« 庭のツツジが咲きました | トップページ | 野菜の種まき »

2009年3月20日 (金)

山芋の植え付け

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。                                             

Img_4254_sp0000

この花は、シデコブシか白モクレン、、、か?

Img_4267_sp0000 

白と黒のモノトーンの画像もいいね!Img_4275_sp0000

ぱっと目もさめるような華やかで、美しい彩りの花も良いけれど、

こういうのも落ち着いてて良いでしょう!

Img_4282_sp0000

自然薯、、山芋の植え付け

これは、昨年秋に山芋の蔓にできたムカゴ

土に埋めてあったの、、

Img_0834_sp0000

これは、一昨年のムカゴの一年経ったのImg_0835_sp0000                   

そして、昨年収獲した山芋の上のほうの細くなったのや、食べるには 小さいの、、

Img_0833_sp0000

これらは、土の中に埋めてあった、、、細い先端には、すでに新芽が膨らんでいる

これらの親芋から芽と根が出て、今年の新たな芋が生長する

長さが垂直に1mにもなるから、、、

植え付けは、、、Img_0840_sp0000

約50センチ以上に、深く掘り、4隅に竹杭を打ち、周囲を割った竹で囲って、、、、

かなりもっさいが、、、何とか植え床が出来た!

そこに、種芋を、、順に並べて埋めていくImg_0841_sp0000                   

さて、来年秋の収穫は、、!Img_0844_sp0000                            

手前の畝は牛蒡の畑

これも、深くて高い畝が要るんです。

こうした畑作業を全部終えて、4月末のお茶に備える

毎年のサイクルながら、来年はこうしてみようと、少しずつ工夫してトライする

これが、趣味の農業の楽しさだね。

モンタ、、ちょっと貫禄があり過ぎると思うけど、、、親分だね。

Img_0861_sp0000   

今日も、「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます。

|

« 庭のツツジが咲きました | トップページ | 野菜の種まき »

コメント

むかご~まだ芽がでませーん。
朝一で京都へ向かいます~

いつ帰ってくるか未定でーす。

投稿: れおん | 2009年3月20日 (金) 00時57分

なるほど~
本業農家の畑しか知らないので、趣味農業での畑作りは中々興味深いです。
土を湯ぶね状にしたりするんですねeyeふむふむ。

苦労多き農家のヨメはさらっさらゴメンですが、自分で作った野菜は食べたいですね。
やっぱり手間暇かけた分美味しいですもの。
今は親の恩恵にあずかってます。

投稿: かわやなぎ | 2009年3月20日 (金) 01時24分

山芋つくりは男の趣味の農業?
畑は広々とあるけれど、農業は草との戦い程度でなかなか楽しめません。
里山の景色がチョッと明るくなってきたので、散歩も楽しみたいし、機織りやパッチワークもしたいし、時間が足りな~い。
モンタ君に癒されていっちょ頑張ってみるか!

投稿: めーちゃん | 2009年3月20日 (金) 05時40分

Kesa no mokuren no seizou, konnanoga daisuki desu.
Uchino hakumokuren ha chirihajime mashita. Massakari no tokino utsukushi sa to chigai, danbouru no youni chaironi natte, mirumo muzan na kitanasa desu. Kesa douroni chitta hanabira wo haki atsume hatake no waki ni umemashita.

Nagaimo mo sukina yasai desuga, saibaiha anahoriga taihen desune. Mukago ha niwa ni ochite irunowo atsumete mukago-gohan wo taku kotoga arimasu.
Agetari mo shimasu.

Kesaha futtari yandari desuga,gogokara ha haresou desu. Someiyoshino ga nirin hodo hirakimashita.
Uguisu ha mada hetakuso desuga, niwaniha yattekite imasu.

投稿: M.K. | 2009年3月20日 (金) 07時38分

おはようございます

はぁ~ムカゴからだと2年~3年になるんですかぁ?
凄いなぁ根気も体力も物覚えもしっかりしないとできないですね。
私なんてどれもダメだぁ特に物忘れなんて笑ってしまいますよ。
ナベショーさんは日常生活の上に趣味の農業の楽しさだなんてホント尊敬します。
身体も頭も使わないと駄目ですね。
ふっくらモンタ君貫禄充分ですよぉ。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年3月20日 (金) 08時49分

ナベショー様

おひさしぶりです。
日本は、春ですね。
こぶしという花があるのを忘れていました。
四季のある国は、豊かだなあと思います。
美しい木の花をまた、アップしてください~

投稿: フルール | 2009年3月20日 (金) 09時54分

白と黒の モノトーンの美しさを 忘れていました。
良いですねぇ。 大人って 感じです。
山芋は そうして栽培するんですかぁ。何年も掛かって 育ってきたのは 値打ちがある訳ですね。
農作業が 忙しくなりますね。 春の青春の旅は?

投稿: シーちゃん | 2009年3月20日 (金) 11時57分

山芋に牛蒡、地下深く育つ野菜たちですね。
斜めに植えると、下に伸びようとせずに斜めに育つんですか?

そういえば青葱じゃない、根深葱も土を被せるのに斜めにするんでしょうか。

今日のコブシは花びらがクシャッとしてないですね、アイロンかかってますwink

投稿: ば~ば | 2009年3月20日 (金) 14時38分

いよいよお茶の仕事も始るのですね。
昨日秩父の山歩きの時の通った狭山、
きれいな茶畑が広がっていました。
静岡では山あいに茶畑が広がっている
という記憶があるのですが、
狭山では、ふつうの畑地に作られていました。

今真っ白なもくれんが
青空に美しく咲いている姿を良く見かけます。
立派な花ですよね。
コブシはもくれんよりも小ぶりですね。
コブシはコブシで又美しく好きです。

投稿: にりんそう | 2009年3月20日 (金) 16時46分

こちらでは,竹の節を抜いた中に種芋をいれ掘り易くして植えつけます。我家の庭では狭すぎますが,そうすると1mの深さがなくてもいいんです。こちらではもっと粘り気のある丸い長いもがだんだん増えてきてます。これも土地が狭くて全部よそ様の土地で。
モンタ君,近くに彼女は,通らない?

