« またも彼岸花!  | トップページ | 白いジンジャーの花 »

2008年9月24日 (水)

彼岸花 最終回!

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。

Img_1854syuku

白い彼岸花

栽培種のリコルスにも、白色のがあるために、白い彼岸花と間違えやすい。

しかし、彼岸花の白は、リコルスに比べて、一段と豪華絢爛 、ウエデイングドレスのような美しさがある。

ピントをもう少ししクリアーに合わせて、、、Img_1852syuku_2

この真っ白な彼岸花、、赤い彼岸花のように群生してたらいいのだが、、、

Img_1855syuku

彼岸花の赤と白、、混ざったと思われるのも、時々お目にかかれる

その中でも、これは美しかった!Img_1845syuku                                    

もう少し、上から撮ると、、、Img_1846syukju                                    

まだ、開きかけの初々しいのはいかが?Img_1850syuku                                  

あっ! 蜘蛛の糸が写ってる

まだまだ修行が足りないようで、、、、

本来の真っ赤な彼岸花!Img_1849syuku                                        

まるで、打ち上げ花火のようです。

炎のように燃える怪しげな美しさ、、、とはこういうのを言うのだろうか?

Img_1841syuku

今年、彼岸花の写真をブログに載せたのは4度目かな?

今日の写真で今年は終わりです。

日本では忌み嫌われてきた彼岸花、、

その美しさを再認識していただければ幸いです。

モンタ、、ちゃんと仕事をしてるようで、、、2008_7_3_041syuku                               

ただいま甲斐駒ケ岳登山中!

今日もモンタを見てのお帰りに、「花・ガーデニング」部門  

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます。

|

« またも彼岸花!  | トップページ | 白いジンジャーの花 »

コメント

私も、白い彼岸花をUPしました!
ナベショーさんのは、オフホワイトですね。
私のアイボリーです。
美しい写真です!
素敵heart04

前の群生も見事!

モンタ君、惚れてしまいそう・・・

投稿: MONA | 2008年9月24日 (水) 21時46分

彼岸花、最終回!

実は、祖母の庭にも白い彼岸花がありました。
赤いのよりも家族のうけがよくて、、、
私は赤もいいのに!と一人思っていたものです。
ピンクのは初めて見せていただきました。
かわいいです。。。

モンタくん、ご無沙汰でした。
元気そうでかわいくって何よりです!

投稿: もも | 2008年9月24日 (水) 22時02分

美しい写真ですね。やはりプロ級ですよ。
ところで彼岸花は,忌み嫌われてきたことは知っています。でも,この花が増えるためには,球根を植えないといけないそうです。種が飛ぶわけでも,動物が運ぶわけでもないそうです。としたら,こんなに日本中にあるということは,いつの時代かに,好まれて人が植えたとしか考えられないといった話を聞いた事があります。それが本当だとしたら,何かの出来事があってのことでしょうね。

投稿: tirokluro | 2008年9月24日 (水) 22時04分

Wedding dress no yona tte pittari no hyougen desu.
Shiro mo honto ni kirei desune-.

Monta iikao shite masune.

投稿: M.K. | 2008年9月25日 (木) 00時06分

今朝は少し寒いですが、
山のお天気はどうだったのでしょうか?

早起きしていいショット!撮れたでしょうか!

投稿: れおん | 2008年9月25日 (木) 07時33分

 以前に、「ラストサムライ」にでてくるお寺の紹介の時に
書き込みさせてもらった にこにこメイです。

今回の彼岸花シリーズ、、、いいですねぇ!!
私も、この花は、大好きで、とくに、群生をみると、
故郷をイメージするんです。
 都会育ちの私ですが、、、私の子供時代は、少し、遠出すると、彼岸花がまだ生えていたんです。

 思い出を一つ、、、。
小学生だった私は、なぜか遠くに住んでいた同級生の病気見舞いに、友達と二人で、その子の家にいったのです。

途中の川原の土手に満開の彼岸花。初めて見る花でした。
なんてきれいな花なんだろう、と、友達と一緒に、両手一杯摘んで、喜び勇んで、お見舞いの花としてその子の家に持ったのです。
その子のお母さんも喜んで受け取ってくれました。

