« イイダコ料理 | トップページ | 冬は真鱈料理 »

2008年12月19日 (金)

パンジーの花

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。

Img_5668syuku

カメラを首から下げて、ご近所の玄関の前を通り過ぎる度に、

鉢に植えられたパンジーの花達が、ナベショーに声を揃えて、うるさいほど呼びかける、、、

ねえ ねえ ナベショー さ~ん!

あたい達を撮ってよ~、、、

可愛くないの~?

しゃ~ないな~、、、、今日はパンジーちゃん達を撮ってみるか!

うれしい、、、じゃ~ ポーズ!

Img_5657syuku

大人の雰囲気じゃ~ね~な~、、、、、                               

Img_5665syuku

パンジーちゃん達、、こんな感じでご満足かな?

Img_5685syuku

萎凋香のお茶「杉本さんの香りのお茶」をマルミヤさんに注文された方

たくさん欲しかったでしょうに、一人 二袋、または 一袋 しかお送りできなくて、申し訳ありませんでした、、、、とのマルミヤさんからのメッセージでした。

ところが、、、発送作業の途中に、冷蔵倉庫から、同じ杉本さんの、同じ日に仕入れた別のお茶30Kgが出てきた。

これは、「かぶせ茶」と言って、玉露のように、茶畑で茶葉を刈る前に数日間、覆いをかぶせて日光が当たらないようにする、、、、

そうすると、茶葉の緑も濃くなり、葉の中に旨さの成分であるテアニンというアミノ酸の含量が増える

こういう操作をした「かぶせ茶」は、まったるいお茶、旨いお茶として、特に好む人たちが多い。Img_5773syuku

倉庫から出てきた杉本さんの「かぶせ茶」、、、見事に萎凋の香りがしたのである。

まったるい旨さに萎凋の香り、、、これはなかなか得難い美味しいお茶である。

皆さんのお送りしたお茶も含めて、その日の杉本さんのお茶畑と製茶工場、天候はどうなってたのだろうか?

杉本さんは、意識して萎凋の香りを出そうと、特別のことをした訳ではない。

むしろ、この日は良いお茶が作れずに、お茶流通センターでも引き取り手が無く、仕方なくマルミヤさんに持ってきて、買ってもらったものである。

そして、夏から秋にかけて、マルミヤさんの倉庫でじっくりと熟成されて出てきた。

この萎凋香の「かぶせ茶」は「さやまかおり」という品種のお茶である。

Img_5775syuku

特に、緑の濃いお茶である。

「杉本さんの香る番茶」を注文されて、お手元に届く小包の中に、この「杉本さんの香るさやまかおり」のサンプルが同封されております。

もし、お好みであれば、マルミヤさんのHP[ナベショーのおすすめのお茶」で御注文ください。

前回に売り切れで入手できなかった人も御注文ください。

価格は同じ、、200gr 700円(送料別)だそうです。

今度は12kgではなく、30kgあるので、今回のようにすぐ売り切れで、しかもお1人1~2袋、、ということにはならないでしょう。

これらの萎凋香のお茶、、オーソドックスなお茶とは異なるために、一般には流通しておりません。

萎凋香のお茶、飲まれた感想を、ブログのコメントとして、あるいはマルミヤ製茶さんのHPへ寄せてくだされば幸いです。

マルミヤさんとナベショーは、

このようなお茶を好む人たちが多いのであれば、農家に働きかけて、共に生産供給体制や販売方法を整えていくことを考えております。

これが、藤枝のお茶農家の活性化、地域振興につながるのでは、、と!

何も知らない杉本さん、、、先日からクシャミをしてるよ!

美味しいお茶には美味しいお菓子を!

お菓子が無いので冷凍庫で凍らせた干し柿でも、、、、Img_5756syuku

モンタImg_5619syuku 、、、お耳が大きくなったのでは、、、?

いえいえ、ナベショーのおしゃべりを聞いてたんです。

今日もモンタを見てのお帰りに、「花・ガーデニング」部門  

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます。

|

« イイダコ料理 | トップページ | 冬は真鱈料理 »

コメント

玉手箱みたいなマルミヤさんの倉庫!
それにしてもナベショーブログの偉大さには!!!

