« お魚料理、、これ以上食べられないよ! | トップページ | 鮭の料理 »

2008年10月11日 (土)

内房線、御殿場線の旅

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いしますImg_0958syuku

はまごう

房総の安房鴨川の海岸の砂浜に群生して咲いていた、Img_0959syuku

10月10日(金)

昨夜は、お腹いっぱい魚料理を食べて、早々と眠ってしまった。

宿泊の魚拓荘鈴木屋には、その名のとおり魚拓ギャラリーがあり、見事な美しい魚拓が飾られている

Img_0993syuku  

8時33分の内房線の列車に間に合うように、宿から車で送っていただいたImg_0996syuku             

千倉から館山、さらに君津、千葉と内房線の景色

海岸線、あるいは低い山と広々した水田、畑、、、、、

でも、、、、、Img_1008syuku                                                

なんだか、おかしいと思わないですか?Img_1017yuku

かっての畑、水田、、、、

ほとんどはセイタカアワダチソウとススキ、ヨシ、葛が生い茂る原野

Img_1018syuku

今、農業の後継者不足、高齢化により、全国的に耕作放棄地が増えてきている。

青春18切符等で、静岡を中心に中部、北陸、東海、信州、、、を汽車旅行し、車窓からの景色を見るが、こんなに極端に耕作放棄地が多いところは初めて見た。

昨日の外房線の沿線もしかり、内房線の沿線も酷い、、、

汽車の窓から見る限り、平均すると2~3割の水田が、放棄されて、セイタカアワダチソウの黄色い花と風にそよぐ白いススキ、、、

千葉県の房総半島は東京に近いだけに、若い人が東京に出て行ったのが他府県より早かったのであろう。

残された農家は老齢化し、広い畑も水田も耕作放棄、、、、せざるをえない、、、

他府県も、遅かれ早かれ、そうなっていくであろう。

原野化した畑や水田には、やがてウサギや野鼠、タヌキ、イタチ、猪や野鳥が繁殖、、、

間もなく10000年前の縄文時代の自然に帰って行く、、、、

静岡のお茶、蜜柑山も、この数年で、数百年前の竹林に帰るであろう。

房総半島の目に余る荒廃は農業だけではなく、漁業も同じだそうである。

東京から東海道線での帰途、国府津から御殿場線、山北町で途中下車

御殿場線は丹那トンネルが開通するまでの明治22年から昭和9年は、大動脈東海道線の一部

その後はローカル線に転落 戦時中は、レールを剥がされて、複線が単線になる憂き目の会う

山北町の駅舎    赤いポストに注目!Img_1031syuku

駅前の観光案内所Img_1032syuku                                            

かって栄えたであろう駅前通りの建物Img_1035syuku

もう一つImg_1036syuku                                               

こんなしゃれたバスも走ってるよ!Img_1028syuku                                 

「三丁目の夕日」のような、子供の頃を懐かしく思い出させる町並み、、、、

御殿場を過ぎて、沼津で東海道線に、、、夕方には帰宅、、、

モンタはImg_1070syuku いい子 してました!

今日もモンタを見てのお帰りに、「花・ガーデニング」部門  

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます

|

« お魚料理、、これ以上食べられないよ! | トップページ | 鮭の料理 »

コメント

こんばんは。
お米の減反を自分は勝手にすれば良いでしょうと
思いますがそのうちに洪水がおきますよ!
水田、畑も周囲が草むらになると草の種などが
増えてきてとても困ってしまいますから。

しかし、これが自然?なのかな。
農業政策を毎年のように変更をされると
新しい機械で作業効率を上げられません!
10年ぐらいの継続のプランでないととても
100~1000万くらいの機械を購入なんかする気もなりませんからね。

投稿: FZ250 | 2008年10月11日 (土) 22時19分

夷隅米って名前だった気がするのですが、
房総の先は美味しいお米が取れるんですよ。

ずーっと前は全部たんぼだったんですね。

赤いポスト…今は居酒屋の看板として近所で見ること
が出来ますよ。

投稿: れおん | 2008年10月12日 (日) 07時16分

FZ250さま
この辺も、専業農家は、たった一軒、その方に茶畑管理や野菜作りを教えてもらっています。
彼は、地域のほとんどの水田を委託されて耕作していますが、彼の頑張りがなかったら、もっと放棄地が増えたでしょう。
彼は50歳、若い方が後に続くといいのですが、、、
集落ごとにあるお茶生産組合の会員も70歳代、、組合を維持できなくて解散するところが、ぼつぼつ出始めています。
前々から言われていたことが、いよいよ現実になってきました。
いったん、放棄された茶園は、竹藪が侵食し、羊歯が生え、2~3年で回復不可能、、、
農政もころころ変わるけど、農林水産大臣の変わり方はもっとお粗末ですね。

