« 山伏に咲く花 | トップページ | 暑いけど、畑の草取り »

2008年8月15日 (金)

趣味としての養蜂

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。2008_8_15_022syuku

ノカンゾウ(野萱草)2008_8_15_042syuku                         

八重の ヤブカンゾウが咲き終わり、庭のヘメロカリスも終わり、季節は梅雨が明けて夏

庭は真夏の強い太陽でからから、、、

アブラゼミのジ~ジ~という鳴き声、

いつの間にか、一重の朱色の花、ノカンゾウが咲き始める

乾燥しきった庭で、真夏から初秋まで、毎日一つずつ咲き続ける

園芸種のヘメロカリスは好きだが、この素朴なノカンゾウ、、、大好きな花である。

野の草むらの中、ポツポツと朱色の百合のような花が目立つ

野に生えてたのを、庭に植えたところ、何の世話をしなくとも、毎夏、花をつける

ノカンゾウの早春の新芽は、茹でて酢味噌和えにして食する。

2008_8_15_045syuku

蜜蜂がダニ(ミツバチヘギイタダニ)の被害にあった。

このダニは、幼虫から成蜂まで寄生して蜜蜂の体液を吸い取り、ついには生命を奪う。

教科書では知っていた。

ダニの予防駆除のためには、早春と初秋に薬剤を使用する。

今までは、予防的に前もって使用したので、発生が見られなかった。

梅雨が明けたころ、蜜蜂の数が減り始めて、おかしいなあ、、、とは思っていた。2008_8_3_009syuku

だから、知識としては知っていたが、実際に、こうも本格的にやられたのははじめてである。

巣門の前に、幼虫の死骸や羽が不完全に変形した若蜂2008_8_3_013syuku 2008_8_3_016syuku  0.5mmくらいの赤いダニの姿も見える

まさか、、、7月の末に、養蜂家のA先生のところに行った時、

「今年はダニの発生が早いよ、、、、秋が普通だけど、、」

先生は、既にダニの薬剤を巣に入れていた。

そうか、、これがダニの被害なのだ!

比較的、たくさん貯まった蜂蜜は採取し、巣箱の中にダニの薬を入れた、、、、

この薬が効いたとしても、すでに幼虫に寄生しているダニの卵は、幼虫が成虫になる3週間後で無いと、殺せない。

かなりのダニは死滅したようだが、薬に耐性を持ったダニなのだろうか?

巣脾枠を順に引き上げて観察する

蜂の背中をすばしこく這い回っている赤いダニの姿が見える。

これが、ダニの姿なのだ!

今まで、見てても見えていなかった、、、、

見つけ次第、蜂ごと掴んで殺してしまうが、、、なかなか全滅させることが出来ない。

次々と蜂の幼虫が孵化するたびに出てくるのであろう。

蜂の数が半減した巣箱、、、、2008_8_12_244syuku

4箱のうち、二つの箱は女王を一匹にして合同した。

後の二箱は、二段あったのを、詰めて一段にした。2008_8_12_248syuku

ちょっと窮屈そうだな~2008_8_12_246syuku

その過程で、中途半端に貯まった蜜の巣脾枠を取り除き、蜜は絞った。2008_8_12_249syuku

しかし、この蜜は、ダニの薬剤を微量に含むために、捨てざるを得ない。

空になった巣脾枠は、蜂蜜でべとべとするので水洗して乾かす。2008_8_12_263syuku_2

女王蜂が新たに産卵を続ければ、八月末には、ダニが寄生していない幼虫が育って、成蜂が孵化し始める

それまでに、どこまで蜂の数、勢力を維持出きるか、、、、、

勢力を保つためには、更に、群れを合同しなければならないかもしれない。

9月には、最低、二群を維持できれば、、、、と祈る思いである。

全滅することも最悪のケースとして覚悟しなければならない。

9月になると、恐ろしいスズメバチの襲来、

更に恐ろしい法定伝染病のアメリカフソ病(これに感染すると、巣箱ごと焼却処分)、、、、

なんとか外敵から守りきって、冬越しの準備、

そして冬越し

無事、冬越して来春を迎える、、、(凍死して全滅ということもある)

一年間を通じて、ミツバチの群れを、襲い来る数々の外敵病気、から守る、、、

アウトプットとして、蜂蜜を収穫する

今、流行のテレビゲームに子供も大人も夢中になり、社会問題にさえなっている。

しかし、趣味としての養蜂、、、、これは最高に面白い大人のゲームではなかろうか!

