« 金山寺味噌 | トップページ | 藤枝ブランド茶「藤枝めぐみ」 »

2008年10月28日 (火)

藤枝のこだわりのお店

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。

Img_2069syuku

ニガナの様でもあるが、、、、、今の時期に咲いてるから、違うのかな?

小さくて、可愛い花、、、風に揺れて、なかなかじっとしててくれない。

昨日の金山寺味噌の記事、、、

その金山寺糀は、どこに売ってるのか、、どこで手に入るのか?

また、藤枝の旧東海道の宿場町、地方各地の美味しい味噌を桶で売られてるのはどのお店?

コメントやメールでご質問をいただいたので、今日はそのご質問にお答えしたいと思います。

金山寺味噌を手作りするための金山寺糀(こうじ)、、コウジって麹とも糀とも書くのですね。

あらかじめ、発酵させた米麹と小麦、大豆、米と塩を混合したもの、、

これは、藤枝市の地場のスーパー KOマート志太店に売っていました。

Img_2212syuku

 このお店は、他店に無い商品が並んでて面白い。

たとえば、砂糖、、、6~7種類の砂糖が全部揃ってる

電話 054-647-7222

この金山寺糀、、、今日は陳列棚は空っぽ!

店員さんに聞いたら、売り切れ、、、しばらくして、倉庫に入荷してたと、帰りかけたナベショーを駐車場まで追っかけてきて、教えてくれた。、

ずいぶん、よく売れてるそうです。

金山寺糀の製造元Img_2228syuku                                           

金山寺味噌の作り方も書いてある

岩倉こうじ店(製造者 岩倉恒夫)  静岡県牧の原市波津730番地2

Tel 0548-52-0342  ファックス 0548-52-0459  と書いてある。

900グラム入りが504円 (消費税込み)

藤枝市外の方は、この製造元 岩倉こうじ店に直接電話されたら、いかがでしょうか。

しかし、スーパーに売ってる市販のパックされた金山寺味噌、、、原料表示を見て驚いた、、、

たくさんの食品添加物が入っている、、、健康には大丈夫でしょうが、、、、

藤枝の旧東海道宿場町、ナベショーがしばしばお味噌を買うお店を紹介しましょう。Img_2210syuku

秋田屋さん   藤枝市藤枝4-1-9 TEL&FAX 054-641-1346

ここでは、豆、乾物、海産物のお店だが、

各地の醸造味噌の製造元から直接、樽で仕入れたお味噌を量り売りしている。Img_2202syuku      

ナベショー家は、毎朝味噌汁を欠かさない

二種類の味噌を買って、味噌汁の種類によってブレンドするImg_2203syuku_2                 

Img_2204syuku_2

Img_2206syuku_2

この秋田屋さんの味噌を買うようになってから、スーパーで味噌を買うことはなくなった。

また、青春18切符で北陸や、地方へ旅行した時、その町の味噌屋さんで、地場の味噌を買うのも楽しみの一つである。

職人がこだわりを持って作り続ける味噌、本物を売るお店を大切にしたい。

全国のスーパーに流通するような大手メーカーの製品ではない

しかし、今の世の中、伝統を守る本物の味噌は、こういうところでしか手に入らないのではないだろうか。

この秋田屋さんの豆の煮物、藤枝市の誰もが知るほどに美味しいことで有名!

今日も午後にお店に行ったが、ほとんど売り切れImg_2200syuku 、、、、このとおり! 

秋田屋さん、、地方発送もしてくれます。

今日は、間引きの人参葉と牛蒡、チリメンジャコのかき揚げImg_2214syuku

無花果のから揚げも、、、

レモンと塩でいただく、、

モンタImg_2225syuku 、、、の真剣なまなざし!

今日もモンタを見てのお帰りに、「花・ガーデニング」部門  

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます

|

« 金山寺味噌 | トップページ | 藤枝ブランド茶「藤枝めぐみ」 »

コメント

Sassoku ni kicho na jouhou wo arigatou gozaimashita. Kono kinzanji ha suguni demo
try shitai desu.

Kyono kakiage mo oishisou de urayamashii desu.

