« 雷雨の翌朝は! | トップページ | 小林正樹監督の「怪談」 »

2008年8月 7日 (木)

大無間山、小無間山

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。2008_8_2_043syuku

胡麻の花2008_8_2_035syuku   今は胡麻を畑に栽培する農家も少ない

胡麻を作ってる畑を見つけて、写真を撮ろうとしてたら、農家のおじさんがやってきた。

5~6畝の胡麻、、、鍋で炒って料理に使う、香りが良くてとてもおいしいよ。

これだけの畑で十分すぎるほどの胡麻が採れる

高さ 1mくらい、下のほうから順番上に向かって花が咲く

最後に芯を止めて、実が熟してきたら、引いて束にして、乾燥させる。

バンバン叩けば、胡麻の種が採れる

聞いてると、いとも簡単!

畑を拡張して、来年は胡麻を作るかな!

今朝はすっきりとした夏の青空、、、霧やモヤがほとんどかかっていない

たぶん、ウオーキングの農道から、今朝は富士山が見えるよ!

見えた!2008_8_7_008syuku   、、、、で、皆様は富士山がわかりましたか?

老眼の方には、ちょっと無理かな?

では、200mm望遠ズーム、アップで撮りましょう2008_8_7_005syuku                       

カメラのCCDにゴミが二箇所、付着して、黒い斑点が、、、、

前々から気づいてるのだが、掃除だけで2~3週間、2万円、、、まあ、ガマンするか、、、

冬であれば、ギンギラギンに雪で輝く美しい富士山なのだが、、、

南アルプス深南部の井川湖の先、田代の大無間山、小無間山や安倍奥の山々が良く見える

2008_8_7_009syuku

では、アップしましょう 2008_8_7_012syuku  右手のポコポコの峰が2329mの大無間山、、、なだらかな尾根を右に移動して、2150mの小無間山、

この台形の特徴的な雄大な山の姿は、南アルプスからも、静岡側からも、よく見える。

10年ほど前に、近所のSさんと登った、、、、二度と登りたくない山である。

井川湖の田代から登ると、小無間山の手前の1796mの小無間小屋、

そこからP1、P2、P3、P4、P5の「鋸歯」と呼ばれる急なアップダウンの

両手で木の枝、岩をつかみながら急勾配の斜面を、あえぎあえぎ這い上がった途端に、数百mのつるべ落とし、これを5回繰り返す

両手、足腰、ガクガクになって乗越えると2150m小無間山の頂上、、、、

展望は全く無い

田代からの標高差は1400m

ひたすら、シラビソの薄暗い原始林の中、なだらかな尾根道を歩いて、2329mの大無間山へ

しかし、時間切れ、、、日帰り予定なので、元来た道を引き返す、、、

疲れた身体で、再びP5、P4、P3,P2、P1の鋸歯のアップダウン、、、これはきつい!

もし、ここで事故ったら、、、、、

ここで、骨折、捻挫、、なぞのアクシデントに遭遇したら、、、、、、

一人だったら、身動きできないだろうから、、、、誰かが来るまで下山は出来ないだろう、、、

マニア、ベテランに人気のある山、、、一般の人は、ほとんど登らない、、、

今までに登った山では、もっともきつい山であった

大無間山でテント泊して、寸又峡温泉に下るコースもある

奥深い原生林と熊笹、深い渓谷、展望は無し、、、無間地獄の無間、南アルプス深南部の代表的な山である。

畑の牛蒡を一本引いてきた、

昨日、ば~ば様が新牛蒡の料理をブログに載せてられたのでね。

折らないように、折らないように、、、、抜けたあ~!

ななかなか立派な牛蒡でしょう!2008_8_7_014syukusyou

大きな葉っぱは、無理にしても、この美味しそうな茎   これを捨てたらもったいない

新牛蒡、ニンジン、牛蒡の茎、コンニャクを胡麻油で炒めて、お酒と醤油、唐辛子半分で味付けしてキンピラ

牛蒡のササガキを作る時、いわゆるアクだしをせぬように、、、NHKのためしてガッテンでやっていた。2008_8_7_015syuku

牛蒡のササガキ、牛蒡の茎、ニンジンと茎と葉、でかき揚げ

水を使わずに、小麦粉とお酒で、、2008_8_7_019syuku                                 

先日の525円の雑魚、干物のから揚げ、、、これで全部食べつくしたよ。

これは、ほんとにお買い得だった。

今日の料理も、ボクが飲んだ缶ビール以外はほとんどお金がかかってないね、、

モンタ2008_8_4_106syuku 、、、カメラを向けると、ちょっと首を傾げて、右のほおを向けて、ポーズ!

モンタを見てのお帰りに、「花・ガーデニング」部門  

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます。

|

« 雷雨の翌朝は! | トップページ | 小林正樹監督の「怪談」 »

コメント

はじめまして。
仙丈小屋を検索していてたどりつきました。
ところで、写真がどれも素敵です。
私も山行の共にカメラデビューをもくろんでいるのですが、
素人でもそこそこ美しく、風景や接写ができるカメラってどんなのが良いのでしょうか?アドバイスいただけたら嬉しいです。

投稿: さりー★kaneshige | 2008年8月 7日 (木) 22時32分

ゴボウ大成功ですね!

早く出来ないかなぁ~ 掘るの楽しみにしています。
ベランダのほうです!

