« 冬は真鱈料理 | トップページ | 再び 金山寺味噌を! »

2008年12月21日 (日)

侘び助椿も咲き出した

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。

Img_5811syuku

やはり、今年は異常気象

庭の侘び助椿が、もう咲き始めた!

侘び助の花は、写真に撮るのが難しい、、、Img_5814syuku もっとアップで!                

これではどうだ!                                            

駄目だね~

今年の1月17日のナベショーのブログに同じ侘び助を撮った記事と写真をのせている。

ご存知、ご記憶の方もおられるでしょう。

この冬、まだまだ侘び助を写真に撮る機会があるだろうが、

僕は、そのブログに載せた侘び助の写真、、それ以上に美しく撮る自信が無い

それほど、僕は、その侘び助の写真を気に入っている

クリスマスのポットラックパーテー

どんな料理を作るか、、、、思案、思案

だいたい僕の定番のパーテイー料理は、焼き豚やローストビーフ、、などだけど、、

よし、一品は決まり!

野菜のさつま揚げ、、ガンモドキ?Img_5797syuku                                  

レンコン、山芋(長芋でもOK)、里芋(親芋でOK)をおろし金ですりおろす

人参、牛蒡を細かく刻む

他にネギも小さく刻む、、土生姜も少々すりおろす

そこに生卵、片栗粉、木綿豆腐、

塩少々、醤油少々、、、で薄味程度

全部混ぜて、お玉で少しづつすくって、油で揚げる。

魚のすり身や鶏の挽肉などを入れても美味しいけれど、今回は野菜中心!

美味しいですよ!

大好評!

これは、地味な感じなので、もう少しパーテイーらしき華やかな料理を!

鮭のカルパチオ、、、、急いで切って並べたので、むちゃくちゃ!Syuku                        

冷凍のでっかい塩鮭、一本 解凍して、三枚におろし、皮を剥いて、塩をする

お酢で絞めて、薄く切って並べてから、上にフレンチドレッシングをかける

まあ、、こんなところかな!

いい加減なレシピーだね~

会社時代と同じで、全く定量的でない、、大雑把!

モンタの定席となったエアコンの下の壁際の古いオルガンの上Img_5786syuku                       

何か?Img_5787syuku                                                

眠ってたのだけど、、、Img_5788syuku これはアクビだよ!                             

特に、用事が無いのなら、、、、、、Img_5789syuku                               

体の向きを変えて、再度スヤスヤ sleepy

Img_5792syuku

ちょっとね~ 部屋のカーテン 束ねる紐、、モンタが下に敷いてるの、、これを取りたいんだけど!

右端の丸い容器は何?

カスピ海ヨーグルトを作る受け器、、寒くなるとなかなか出来ない、、、が、エアコンの下に置くと、すぐ綺麗に固まるよ!

今日もモンタを見てのお帰りに、「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます。

|

« 冬は真鱈料理 | トップページ | 再び 金山寺味噌を! »

コメント

Wabisuke ga mou sakidashita nodesuka.
Uchideha otonari tono kyoukai ni yabutsubaki ga uete arimasu ga mada sakidashisou ni naidesuga.

Uchideha fuki no tou ga 4ko mo dete imashita.
Kumade de ochibano souji wo shite ite kaki totte
shimaisou deshita. Kotoshiha rakuyou ga osokute
mada mada ochibakaki wo shiteimasu. Sorenanoni
fukino tou ga mou dete ite hen desune-.

Yasai no satsumaage mo oishii deshou-. Tamanegi to benishouga dake nowo tokidoki tsukurimasu.

投稿: M.K. | 2008年12月21日 (日) 23時15分

Kyou ha touji desu. Kaboha ha tabemasen deshitaga imakara yuzu-yu ni hairimasu. Otakudeha?

投稿: M.K. | 2008年12月21日 (日) 23時23分

カスピ海…
ジャムがやっぱり要りますねっ!
ローズヒップについて
今日詳しい人に聞いてきました。
色々種類があるらしいですね。

投稿: れおん | 2008年12月22日 (月) 00時19分

おはようございま~す♪ナベショーさま
おふくろさん  でしたか~
 
今朝は 心地よい雨音で お寝坊でした。今起きました。熊さん 出掛けちゃった。なんてことだ><

投稿: キュリー | 2008年12月22日 (月) 07時24分

おはようございます

侘び助椿 名前もお花も可愛いですね。可憐でお花の色もいいですね。ウチは去年山茶花に毛虫が湧いてビックリしました。メジロが来るのを待っています。
地味でも野菜のさつま揚げ美味しそうですね。私も冷凍の塩鮭を一本買いして氷頭なますと粕汁、切り身は酒かすを日本酒で柔らかくして漬けました。日持ちがして風味がいいです。
沢山のモンタ君に会えて嬉しいなぁ~とっても美男子(イケメン)ですね。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2008年12月22日 (月) 08時38分