投稿: やまんば | 2008年12月19日 (金) 22時38分

Hayaku ocha ga konaikana-. Kintsuba ga nakunacchauyo-.

Pansy ha doumone-, amarinimo minasanga tsukutte iru noto, hinshukairyu ga sakan sugi desune. Shou shou amanojaku gimi no M.K. ha teikou wo kanjite imasu.
Motto shizen nanoga yoi desune, ikaga?

Ningen no naseruwaza de hana niha tsumiga naikredo.

投稿: M.K. | 2008年12月19日 (金) 22時44分

もんたくんが耳が大きくなるの、
リアルにわかります…

すごいですね。お花たちと会話…
鳥と会話する人は知ってますが…

投稿: れおん | 2008年12月20日 (土) 00時54分

再びれおぽんです。
昨日、小さめのブドウで試しに実験してみました。
大成功でした。
ミキサーだと、種が粉砕されちゃうので
苦いやつになりそうですね。
ちと考えさせてくださーい。
どれくらい固いのかが…梅みたいに種と離れにくいのでしょうかね。うーん。

投稿: れおん | 2008年12月20日 (土) 00時57分

やまんばさま
新茶の頃、いろんなお茶を仕入れて倉庫に入れて、そのうち忘れてしまう、、、
今頃、点検すると、面白いお茶、何か気になるお茶、変わったお茶、何かに使えそうなお茶、いろいろ出てくるそうです。
お茶離れというけれど、ナベショーのブログの読者の方には、まだまだお茶の好きな人が多いということでしょうか。

投稿: ナベショー | 2008年12月20日 (土) 08時57分

M.Kさま
甘いものを食べ過ぎると良くないですよ~
待ち遠しいですね、、、
M.Kさまが絶賛されることは確実です。
でも、こういうお茶に出会うことは、人生の不幸です。
もう二度と合うことに無い幻のお茶になるかも、、、
それに、今まで美味しいと飲んでたお茶が物足りなくなる、、、
パンジー、、ほんとにたくさんの種類がありますね。
いままで撮ったことが無かったけど、可愛く撮れました。

投稿: ナベショー | 2008年12月20日 (土) 09時03分

れおんさま
そう、お花とお話できるんです。
ローズヒップスの種はピーマンの種みたい、、白くて小さくて、軟らかくて、、
さあ、、、少しでやってみて、どんな感じになるのやら、、
何せ、実自体が、直径2~3mmの小さなものなので、、

投稿: ナベショー | 2008年12月20日 (土) 09時06分

ナベショー様、昨日はありがとうございました。
早速注文しましたよ。

いちょうかのかぶせ茶、狭山のかおり、
関東の埼玉、狭山にも、すこし有名なお茶所があります。
なにやら同じような名前ですね。
狭山茶、私結構好きで、時々飲んでいます。
狭山茶も濃いお茶です。

モンタ君、そうですね、
耳をそばだてて、
ナベショーさんのお話聞いていたんですね。
かしこい、かしこい・・・。

投稿: にりんそう | 2008年12月20日 (土) 09時43分

ありがとうございます、早速注文させていただきました。
どんなお茶が届くのか、飲み比べの楽しみが出来ました。
ゆっくりと、本でも読みながらお茶をいただくという贅沢が間もなくできます!

投稿: chobingon | 2008年12月20日 (土) 11時18分

バンジー綺麗ですね。

それにいいお茶に、熟成された干し柿、たそがれモンタ、いいですねー(^^)

お茶は、日本人の文化です。今後も素晴らしいお茶を作り続けて頂きたいです。

投稿: こだわり野菜宅配 すくすく | 2008年12月20日 (土) 11時24分

家の在庫のローズヒップ、そのまま食べてみました。
粒の大きさはコーヒー(フィルターで濾す粗挽き?)
ほどなので今おやつ感覚でモグモグ食べながらコメントです。
よく見ると…種も入ってますね。
どうでしょうか?思い切って先に全部乾燥させてから、
ミキサーにかけたり、手で揉んで種だけ取り出すってのは…
種がピーマンみたい…と伺い乾燥させてしまえばとらなくていい気がしてきました。
主観的意見で申し訳ないです。
今日はムシコさんとデートです。
どんぐりのお菓子もって…今出来上がりぃ~
だんだん進化しています。

投稿: れおん | 2008年12月20日 (土) 12時24分

にりんそうさま
「さやまかおり」は埼玉県茶業試験所で育成された品種、とても元気でぐんぐん伸びるお茶です。
僕も、就職して所沢の近くに10年住んでましたので、美味しい狭山茶を毎日飲んでいました。
今の僕の茶園のお茶の品種も、ヤブキタとさやまかおりです。
モンタ、、えらいでしょう!

