« ローズマリーの花  | トップページ | 河津桜 ほぼ5分咲き! »

2009年2月12日 (木)

蜜蜂 起きろ! 春が来たよ~

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。

Img_2560_sp0000

椿、、、、

ちょっと花が痛みかけてるけど、、、まあいいか。

ぐ~んとアップして、手前に障害物を置くと、少しぼけて幻想的な画像になる。

Img_2563_sp0000                     

しかし、いづれにしろ、椿を撮るのは難しいImg_2568_sp0000

今日は風がなくて暖かい陽気

昨年 4箱もあったのが、夏にダニにやられて、蜂が少なくなった二つの箱の群れを合同して二箱になり、

さらに合同して一箱にして、かろうじて冬越しした。Img_9763_sp0000

初めて蓋を開ける、、、

冬越し中の蜜蜂の箱を開けて内部を検査、、、。Img_9768_sp0000

蜜蜂は巣箱の中では、全体に球形の塊になるように分布

これは、もっとも手前の巣脾枠、、、中心部に固まっている

こんどは端から二番目の巣脾枠Img_9769_sp0000                          

ぎっしりと重なり合っている

冬越しのために貯蔵した蜂蜜はまだまだ十分であるImg_9770_sp0000            

この蓋を包丁で切って、蜜蜂が蜂蜜を食べやすくしてやる。

寒くならぬように、作業は手早く、、、

女王蜂は、今回見つけることができなかったが、

空っぽの巣房の中には、まだ、産卵された卵や幼虫は見つからず、、

消毒済みの新しい巣箱に蜂と6枚の巣脾枠全部を移し替えて、今日の作業を終了Img_9771_sp0000

この作業によって、蜜蜂たちは冬越しの心地よい眠りを起こされて、本格的な春の活動を開始する

次の検査のときには、女王蜂が産卵を開始しているだろう。

この一群を育てて、新しい女王蜂を誕生させて、元気な群れを二つ、三つに増やすのが、今年の課題である。

もちろん、蜂蜜も収穫したいけど、、、

あちこちで聞く話、、、昨年は、多くの養蜂家たちがダニの被害を受けたそうである。

まず困ってるのが、ハウスの苺栽培

受粉用の蜜蜂が不足し、苺農家は大困り、、、

きっと、今年の苺は高いよ!

二月というのに、春のように暖かい、、、、

山の杉の木はたくさんの花をつけているImg_9774_sp0000 Img_9772_sp0000

杉の木のすべての枝、葉にびっしりと褐色の小さな蕾がついて、木全体が、赤く見える

風が吹くと、白い煙のように花粉がふわふわと飛んでいく、、、

時には、山全体が山火事のように白い花粉の煙で覆われる。

以前、広島の山に登って頂上から四方を眺めた時、幾本もの白い煙の柱

てっきり山火事だと思ったことがある。

そして、山の石や岩の上は黄色い杉の花粉が小麦粉をぶっかけたように積もっていた。

もちろん、涙、涙、クッシャミ、クッシャミ、目頭が痒くて痒くて、、、山登りは散々な目に、、、

でも、一昨年から、抗ヒスタミン効果のあるメチルカテキンを多量に含むお茶、「べにふうき」の粉末を飲むようになり、30年来苦しんだ花粉症の症状は、ほとんど気にならないほど軽くなったのである。

「べにふうき」を試してみたい方は、このブログのサイドバーのマルミヤ製茶さんのHP

モンタ、、、今日はイケメンImg_2308_sp0000                                

今日も、「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます。

|

« ローズマリーの花  | トップページ | 河津桜 ほぼ5分咲き! »

コメント

本当に、もう春??ってくらい暖かいですよね!
うちの蜜蜂たちも、割と外に出て活動してるような感じでした。
先生のところの蜜蜂の分蜂がうまくいき、今年はダニの被害も出ませんように。。。

投稿: koji | 2009年2月13日 (金) 02時00分

ツートンの椿初めてです!
やはり、静岡暖かいですね。
春の匂いが感じられます。
こちらはまだ、ダウンジャケットでーす。

投稿: れおん | 2009年2月13日 (金) 02時04分

もう起こしちゃっていいのですか。さすが温暖な地。こちらは今日は暖かいですが,旧の国立一期の試験頃まで,まだまだ冬を想定していなくてはいけません。でも今日は20度まで上がると言う予想がでてますが。一緒に強風も。あわてて鉢を片付けてます。モンタ君,いつも感心するのは,ゆったりと満ち足りた顔をしてますね。

投稿: tirokluro | 2009年2月13日 (金) 06時51分

Osoroshii hodo no sugikafun no ryou desune.