あのお花は胡麻なんですか?!
先日、農家さんに侵入して
面白い花だったから何枚か撮っておきました。
比べたら…同じお花…でも葉っぱが少し違うのです?
そっちも楽しみです。胡麻?果たして?

投稿: れおん | 2008年8月 7日 (木) 22時54分

さりー★kaneshigeさま
私もカメラは素人です。
そこそこ美しく、風景や接写できるカメラ、、、
私のブログの写真は全て、一眼レフデジカメで撮っています。
機種は、もっとも普及タイプのキャノンイオスキスデジタル
交換レンズは、花を撮る場合はキャノンマクロ100
そのほかの風景や料理、猫などの汎用、諸々は、TAMRON18-200望遠ズーム 広角から望遠までカバーしてて便利です。
この二本のレンズでほとんどOK
山では、小生と同じくTAMRON18-200装着してる人を多く見かけました。
もっとも人気のある組み合わせのようです。
コンパクトデジカメはバックアップ用に使ったことがありますが、自分のイメージするような写真を撮るのは非常に困難なので通常は使っておりません。
参考になったでしょうか?

投稿: ナベショー | 2008年8月 7日 (木) 23時05分

れおんさま
畑は無農薬の自然農法、、、、でベランダ菜園は?
花が胡麻そっくりで、葉が異なる、、なんでしょうか?
まっすぐ直立してますが、、、
胡麻にも種類があるんかな~?

投稿: ナベショー | 2008年8月 7日 (木) 23時09分

イイごぼう!!
うちのは・・・・手入れ不足の畑で作ったので、、、、大失敗・・・

来季こそは、先生のごぼうみたいな立派な物作って、美味しいきんぴら食べたいです!

投稿: koji | 2008年8月 8日 (金) 02時20分

Ima,asa no walking kara modotte kimashita.
Kesa ha shikke ga ookute namarui kaze ga arimashita.

Toyama no Fuji utukushii sugata desune.
Goma saibai mo sokaisaki no keiken deshita.

Kyouno nimono, agemono zenbu oishisou.

Monta mo suteki desune-.
Saikin otokomae ga agattemasu.

投稿: M.K. | 2008年8月 8日 (金) 05時34分

kojiさま
一昨年も同じところに牛蒡 蒔いたけど失敗
たくさん芽がでたら成功だね。
今のところ菜園も当たり外れの出来たり駄目だったり、、
南瓜と薩摩芋、里芋は、いまのところ元気なので、成功かな?

投稿: ナベショー | 2008年8月 8日 (金) 08時57分

M.kさま
名古屋は静岡よりも最高気温が3~4度高いようですね。
今日も朝からクマゼミの合唱、、暑くなりそう!
子供の頃は胡麻も菜種も畑で作ってましたね。
小豆も作ってみたいが、、、ほどほどに、、、
モンタ、、表情も豊か、鳴き声もいろいろ、、言葉が話せなくとも、通じ合えますね。

投稿: ナベショー | 2008年8月 8日 (金) 09時04分

Naniyama to hatsuon suru nodeshouka?

Gomano hana ha kodomo gokoroni housenka to
niteiruto omotta kotoga arimasuga kioku chigai
deshouka?

投稿: M.K. | 2008年8月 8日 (金) 09時06分

M.Kさま
読んで字のごとく、ずばり「だいむげんざん」「しょうむげんざん」すごい山でしょう!
胡麻の花、、確かにホウセンカとよく似てますね。

投稿: ナベショー | 2008年8月 8日 (金) 09時45分

ゴマの花、思いがけない美しさですね~。

新牛蒡は香りがいいので、掻き揚げがさらに美味しい。
柔らかい葉も使えるのは、植えている人の特権です。
売っているのは、必ず葉を切り落としてますもの。
(リンクありがとうございました)

投稿: ば~ば | 2008年8月 8日 (金) 09時55分

ナベショーさま
はじめまして。いつも読ませていただいています。登山は体力的に苦手ですが、山は好きです。今回はM.K.さまと同じく、山の発音の仕方がわからないなあ、と思って読んでいました。そのままでも、音読み?訓読み?重箱読みとか、山は特におもしろい名前・読み方もあるようで。全部とは言いませんが、どうぞ読み方もお願いいたしま~す。北アルプス(でしたっけ?)行きもお気をつけて!

投稿: てっち | 2008年8月 8日 (金) 11時05分

ば~ばさま
胡麻の花、やさしい色、観賞用の花としても十分な美しさですね。
野菜の間引き、花芽、ニンジンも葉っぱと茎、牛蒡は茎、薩摩芋は茎、十分美味しく食べられる、、ほんとに畑をやるものの特権ですね。
葉っぱや茎も少々硬くとも、かき揚げにすると美味しく食べられます。

投稿: ナベショー | 2008年8月 8日 (金) 14時07分

てっちさま
こんにちは!
そういえば山の名前は、その土地の呼び方がありますね。
静岡でよく登る人気のある2000mの山伏岳は「やんぶしだけ」
これからは、出きるだけ読み方の載せましょう。
今度、登る予定は、南アルプスの「甲斐駒ケ岳」(かいこまがたけ)、、静岡側からだと、ついつい南アルプスが近いので、足が向いてしまいます。

投稿: ナベショー | 2008年8月 8日 (金) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雷雨の翌朝は! | トップページ | 小林正樹監督の「怪談」 »