« 青春きっぷ18の旅、再び糸魚川へ | トップページ | 青春18きっぷの旅 再度金沢へ(2) »

2008年7月25日 (金)

青春18きっぷの旅 再度金沢へ(1)

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします2008_7_21_170syuku

2008年7月23日

糸魚川を朝発って、11時過ぎに金沢に着きました。

昨年12月に来た時は、駅から向かって右側、武家屋敷、室生犀星記念館、犀川から寺町寺院群、百万石通りを歩いた。

今回は、近江町市場から尾張町、主計町、東茶屋街

駅から通りをまっすぐ下り、金沢の台所、近江町市場

たくさんの魚屋がひしめき、日本海の鮮魚が溢れる

丁度、土用のウナギの蒲焼が旨い店に長蛇の列、、、ウナギの蒲焼を売ってる店は幾つもあるのに、それらを無視して、杉本水産という魚屋へ、、2008_7_21_171syuku 写真のず~と向うへ、、、、                 

三代に渡り、受け継がれたタレ、炭火で焼き上げた蒲焼、、、長い列なので、もちろん買えない。

お腹が空いてたので、この中の寿司屋に入ろうとしたが、どこも満員、、、

市場を出て、少し歩いたところ

交差点の信号待ちしてたら、若い女性が幾人も入っていく、、、、パスタのお店2008_7_21_174syku      

なかなか、良い雰囲気の店内

蟹とキノコのパスタ、、、美味しかった!

妻も満足!

(実は、前回は、武家屋敷街で、中途半端に茶店でお汁粉を食べたばかりに、昼食を食べ損ねて、妻の機嫌が悪かった、、、空腹をガマンできずに遅い昼食を食べるという妻と、旅館の料理を美味しく食べるためにガマンすべき、、というナベショー)

隣の席の若い女性、、、ここけっこう美味しくて有名なんですよ!

こんなに女性がはいって来るでしょう! 

情報誌には、必ず出てますよ、、

東茶屋街近くの尾張町の旅館 やまむろ屋 さんにザックを預けて、さあ観光に出発!

旅館を出て、2008_7_21_177syuku 広い通りの出ると、泉 鏡花 記念館

金沢が産んだ3人の作家、、

室生犀星,泉鏡花、徳田秋聲、、

泉鏡花の幻想的な作品 高野聖や滝の白糸は有名で、ボクも昔読んだことがある。

これらの作家の生い立ちや女性との遍歴、その家族、歩んだ作家人生、、など興味深い

浅野川に沿って主計町の茶屋街、、、泉鏡花の世界である2008_7_21_185syuku                  

浅野川のやさしい流れ、、、幼くして母を亡くした鏡花の女性への憧れの減点となったそうである

この、川に沿った小路は「鏡花の道」と呼ばれる2008_7_21_187syuku                             

浅野川大橋を渡り、東茶屋街へ (続く、、、)

モンタは、、お留守番でした。

2008_7_25_017syuku_2

モンタを見てのお帰りに、「花・ガーデニング」部門  

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます!

|

« 青春きっぷ18の旅、再び糸魚川へ | トップページ | 青春18きっぷの旅 再度金沢へ(2) »

コメント

Sho-Kyoto to iwareru dake atte
Kanazawa ha jocho aru iimahci desune.

Omiho-ihiba ha daisuki desu.
Mafuyu ni nido ikimashita.

Kondoha hokano kisetuni ikitai to omoimasu.

Yoi tabi de yokatta desune-.

投稿: M.K. | 2008年7月25日 (金) 23時40分

…と言うことは…
晩ごはんの写真はまだお預けですねぇ~

朝ごはんも…

投稿: れおん | 2008年7月26日 (土) 00時23分

お父さんには “並んで待つ”ってことがぜったいにできない。昔からそうだったよねえ。すいている店を探してうろうろしている時間と待っている時間とそう変わらないこともしばしば、、、でしょう?