投稿: M.K. | 2008年10月28日 (火) 23時55分

先日、どんぐりで、お味噌を作ろう!と思い…
近所のお味噌工場へ出かけて…
あれ?このへんだったのになぁ?ってうろうろしていたら…
やっと看板を発見!@0@!駐車場になっとったぁ~
ってことがありました。

投稿: れおん | 2008年10月29日 (水) 07時39分

情報 ありがとうございます。早速 やってみますね。
小さな 花(知られない)でも アップに堪えるって 事は 創造の神様は 平等ですね。ジッと 見てくれる人にだけ 見せる!表情。
先日、天ぷらやさんで ネタに 【無花果】ってありました。定食にしたものだから 食べなかったんですが・・ 

投稿: シーちゃん | 2008年10月29日 (水) 07時56分

とっても懐かしいです。静岡の山奥のお店によく買いに行きました。大粒の大豆やおナスやショウガがごろごろ入っていて、熟成前の生っぽい麹の匂いも素朴で、静岡界隈の金山寺味噌は天下逸品だと思ったものです。当時、スーパーで求めたものは私には甘すぎて具もほんの少ししか入っておりませず、全く別種の食品に思えたものです。
 静岡の金山寺味噌、もう10年も戴いておりません。今度静岡に立ち寄る楽しみを一つ思い出させてくださいました。
 

投稿: はなあかり | 2008年10月29日 (水) 08時53分

ナベショーさんは、何でもチャレンジされますねー恐るべし!!!


しかし、味噌の種類も恐るべし多さですねー迷いますねー


以前は、我が家でも自家製味噌を作っていました。非常に美味しかったです。

投稿: こだわり野菜宅配 すくすく | 2008年10月29日 (水) 10時07分

ご無沙汰してすいません~

東南アジアに出張に出ていました~

約8日間。

昨日帰りました~

半月後位にアップしますので~

また見に来てくださいね~

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2008年10月29日 (水) 10時36分

M.Kさま
さっそく取り寄せてやってみてください。
自分で作れば、好みの味、甘さに出きますね。
人参葉、、そのままだと固いけど、かき揚げにするとパリパリと食べられます。

投稿: ナベショー | 2008年10月29日 (水) 17時57分

れおんさま
それは残念でした、、、、どこの町にも古くからの麹屋さんはあるんですが、田舎の町で無いと駄目なんかな?
ナヌ、、、ドングリ味噌とは、、!

投稿: ナベショー | 2008年10月29日 (水) 17時59分

シーちゃんさま
だいたい場所はわかりますね。
ほかにもちょっと変わった商品が置いてあるのでおもしろいです。
どんな小さな目立たない花も、よく見ると可愛いものです、、、神様の作品ですね。
無花果の天婦羅、、メニューにありましたか?
すごく美味しいですよ~

投稿: ナベショー | 2008年10月29日 (水) 18時04分

はなあかりさま
静岡は懐かしい思い出がたくさんあるところですね。
たしかに金山寺味噌、、多いです。
この辺の地の農家は、どのうちもたくさん漬けるそうです。
山ほど積んであった金山寺糀が、二三日で売り切れだったのには驚きました。
今度、帰国される時は、ゆっくり静岡を楽しむ時間をたくさん取ってお過ごしください。

投稿: ナベショー | 2008年10月29日 (水) 18時11分

こだわり野菜宅配すくすくさま
何にでもチャレンジ、、そんな大それたこと、単純に遊びです。
僕が絶対にチャレンジしないものもあります、、ゴルフ、グランドゴルフ、ゲートボール、パチンコ、の類
お味噌、、種類が多いですね。
それだけに、いろいろ食べ比べると楽しいですね。

投稿: ナベショー | 2008年10月29日 (水) 18時17分

マグロ君さま
いよいよ東南アジアに出店ですか、、、どんどん事業が発展しますね。
タイ料理、インド料理、ベトナム料理、、、辛~いのばかり食べてこられましたか?

投稿: ナベショー | 2008年10月29日 (水) 18時19分

秋田屋・・・いいお店ですね。味噌は市販の味噌だとやっぱり満足してませんが、スーパーで買ってしまいます。
前に農協で買ったものがおいしかったけど、今は売ってないので、それ以上の味噌にたどり着いていません・・・・
手作りもしてみたのですが、最後の方に赤くなり、うーん・・・って感じ。
味噌汁のおいしいのは味噌によりますものね・・・秋田屋、また行ってみます。

投稿: kawazuzakura | 2008年10月31日 (金) 22時44分

kawazuzakuraさま
秋田屋さんのお味噌、、けっして高くはありません。
いつも500grずつ二種類買って混ぜて使います。
やはり味噌汁はお出汁とお味噌ですね。
秋田屋さん、、藤枝の白子通りの商店街、わかりにくいかもしれませんが、人に聞けば教えてくれます。

投稿: ナベショー | 2008年11月 1日 (土) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金山寺味噌 | トップページ | 藤枝ブランド茶「藤枝めぐみ」 »