ダニ剤を使用する前に採取した蜂蜜

春の蜂蜜のように濃厚ではないが、さらっとした癖のない蜂蜜

5月に、多くの読者の方から、ご予約いただいています。

ほとんどの方が、二本または二本以上、、(一本500gr)

しかし、お1人、一本だけなら、予約いただいた全員の方にお分けできると思います。

一本1200円、宅配の送料分だけ、割高になってしまい、申し訳ありません

もし、それでよろしいならば、来週中には、発送したいと思いますが、ご住所の変更などのある方はメールでお知らせください。

山伏へ登った時に山道で採ってきた野生の山葵2008_8_12_230syuku                             

刻んで、塩で十分揉んで、絞って、酒粕に混ぜて、味醂を少々、、、

山葵漬け、、、2008_8_12_235syuku ずいぶんとたくさん出来たでしょう!                       

モンタ2008_8_15_008syuku 、、、誰かの足をねらってるな!                              

今日はモンタを見てのお帰りに、「花・ガーデニング」部門  

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます。

|

« 山伏に咲く花 | トップページ | 暑いけど、畑の草取り »

コメント

飼っている蜜蜂の種類は違えど、
悩みは、同じですね!
私は今年からですが、本当にナベショーさんがいうとおり、
これ以上面白いゲームはないですね!
ハラハラ、ドキドキ。。。
やってみて、本当に良かったと思います!

投稿: koji | 2008年8月15日 (金) 23時52分

Hachimitsu wo owake kudasaimase.
Konna gokurou wo sarete imasunoni
yokodori shite shimauyoude moushiwake naidesuga.
Tanoshimini shiteimasu.

Wasabiduke mo yobunga areba
owake kudasai. Jibun demo wasabino
happa ya kukiga nyuushu dekireba
tsukurunodesuga, zairyouga
tenihairimasen.

Nokanzo no me ha osashimino tsumani
ashiraimasune. Metade, nokanzou no me
hojiso nado osashimino tsuma ha oishii desu.

投稿: M.K. | 2008年8月16日 (土) 00時07分

本当は、一年を通してナベショーさんの蜂蜜を味わいたい所ですが、みなさんと分かち合うのも大事なことだと思いますので、今回、もし、余るようでしたらお願いしたいですが、ナベショーさんの蜂蜜に限って、それはないでしょうね^_^;
また来年、夏の楽しみにしても良いですしね。

自然のものを相手にしていると、不測の事態に遭遇するのでしょうね。
本当はないに越したことないでしょうが、学ぶこともあるでしょうね。

暑い夏、日射病とか熱中症に気をつけてくださいね。

投稿: みほ | 2008年8月16日 (土) 00時53分

混ざりもののない本物! 味わえただけでも幸せ!

こんなことって、、、あるんですね。
自然界の恐ろしさ、命あるすべてのものが持っている殺戮。63年前を思い出している最中のニュースです。

水窪にまだあるかしら?

投稿: やまんば | 2008年8月16日 (土) 06時04分

色々 勉強させて貰います。
ハチミツは 自然の恵みと 自然(天候、外敵)との闘いと 養蜂家の観察、努力とで 頂ける栄養なんですね。 私も ハチミツが欲しいけど・・・ 来年は お仲間に入れて下さいね。 
頑張れ!!! 蜂達!

投稿: シーちゃん | 2008年8月16日 (土) 08時15分

やはり、生き物相手ですね!いろんな事が起こって本当に大変ですが頑張って(蜂さんも)下さい。
大切な蜂蜜を少しでも分けていただけること、とっても嬉しいです。皆さんで分け合って、ナベショーさんの蜂蜜を楽しませていただきたいと思います。

投稿: chobingon | 2008年8月16日 (土) 09時52分

コメントをありがとうございました。
急に出かけていました・・・バテバテ~。

異常な暑さです、やはりダニなどの被害も気候の影響があるのかしら。

投稿: ば~ば | 2008年8月16日 (土) 10時09分

キスゲ、ヘメロカリス皆カンゾウの仲間ですよね。
ノカンゾウも一日花なのですか?
先日の弥陀ヶ原の草原にも黄色のヘメロが色鮮やかに咲いていました。
ここでは禅庭花というのだそうです。ノカンゾウとは姿はちょっと違いますが、ヘメロカリスの花姿です。立山は古来禅定の山として登られていたのでそれらの人には禅定花だったそうです。やはり一日花とされていますが3日間も咲くのもあるそうです。
蜂蜜作り、大変な作業ですね。改めてご苦労がわかります。