いい加減なレシピ?・・・・。
いえ、いえ、これぞ男の料理って感じです。
格好いいです。ナベショーさん!
読んでいて本当に気持ちよさを感じました。

侘び助我が家はもう咲き散っていますよ。
ピンク色が素敵ですね。
我が家のは、ほとんど白に近いです。
過去の侘びすけの写真を拝見しました。
もうため息のみです。
あやかって、真似して写したんですが、ダメですね。

早々、昨日お茶が届けられました。
きれいなグリーン色、とろっとしたまろやかな味、
とっても美味しく頂きました。
ただ、いまだ風邪が治りきっていなく、
香りがいまいち感じることができなくて・・・。
ありがとうございました。

投稿: にりんそう | 2008年12月22日 (月) 09時02分

やはり侘助は風情がありますね~、華やかではないけれど慎ましやかながら色艶がある女性みたい。
茶室に一輪の花です。

野菜だけのさつま揚げ、いいですね・・・蓮根も蕪も山芋も摺って揚げたり蒸したりすると、ツミレのように繋ぎになりますもの、美味しそうです。

投稿: ば~ば | 2008年12月22日 (月) 09時42分

M.Kさま
打ちも芝生に進出した蕗、、フキノトウが出来てました。
まだまだ大きくなりそうですが、もう食べられそうです。
今年は12月が暖かいのでしょうね。
菜の花も咲いてました。
冬至、、畑で出来た小さな南瓜、大事にとってあったのを、お味噌汁の具に入れたいただきました。
お風呂は、もちろん柚子湯、、、もったいないから2個しか入れませんでしたが、、

投稿: ナベショー | 2008年12月22日 (月) 16時30分

れおんさま
ヨーグルトにはジャムと蜂蜜ですね。
ローズヒップ、、種類があるそうですが、ここでは野バラの実しかないので、これでジャムとテイーに挑戦します。

投稿: ナベショー | 2008年12月22日 (月) 16時32分

キュリーさま
ごたごたしてましたが、やっと和解
今年の紅白はおふくろさんが聞けそうです。
雨降りの日は明るくなるのが遅いからね~
起さずに、自分でお出かけとは、感心、感心!

投稿: ナベショー | 2008年12月22日 (月) 16時35分

ムックのお母ちゃんさま
椿や山茶花、、毛虫がつくと丸坊主にされるし、恐ろしいです。
冷凍の塩鮭一本、、豪快に捌かれましたか!
氷頭なます、美味しいですね。
一本さばくと、いろいろな料理が楽しめるし、保存もできるし、経済的ですね。
ルイベ、、半分凍った生の身でお刺身、、、食べられましたか?
美味しいですよ!

投稿: ナベショー | 2008年12月22日 (月) 16時40分

にりんそうさま
侘び助、、もう散りかけてる、、昨年より一ヶ月も開花が早いということなのでしょうか。
あと、1~2週間のシャッターチャンス、、どんな侘び助が撮れるか、挑戦して見ます。
「さやまかおり」のかぶせ茶、、は難しいお茶ですね。
「さやまかおり」は淹れ方によっては苦味が出ます。
萎凋の香りを味わうには、高目の温度の熱い湯で淹れるほうが香りが出る。
しかし湯の温度が高いと苦味が出やすい、、、
かぶせ茶の特徴である綺麗な緑にとろっとしたまろやかな味、、、苦味を押さえて萎凋の香りを発現させる、、、プロの茶人でも難しいです。
口にお茶を含んで、鼻からス~と息を出す時に感じる爽やかな青っぽい香味、、、これが萎凋香です。
茶を淹れた後の急須の中の広がった葉を、息を鼻から吸いながら嗅いだ時に、感じる香味、、
体調にも影響されるし、、なかなか奥が深いです。
3~4煎まで味わって香味の変化を楽しんでください。