投稿: tirokluro | 2009年3月20日 (金) 17時50分

れおんさま
ムカゴは埋めておけば、そのうち芽がでるでしょう、、、。

投稿: ナベショー | 2009年3月20日 (金) 19時56分

かわらやなぎさま
土を耕し、季節の野菜を作り、収穫し、旬の野菜料理を食べる、、、専業農家の仕事は大変ですが、趣味ならば楽しいですよ。
ぼくは、もし若くて、何をするかと考えたら、農業を選ぶかもしれませんね。

投稿: ナベショー | 2009年3月20日 (金) 20時03分

めーちゃん
草と青虫、カラスとの戦い、、それもまた楽しです。
3年前の7月、桃木から落ちて、腰の骨折って、畑仕事が出来ず、9月になってやっと再開したら、、草、草、草、、、もう茶樹より草が高くなり、ジャングルのようでした。
ぼくの高校の同級生達、定退職後に綾部に帰り、農業法人を立ち上げて、賀茂ナスや万願寺トウガラシの栽培、販売をやってるのもおります。
機織り、パッチワーク、なるほど、女性はこういう趣味なんですね~。

投稿: ナベショー | 2009年3月20日 (金) 20時12分

M.Kさま
モクレンやコブシ、、特に白は、満開を過ぎると、茶色くなり無残、、、でも仕方がないですね。
桜のように、美しい様のままで、風に散ってしまうのならいいですが、、、
長芋、、農家は塩ビパイプの中で栽培して、長くて真っすぐなのを収穫します。
ぼくは、高い畝で栽培し、苦労して折らずに掘り上げるのが楽しくて、毎年やっています。
すりおろしたり、炒め物に入れたり、煮物にしたり、おいしいですね。
ムカゴも茹でたり、揚げたり、塩ふって食べると美味しいですね。
昨夜からの雨、午後からは晴れて、よいお湿りでした。

投稿: ナベショー | 2009年3月20日 (金) 20時24分

ムックのお母ちゃんさま
まあ、ムカゴの大きいのを一緒に畑に埋めておけば、来年には少し大きくなる、、、
まあ、順繰りで育てれば、毎年6~70センチの山芋がたくさん掘れるということでして、、、
お茶畑を世話したり、野菜を作ったり、蜜蜂の世話したり旅行したり、これらそのものが日常生活でして、これらが無かったら、また別のことをやり始めるでしょうね。自然が相手ですので、毎年の繰り返しとはいえ、毎年状況は異なるため、良い刺激になりますね。

投稿: ナベショー | 2009年3月20日 (金) 20時31分

フルールさま
お久しぶり、、お忙しそうで、活躍されてるんですね。
コブシはモクレンよりも風情がある花です。
日本は、例年よりも、春が早くて、桜がもう咲き始めたようです。
四季がある、、当然のこととしていますが、一年中、夏の国もあるんですね。

投稿: ナベショー | 2009年3月20日 (金) 20時37分

シーちゃんさま
白と黒のモノトーン、、いいでしょう。
ピンクや赤の彩りの花も美しいですが、このようなシンプルなのも落ち着いた雰囲気で、美しいですね。
このような美しい画面を切り取れるのが、花の写真の魅力ですね。
山芋、、太くて長く育ってるのを折らずに掘り上げる、、うれしいですね。
春の青春の旅、、今度はどこ行くんだろう?、、ってみなさん思ってられるんでしょうね。

投稿: ナベショー | 2009年3月20日 (金) 20時43分

ば~ばさま
山芋や長芋、、春に埋めた種芋が生長して大きく、長くなるんじゃないようです。
種芋から新しい芽が出て、、古い種芋を滋養にして、長く、太く成長するようです。
たぶん、そうだと思います。
ジャガイモやサツマイモもそうですね。


投稿: ナベショー | 2009年3月20日 (金) 20時51分

にりんそうさま
狭山や九州、静岡の牧の原台地、、いずれも平地のお茶です。
平地では、日当たりが良くて、茶葉の成長がよく、管理も世話も作業性も良いいですね。
でも、茶葉が厚くなって、なかなか普通に揉めないために、深蒸し茶にしてしまうことが多い。
静岡の山のお茶は、夜昼の寒暖差が大きく、日照時間も少ないため、茶葉は薄くて柔らかいため、細く綺麗に揉めて、かつ、香りや美味しさがすぐれています。
しかし、作業性が悪いため、コストが高くかかります。
モクレンやコブシ、、木が全体に白く目立ちますね。
美しい花です。

投稿: ナベショー | 2009年3月20日 (金) 21時00分

tirokluroさま
そうなんですね、、竹や塩ビパイプで育てる方が、作業性も良いし、深い穴も必要ではないですね。
でも、僕は、苦労して折らずに一本一本根気よく、忍耐して掘り上げた時の快感がたまらなくて、こんな馬鹿なやり方で山芋を作っております。
モンタ、、時々落ち着かず、変な声で鳴いてます。

投稿: ナベショー | 2009年3月20日 (金) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭のツツジが咲きました | トップページ | 野菜の種まき »