投稿: ナベショー | 2008年12月20日 (土) 13時27分

chobingonさま
飲みくらべ、、楽しみですね!
ゆっくりと本を読みながら、美味しいお茶と美味しいお菓子、、、、
太りますよ!

投稿: ナベショー | 2008年12月20日 (土) 13時31分

こだわり野菜宅配すくすくさま
パンジー、、綺麗で可愛いでしょう!
たそがれモンタか、、なるほどね~
仕事の合間に、一服の美味しいお茶、、日本文化ですね。

投稿: ナベショー | 2008年12月20日 (土) 13時34分

れおんさま
テイーは、そのまま感想させて、ミキサーで軽く粉砕すれば良し!
ジャムは、、、、、種を除くか、そのまま全部煮詰めてジャムにしてしまうのか、、NETでも調べてみますよ。
すごい量なんです、、、この年末で忙しい時期に、

投稿: ナベショー | 2008年12月20日 (土) 13時37分

私が飲んでいるローズヒップは、イギリスの商品ですが果実を干して砕いているようです。

たまに固い顆粒も混じっていますが、熱湯を注ぐと沈んだ粉末も柔らかく食べられます。

私はその茶殻(?)を冷凍室に溜めてジャムにしているのですが~。

投稿: ば~ば | 2008年12月20日 (土) 14時08分

ナベショーさん パンジー娘の誘いに乗りましたね。(笑) 何時もの 野の花木と違って ホント 若い 可愛い 娘ですね。背伸びしても 色気がない! な~んちゃって・・・・

投稿: シーちゃん | 2008年12月20日 (土) 15時41分

こんにちわ

今日の午前の便で届きました。
ありがとうございます。早速戴こうかと思ったのですが、お正月の楽しみに取っておきます。サンプルだけでもいただこうかなぁ~貴重なお茶なので家族が揃った時に大切に戴きます。
一番ほっとできて落ち着くのは、やっぱり日本茶ですね。
いつも講義が聴けるモンタ君羨ましいな。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2008年12月20日 (土) 15時48分

ナベショーさま!!
ありがとうございます!!
早速20袋注文しました!!
ナベショーさんのお茶もいっぱいいただいたのに、母が6月に「これはおいしい!!」と私の分を2袋のこして家にあった分を持って行ってしまい、先日来たときに、「あれはおいしかったから誰にもあげずに全部私が頂いた!」と申していました。
お正月に帰るときに少しお土産に持っていきます。
欲張りしていると罰が当たる・・・とよく教えてくれていた母ですが~うーんと唸りたくなります・・・。

投稿: viviel | 2008年12月20日 (土) 16時31分

ば~ばさま
野バラの赤い実 約1kgほど採ったのですが、今掃除中、、、テイーは、実を乾燥させて粉砕するとして、ジャム、、このまま、砂糖入れて煮詰めて、、、
種がどうなるのか、、それだけが疑問です。
テイーの茶殻をジャムにしていただくと言う食べ方もいいですね。

投稿: ナベショー | 2008年12月20日 (土) 17時25分

シーちゃんさま
ついつい可愛いパンジー娘達の誘いに乗ってしまいました。
ちっとも昔と変わらんね~、、、
色気は無いけど、可愛くて、可愛くて!、、、、弱いですね~

投稿: ナベショー | 2008年12月20日 (土) 17時28分

ムックのお母ちゃんさま
お正月に、ご家族みんなそろったところで、、いいですね~
でも、サンプルは試飲しておき、美味しければ、すぐ注文されたほうがいいと思いますよ。
先日の3倍の量があるにしても、たぶん、数日で売り切れになるかも、、、、、、
前回はお1人1~2袋だったので、今度は大口で欲しい人も大勢おられるようですから、、、

投稿: ナベショー | 2008年12月20日 (土) 17時34分

vivielさま
えつ! 20袋も、、、、マルミヤさん、悩むでしょうね~
やはり、親の性格は、娘が一番引き継ぐのだろうか?
素人が作った「ナベショーのお茶」をお母様が、そんなに喜んで飲んでくださったとは、うれしいことですね。
来年も頑張ってお茶作りしますね!

