« 青春18切符の旅 冬の東北(1)雪景色 | トップページ | 青春18切符の旅 冬の東北(3)会津鶴ヶ城 »

2009年1月16日 (金)

青春18切符の旅 冬の東北(2)会津料理

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。

2009年1月13~14日

Img_8010syuku

会津若松の創業 74年の閉静な和風料理旅館、田事(タゴト)に宿泊

囲炉裏のある部屋で 伝統的な会津料理をいただくImg_8012syuku                          

天井も高く、趣のある部屋でしょう!Img_8021syuku

Img_8014syuku

暖かい炭火には、竹串に刺した子持ち鮎が立てかけてある

席に並んだ最初の料理

Img_8015syuku

ゼンマイの卵とじ、牛蒡にお肉を巻いて、、?、 クワイ、小芋のチップス、銀杏

黒豆、数の子、山芋(?)味噌田楽、ごまめ、稲の穂を油で揚げたの、、、

Img_8016syuku 

人参とスルメの松前漬け、 ほうれん草とフキノトウの和え物、ニシンの山椒漬け

Img_8017syuku

身欠ニシンを戻して、醤油、酢に漬けて、山椒の葉を載せて重石をして数週間、、、

これは、何とか自分でも作ってみたい保存食である。

野菜と棒鱈の煮物、、、なんという上品で美味しいのだろう!

薄味にもかかわらず、しっかりと出汁のきいた美味しさが浸み込んでいる

さり気なくお鉢に並んでるが、そうとう時間をかけて作ったものに違いない、、、

これは、我が家のお正月の煮物と、ほぼ同じ味である。

Img_8018syuku

トウモロコシの豆腐、、、、、ねっとりとした味わいと香り

Img_8020syuku

料理は、ほど良い間隔で出されてくる

香りの良い丹波シメジの卵とじ、、、一緒に入ってたのは何だったっけ?

Img_8026syuku

馬刺し、、辛子味噌でいただく、、、何て美味しいのだろう!

Img_8027syuku

海老、椎茸、シシトウの揚げ物

海老の衣についてるのは、何だろう?

Img_8029syuku  

ポテトImg_8031syuku 饅頭

これは、蒸して皮を剥いたポテトを潰して形をつけてさっと焼く、、、さらにバターとチーズを載せてもう一度焼く

最後に甘味噌を載せる、、、、なかなか美味しいものである

さあ~ 囲炉裏の鮎が焼けてるぞ~

タデ酢でいただく、、、、子持ち鮎 

Img_8034syuku

ボツボツご飯が欲しいなImg_8036syuku_2

ご飯は会津のコシヒカリ、、、我が家が食べてるご飯とは、ちょっと美味しさのレベルが異なるね。

お新香、 会津の代表的なお正月料理 こづゆImg_8035syuku                              

コンニャク、木耳、糸コン、豆腐、麩、、、お出汁は貝柱

デザートは 柿のシャーベット

Img_8040syuku

一つ一つの料理、、、素朴なようで、なかなか工夫されており、味付けもナベショー好み

最後まで妥協せず、手抜きがない

この3年間、青春18切符で旅をしたが、これほどの手ごたえある美味しい料理を味わったのは、今回が初めてかな?

心地よい満足感に浸って、何時しか部屋で眠ってしまった、、、、

翌朝は真っ白な雪景色、、、窓を開けると、、、Img_8052syuku_2                              

朝食は、昨夜とは違うが、やはり囲炉裏のある部屋

Img_8053syuku

卵を油で揚げたのをポン酢と大根おろし、青いのは?

牛蒡のキンピラ

筑前煮、蕨、お新香

Img_8055syuku

そして、油揚げと大根のお味噌汁Img_8057syuku_2 、、、                                

ご飯は、会津料理の「めっぱめし」

曲げわっぱにお米と具を載せて蒸す

ゼンマイめっぱめしImg_8056syuku 、、、、ゼンマイの上に胡麻と緑の豆                       

シラスと大葉Img_8058syuku のせいろめっぱめし                                   

昨夜の夕食に続く朝食の料理

一つ一つの料理の質の高さ、そして、素朴で、少しも気取らず、しかも完成度が高い!

しっかりと堪能させていただきました。

宿は、ナベショー夫婦の貸切でした!

青春18切符での旅行、、、宿を選ぶ基準のひとつに二食付きの宿泊費

1万円+-アルファーにしている。

今回、その範囲の価格で、こんなに美味しい、しっかりした質の高い料理を味わったのは初めてだった。

読者の皆様、、見るだけでしたが、十分にお料理を味わっていただけたでしょうか

明日のブログは、いよいよ雪の鶴ヶ城他、会津若松の史跡巡り、、お楽しみに!

