜜蜂が来る→花粉による交配→ たくさんの実が結実→よく春、新しい芽が出る
やはり大きな台風で山が荒れたとか、記録的な猛暑で木が弱ったとか、天候異変が原因で、種の保存機能は働いたのでしょうね。

投稿: ナベショー | 2008年7月17日 (木) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蜜蜂への贈り物 「ナンキンハゼ」 | トップページ | グラジオラスの花 »