« ヤマハギ(山萩)の花 | トップページ | 蕎麦の花 »

2008年10月23日 (木)

スズメバチをペッタン!

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。

Img_1921syuku_2

昨夜は雨、午前中が晴れて、午後から再び 雨

さて、明日の天候は?

雨に濡れたコスモス、、、雨雫で花弁が重そう、、

秋も深まり、蜜蜂へのスズメバチの来襲、いよいよ激しくなってきた。

今、オオスズメバチの巣は直径30センチ以上にも成長し、蜂の数は1000~2000匹と言われる。

今の時期、、働き蜂は約10匹の女王蜂を育てて、やがて働き蜂は冬になって死に絶える。

新女王蜂は一匹で石の下や木の祠にの中で越冬し、来春になって、巣作りを始める。

スズメバチにとって、今がもっとも重要な時期、

しかし、幼虫の餌である昆虫類は少なくなっている。

故に、蜜蜂の巣を襲うのである。

一匹で偵察にやってきた、、、、かかった、かかった 巣門の前に仕掛けられた捕獲器の中Img_1899syuku

スズメバチが上へ、上へと飛ぶ習性を利用し、上の部屋に入ったら二度と元の部屋に戻れない構造

しかし、あまりに来襲のスズメバチが多いと、捕らえることが出来なくて、偵察から帰ってから数匹で再び来襲、、、

そうなると、だんだん手がつけられなくなる、、、

そこで、新兵器登場!Img_1765syuku                                           

ご存知! ネズミ捕りの ペッタン

ゴキブリホイホイ のネズミ版、、、いくつかのメーカーの製品あり!

我が家もモンタがネズミを獲ってくれる前は、時々使用!

これを、巣箱の上にImg_1726syuku 、、、おとりのために、捕獲器にかかったスズメバチをペッタンの上に置く

こんな具合にね!Img_1725syuku_2

翌日の昼前には、、、!

Img_1727syuku 

夕方には、、、Img_1734syuku                                             

今日の昼前には、、、Img_1900syuku                                        

スズメバチ、、、足や羽が糊にくっついて離れないImg_1885syuku                          

3~4匹のスズメバチが襲っている巣箱の前は、蜜蜂の死骸で山となる

スズメバチは、仲間の死骸を見つけると、それを食べようとしてペッタンにかかる、、死骸が増えるとますますペッタンにかかってしまうのである。

畑の水菜の間引き、、、たくさん採って来た、

油揚げと水菜、ピーマンのたいたん  豚コマもはいってる  

味付けはお酒、味醂、醤油、花カツオImg_1964syuku

アケビの柚子味噌焼きImg_1963syuku                                          

モンタ、久々のいい顔

今日もモンタを見てのお帰りに、「花・ガーデニング」部門  

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます。   Img_1970syuku_2

|

« ヤマハギ(山萩)の花 | トップページ | 蕎麦の花 »

コメント

Suzumebachi ha doumo de kowai desu.
Gokinjo ya uchino niwa nimo mainichi suuhiki yatte kimasu. Massugu tonde kurunode sewo hikukushite
yokemasu.

Kosumosu mo sorosoro owari deshouka. Kinouno
koboreru youni saite ita yamahagi ha kirei deshitane-.

Konban no Monta ha chotto shina wo tsukutte imasune. Waraemasu.

投稿: M.K. | 2008年10月23日 (木) 22時59分

こんばんは
山を散策していると下にも注意しないとスズメバチがいるので怖い今日この頃。
この数はすごいですね。
間引き。。。かわいそうでできなくて、バラ蒔いた小カブの葉が昨日今日の雨でぐんぐん大きくなっています(^_^;)

投稿: でつ | 2008年10月23日 (木) 23時07分

こんばんは。
目立つ罠でも、たくさんひっかかるんですね。
凄い数ですね。

投稿: サブロー 人生バックドロップ!! | 2008年10月23日 (木) 23時40分

なんか、嬉しいです。
コレで被害がある程度は防げるんですね。
もんたくん?ネズミ食べるんですか?
まさかぁ~ 違いますよねぇ~

投稿: れおん | 2008年10月24日 (金) 08時06分

たくさん獲れましたね!
よく来るんですよコガタスズメバチが・・・。
ナベショーさんのを見るとオオスズメバチのようですね。
あと1ヶ月と言われるスズメバチの季節が終わりますね。