モンタImg_8357syuku 、、、ナベショーが雪の上を歩いて、滑って転ばないように、、心配だな~     

今日も、「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます。

|

« 青春18切符の旅 冬の東北(1)雪景色 | トップページ | 青春18切符の旅 冬の東北(3)会津鶴ヶ城 »

コメント

Nippon no chihou no denntouryouri nanodeshoune.
Doremo subarashii desu. M.K. mo tsukutte mitai oryouri ga suuhin arimasu.

Yoi oyado ga mitsukari mashitane.

Tokidoki Akita no Tamagawa-onsen ni touji ni ikimasuga, tabemonoga hidokute komarimasu. Uchikara Kuroneko de shokuzai wo okutte kara ikikotoni shiteimasu.

投稿: M.K. | 2009年1月17日 (土) 00時35分

おはようございます

外は雪で、お部屋の中の暖かさが一段と温かくなる雰囲気ですね。
お二人で貸切とは何と贅沢な気分でしょう。
お料理も素材を生かして手間を惜しまないのが、お写真でも充分に伝わってどれも美味しそうです。
ニシンの山椒漬け、一番気になります。
ナベショーさん、作ったら是非見せて下さいね。
モンタ君すご~くハンサムです。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年1月17日 (土) 08時31分

これは納得ですねぇ~
カボチャのカービングは早速マネします!

貸切ですか?それもまたいいですよね。

投稿: れおん | 2009年1月17日 (土) 08時44分

次から次へと美味しそうな料理が出てきますね~わっぱめし食べてみたいなぁ。一品一品が丁寧に作られていますね。贅沢~それが1万円+アルファなんて、良い旅館見つけましたね・・・・お腹一杯だったでしょう
それにとっても素敵な部屋・・囲炉裏憧れます。
外の雪景色も綺麗・・・私だったら何枚も写真撮ってそう・・・
福島観光も楽しみ~

投稿: kawazuzakura | 2009年1月17日 (土) 09時11分

さすが、質実剛健の会津若松・・・特に希少な食材ではなくとも、手間隙かけて下拵えし調理したものばかり。

品数も多く、これは満足なさることに納得です。

いよいよ明日は白虎隊の鶴ヶ城ですね、お庭がすばらしかったですが、楽しみです。

投稿: ば~ば | 2009年1月17日 (土) 10時04分

二人きりの貸しきりお宿、
そして次から次へと出される美味しいお料理、
贅沢な時を過ごされましたね。
程よい間隔で出されるお料理って本当にいいですよね。
ご一緒に、十二分堪能させていただきました。

明日のブログが楽しみです。

投稿: にりんそう | 2009年1月17日 (土) 14時52分

train雪のない藤枝(?)から~雪国へ。奥さまとお二人で晴らしい、ご旅行です。
景色・お料理・・・と羨ましいくらいです。

でも、「モンタ君」1人(?)でどうしているのでしょう。
ちょっと、心配になりますcat

投稿: 花譜 | 2009年1月17日 (土) 16時24分

M.Kさま
棒鱈、ニシンの山椒漬け、こづゆ、、これやは会津のお正月料理だそうです。
料理旅館「田事」は伝統的会津料理では1~2を争う老舗、たしかに料理の質は、非常に高いですよ。
東北へいらっしゃる機会があれば、是非お泊りください。
せっかくの旅行、宿のお料理が酷くては、楽しさ半減ですね。

投稿: ナベショー | 2009年1月17日 (土) 16時54分

ムックのお母ちゃんさま
現役時代の旅行と言えば、週末の込んでる時、団体で有名温泉の○○観光ホテル、大広間でのコンパニオンつきの宴会がほとんど、、、乾きかけたお刺身が出てくるような料理、宴会、カラオケ、飲んでばかりのめちゃくちゃ、、、
やはり旅行はウイークデイ、頑張ってる旅館や民宿がいいですね。
ニシンの山椒漬けは是非作ってみたい料理でした。
身欠ニシンをたくさん入手しておいて、山椒の軟らかい葉が採れる頃にやってみます。

投稿: ナベショー | 2009年1月17日 (土) 17時03分

れおんさま
かぼちゃの模様は面白いですね。
どんな繁盛してるお宿でも、ウイークデイだとだいたい貸切に近いですね。
あの千葉房総の魚拓荘鈴木屋さんも貸切でしたよ。
定年退職者の特権です。

