« 晩秋のピンクのバラ | トップページ | 晩秋の里山歩き »

2008年11月26日 (水)

ピンクの山茶花!

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。

Img_3996syuku

ピンクの山茶花

山茶花も椿も、花の盛りを少しでも過ぎると、花が痛んでしまう、、、

このピンクの山茶花も、明日は撮ろう、、と言ってるうちに盛りを過ぎてしまった。

痛んでいない花を探して、やっと数枚!Img_4000syuku

アップで撮ると、、、Img_4008syuku                                              

ナベショーはピンクがお好き、、、と言われそうだな、、、Img_3978syuku                          

スルメ烏賊を買いに、福一焼津流通センターへ行った時、

店長のOさん

「ナベショーさ~ん、、今日はゲンゲが入ってるよ~」

おお、、ゲンゲ 箱の中に大きなゲンゲが10匹くらい並んでる

でも、誰かが買って行ったという形跡が無い!

福一、、いかにプロの料理人が買いにくる店とはいえ、、、

ゲンゲを料理して食おうなんていうのはナベショーくらいだろう。

さすが店長さん!

それにしても、マグロが高くなったね~

ゲンゲ一匹、トンボマグロのブロックよりも安いよ!

前置きは置いといて、買ってしまったよ、、、ゲンゲ!Img_4037syuku                         

実は、初めて見る魚、、、名前は知ってたけど、、、

糸魚川で、ゲンゲの干物を見たよ、、でも旅行の初日なので買えなかった。

ズワイガニの底引き網漁に混ざって入るそうで、昔は捨てられていた。

ゼラチン質が多い魚、、身のほとんどは水分なり!

まずは,塩をパッと振って、片栗粉をまぶしてから揚げにする、、、右のほうは牡蠣のから揚げImg_4043syuku

柚子ポン酢でいただく、、なかなか美味しいよ、、、魚のから揚げとしたら最高級だね!

定石どおりに煮つけImg_4050syuku                                         

うっ うま~い!

ゼラチン質の柔らかい身、、

珍しい魚,ゲンゲは玄華と書くそうです。

モンタ、、Img_3875syuku_2 手を振ってる、

ブログランキングをポチンしてね って!

今日もモンタを見てのお帰りに、「花・ガーデニング」部門  

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます。

|

« 晩秋のピンクのバラ | トップページ | 晩秋の里山歩き »

コメント

Koreha bara to mimagou hodo utsukushii desune-.

Genge tte donna oaji nanodesho. Hajimete mimasu.
Karaage no oishisou na koto.

Uchiha kinou osashimi de tabeta shimaaji no ara de
konban ha yasai tappurino nabe deshita. Saigoni ohiya gohan wo irete ozousuini.


投稿: M.K. | 2008年11月27日 (木) 00時28分

おはようございま~す♪ナベショーさま
こんなに煮物やから揚げができる程大きいお魚なんですね。
初めてみましたが おいらも初めてだよって見返されたよな まなざしです~

モンタく~~んpaper

投稿: キュリー | 2008年11月27日 (木) 08時37分

ゲンゲ・・名前も姿かたちも始めて知りました。
玄華と書く・・なにやらすごい高級魚みたいですね。
今日もおいしそうなお料理を朝から楽しみました。

この頃モンタ君、たくさんの表情をご披露してくれますね。
こんな表情のシャッターチャンスを逃がさないナベショーさん、
さすが!です。

昨日の晩秋の薔薇、
ピンクの色のなんと美しいこと
思わず見入ってしまいました。
秋薔薇はこういうところが好きです。

投稿: にりんそう | 2008年11月27日 (木) 08時57分

M.Kさま
開ききると、花が痛んでしまうけど、開いたばかりの花は、バラと見間違うほどです。
木全体に自然な姿で咲いてる山茶花がいいですね。
でも、庭の山茶花は、刈り込まれたのが多いです。
ゲンゲ、、姿に似合わず、美味しい魚です。
淡白で、ゼラチン質が多いので、から揚げ、煮つけ、お吸い物、鍋物、、干物の美味しさは素晴らしいそうです。
シマアジのお刺身、アラの鍋、、美味しそうですね。
今日は日が照らなくて寒い、、、鍋物が美味しい。