今回忘れず一ビン私も予約させてください。
よろしくお願いいたします。

投稿: にりんそう | 2008年8月16日 (土) 10時43分

涙が止まりません・・・。
なんて過酷なのでしょう!
TSUTAYAで丁度アースを借りてきて、
おっとっと氏がDVDを見ています・・・。
自然の過酷さ・・・蜜蜂たちにのしかかる現実。
差し詰め~ナベショーさんはTVゲームにでてくる正義の騎士?
分けていただいた春の蜂蜜~1本は母が楽しませていただいていますが~、宝物をいただいている気分です・・・。
今回はもう残らないと・・・・思いますが~いつでも発売の時は、私の分を入れておいてくださいね!!
この子達が体を張って作ってくれているんだ~って涙・涙・涙・・・・。
愛おしいです・・・。

投稿: viviel | 2008年8月16日 (土) 11時53分

養蜂って苦労の連続なんですねぇ・・・
国産の蜂蜜、高いワケだ・・・

知らなかったことばかり。
ナベショーさんには、頭が下がるばかりですbearing

ぜひ!我が家にも1本、おすそわけを
お願いしたいです!

投稿: ぽんた | 2008年8月16日 (土) 14時18分

kojiさま
やはり、5年、10年、20年とやってるベテランや専門の業者の人は、それなりに、いろんな苦い経験を積み重ねてられるようです。
しかし、養蜂で生計を立ててるわけではないので、ハラハラ、ドキドキのドラマをそれなりに楽しもうと思います。

投稿: ナベショー | 2008年8月16日 (土) 19時56分

M.Kさま
失敗しなければ、たくさん採れたのに、残念でした。
春のに比べれば、良い蜂蜜ではありませんが、味わってください。
山葵漬けの材料、、、なかなかスーパーには売っていませんね。高い山の渓谷で、たまに野生の山葵が見られます。
少しですが、お送りしましょう。
ノカンゾウの芽、お刺身のツマに、、それは知りませんでした。
春になったら、ツマで食べて見ましょう。

投稿: ナベショー | 2008年8月16日 (土) 20時05分

みほさま
やはり、世の中、甘くないですね、、、
春からのスタートは順調、素晴らしい蜂蜜がたくさん採れたのに、、、、ちょっと気をよくしてたら、、、、
梅雨からの管理、失敗してしまいました。
まあ、失敗を積み重ねて学んでいくのでしょうね。
あくまで趣味の養蜂、、生計がかかってるわけではないので、失敗も含めて楽しもうと思います。
来年はお楽しみに!

投稿: ナベショー | 2008年8月16日 (土) 20時12分

やまんばさま
ほんとに、まさかの坂でした。
ミツバチの寄生するダニ、、、自然界では何か良い働きもしてるのでしょうね?
水窪、、、ひょっとし、まだあるかもしれませんよ!

投稿: ナベショー | 2008年8月16日 (土) 20時16分

ば~ばさま
お出かけでしたか、、、この暑い中、、ご苦労様でした。
アメリカではミツバチが集団失踪したり、いろいろなことが起こります。

投稿: ナベショー | 2008年8月16日 (土) 20時20分

にりんそうさま
ゼンテイカ、、高山に咲くニッコウキスゲのことですね。
私も,ゼンテイカが群生して咲いてるのを見てみたいものです。
ヘメロカリスの仲間は、ほんとに綺麗ですね。
養蜂、、それなりの技術、管理のやり方があるようです。
まだまだ、素人の駆け出しですね。
蜂蜜、、にりんそうさまのは予約リストに入っています。
一本になってしまい、申し訳ありません。

投稿: ナベショー | 2008年8月16日 (土) 20時30分

vivielさま
TVゲームにでてくる正義の騎士、、、、、今回はとんまな間抜け騎士、ミツバチに致命的な被害を与えてしまいました。
あまりに頼りない飼い主だと、蜜蜂が集団で逃亡するそうです。
何とか、持ちこたえて、来年の春には、蜂蜜が採れるようにしたいもの、、、それにしても春採った蜂蜜は最高でしたね!
幻の蜂蜜にならなきやいいが、、、
ミツバチが厳しい自然の生存競争の中で、群れを存続さす知恵は素晴らしいものです。
でも、西洋ミツバチは、日本の自然の中では、人が守ってやら無いと生きていけないのです。