投稿: ナベショー | 2008年10月12日 (日) 07時26分

中国ばかりに頼らずに~、
お野菜もお米もいっぱい作ればいいのに・・・。
農家には高収入を~という政策にして、派遣労働者やニートや引きこもり軍団を農業従事出来るような・・・・。
確かキューバのカストロさんはそんなことしてましたよね!・・・ということは独裁者しか無理か・・・・。
山北高校と試合をしたことがあります(息子たち)。
こんなレトロな町だったのですね!びっくりびっくり・・・・。

投稿: viviel | 2008年10月12日 (日) 09時17分

勝浦からもう少し南下して内陸に入った辺りは、有名な千枚田があって美味しいお米がとれる。
水も良いので、昔からの造り酒屋があります。
そちら方面に行くと立ち寄ります。
海と山があって良いところですよね。

投稿: MONA | 2008年10月12日 (日) 11時53分

耕作放棄地について、


確かに全国的にもの凄い勢いで増えています。


これが何を意味するのか?おそらく、一般の方は、考えないし、その恐さが分からない。

ナベショーさんの本日のブログで少しでも、現状とそれにつながるストーリーをイメージしていただきたいと思います。


食料自給率・・・などと騒がれてますが、本当の恐さは、どこにあるのか?いろいろな見解がいえますが、本当の意味で、食品の安全性が無くなると考えます。

実際、国外からの食品には、国内基準を上回る相当量の保存用添加物や、殺虫剤などの薬品やついた状態で国内を流通する。メラニンなど、検疫所などパスして、流通し、消費者が食べて後に判明する。国内の食べ物が安全であるとは、いいきれませんが。

もちろん、この濃度なら食べても大丈夫ですなどとニュースに流される。実際、水の水質基準などあらゆる基準は、危険度から割り出される。要するに、何人中何人に問題がおこるか・・・・・石綿被害の石綿濃度もそうである。

農薬、化学物質、添加物、保存料・・・人間が摂取して問題の無いものなど無い!まさに、それを安全基準という最低基準という水準にして発表する・・・・そんな化学物質を人類は、何十年、何百年と食べ続けたことが無いのに・・・食べた化学物質は、子供にまで渡され、毒物の倍化現象をおこす・・・・

投稿: こだわり野菜宅配 すくすく | 2008年10月12日 (日) 13時26分

れおんさま
その房総も、写真のとおり、酷い状態に変わりつつあります。
水田と黄色いセイタカアワダチソウがパッチワークのような模様になっていますよ。
赤いポスト、、だんだん珍しくなっていきますね。

投稿: ナベショー | 2008年10月12日 (日) 13時47分

vivielさま
若くて農業を志す人達、応援したくなります。
従来の、生産農家→ JA→ 大手スーパー→ 消費者
という流通の流れを断ち切り、生産者が、美味しい安全な食材を消費者に直接供給できる仕組みが確立してくると、少しは改善できるかも、、、
農家も漁業も、生産者が価格を決められないんですよ。
カストロさんは偉いね。
山北町、、素朴で懐かしいレトロな町、でも観光にも力を入れてる感じ、、一泊してゆっくりと過ごしてみたいところでした。
野球も強いんですね。

投稿: ナベショー | 2008年10月12日 (日) 13時56分

MONAさま
房総半島、、、内陸に入ると、少しは状況が異なるのかな?
あまりの水田の荒廃の酷さに、ショックを受けて帰ってきました。
静岡のお茶と蜜柑が、まさしく同じ状態に突入したばかりなので、、、

投稿: ナベショー | 2008年10月12日 (日) 14時00分

こだわり野菜宅配すくすくさま
ご指摘のとおり、食の自給率はますます低くなりますね。
食の安全の観点からも、海外から入ってくる食材は危険なものが多い。
メラミンを添加したり、何が入ってるか、むちゃくちゃですね。
少子高齢化で、日本の人口、若い世代が減少してくると、高度に発達した日本の社会、インフラの維持さえ出来なくなる。
日本人は、縮小していく経済、産業、社会をどのように乗り切っていくかの経験が無い。
集落が次々と消滅し、かっての生活道路もなくなり、災害で壊れた道路の補修も出来なくなり、、、
都市部だけが生き残る社会になってしまうのか、、?