まあ、お母さんとけんかにならなくてなにより。

金沢、今度帰国したらぜひ行ってみたいよ。

投稿: LAの次女 | 2008年7月26日 (土) 05時12分

おはようございま~す♪ナベショーさま
カーナーざーーわーーーーーーーーーーーーー♪
いいな いいなーーーーーーーーーーーー♪

史跡などに立つと引寄せられそうな 恍惚感にひたって 佇んでしまいます~
次回は ゆっくりと歩いてみようと思います。

旅は やはり 美味しいものとともに 思い出としてのこりますね♪

投稿: キュリー | 2008年7月26日 (土) 08時05分

M.Kさま
城下町はたくさんあれど、金沢ほど、素晴らしい町は他にありませんね。
真冬の金沢もいいですね。
季節、季節に訪れて、落ち着いた旅館、美味しい季節の料理をいただいて、ゆっくり楽しむ、、、人の少ない週末を避けての旅行が出きるのが幸せです。

投稿: ナベショー | 2008年7月26日 (土) 09時26分

れおんさま
まだまだ、、お預けですよ~
少しずつ運ばれてくるお料理をちゃんと撮るのは難しいですね。
酔っ払ってるし、照明は暗いし、、

投稿: ナベショー | 2008年7月26日 (土) 09時28分

LAの次女さん
待ってることのイライラのほうが精神的には身体に悪いと思うけど、、、
金沢、、なかなかいいよ!

投稿: ナベショー | 2008年7月26日 (土) 09時30分

キュリーさま
旅らしい旅、、は退職してから、、やっと出きるようになりました。
まだまだ、日本全国、、行きたいところがたくさんあります。
知らないところで、ゆっくりと、いろいろ見て、歩いて、食べて、時間を過ごして楽しめるの、、、いいですね。

投稿: ナベショー | 2008年7月26日 (土) 09時35分

あら,金沢へ来られたんですね。最初の画像でもしや近江町と思ったら,その通りでした。私も今日は近江町へ行ってきましたよ。お魚大好きなナベショーさんにお知らせしたい魚市場があったのに・・・。お泊りのお宿も同級生のおうち。なんだか不思議な感じです。
グルメのナベショーさん,どんなお料理がお口にあったかしら。

投稿: tirokluro | 2008年7月26日 (土) 19時40分

金沢、私も2月寒いときに行って来ました・・・だから写真が懐かしいです。青春18切符で行ったなんて、若い!ですね。のんびりといいですね~
浅野川沿いは、情緒があって良かったですよね~
夏の金沢は静岡より涼しいのでしょうか?

投稿: kawazuzakura | 2008年7月26日 (土) 20時01分

tirokluro1さま
近江町市場は楽しいですね。
今時、スーパーでしか魚が買えないところが多いのに、こんなに旬の新鮮なお魚が溢れるほど並んでいるなんて、羨ましい人が多いでしょう。
旅館やましろ屋さんの女将さん、、が同級生の方だったんですね、、、奇遇ですね。
加賀料理、、美味しく楽しみました。

投稿: ナベショー | 2008年7月26日 (土) 20時36分

kawazuzakuraさま
青春18切符、、いまや年配者のほうが利用が多いようですよ。
豪華客船で世界一周するほどのお金は無いけど、暇と時間と好奇心はたくさん持ってる人には最適の旅です。
浅野川沿い、、情緒がありますね。
梅雨明け、、静岡も金沢も暑さは同じでしょうね。
時期としては、やはり雪の降る冬でしょうね。
でも、冬は冬、夏は夏、それぞれの旬の魚が食べられます。

投稿: ナベショー | 2008年7月26日 (土) 20時42分

今日の「日本経済新聞」の土曜日版は偶然にも「青春18切符」の記事が大きく出ました。

例として(新聞記者さん)朝早く東京を発って、日ずけが変る前、九州に入ってようでした。1人旅。

花譜、71歳もやってみたいなあ!

投稿: 花譜 | 2008年7月26日 (土) 21時17分

花譜さま
東京23時10分、快速「ムーンライトながら」に乗り、大垣に6時52分、、、それから東海道、山陽本線を乗り継いで、下関に夕方、更に熊本、八代へ、、というのもあります。
東京から行けるところまで行って、お昼を食べて夕方に帰ってくるのもいいです。
71歳、、ナベショーよりも7つお姉さん、まだまだどこへでも青春18きっぷで旅が出来ますよ!
冷房のかかった涼しい席を占領できて、本が一冊読めます。
たった2300円で、、、、

投稿: ナベショー | 2008年7月26日 (土) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青春きっぷ18の旅、再び糸魚川へ | トップページ | 青春18きっぷの旅 再度金沢へ(2) »