投稿: FZ250 | 2008年10月24日 (金) 09時02分

わァ~ッ、こんなに捕獲できるのですね。
それにしても、スズメバチ、大写しで見ると恐い顔をしていますね。
こんな口先で刺されるんですね。こわ~いです。

アケビのゆずみそ焼き、もちろんこのまま全部食べるのですよね。あけびの皮、食べたことありません。
どんなお味がするのでしょう。

投稿: にりんそう | 2008年10月24日 (金) 09時49分

習性って凄いですね、ちゃんとDNAに組み込まれてるんでしょうね。
蜜蜂もペッタンに付いてますが、襲来されたらこのくらいの被害(犠牲)じゃ済まないでしょうしね。

アケビの柚子みそ焼き、高級料理ですよ~。

投稿: ば~ば | 2008年10月24日 (金) 10時36分

お~~~~!
ニックキ敵を倒すには~いろいろな手法があるのですね!
ハエとりの様な、ゴキブリホイホイの様な・・・。
えっ??ねずみ取り??
ねずみ・・・・。
最近ワンコの達散歩コースにねずみの死骸やはとの死骸が転がっています。
毒でもまかれたのかちょっと心配です。
ワンコや猫が食べちゃうと危ない・・・。
このペッタンだったら安心ですね!

投稿: viviel | 2008年10月24日 (金) 11時29分

ほー素晴らしい習性ですねー


一網打尽ですね(^^)


周りに少し見える蜜蜂がかわいそうに見えますが・・・


しかし、蜜蜂の箱を守る為には、仕方ないのですか?

投稿: こだわり野菜宅配 すくすく | 2008年10月24日 (金) 12時13分

M.Kさま
スズメバチとて、巣を守るためなので、人が巣に近づいたり、手荒なことをしない限り、攻撃は仕掛けてきません。
でも、巣を知らずに近づき、蜂が威嚇してきても、逃げないときは、集団で攻撃してくるので怖いです。
秋は、次々に秋らしい風情のある花が咲いてくるので、うれしいですね。

投稿: ナベショー | 2008年10月24日 (金) 14時45分

でつさま
スズメバチのでっかい巣には、1000~2000匹も蜂がいるそうですよ。
集団で攻撃されたら、防ぎようがありません。
虫獣による死亡は、スズメバチがもっとも多いそうですよ。次は熊、、、マムシが意外と死んでいない、、
間引き、、可哀想だけど、間引くと、苗がどんどん生長する、、今日、雨の中、畑に行ったら、どの野菜も一日ですっごく成長してました。

投稿: ナベショー | 2008年10月24日 (金) 14時50分

サブロウ様
スズメバチは共食いの習性があるんですね。
一日に40~50匹退治したという話も聞きますので、まだまだ、、、、

投稿: ナベショー | 2008年10月24日 (金) 14時58分

れおんさま
スズメバチは、相手が目に見えるので、対策も立てやすい、
小さなダニや病気は、見えないから恐ろしい。
気づいた時には、手遅れになることもあり、、
モンタ、、庭のスズメ、トカゲ、家煮中のネズミ、ゴキブリ、、、どうだっ!とばかり誇らしげにくわえて見せに来ます。
そういえば、この間はネズミを食べてしまったな~

投稿: ナベショー | 2008年10月24日 (金) 15時03分

FZ250さま
ネズミペッタン、、予想以上にたくさん獲れました。
スズメバチ対策は、捕獲器とペッタンの併用が一番いいそうです。
スズメバチ、、あともう少しですね。
今年も、ダニ、チョーク病、スズメバチ、一通りの災難がやってきましたが、最後にフソ病がこないように戦々恐々です。
これで、越冬に失敗して凍死させてしまったら、ショックでしょうね~

投稿: ナベショー | 2008年10月24日 (金) 15時09分

にりんそうさま
世界でもっとも大きくて獰猛な蜂、スズメバチの中でももっとも大きなオオスズメバチ、、、5センチはあります。
あの口で蜜蜂を一瞬にして噛み砕いてしまいます。
人を刺すのはお尻から出す針、写真の右に写ってる蜂のお尻から出てるのが見えます。
一センチくらいの長さはあるでしょうか、、。
アケビの柚子味噌焼き、、このまま食べます。
中に何かを入れても美味しいでしょうね。
珍しいだけで、そんなに驚くほどのことはありません。
ほろ苦い風味です。

投稿: ナベショー | 2008年10月24日 (金) 15時16分

ば~ばさま
まともに数匹のスズメバチに攻撃されたら、たちまち巣箱の前は蜜蜂の死骸の山、数万匹の群れがⅠ~2時間で全滅します。
逃げればいいのに、蜜蜂は勇敢にも、それぞれが真正面からかかっていき、あの鋭い口で噛み砕かれて死んでしまいます。
でも、スズメバチも、蜜蜂に刺されて死ぬこともあります。

投稿: ナベショー | 2008年10月24日 (金) 15時21分

vivielさま
スズメバチをペッタンで獲らずに、補虫網で生け捕りにして、生きたまま蜂蜜漬けにしたのは、健康に、美容にとてもいいそうです。
viviel様、、いかがでしょうか!
昔飼ってた、モモちゃんというかわいい犬が夜、農道を散歩中に、何かを食べて、激しく苦しんで死にました。
毒が蒔かれていることがあるので、怖いですね。
モンタはカリカリしか食べないので安心!