投稿: ナベショー | 2008年10月12日 (日) 14時12分

こんな風に寂れていく町が多くなるのは哀しいです。

人が多い町が便利なのは仕方ないのでしょうが、そこにばかり集中しちゃうのは考えものですね。

グローバルに発展してきた結果がこれなんでしょうか。

投稿: ば~ば | 2008年10月12日 (日) 14時37分

ば~ばさま
都市部の将来もさびしいですね。
老朽化してメンテナンスも出来なくなった高層マンションが立ち並ぶゴーストタウン、一人暮らしの孤独死、、
地方の田舎のほうがはるかにいいです。
田舎生活をしてみて、人が集中している都会が便利とは決していえないようです。
物価は高いし、食材は全部買わねばならないし、自然は少ないし、
世界規模でのグローバル化が進んだ結果なのですが、世界中が、このままの延長線で100年、200年進んでいけるはずが無い、、、僕たちが死ぬ時は、少しは変化の方向が見えてるでしょうか。

投稿: ナベショー | 2008年10月12日 (日) 15時23分

Sakuya no osakana no gochiso ha, wagaya no ikkagetsu bun yori ooidesune-. Kakuyasu de konna
gochiso ga taberareru noha yahari umibe dakara desune.

Nogyo kousaku houki-chi no koukei niha samuzamu to shitamono wo kanjimasu. Katsute no nihonjin ha
mina majime ni tsurai roudouwo shimashitaga,
imaha jimina shigoto ha daremo shimasenne.

Seiji to kyouiku no hinkon ga maneita gensho desune. Kokumin mo mukanshin ga ichiban ikenaikoto desukara motto yoku kangaete tohyou ni ikimashou.



投稿: M.K. | 2008年10月12日 (日) 17時08分

お帰りなさいませ。

御殿場線のこと。「山北駅」と駅前の町並、レトロなおしゃれなバス・・・興味深く、楽しく拝見させていただきました。

ありがとうございました。

花譜・・・伊豆ですから、沼津から御殿場線に乗ってみようかしら。

投稿: 花譜 | 2008年10月12日 (日) 19時29分

M.Kさま
これらの料理一品とお汁、お漬物があれば、立派な夕食、、、かなり贅沢でしたが、たまにはいいでしょう。
息子は東京や海外、、田舎に帰って来ないとなると、70歳~80歳になって体力が限界になると田畑は耕作出来なくなる、、
そして、肥料代や消毒代などの経費を引くと、大赤字、儲けるのはJAと肥料、農薬、農機具会社だけ、、、
新しい発想とやり方で農業を志す若い人、、ボツボツ出てきてますから、応援したいですね。

投稿: ナベショー | 2008年10月12日 (日) 21時21分

花譜さま
ローカル線の旅、途中の駅で下車したり、景色を見ながら、、いいものです。
青春18切符や鉄道記念切符なら、格安で乗り放題、、
沼津からの御殿場線、富士から甲府への身延線など、楽しめる線がいろいろありますよ。

投稿: ナベショー | 2008年10月12日 (日) 21時38分

あッ!御殿場線ってこのようなレトロバスが走っているんですよね。私も見たことあります。ほんと!”Olways,三丁目の夕日”ですね。
昨日、中央線大月のちょっと先の禾生駅に降りて、山歩きを楽しんだのですが、この駅がローカルな駅で、先日テレビで紹介されたばかりとか・・・。
駅長さんご夫婦が駅を経営しているような感じで、小さな小さな駅舎には奥様の手作りの、お漬物、お菓子、クッキーやらが売られていました。これから山登りする人だけが降り立つような駅、私たちも釣られて、お昼用にお漬物を買って食しました。

投稿: にりんそう | 2008年10月13日 (月) 11時03分

にりんそうさま
子供の頃の町の風景、、懐かしい景色、地方の町、レトロな雰囲気、、心の故郷です。
最近は無人駅が多いけれど、駅長さん夫婦が守ってる駅、、手作りの漬物やお菓子、クッキーも売ってる、、楽しいですね。
僕も行けば、絶対買ってきたでしょうね。

投稿: ナベショー | 2008年10月13日 (月) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/42760099

この記事へのトラックバック一覧です: 内房線、御殿場線の旅:

« お魚料理、、これ以上食べられないよ! | トップページ | 鮭の料理 »