投稿: ナベショー | 2008年11月27日 (木) 09時05分

キュリーさま
ゲンゲ、、50センチくらいです。
夫婦二人で食べるには、十分すぎる大きさでした。
福一には、こういう楽しい魚も並びます。
モンタも呆れ顔ですね。

投稿: ナベショー | 2008年11月27日 (木) 09時11分

にりんそうさま
蟹の底引き網にかかるそうですが、魚の価値が定まらず、値段はあってなきがごとし、、エ~と驚くほどの安値です。
少し前までは、市場に出ず、捨てられてたそうですから、、、。
福一で、座布団ほどのマンボウが一匹1500円で売られてたときも驚きました。
モンタ、、ほとんど眠ってるので、寝起きした瞬間の顔をすかさず撮る、、
秋のバラ、、晩秋の日の光のせいか、落ち着いた雰囲気のやさしい花に撮れます。

投稿: ナベショー | 2008年11月27日 (木) 09時19分

ゲンゲや~魚屋さんでもなかなか食べた事ないよ~

干し物の天ぷら~最高~

腹の苦味がたまりませんね~


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2008年11月27日 (木) 09時24分

ついに、ゲンゲ丸ごと料理が登場ですね。

お鍋で食べたいんですが、福一さんにもなかなか出ない魚、この辺のスーパーでは望んでも無理ですね~。

投稿: ば~ば | 2008年11月27日 (木) 10時29分

マグロ君さま
ドンコやホテイ魚みたいな、一見グロテスク、、
いかに安くとも、知らない人は、ちょっと手が出ないですね。
こういう魚を、売れても売れなくとも、仕入れて並べるところが福一の面白いところです。
今度、糸魚川へ行ったら、干物を買ってきます。
あっ、伸漁丸にあった?

投稿: ナベショー | 2008年11月27日 (木) 12時05分

ば~ばさま
漁港に近い市場や魚屋で無いと手に入らないのでしょうね。
糸魚川の駅前の翡翠館には、干物が売ってましたよ。
鍋で食べても美味しいでしょうね。
から揚げも煮つけも美味しかったです。
干物の天婦羅、、是非食べてみたいですね。

投稿: ナベショー | 2008年11月27日 (木) 12時08分

もう見るからにコラーゲンたっぷりの魚ですね。
ぬるっとしてるように見えますが、
下ろすの大変ですか。

山茶花のピンク、
はかなく美しいですね。
先ほどあるお役所の庭で
ヒイラギの花を見ました。
なんと可憐で美しいことか。
この時期に咲く花には
可憐さと同時に強さも感じます。

投稿: momo | 2008年11月27日 (木) 12時35分

ピンクの薔薇に山茶花 どちらも似ていますね。
この時期 ピンクの花色がある藤枝は暖かい静岡ならでは。
こちら 八ヶ岳・甲斐駒・鳳凰三山は雪化粧して冬山の美しい季節となりました。
そして曇りの今日はちょっと冷えますわ。

時々魚屋でゲンゲにお目にかかりますがまだ料理した事がありません。
日本海のお魚はぬるっとしたのが多いように思いますが 次回は是非から揚げにしてみましょう。
このHPで知ったニギスはフライに塩焼きに頂いてます。
安いし美味しいしエビフライより美味しいんじゃないですか。

投稿: ミモザ | 2008年11月27日 (木) 13時34分

ピンクの山茶花は、優しい花ですね。

ゲンゲ・・・深海魚ですかね?


美味しいという話を良く聞きます。しかし、実際に自分で料理するには、少し、・・・・・な魚ですね。

でも、美味しそうー

投稿: こだわり野菜宅配 すくすく | 2008年11月27日 (木) 16時31分

momoさま
コラーゲンたっぷり、ヌルヌルです。
お腹を出して、後は、出刃包丁でぶつぶつと輪切り、料理は簡単です。
私もヒイラギの白い小さな花を見ました。
強くはないけど、とても素晴らしい香りがしますね。

投稿: ナベショー | 2008年11月28日 (金) 21時08分

ミモザさま
冬の中央道や中央本線を走る度に、八ヶ岳、甲斐駒、鳳凰三山の雪化粧はとても美しく、毎日眺めて暮らす人は幸せだな~って思います。
ゲンゲ、、グロテスクな姿してますが、美味しいですよ。
是非、から揚げや煮つけに!
でも、瀬戸内海のメバルの煮つけの美味しさにはかないませんが、、、
ニギスも美味しい魚ですね。
ゲンゲやニギスが並ぶお魚屋さん、、楽しいですね。

投稿: ナベショー | 2008年11月28日 (金) 21時16分

こだわり野菜宅配すくすくさま
ゲンゲ、、深海魚というほどではないけど、ズワイ蟹の底引き網でかかるのだから、深い底にいるんでしょう。
見つけたら、トライしてみてください。

投稿: ナベショー | 2008年11月28日 (金) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩秋のピンクのバラ | トップページ | 晩秋の里山歩き »