投稿: ナベショー | 2008年12月20日 (土) 17時48分

萎凋香のお茶は,残念ながら手に入りませんでした。ナベショーさんのお茶が少なくなって「ベニフウキ」を求めようと思っていたのです。さやまかおりグットタイミング! でした。
ナベショーさん,上のお花,もしやビオラでは?

投稿: tirokluro | 2008年12月20日 (土) 18時17分

tirokluroさま
この「杉本さんの香るさやまかおり」、これもしっかりと萎凋の香りがするお茶です。
売り切れぬうちに注文し、ぜひ味わってください。
パンジーではなくビオラ、、、、そうか~パンジーはもっと花が大きかったかな?
ビオラにしては大きいかな、、と思ってみたり、、たくさん集まって花びらがしっかり開いてるからビオラかな、、、

投稿: ナベショー | 2008年12月20日 (土) 19時14分

始めまして滋賀のSと申します。
この春ぐらいから、ナベショー様のブログにお邪魔して、感心したり、教えてもらったりモンタちゃんに癒されて、お礼にクリックを続けております。香る番茶と藤枝かおりと二本ずつ買う事が出来ました。香る番茶、和菓子を用意して待っておりました。香りが鼻から抜けるような又いつまでも香りが留まって・・余韻、私どんなお茶飲んでいたのでしょう?又教えてもらいました。有難うございました。

投稿: 滋賀のS | 2008年12月20日 (土) 19時26分

香る番茶、届きました!
早速試飲しましたよ~。
私はグルメリポーターではないので、
あまり上手に 表現できないのですが、、、。

お茶といえば、濃くてトローリ系のお茶を
今まではいいお茶といって飲んでいたように思います。
お酒でいえば、甘口系のお酒かな。

香る番茶は、辛口系のお酒というか、
さっぱりしてあとに、さわやかな感じが残る、、
といったらいいのでしょうか。
これを、柑橘系の香りというんでしょうね。

三つ子と一緒に、食後の麦茶をのむ
そんな生活をしていた私には、(笑)
久々にお茶を丁寧にいれて飲んだ気がします。

日々のお茶タイムは、コーヒーか紅茶、
ご飯の時は勢いつけて ビール、、なんて生活から、
時間をみつけ、ゆっくり美味しいお茶を楽しむ生活を、
忘れずに、いれていきたいと思いま~す。

それって、とっても贅沢な楽しみ方だなんて、
しみじみ思う、私にとってのお茶講座(?)でした。
ありがとうございました。

投稿: 三つ子ばあば | 2008年12月20日 (土) 20時42分

滋賀のSさま
こんにちは 
ブログをず~と読んでくださって、応援もしてくださり有難うございます。
香りのお茶、喜んでいただきうれしいです。
こういうお茶は、来年も同じように出きるか、、といえばたぶん出来ないかも、、、自然は不思議です。
来年、もし幸運にも萎凋香のお茶が出来たら、また味わってください。

投稿: ナベショー | 2008年12月20日 (土) 20時53分

三つ子ばあばさま
最近はどろっとした癖の無い深蒸茶や、クロレラのような海苔臭のする玉露系のお茶が多いようですが、私は好きではありません。
私は香りや爽やかな美味しさ、余韻が残る山のお茶が好きです。
この萎凋香のお茶はまさにそのお茶です。
柑橘系の香りですね。
私も、今回の香りのお茶を味わうのは3年ぶりでした。
忙中閑有、、どんなに忙しい時にも、美味しいお茶を淹れて味わう時を持ちたいですね。
今回は、一人一袋か二袋しか渡りませんでしたが、最高の美味しいお茶を味わっていただけたと思います。


投稿: ナベショー | 2008年12月21日 (日) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イイダコ料理 | トップページ | 冬は真鱈料理 »