Korekara shibaraku kafun to kousa de sentaku monoha sotoni hosemasen.

Kyou no Monta ha ririshii iiotoko desune-.

投稿: M.K. | 2009年2月13日 (金) 07時08分

おはようございます

蜜蜂と蜂蜜~こんがらがって、ゆっくり読み直しました。蜂蜜を蜜蜂が食べて新たな女王様を誕生させるんですね。蜜蜂が少ないと農家の方たちも困る~そう言うことだったんですね。今更ながらですがナベショーさんの写真とご講義で勉強になれました。興味を持って~って大切なことも。
イケメン~モンタ君何か聞こえた?

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年2月13日 (金) 08時28分

昨夕は・・ナベショーさんの蓮のレシピをアレンジして頂きました。
ちょうど、山芋と蓮があったので、その他たまねぎ、にんじん、をいれて揚げました。酢醤油でさっぱりと。噛み心地もよく、蓮と山芋がとても合って美味しかったので数少ない得意料理に加えました。感謝です。!(^^)!
 ここ富士山麓の我が家は杉に包囲されてて、スギ花粉ベランダの手すりに薄黄緑色の花粉が積もります。
☆花粉症のワクチンが出来たとTVのニュースで見ました。

投稿: 山のおばさん | 2009年2月13日 (金) 08時40分

ワ、ワ、わ、わ~~~~!

こんなに花粉の素(?)が~、見ただけで鼻がムズムズしそう。

でも、私も去年から『べにふうき粉末』を飲用してるし、1月の早目からまた飲み始めたので、今のところ平気ですが~。

蜜蜂、群れが増えればいいですね。

投稿: ば~ば | 2009年2月13日 (金) 10時04分

キャ~ 今日のモンタさま ゾクッ!

投稿: モンタファン | 2009年2月13日 (金) 12時54分

kojiさま
暖かいですね~
毎年気候が変化するし、蜜蜂の様子も、スズメバチやダニ、病気の状況も異なるので、だいたい10年くらいやってると、何とか対処できるようになるそうです。
まだまだ、、、何が起こるか分からない。

投稿: ナベショー | 2009年2月13日 (金) 17時32分

れおんさま
今日は黄砂と杉花粉が飛び交ったようですね。
空がかすんでいました、、、幾度か揺り戻しがあるも、もうすぐ3月 春ですね。

投稿: ナベショー | 2009年2月13日 (金) 17時34分

tirokluroさま
蜜蜂、、まだ寝ててたいのを、無理に起こしました。
梅が満開なのに、梅の蜜、花粉を集めないのはもったいない、、、
国立一期、、、懐かしい
そう試験は確か、、3月3日だったかな~
まだ、まだ、春の嵐、、大雪が降ったり、、油断大敵!
でも、もう一雨ごとにお茶の新芽が膨らんで、、
ミツバチは活発に飛び交い、王蜂は産卵し、、すっかり春です。

投稿: ナベショー | 2009年2月13日 (金) 17時42分

M.Kさま
黄砂も杉花粉も、もうすっかり春の風物詩
そういえば、明石の小女子の釘煮も春の風物詩、、、
モンタ、、もぼつぼつギャオギャオと鳴きはじめるかな?

投稿: ナベショー | 2009年2月13日 (金) 17時45分

ムックのお母ちゃんさま
そうそう、そうなんです。
蜜蜂に刺激を与えて、目を覚まさせ、たくさん蜜を食べて活動させて、女王蜂は産卵を始めて、たくさん蜂が増えて、巣箱がいっぱい過密、加熱状態になると、分蜂のために、王台を作って新女王が誕生する、、、という仕組みなんです。
ハウス栽培では、受粉用の蜜蜂が不足して、取り合いだそうです。
こうなると、メロンなども、、、
モンタ、、何か言いました?
聞こえなかったので、もう一度言って、、て!