投稿: ナベショー | 2009年1月17日 (土) 17時08分

★なんと贅沢な旅でしょうか。
いいですね♪
時間と心づくしのあふれる旅がいちばんですね。
数々の美しいお料理、楽しませていただきました。
ためいきが出ました。
雪景色を眺めながら地元のお料理をゆっくり味わって
熱燗、
というのが夢です。

投稿: るな | 2009年1月17日 (土) 19時47分

kawazuzakuraさま
あまりたくさんだと食べきれないので、、と、本来夕食の料理に出る「わっぱめし」を朝食に出してくれたようでした。
たくさんのお料理でしたが、ぜんぶ美味しくいただきました。
田事で会津料理を楽しむには、宿泊して夕、朝の料理をいただくのが良いと思います。
二食付き宿泊で13000円、、、絶対安いと思います。
JRの駅から近いので、とても便利です。

投稿: ナベショー | 2009年1月17日 (土) 20時07分

ば~ばさま
お料理は、いうまでも無く、お酒も美味しいところ、
是非、ご主人と行かれたら良いと思います。
いわゆる有名温泉の観光ホテルよりも、はるかに趣きもあり、料理も美味しいと思います。

投稿: ナベショー | 2009年1月17日 (土) 20時11分

にりんそうさま
青春18切符の地味旅ですが、車窓からの冬の雪景色、美味しい会津の郷土料理、雪の鶴ヶ城、満ち足りた贅沢な旅行でした。
ほぼ、同じようなコース料理を、食事だけのお客さんが食べておられましたが、4500円/人でした。
東京の料理屋で食べたら、このお値段で食べられるでしょうか?

投稿: ナベショー | 2009年1月17日 (土) 20時20分

良いお宿ですね。 次から次への お料理。ナベショーさんを 唸らせた料理は ミシェランの☆より 確か!!
会津に行く事があったら 泊まりたいお宿ですね。
雰囲気も 料金も・・・ 
夫婦二人旅は ソレナリに気を使いますが 共通の経験を持つと 話題の少なくなる時期、重要です<笑>

投稿: シーちゃん | 2009年1月17日 (土) 20時23分

Kyou ohiruni 'Tagoto' ni denwa wo irete nishin no sanshou-duke, morokoshi-doufu, wappameshi wo chuumon shimashita. Cool-bin de okutte kurerusou desu.

Nabe-sho san no blog no senden mo shite okimashita.

Tagoto:
Tel:0242-24-7500
Fax:0242-24-9182 desu.

Mou ikken no omise'Takino' ha gitei ni atarukata no omise dasoude, Tagoto no houga furui soudesu.

投稿: M.K. | 2009年1月17日 (土) 20時25分

花譜さま
雪の無い藤枝に住んでると、見渡す限りの真っ白な雪景色を見ると、その美しさに気持ちが高ぶってきます。
これからしばらくは、東北旅行を楽しみたいと思っています。
モンタ、、三日分のカリカリを食べられるようにしていますが、いつも帰ってくると空っぽです。
寝室のドアを閉め忘れ、どうも留守中は僕のベットの布団の上で寝てたみたい、、、

投稿: ナベショー | 2009年1月17日 (土) 20時26分

るなさま
雪の中を会津若松駅に夕方着いた時は、どうなることかと心配しましたが、良い宿、美味しい料理、心のこもったおもてなし、、妻も大満足でした。
もし、料理が悪かったり、宿の対応が悪いと、「どうしてこんな宿を予約したのか、、十分調べなかったのか、、」と妻に厳しく責められるんです。

投稿: ナベショー | 2009年1月17日 (土) 20時40分

シーちゃんさま
暖かい囲炉裏を囲み、炭火で串に刺した鮎を焼きながら、次々と出てくる美味しい会津料理、、
そのたびに、この料理はどうやって作ってるの?、、たぶんこうかな~?
今度家で作ってみよう、、なんて思いめぐらしながら楽しみました。
夫婦二人で旅行、、、最近やっとケンカをしないで行って帰れるようになりました。

投稿: ナベショー | 2009年1月17日 (土) 20時51分

M.Kさま
うわ~!
びっくり、、田事さんにTELして、ニシンの酢漬け、もろこし豆腐、わっぱめしを注文、クール便とは、、なんとすばやい行動力!
田事の女将さんは愛知県知多半島のご出身だそうですよ。
ブログのPR,,ありがとうございました。

投稿: ナベショー | 2009年1月17日 (土) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青春18切符の旅 冬の東北(1)雪景色 | トップページ | 青春18切符の旅 冬の東北(3)会津鶴ヶ城 »