投稿: ナベショー | 2008年10月24日 (金) 15時31分

こんにちは~ナベショーさま
トーストに蜂蜜ぬって食べながらお邪魔してますが、複雑な気持ちです~
ミツバチが頑張って作ったものを ばけものの(ミツバチから見ると)ような口でぺろり‥

美味しかったです♪

投稿: キュリー | 2008年10月24日 (金) 15時33分

こだわり野菜宅配すくすく様
飛んで火に入る夏の虫
二日で、これだけ獲れると気分がいいですね。
この雨で、スズメバチはお腹をすかせてるから、明日晴れれば、たくさん来襲してきそうです。
蜜蜂、、スズメバチの姿を見ると、攻撃する習性なんです。
可哀想ですが、仕方ありませんね。

投稿: ナベショー | 2008年10月24日 (金) 15時36分

キュリーさま
ばけもののような、、、とんでもない、、可愛いお口で美味しい、美味しいと食べていただいて本望です。

投稿: ナベショー | 2008年10月24日 (金) 15時50分

粘着シートは、使ったことがない!
蜜蜂が犠牲になるのではと思ってね。
やはり、少しは仕方ない状態ですか・・・!

投稿: bee83 | 2008年10月24日 (金) 17時04分

スズメバチもネズミ捕りで取れるなんて、アイデアですね。
でもこれだけのスズメバチがいるんだから、怖いなぁ・・・
スズメバチは共食いするんですか・・・やっぱり凶暴な虫ですね

投稿: kawazuzakura | 2008年10月24日 (金) 18時42分

スズメバチに 立ち向かう ミツバチの習性。勇敢と、誉めればいいのか 悲しいと嘆けばいいのか・・
人間にとっては ミツバチは 蜜を分けて?くれる、可愛い 益虫?。その敵の スズメバチは 憎っくき 害虫?。
ナベショーさんの コスモスは 先日 新聞で紹介させていた 栃山川の土手ですか?

投稿: シーちゃん | 2008年10月24日 (金) 19時58分

Bee83さま
スズメバチに向かっていく蜜蜂が、自身もくっついてしまう、、可哀想だけど少々、犠牲になります。
この辺の養蜂業者さん達は、捕獲器とペッタンを併用して防いでいます。

投稿: ナベショー | 2008年10月24日 (金) 20時28分

kawazuzakuraさま
獲れたのは、これだけですが、巣のほうには1000~2000匹もいるんですよ。
ペッタン、、良いアイデアですね。

投稿: ナベショー | 2008年10月24日 (金) 20時31分

シーちゃんさま
スズメバチに立ち向かう蜜蜂、、無謀というより勇敢ですね。
かなりの蜜蜂は殺されますが、後ろから攻撃されて背中に乗られ、柔らかい首筋を刺されて殺されるスズメバチもいますよ。
もし、西洋蜜蜂にスズメバチという天敵がいなければ、野生化した西洋蜜蜂が増えて、日本に昔からいる日本蜜蜂が駆逐されて滅びてしまうでしょう。
自然界は丁度良い状態に調節されているようです。
このコスモスは、自宅近くに空き地に咲いてたものです。
栃山川のコスモスは有名になりましたね。

投稿: ナベショー | 2008年10月24日 (金) 20時38分

日本蜜蜂より、西洋蜜蜂の方が 強いって事ですか?
西洋蜜蜂の天敵が スズメバチ。スズメバチの天敵は?
自然界の 循環を 狂わしているのは 人間なんでしょうけど・・

投稿: シーちゃん | 2008年10月24日 (金) 22時47分

シーちゃんさま
西洋蜜蜂は、スズメバチやダニのために自然界では野生化して生きていけません。でも、もし天敵がいなくて野生化したら、繁殖力や群れの大きさ、花蜜の奪い合いなど、日本蜜蜂の勢力範囲が狭まるでしょうね。
スズメバチの天敵、、、いないです。
もし、スズメバチが大繁殖したら、餌の虫が不足して、その年はあまり新女王を育てられない、、、
やはり旨く循環し、制御されています。

投稿: ナベショー | 2008年10月25日 (土) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマハギ(山萩)の花 | トップページ | 蕎麦の花 »