彼岸花が、あまりいいイメージの花でないことを知ったのは
もう少し、私が大人になってからです。

友達のお母さんは、きっと不吉な花のイメージを知っていたでしょうに、、、、きれいな花をありがとう!! といって受け取ってくれたこと、ありがたく思います。

それ以後、お見舞いに持っていくことはもちろんありませんが、わたしの心の中では、いつまでもきれいな花なんです。

ところで、話はかわりますが、、、
娘と「三つ子育て」のブログを先日開設しました。

花とは、関係ありませんが、私のあこがれのブログを書いてみえる大先輩のナベショーさんに、ぜひ見ていただきたく
宣伝させてくださいね。

「三つ子のクローバー」の題でパソコンURLは以下の通りです。   http://2525may.jugem.jp/

私は、三つ子ばあば、娘は、りんごママで、登場します。
記事は、交代でかいてます。よかったら、遊びにきてくださいね。

投稿: にこにこメイ | 2008年9月25日 (木) 09時43分

サーモンピンクの彼岸花があると聞いたばかりで
ここでお目にかかれるとは ラッキー(^o^)丿
藤枝のどの辺りで見ることができるのでしょう。
拝んでみたいです。

ところで我が家の赤い彼岸花
球根なのに 
植えた覚えもなく知らない間に増えてるのは
何故なんでしょうね。
不思議です。

投稿: なお☆彡 | 2008年9月25日 (木) 10時09分

情熱的で怪しい魅力の赤い彼岸花と対照的に、白い彼岸花は上品で思いを奥に秘めた魅力がありますね。

ピンクは初めて見ますが、花の造形が少しちがうんですね。
鶴川街道の途中に、赤と白がシボになっている彼岸花がありました。

投稿: ば~ば | 2008年9月25日 (木) 10時11分

始めてみました。

彼岸花の白色・・・・・綺麗です。すごいです。

驚き、感動。

知らない人多いでしょうねー

投稿: こだわり野菜宅配 すくすく | 2008年9月25日 (木) 17時45分

私も白い彼岸花、初めて見ました。彼岸花はお彼岸近くに急にニョキニョキ伸びてあっという間に花を咲かせて、生命力を感じます。球根はどんどん増えますよね・・・。
彼岸花ってどうして嫌われているのでしょう?茎の汁に触るとかぶれるって聞いた事あるような・・・。

投稿: kawazuzakura | 2008年9月25日 (木) 18時50分

MONAさま
同じ白でも、微妙に色調が異なりますね。
白い彼岸花は、なかなか野に群生してるところがありません。
珍しいので庭に植えてる農家もあります。
僕の撮影したのも、一箇所に全部で4~5本、草の中に毎年咲きますが、誰かが掘ってしまえばお仕舞いです。
彼岸花は、いろんな撮り方に応えてくれる花ですね。
モンタの見つめる瞳、、ドキドキするほどでしょう!

投稿: ナベショー | 2008年9月26日 (金) 08時18分

ももさま
赤はあまりにも印象が強すぎますが、白の彼岸花はめづらしい事もありますが、他の花や緑とも調和し、お庭に合うのでしょうね。
ピンクの彼岸花は、中間色で可愛くて、庭にも合うと思います。
モンタ、、寂しがっていましたよ~

投稿: ナベショー | 2008年9月26日 (金) 08時25分

tiroklouさま
彼岸花は、誰が、どのように撮っても、それなりに絵になる花、、数年間、毎年彼岸花を撮っていますが、今年は、格別に美しく撮れたと自画自賛で喜んでます。
彼岸花は人家の近く、田んぼの畦道、農道の側などに群生して増えすぎる。それで邪魔になるので農家が掘り起こして他の場所に捨てる、、そこでまた増える、、、こうしてどんどん増えて行くのでしょう。
縄文時代、大陸から照葉樹林文化を持つ渡来人ともに日本にやってきたそうで、人の住む集落には必ず彼岸花がある。
球根を潰して水でさらして水溶性の有毒のアルカロイドを除くと、そのデンプンは食料に生ります。
飢饉の時は、最後の食料として、大昔から食されていたようです。
ただ、毒を抜く作業を間違えると、血を吐いて死ぬ人もでる、、
飢饉、真っ赤な色、血、死、、やはり不吉を連想させる花なんでしょうね。

投稿: ナベショー | 2008年9月26日 (金) 08時44分

M.Kさま
白の彼岸花は美しいけれど、なかなか自然に咲いてるのを見つけることができません。
私の写真のも、4~5本草の中に毎年咲いてるのを楽しみに撮っています。
モンタ、、うっとりするような目をしてます。

投稿: ナベショー | 2008年9月26日 (金) 08時51分

れおんさま
山のお天気、ご想像のとおりでした。
天気予報、、って、こういうときには良く当たるんですね~
それに、カメラも、、、、、トホホ!

