« 薩摩芋の料理 | トップページ | ナベショーのワイルドガーデンは? »

2008年10月14日 (火)

蜜蜂は冬越の準備

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします

Img_1193syuku

再び、サクラタデ

先日のは、まだ咲き始め、、、、、Img_1196syuku 今はほぼ満開!                       

フェンスの間Img_1171syuku から、大きく道路側に垂れ下がる                        

道路を散歩する人、、、こんな小さな花に気づいてるかな~Img_1172syuku                       

蜜蜂、、、いよいよ冬越の準備の開始Img_1217syuku                                 

ダニの被害によって、減ってしまった蜂、、、でも徐々に増えて来た。

女王蜂は、ほとんどの巣脾枠に、びっしりと産卵し、毎日のように新しい働き蜂が孵化している。Img_1218syuku                  

11月末までに、どれくらい蜂が増えてくれるか、、、溢れるばかりになればいいのだが、、

夏から9月頃に生まれた働き蜂は、間もなく死んでしまう。

今から12月頃までに生まれた働き蜂が越冬する。

セイタカアワダチソウや蕎麦の花が満開、、、

蜜蜂にとっては、冬越の食料として重要な蜜源、、、今からどれだけたくさんの蜜を集められるか、、

11月末には、6枚とし、両サイド二枚が貯蜜エリヤ

中4枚が居住、育児エリヤ、

押し合い圧し合い、押し蔵饅頭のように、中央に固まって、体温で互いに温めあって冬を越す。

両サイドの貯蜜枠は蜂蜜による断熱保温層になる。

さらに、新聞紙で包んだ巣脾枠で箱の余白を埋める、、、、これでOK

心配なのは、もう一つの箱、Img_1221syuku                                    

5枚に減ってしまった、、、、さらに幼虫が白く蝋化して死ぬチョーク病にかかり、檜の葉を入れて、広がるのを防いでいる。

檜の葉には、ヒノキチオールという化合物があり、それが殺菌効果があるからである。

女王は、盛んに産卵を続けているので、これ以上蜂が減らない状態で、冬越出きるか、、、それが問題である。

まあ、可能かどうか、実験してみるかな、、

無理そうなら、もう一つの群れと合同すれば良い。

西洋蜜蜂を飼う、、いろんなことが次々とやってくる、、、、

スズメバチ、ダニ、チョーク病、アメリカフソ病、巣別れ、餌切れによる飢え死に、凍死、、

今年、こうだったから来年も同じとは限らない

毎年毎年、状況が変わる、、、

状況を観察し、いち早く対策を講じて群れを守る、、、さもないと、、

最悪、群れを全滅させてしまうこともある

群れを上手に大きく増やし、たくさんの蜂蜜を採取できる時もある。

上手に管理すれば、一群で、一年間に30~40KGの蜂蜜が採れる。

ゲームと思えば、これほど面白いものは無いであろう。

今日もモンタの大あくびImg_1226syuku

はしたない姿をお見せして恥ずかしい、、、Img_1230syuku                             

今日もモンタを見てのお帰りに、「花・ガーデニング」部門  

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます

|

« 薩摩芋の料理 | トップページ | ナベショーのワイルドガーデンは? »

コメント

私のところでもやっと、採蜜が出来ました!
種類は違えど、同じ蜜蜂。。。いろいろなアドバイスありがとうございました!
ナベショーさんの西洋ミツバチも若干大変な時期の様ですが、頑張ってください!!
本当に楽しい大人のGAME...
来期もハマりそうです!その前に越冬ですね!

投稿: koji | 2008年10月15日 (水) 01時29分

ゲーム…って…言う…みんな…
すごいなぁ~
これだけは、自分には出来なさそう~
蜂…ちょっと怖いからぁ~
やったらはまるの分かっているしぃwww

投稿: れおん | 2008年10月15日 (水) 08時59分

蜜蜂たち頑張ってほしいですねー


心から応援します。


昔は、蜜蜂など蜂に刺されたこともあり、蜂が非常に苦手でしたが、ナベショーさんブログで何か可愛くなってきてます。

投稿: こだわり野菜宅配 すくすく | 2008年10月15日 (水) 13時51分

kojiさま
ゲームとはいえ、生き物ですから、アクシデントが続くとかなりストレスも大きいですね。
何とか冬を迎え、無事越冬し、春を迎えたいものです。

投稿: ナベショー | 2008年10月15日 (水) 16時46分

れおんさま
蜜蜂、、趣味でやってて生活がかかってるわけでもないので、ゲームです。
任天堂のゲームより面白いよ!
蜂、、まったく怖くないよ、、可愛い可愛い!

投稿: ナベショー | 2008年10月15日 (水) 16時48分

こだわり野菜宅配すくすくさま
扱いが荒いと蜂も気が荒くなり、やさしく丁寧に扱うと蜂もおとなしくなります。
可愛いものですよ!

投稿: ナベショー | 2008年10月15日 (水) 16時50分

Mitsubachi ganbare-!!
Ganbatte kurenaito uchino hachimitsu ha zenzen
arimasen. Ocha mo tsuini kire mashita.
Mottomo honno sukoshi dake reitoko
ni hozon shitemasukedo-.

Nabe-sho san mo yutsu ya kega ni
chui shite chaen mo yoho mo ganbatte
kudasaine.

投稿: M.K. | 2008年10月15日 (水) 18時31分

蜂も優しく扱うと 優しくなる・・そうか、・・・人も 同じですね。優しくしよう! して貰おう!???
蜂達が 頑張って くれるように!!
秋明菊って それぞれの ほうが シャンとして いいですね。花も 群れた方が いい花と 独り立ち?の方が いい花が ありますね。両方 いいのも たくさんあるけど。

投稿: シーちゃん | 2008年10月15日 (水) 19時01分

M.Kさま
お茶も蜜蜂も、自然相手なもので、毎年毎年状況が変わる、、、、そういうもんだと割り切らないと落ち込む。
来年は、たくさん収穫できるといいですね。

投稿: ナベショー | 2008年10月15日 (水) 19時11分

シーちゃんさま
養蜂の先生からは「女性に対するごとく、やさしく扱いなさい」と教えられました。
蜜蜂を扱う時は、もちろん素手で、、蜂に刺される時は、扱いが乱暴な時です。
秋明菊はたくさんより1~2本がしゃんと立ってるほうがいいですね。

投稿: ナベショー | 2008年10月15日 (水) 19時16分

 ああいいですね。蜂が一杯!我が家の蜂はダニ>スズメバチ>盗蜂>とどんどん蝕まれて産卵の再開見込なし。元気なのは1群だけ。とほほです。

投稿: yoshi | 2008年10月15日 (水) 19時34分

ypshiさま
一難去ってまた一難、、これでもか、これでもかと追い討ちがかかる、、
元気な一群が残ってるだけでも幸いです。
うちは元気な二段積みの4箱が、ダニにやられて、スカスカの一段二箱、、、たぶん合同して一箱で冬越しでしょう。
ダニは手遅れになるとなかなか駆除できませんね。
養蜂の先生は、手遅れの場合、幼虫はほとんどダニが既に産卵してるから、全部焼却、成虫と女王だけ、別の箱で空巣でスタートしたほうが早道と言ってました。
十箱くらいあると、早めに思い切った処置が出きるのですが、ついつい、、、
また、来年、、今度は抜かりなくやりましょう。

投稿: ナベショー | 2008年10月15日 (水) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薩摩芋の料理 | トップページ | ナベショーのワイルドガーデンは? »