投稿: ナベショー | 2008年12月22日 (月) 17時10分

ば~ばさま
侘び助や山の薮椿の花は風情がありますね。
このピンクの侘び助、ほのかな色気を感じます。
大輪の八重の椿は、すぐに花が痛んで、茶色くなり、ボタンと地に落ちてしまう、、、それはそれで哀れさを感じますが、、、。
揚げたり、蒸したり、オーブンで焼いても、お好み焼き風にしたり、海老や白身魚のすり身を混ぜたり、つみれ鍋にしても、、いろいろ楽しめそうなんです。

投稿: ナベショー | 2008年12月22日 (月) 17時19分

侘び助、良いですね。椿は 特に 一重が好きです。
家のは 茶毒蛾が 付いてる様で 近づかないでいる(夫がヒドイ目にあったので・・) 花時期が終わったら 枝の整理をしようと 言っていますが・・・

お茶、1袋 手に入りました。美味しい情報、ありがとうございました。

投稿: シーちゃん | 2008年12月22日 (月) 19時44分

シーちゃんさま
チャドクガは5月以降に繁殖して、丸坊主にしますが、今の冬の時期は虫はおりませんよ。
5月頃から夏に、葉に孵化して間もない小さな幼虫が固まって葉を食べてるのを見つけて、虫が固まってる木の枝を除去するか、スミチオンを噴霧すれば、完璧に退治できますよ。
お茶、、一袋入手、、良かったですね。
じっくりと味わってください。
美味しいお茶です。
見本に入ってたのも、美味しいですよ。

投稿: ナベショー | 2008年12月22日 (月) 21時08分

Oishii ocha desune-. Asakara nanbai nonda desho-.

Kaori-bancha desu. Asu ha kitto sayama-kaori ga todokudesho. Fujieda-megumi ha shibaraku oyasumi desu. Koreha raikyakuyou ni shimasu.

Oishii ocha wo itadakuto shimiji to nihonjin de yokatta to omoimasune. Kyouha konowata, jikasei karasumi, namako no suzuke, jikasei kabura no senmaizuke to jikasei nukazuke de kantan ni yuushoku wo sumasemashita. Ah, roast chicken mo desu. U-n, soreni ochazuke. Gohan no ueni karasumi no slice, negi, nori, wasabi,shouyu, soreni atsui ocha wo kakete, nantomo iemasenne.

Ochawo arigatou gozaimashita. Totemo shiawase kibun desu.

投稿: M.K. | 2008年12月22日 (月) 22時11分

ナベショーさま
おはようございます。
ご丁寧に入れ方をお教えくださって
ありがとうございました。
生前義母が(島根県)よくお煎茶を入れてくださいました。
お湯を人肌くらいにまでにして、
ゆっくり入れるのです。
ぐい飲みのような茶器に注ぎます。
それは甘くてとろっとして、
お煎茶の香り豊かな美味しいお茶が入るのです。
私が入れても義母のようには美味しく入れられなくて・・・。
今でも義母の味はなかなか・・・・・。
ナベショーさんの説明を読んでいて
義母のお煎茶を思い出しました。

投稿: にりんそう | 2008年12月23日 (火) 08時19分

M.Kさま
香りの番茶は、癖が無いし、誰でも淹れ易くて美味しいお茶です。
でも、さやまかおりは難しいですよ。
元々、この品種は苦味が出やすいので、淹れ方によっては苦くなります。
私も、なかなか上手に淹れられませんが、この萎凋香のお茶は個性あるお茶です。
藤枝めぐみは、これらに比べるとインパクトはありませんが、これが業界では、品質が優れた素直な美味しい高級茶に評価されるお茶です。
万人、誰もが好き嫌いなく受け入れられるお茶なんですね。
藤枝かおりや、今回のに品種は、個性が強いので万人には受け入れられず、好む人は10人のうち2~3人でしょう。
簡単な夕食、、とんでもない!
カラスミ、海鼠腸、海鼠の酢漬け、なんと贅沢な山海珍味、、、しかも自家製とは!
よくぞ日本人に生まれたり!

投稿: ナベショー | 2008年12月23日 (火) 15時26分

にりんそうさま
単身赴任のとき、自分の気に入ったお茶を自宅、赴任先、出張先、、持ち歩いてそれぞれのところで淹れていました。
とても美味しく感じた時も、首を傾げる時もありました。
水質、お菓子や料理、雰囲気、気分、ゆとり、体調、、、が微妙に影響してるのでしょうね。
お茶屋さんが淹れて飲ましてもらうようには、なかなか美味しく淹れられません。
義母さまは、お茶のお好きな方だったんですね。

投稿: ナベショー | 2008年12月23日 (火) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬は真鱈料理 | トップページ | 再び 金山寺味噌を! »