投稿: ナベショー | 2008年9月26日 (金) 08時52分

にこにこメイさま
子供の頃の彼岸花の思い出、、とてもいいお話、お友達のお母さん、、とても心の優しい方ですね。
「三つ子のクローバー」バックナンバー含めて、最初から一気に見せてもらいました。
側で妻が、可愛いかわいいの連発、、、
でも、壮絶な妊娠、出産、育児、、すごい、壮絶です。
静かな趣味の生活が、一変、おじいちゃん、おばあちゃん、母親、、全員100%で三つ子の育児、、貴重な記録のブログですね。
ブログ、、写真も可愛くてとてもいいし、文章も楽しいです。
まだ、始められたばかりのブログとは思えないくらい、、

投稿: ナベショー | 2008年9月26日 (金) 09時18分

なお☆彡さま
僕の山の茶園の道端、、たった二本ばかり、、貴重なピンクの彼岸花、、葉梨の奥の北方、お寺の下の急坂を登ったところの竹藪の中の農道脇、、、
この説明じゃ、わからないでしょうね~
うちの庭にも、植えた覚えが無いのに、いつのまにか咲いています。
不思議ですね~
どこからか、庭に入れた土の中に紛れ込んでたのでしょうか、、

投稿: ナベショー | 2008年9月26日 (金) 09時25分

ば~ばさま
ピンクの彼岸花」、、まだ蕾が開きかけたばかりなので、ちょっと異なって見えますが、完全に開花すると、みな同じような感じに生ると思います。
普通は真っ赤なのが、色あせてくるとピンクに見えるのですが、これはまさしくピンクの彼岸花、、何とか増えて欲しいものです。

投稿: ナベショー | 2008年9月26日 (金) 09時28分

こだわり野菜宅配すくすくさま
白の彼岸花、、知ってても、見たことがある人は少ないでしょうね。

投稿: ナベショー | 2008年9月26日 (金) 09時30分

甲斐駒はいかがでした?仙水峠からのマリシテン久し振りに拝んできました。帰りは伊那へ出て高速バスで八王子へ、山梨県では小雨が降っていましたが東京では止んでいました。仙水峠からの甲斐駒はバックに雲が掛かっていてちょっと迫力に欠けていました。

投稿: 仙水峠ののんべい | 2008年9月26日 (金) 09時35分

kawazuzakuraさま
美しいのに忌み嫌われる彼岸花、、、
大陸から渡来した縄文人の祖先と一緒に彼岸花も日本にやってきた。
人の住む人家近くで増えて、人と共に移動、怪しいほどの美しい花、飢饉の時は、貴重な最後の食料、しかし、毒を抜く作業を間違えると血を吐いて死ぬ、、、
忌み花、、なんとなくわかるような気がします。

投稿: ナベショー | 2008年9月26日 (金) 09時38分

仙水峠ののんべいさま
甲府からご一緒させていただき、楽しいお話をたくさん、、有難うございました。
仙水峠からは、見事な摩利天と甲斐駒頂上を望めましたが、後は最悪、吹き飛ばされそうな強風、雨こそ落ちて来ないのがまだしも幸い、北岳、仙丈が岳は暗雲の中、展望は無し、強風とガスの中、憧れの甲斐駒頂上に立ち、大急ぎで下山しました。
北沢峠に12時、、長いバス待ちも他の同世代の登山者との話が弾み、楽しい山行でした。

投稿: ナベショー | 2008年9月26日 (金) 09時51分

こんばんは!昨日北沢峠のバス停で、お会いしましたザックにロープを付けていた者です。退屈だと思っていたバス待ちの時間を楽しく過ごさせて頂きました。ありがとうございました!私のニックネームもショーなんです。立派なブログを立ち上げられているのですね!恐れ入りました。昨日満員バスを駐車場で降りた後、温泉に浸かって至福の時を過ごしてから帰りました。私の今日と言えば、湿布だらけになりながら、山で使った、衣類等の洗濯と手入れをしていました。心は既に次はどこに行こうか考え中です。機会が有りましたら、是非今度ご一緒させて下さい!!

投稿: オザショー | 2008年9月26日 (金) 22時20分

オザショーさま
こんばんは、
北沢峠では、長いバス待ち時間を皆さんとのお話が弾んで、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
山の経験豊かな方ばかりで、とても参考になりました。
温泉に浸かって帰られた、、良かったですね~
私は、甲府から身延線の各停列車、、藤枝の自宅には12時前に着きました。
これかは、日が落ちるのは早いけど、気候も良し、山の紅葉も美しい、、心がうずうずしますね。
静岡の安倍川上流の山に登られるときは、いつでもご案内します。

投稿: ナベショー | 2008年9月26日 (金) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またも彼岸花!  | トップページ | 白いジンジャーの花 »