« ローズヒップス 野ばらの実 | トップページ | イイダコ料理 »

2008年12月17日 (水)

萎凋香のお茶

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。Img_5491syuku_2

大輪の菊も豪華絢爛で美しいが、庭の隅、垣根の縁に咲く小菊も可愛くて綺麗です。

今日は雨も降るし、お茶のマルミヤさんにふらりと立ち寄った。

そして、宮崎さんが淹れてくれたお茶を一口!

口から鼻にかけて、す~と抜けていく上品で高貴な花の香り、、、

何!、、、、ムムム、、、これは、、、、

これ、、、、萎凋香(イチョウカ)のお茶ではないですか?

どうして、このお茶が、、、???

これは、藤枝の奥、大久保の杉本君が持ってきた荒茶、

ニ番茶を萎凋してみたが、、、12kgしかないけど、、、と。Img_5596syuku

杉本さんは、藤枝でも1~2のお茶作りの若手の名人

茶栽培から製茶までやっている自営の生産者、、、

お茶の葉は、畑で摘んでから日光で干すと、葉が萎れる過程で、素晴らしい花のような高貴な香りを発することがある。

これを萎凋香(イチョウカ)という

お茶の葉は日光により発酵が促進されて、萎れる過程で様々な香りの成分ができるのである。

昔から、製茶工場で、製茶するのを忘れて、最後までほったらかされた萎れた葉を製茶すると、素晴らしい香りを発するお茶が出きることがある。

山の奥の茶園で、おばあちゃんが一日かかって摘んだ葉、夕方になってやっと製茶工場に持ってきた、、、

半分萎れて無残な姿、、、ところが、素晴らしい香りのお茶になることが、たまにある、、、、

今は、生葉を機械で刈って、速やかに工場に運んで、冷却して生葉の鮮度を保って製茶する、

近代的な製茶工場では、そのようなお茶は出来ない

だから、最近はお茶関係の人も、お茶小売店も、萎凋香のお茶、、と言っても、知らない人が多いし、ましてや味わったことのある人はほとんどいない。

しかし、萎凋香のお茶に出会って、その虜になり、

何とか、萎凋香のお茶を作る技術を作りたいと、試行錯誤しているこだわりの茶師もいる。

実はナベショーもその一人である。

生葉を日光に当てて、萎れさせれば、必ず香りが発する、、、のであれば簡単なのだが、そうはいかない。

3年間、萎凋香のお茶を狙って、挑戦してるが、、まだ一回しか成功していない。

そのときは、製茶工程で、ミカンや金木犀の花のような香りが、

お茶工場とその周辺に漂って、みんな驚き、出来た出来きたと興奮した。

しかし、自然の女神はなかなか微笑んでくれない。

それっきり、、、幻のお茶!

杉本さんが持ってきた萎凋香のお茶、、、来年、次回も出きるかどうか、、、

のお茶になるかも知れない。

こういうお茶、お茶取引の市場にだしても、茶商たちは、普通の万人向けのお茶とは異なるため、売る自信が無い。

だから、残ってしまって、マルミヤさんのところに持ち込まれる

この12kgの荒茶、、ナベショーが全部、買い占めようか、、、、

いや~、、ナベショーのブログの読者、お茶好きの方達、出きるだけ多くの方に味わっていただこう!

急遽、名ずけて 「荒茶仕立て 杉本さんの香るお茶」

Img_5591syuku

マルミヤさん、、お値段、どうする、、?

そうだな~ 二番茶だからな~  200gr 700円(送料別)ならどうだろうか、、

えっ! それでいいの?

僕だったら、100gr 1000~2000円でも買うよ。

まあ、、これは特殊なお茶、ほんとにお茶好きな人以外は、好まないかも、、、万人向けのお茶じゃないからね~

と、マルミヤさん

このお茶を御注文される方は、マルミヤ製茶のHPの「ナベショーのおすすめのお茶」からどうぞ!

でも、お一人でたくさん買占めないでくださいね。

、、、せいぜい、1~2袋、、、、でガマンしてください。

限定販売なので、売り切れたら、ごめんなさい。

(マルミヤさんより 18日 19時40分にて予約締め切りとのコメントあり

Img_5610syuku

お茶を飲んで味わい、急須の中の葉から漂う香りを味わい、

一煎、二煎、三煎、四煎、、次第に高い温度の湯で淹れて、

その香味の変化をお楽しみください。

少々、濃い目に淹れるほうが味わえるかな?

