« 新生姜の佃煮 | トップページ | 青春きっぷ18の旅、再び糸魚川へ »

2008年7月23日 (水)

夏の茗荷料理!

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします2008_7_21_005syuku

アメリカフヨウ

とにかく花が大きいね!

普通のフヨウの数倍の大きさ、、、2008_7_21_011syuku                                  

女優さんは、自分が美しく見えるのが顔の右側か、左側か、、をよく知っておられるそうです。

TVや写真、、必ず、その美しく見える側を見せて、にっこりと微笑む

女優さんだけではないよ、

杉良太郎さんも必ず流し目をするときは、それを意識されてるとか、、

で、このアメリカフヨウ、、どちらが美しく見えるだろうか!

茗荷がたくさん出始めた!2008_7_18_055syuku

茗荷の花、、なかなか美しい2008_7_18syuku                                        

茗荷は、茄子やかぼちゃ等の夏野菜と一緒に煮物で食べたり、冷やし素麺の薬味、魚のタタキの薬味、夏の料理には欠かせない。

ナベショーは茗荷の天婦羅が大好きである2008_7_21_095syuku                           

それから、茗荷の入った夏の定番料理

胡瓜、茄子、青紫蘇、生姜、茗荷、、、これらを薄く、細かく刻む

2008_7_21_083syuku

塩を振って、よく混ぜて、手でしっかりと絞る!

夏のインスタントお漬物!   茗荷の糠味噌漬けも美味しいよ!2008_7_21_086syuku                                      

お醤油を少しかけてお召し上がりください。

更に、酢と砂糖を加えて酢ものの化けることもある。

烏賊や多胡、シラス、若布など加えれば、更によし!

モンタ、、の床ねっころがり、、まだ続く2008_7_21_108syuku

ただいま、青春18切符の汽車の旅

モンタがブログの更新をしております

モンタを見てのお帰りに、「花・ガーデニング」部門  

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます!

|

« 新生姜の佃煮 | トップページ | 青春きっぷ18の旅、再び糸魚川へ »

コメント

日本人は野菜が足りてないって言いますから、色々な調理法で美味しく頂きたいですね、農業の需給率上げていかないと。

投稿: トモ | 2008年7月23日 (水) 21時22分

上!上の向きが落ち着くのです!
れおんは正面からがかわいい。
もんたくんは左ほほを前面に…が好き。

投稿: れおん | 2008年7月23日 (水) 22時44分

ミョウガの天ぷら~先日初めて食べました~

美味しいですね~

花は始めて見ました~

今がミョウガの旬なんですね~

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2008年7月24日 (木) 09時44分

茗荷や青紫蘇、胡瓜に茄子・・・こんなのを刻んだ浅漬け。

ここに納豆昆布が入ると、山形名物『だし』で~す。

投稿: ば~ば | 2008年7月24日 (木) 12時43分

モンタ君やるね♪♪

ブログの更新!

お父さんが、青春キップの旅から帰られるまで、

寝転がってていいから、留守番だけは、しっかり

頼むよ♪ 

しかし、モンタ君 暑いネ!!

投稿: puppy | 2008年7月24日 (木) 14時26分

トモさま
昔は野菜の煮物や和え物、実たくさんの味噌汁、お漬物など、食卓にはたくさんの野菜料理が並んだのですが、今の若い人はそういう料理を作らなくいなったのでしょうね。

投稿: ナベショー | 2008年7月24日 (木) 21時41分

れおんさま
これからは、努めてモンタの写真 左ほおを前面に、、で撮りましょう。

投稿: ナベショー | 2008年7月24日 (木) 21時43分

マグロ君さま
東京の高級料亭でも、茗荷の天婦羅を出すようになりましたかな!
香りが良いですね。

投稿: ナベショー | 2008年7月24日 (木) 21時44分

ば~ばさま
今度は、これに昆布を入れてみようかな!
夏は、こういう涼しいのがいいですね。

投稿: ナベショー | 2008年7月24日 (木) 21時46分

PUPPYさま
モンタは立派にお役目、努めてたようですね。
玄関のドアの中から出迎えてくれました。
車の止まる音でわかるんですね~

投稿: ナベショー | 2008年7月24日 (木) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新生姜の佃煮 | トップページ | 青春きっぷ18の旅、再び糸魚川へ »