投稿: ナベショー | 2008年8月16日 (土) 20時43分

今年から趣味の養蜂を始めましたが
意外とお金が掛かりますね。
養蜂を始める前に巣箱の前にスズメバチが来る事も
知らなかったし、ダニの事なんて・・・。
これから秋、冬となりますが無事に越冬出来るか心配です。

ナべショーさん、スズメバチが最近よく来て
スズメバチ焼酎になっています。
ダニの動く速さは本当に早いですね。

投稿: FZ250 | 2008年8月16日 (土) 20時45分

ぽんたさま
まだまだ素人、、一瞬のタイミング、対応がちょっと後手になったため、こんな致命的な被害を受けるとは、、、
養蜂、、いろいろ奥が深いです。
ぽんたさまのご住所を聞いてなかったので、、

投稿: ナベショー | 2008年8月16日 (土) 20時47分

FZ250さま
ダニの動く速度、、ほんとにすばやい!
背中から、隣のミツバチの背中に、ぱっと移ってしまう、、
4群にまで増やしたのに、、最終一群、せめて二群で冬越しさせたいけど、秋になるとスズメバチ、アメリカフソ病、チョーク病、、、何とか乗越えたいものです。
もう、ボツボツ、スズメバチ捕獲器をつけたほうがいいかな?

投稿: ナベショー | 2008年8月16日 (土) 20時53分

…ダニ見えましたよっ!
ゲームって言えば軽く聞こえるけど…
既にゲームの域は越えてますよぉ~
真剣勝負!

れおぽんさん…予約したつもりでおりますが…
エントリーされていますでしょうか?
もしうっかりの予約忘れだったようでしたら、
この次にチャレンジしまーす。

投稿: れおん | 2008年8月16日 (土) 21時28分

こんばんは。大変なご苦労の結晶ですね。もし私まで送っていただける分があるのなら、ぜひお願いします。命の味だと思って毎朝パンにつけて食べています。でも予約したのが遅いので、無理ならばまた来年で結構です。気長に待ってます。

投稿: かめ姫 | 2008年8月16日 (土) 21時53分

シーちゃんさま
養蜂3年目、、だいぶわかってきたつもりが、全然駄目、、
大失敗してしまいました。
何とかリカバーして、来年はご期待ください、、、と願ってます。

投稿: ナベショー | 2008年8月16日 (土) 22時24分

chobingonさま
対象が植物ならば、今年は霜にあってお茶が不出来でした、、っていうのですが、やはり動物、生き物の場合は辛いですね。
一本になってしまいましたが、味わってください。

投稿: ナベショー | 2008年8月16日 (土) 22時27分

れおんさま
確かに真剣勝負、、、でもね
家族の生活がかかってないから、やはり趣味の域!
ハイ!
予約リストに入ってますよ~

投稿: ナベショー | 2008年8月16日 (土) 22時30分

かめ姫さま
かめ姫さまも予約リストに入ってます。
もっともっとたくさん採れるはずだったのに、今回はへましてしまいました。

投稿: ナベショー | 2008年8月16日 (土) 22時35分

今年は早くからスズメバチが来ているらしいです。
7月下旬に八ヶ岳へ行ったんですが地元の花生産者さんと
お話しをしたら「ハチ、今年は多いですよ」と言われたので。
うちのはもうスズメバチ捕獲器をつけましたが
一度に2匹も入っていて驚きました。

ダニが付くのは背中だけならいいのですが
お腹にも移動するから内検する時は巣枠を斜めにしたり
ミツバチに息を軽く掛けて移動させてお腹の辺りも検査しています。
内検する時に自分はビニールの手袋をするのですが
汗が流れて来ます、大変ですがお互いにがんばりましょう!

投稿: FZ250 | 2008年8月17日 (日) 14時23分

FZ250さま
スズメバチの襲撃を受けて全滅した巣箱を見たことがあります。
死骸の山、、すざましいですね。
今年はアシナガバチも多いようだし、蜂の当たり年のようですね。
明日は捕獲器をつけようと思います。
ダニ、、ほんとにすばしこいですね。
背中、首、腹、隣の蜂へ、、、
ナベショーさんが10匹見つけたのなら、100匹はいるよ、、と先生から言われました。
初期の段階で薬を入れないと、手遅れになってしまうことを、つくづく思い知りました。
もう少し頑張って蜂蜜を採ってから、、、と躊躇したのが命取りでした。
がんばりましょう!

投稿: ナベショー | 2008年8月17日 (日) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山伏に咲く花 | トップページ | 暑いけど、畑の草取り »