高級一番茶も及ばないほどの、香りの素晴らしさとインパクトのあるお茶です。

モンタ、、、Img_5472syuku テイッシュ箱はいいけど、備前焼きの花瓶は落とすなよ!

今日もモンタを見てのお帰りに、「花・ガーデニング」部門  

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます。 

|

« ローズヒップス 野ばらの実 | トップページ | イイダコ料理 »

コメント

今夜はめずらしく、孫と一緒に寝ないで起きてました。
ラッキーでしたね。
ナベショーさんのブログ更新ほやほやの記事を見て、
以前から、興味を持っていた、マルミヤさんのお茶を
購入しましたよ。

はずかしいのですが、なんと読むのでしょうか?
香る番茶の またの名は、、、。

藤枝かおりも お試しで たのんでみました。
おいしい物は大好きですが、さてさてお茶の美味しさは
私の大雑把な舌が理解できるでしょうか?
とりあえず、鼻炎もないので、よい香りはわかるとおもいますが、、。楽しみでーす!

投稿: 三つ子ばあば | 2008年12月17日 (水) 22時02分

三つ子ばあば様
マルミヤさんのお茶購入、ありがとうございます。
店主に代わりまして、、、、
萎凋香、、、、イチョウカと読みます。
たしかにお茶関係の一部の人しか読めないですね。
さっそく、一部フリカナを入れました。
藤枝かおりもそうですが、こういうインパクトの強い個性あるお茶を知ってしまうと、普通の煎茶が物足りなくなってしまいます。
それを、幸せというか、不幸というか、、、、
微妙な香味ですので、若干濃い目に淹れると、その違いが良くわかると思います。

投稿: ナベショー | 2008年12月17日 (水) 23時03分

こんばんは~~!萎凋香、初めて聞きました。
どんな香でしょう・・・。
我が家も昭和40年頃まで、製茶業をしていました。
子供の頃は、農家の人たちが生葉を持ってきてくれるので、大きな秤で計って、帳面に付ける手伝いもしました。暑くなると生葉が蒸れない様に、葉を振う仕事もしましたよ~。
急ぎ、お茶を頂けるよう・・・、マルミヤさんへscissors

投稿: ねたの | 2008年12月17日 (水) 23時54分

Ocha no ken deha doumo shitsurei itashimashita.

Kosei no tsuyoi ocha ga suki desukara kitto
ichouka ha M.K. gonomi dato katte ni souzou
shiteorimasu. Nabe-sho san no ocha ga ichiban
suki desuga.

Monta no shigusa ga nantomo kawaii.


投稿: M.K. | 2008年12月17日 (水) 23時55分

伺っただけで曲った背中に一本筋が通りました。
マルミヤさんから届くまでの期待でわくわくしてます。
5月になったら又幻のお茶に挑戦する元気が頂けそうです。
ありがとうございました!

投稿: やまんば | 2008年12月17日 (水) 23時58分

おはようございます。
杉本さんの香る番茶
ご注文ありがとうございます。
本日、所要にて留守をする為、
ご注文のお返事が本日の夜になります。
申し訳ございませんが、
よろしくお願いいたします。

投稿: マルミヤ製茶 | 2008年12月18日 (木) 06時50分

おはようございます

早速、お茶を注文しました。いろんな美味しい物を教えて頂きありがとうございます。杉本さんのお茶と藤枝のめぐみとかおりも一緒にお願いしました。美味しいきんつばを買って来て楽しみます。大根の甘酢は売れきれも早くて急がし忙しいです。後のゲップが凄かったです何かお腹が活動しているのが解かるくらいです。
モンタ君ティッシュだけにしとこうね。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2008年12月18日 (木) 08時31分

このパッケージのデザインと、
袋の色に惹かれました。
色って大事ですよね。

どんぐりのお菓子のときは
いつもナベショーさんのお茶に決めてます。

投稿: れおん | 2008年12月18日 (木) 08時39分

朝から、さるじゅさんのお顔を見て、ナベショーさんのお声を聞いて・・・今日はいいことがありそう。

と思って伺ったら、あの老師の記事以来2年も気になっていた萎凋香のお茶が入手できるって・・・。

ここにコメント書くより先に早速に申し込みました(品切れにならないうちにね)。

投稿: ば~ば | 2008年12月18日 (木) 10時07分

ねたのさま
5月の連休前後は、家族総出でお茶作りでしたね。
生葉はどんどん発酵が進んで、発酵の熱で蒸れて痛んでしまう、、
痛まないように、筵に広げた生葉をふるって、風にあてて冷やす、、、
その生葉から、素晴らしい花の香りが5月の風にのって漂ってくる、、そう、その香りが萎凋香です。
萎凋香のお茶を飲まれたら、
あ~この香りだ!、、とはるか子供の頃を懐かしく思い出されることでしょう。