投稿: ナベショー | 2009年2月13日 (金) 17時53分

山のおばさん
つなぎの山芋や卵、片栗粉、、それにレンコン、里芋、ジャガイモ、玉ねぎ、ゴボウ、ニンジン、豆腐、個こまかく刻んで、、、
お好みで、魚のすり身、鶏ひき肉、、、など、何でもアリで混ぜて、醤油で味付けして揚げてしまう、、お得意料理に加えていただき光栄です。
杉花粉のワクチン、、、まだ実用化されるのは先だろうな~
今日は鼻がむずむず、、、さっそくべにふうきを飲んでおさまりました。

投稿: ナベショー | 2009年2月13日 (金) 18時05分

ば~ばさま
今日あたりから、杉花粉症、本格的に始まったようですね。
むずむずしてきたので、べにふうきを飲み始めました。
今年のマルミヤさんのべにふうき メチルカテキンの含有量が昨年よりもさらに多いので、よく効きそうです。
蜜蜂、、群れが増えてほしいです、、、でもまだ養蜂を初めて3年、、、まだまだだそうです。
10年経験すれば一人前と、、、

投稿: ナベショー | 2009年2月13日 (金) 18時09分

モンタファンさま
モンタのこのお顔に、、、たしか~「早乙女、、某」なる役者が似てた様な気がするな~!

投稿: ナベショー | 2009年2月13日 (金) 18時11分

☆住んでいる地域、京都北山杉の花粉が飛んでくる場所だとかで
娘一人だけが苦しんでいます。
すぐ薬に頼っているようですが、もっと食べもので
対抗するようにしてほしいなと思っています。
べにふうき、先日から気になっていますのでアドバイスしてみます。

養蜂、いろいろなご苦労があるんだと
ナベショーさんのブログで知ることができました。
それにしても蜜蜂の生態、たいそう不思議なことが多いのですね。
ナベショー蜜蜂一家の無事、ご繁栄と分家(?)をお祈りしてます。

投稿: るな | 2009年2月13日 (金) 18時37分

いつか、ナベショーさんの100ぶんの1でいいから花や野菜にかこまれた生活がしたいです。今日は出勤できた。でも、心はズタズタです。泣きながら書いた。ごめんね。いつも、ブログに癒されてるよ。ありがとう。

投稿: ま | 2009年2月13日 (金) 20時09分

るなさま
ぼくは2年前に、ダメ元でべにふうきを飲んでみたら、非常に症状が軽くなりました。
昨年は、ほとんど花粉症さえも感じないほどでしたよ。
昨年マルミヤさんから注文されたブログの読者の方たち、ほとんどが今年も注文されているとマルミヤさんから聞きました。
皆さん、、昨年、症状が軽くなったのだと思います。
いくら飲んでも眠くならないし、もともと紅茶用のお茶ですから、たくさん飲んでも悪くはないし、、、
是非、マルミヤさんのHPから注文されて、飲まれることをお勧めします。
蜜蜂、、、こうして世話してると情が移って、可愛くて、アクシデントに遭遇すると、ひどく落ち込んでしまいます。
何とか、今年は元気にたくさん増えて、分家してほしいものです。

投稿: ナベショー | 2009年2月13日 (金) 20時56分

ま さま
辛い日々でたいへんですね。
あせらずに、、時がくれば、野山を歩き、野の花に親しむことができるようになると思いますよ。

投稿: ナベショー | 2009年2月13日 (金) 21時07分

今年は暖かいのでスギ花粉も沢山飛んでいるんでしょうね~
日本は杉の木が多すぎると思うのですが・・・。
あの花粉が飛び散るのを見たら、花粉症の人は外に出たくなくなってしまいますよね・・・私はまだ発症してませんが、次女が去年から花粉症になってしまいました。。。
どういう人が花粉症になるんでしょうね?

投稿: kawazuzakura | 2009年2月13日 (金) 21時55分

kawazuzakuraさま
戦後、燃料用だった山の雑木林を伐採して、杉や檜を植林したまではよかったのですが、やっと大きく成長した頃には、外材が安く輸入されるようになって、人工林の杉林は世話管理されずに放置された、、、だから杉の木は世話されないので荒れ放題、、杉は子孫を残す種ために花を咲かせる、、、ということなんです。
環境がどんなに悪化しても鈍感な人は、知らず知らずに身体が蝕まれて、ある日、バッタリ、、、
でも、環境の変化に敏感な人は、身体がそれを察知して自己防衛する、、、だから長生きをする。
どんな人が花粉症になり、ならないか、、お分かりになったでしょうか?
次女さま、、、べにふうきを飲めば、症状が軽くなりますよ。

投稿: ナベショー | 2009年2月13日 (金) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローズマリーの花  | トップページ | 河津桜 ほぼ5分咲き! »