投稿: ナベショー | 2008年12月18日 (木) 13時14分

M.Kさま
農家の生産者の方達が、こういうお茶をたくさん生産してくれるといいのですが、、
全国同じようなお茶でなく、こういう個性あるお茶のファンが増えてくると、日本のお茶業界も変わってくるし、お茶の将来も明るくなると思います。

投稿: ナベショー | 2008年12月18日 (木) 13時21分

やまんばさま
やまんば様の厳しい評価に合格しればいいのですが、、
来年も、女神が微笑むとは限りませんので、じっくりとお楽しみください。

投稿: ナベショー | 2008年12月18日 (木) 13時23分

ムックのお母ちゃんさま
お茶には、旨いお茶と美味しいお茶があります。
この萎凋香のお茶や藤枝かおりは美味しいお茶、香りのお茶、金つばのような和菓子にも、また洋菓子にも合うお茶です。
美味しいものを食べられるのは幸せ感で満たされますね。
大根の甘酢漬け、、うちも無くなったので、今から畑に大根を引きに行きます。

投稿: ナベショー | 2008年12月18日 (木) 13時30分

れおんさま
このレトロなパッケージとラベルのデザイン、、なかなか良いでしょう?
ナベショーではなくマルミヤさんのセンスです。
ナベショーのお茶、、早く飲んでしまわないと賞味期限を過ぎますよ~

投稿: ナベショー | 2008年12月18日 (木) 13時33分

ば~ばさま
今朝のTV はなまるマーケット出演のさるじゅさま、、なかなかのイケメン、かっこいい料理人でしたね。
妻は、イイオトコだね~って幾度もため息ついてました。
お知らせいただき、有難うございました。
来春の新年会をお楽しみに、、、
萎凋香のお茶、、売り切れになっていないことを祈ります。

投稿: ナベショー | 2008年12月18日 (木) 13時38分

●ナベショーさんのブログ読んでたら
がまんできなくなって注文させていただきました。
楽しみにしています。

投稿: るな | 2008年12月18日 (木) 17時44分

るなさま
誰もが、このブログを読めば萎凋香のお茶を飲みたくなる、、、、期待倒れにならなければいいですね。
こういうお茶は、お茶工場でたまに出来ても、数量が少ないので、市場に出ることはほとんどありません。
お楽しみに!
売り切れになってないことを祈ります。

投稿: ナベショー | 2008年12月18日 (木) 19時13分

今、出張から戻り注文の整理をしております。
100本以上の注文を頂きありがとうございます。
商品が60本限定で、このお茶は皆さんに
飲んでいただきたいので、
たくさん注文を頂いた方は申し訳ございませんが、
2本までとさせていただきます。
2本注文頂いた方でも、
1本しかお渡しできない事もございます。

19時40分までにご注文頂いた方
全ての方に飲んでいただきたいので
ご了承願います。

明日までに全ての方に
メールにてご返答いたします。

色々とご迷惑をお掛けしますが
よろしくお願いします。

投稿: マルミヤ製茶 | 2008年12月18日 (木) 20時11分

あァ~~、残念!
今ブログ拝見したとこなんです~。
もう締め切ってしまったのですね~。
呑んでみたかったです。

それにしても”イチョウカ”
初めて聴く言葉、初めて知るお茶の名です。
パソコンにもこの漢字出てきません。

またしても知識がひとつ増えました。

ナベショーさん、是非挑戦してみてください。
成功の暁には是非是非戴いてみたいです。

投稿: にりんそう | 2008年12月19日 (金) 09時18分

にりんそうさま
こういう萎凋香のお茶は、めったに出きるものでもなく、作ろうとしてもできるとは限らないし、おそらく味わった事のある人はほとんど無いでしょう。
いくつかの自然条件が合わさった時に、出きるのでしょうね。
幻のお茶です。
次回、機会があれば、お見逃すことのなきように!

投稿: ナベショー | 2008年12月19日 (金) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローズヒップス 野ばらの実 | トップページ | イイダコ料理 »