« LAの旅(2)ハリウッド | トップページ | LAの旅(4)美しい自然 »

2009年3月28日 (土)

LAの旅(3)アメリカのお寿司

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。

LAの次女さんが、この間まで寿司握ってたお店に案内してもらった。

Img_1036_sp0000

ここ、、Img_1037_sp0000_2 輝寿司(TERU SUSHI)                             

オーナーはアメリカ人、 Img_1063_sp0000

バーのほか、テーブル、大広間、、、客席150人、、

寿司職人は10人くらい、キッチン、ウエイトレス、レジ、、全部で20人くらいが働く

寿司職人は、一見日本人に見えるけど、台湾人他、、、、、

さて、LAのお寿司を楽しみましょう!

まずはお刺身の盛り合わせ

マグロ、サーモン、ウニ、白身は何かな?

山葵の山がすごいね!

Img_1046_sp0000

獅子唐辛子の焼いたのに、花かつお

Img_1047_sp0000

ご飯の両面を焼いたのの上に、アボガドやネギトロが、、、たぶんね?

Img_1045_sp0000

これが、、、実に複雑な構造をしてまして、、、、

Img_1048_sp0000 

上に乗っかってるのを取ると、、

Img_1058_sp0000

ビンチョウマグロ(トンボマグロ)のタタキ

Img_1049_sp0000

カリカリのガーリックオイルの醤油、ポン酢ベースのソースがかかってて、とても美味しい

LAでは、本マグロよりもビンチョウマグロのほうが人気があるそうです。

これはね~、、、もう美味しくて、どんなのか説明が出来ない、、

Img_1050_sp0000

一個をアップすると、、Img_1059_sp0000_2

芯はエビかな、、?

上に乗ってるのはビンチョウマグロ?

これは、ご飯の上にホタテの貝柱が、、、

表面を火であぶってるね~

Img_1053_sp0000

ああ、、美味しかった

日本に帰って、真似して作ろうとしても、ちょっと無理、難しいね~

飲み物はキリンビール、燗したお酒、、

お茶は、日本の寿司屋で出されるお茶よりもはるかに美味しいお茶

ぼくが毎食飲んでるお茶とほとんど同じ、、

良質の粉茶を、茶漉しで一人分づつ淹れているという、、

LAでは、もちろん日本の伝統的な握り寿司もあるが、カルホルニアロールに代表されるこのような巻き物が人気があるという。

夕方の5時頃に入ったが、お店を出る8時過ぎには、広い店内は、テーブルもカウンターもほぼ満席

家族連れのお客もかなり多い。

外はすっかり暗くなっていました。Img_1064_sp0000                         

時差で、少々、眠くなってきました。

では、明日もお楽しみ!

モンタも、こんなお寿司の味を覚えると、カリカリを食べなくなってしまいそうだね。

Img_1800_sp0000

今日も、「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます。

|

« LAの旅(2)ハリウッド | トップページ | LAの旅(4)美しい自然 »

コメント

L.A.de nomareta ocha ya meshiagatta osushi ga oishikatta toha, chotto odoroki desu.

Nihon deha shokuzai ga mazushii to omoimasu.
Zairyu ha aruni chigainai nodesuga ryuutsuu no system ga warui nodeshouka. Koukyuu restaurant ya ryotei deha tashikani oishii shokujiga deimasuga bikkuri suru hodo takai desu. Ippan no super de utte iru nikurui ni ham sausage rui, toriniku, yasai, gyokairui, fruits nadoha ookata mazui desu.

Okome datte Sacrament-mai nadoha yasukute oishiku, Nihon no okome ha takasugi, soreni onedan hodo oishii toha omoimasen. Nandemo kokusan ga ichiban to shinjite iruhitoga (seifu ni sou omowasareteiru)
ooinomo fushigi.

Nihon niha iroirona field de gijutsu ha aruhazu, shikashi system ga warui node wareware tokai ni sumu ippan shimin ha eikyuuni oishii shokuzai niha aritsukemasen.

Ah-,nantoka naranai kana-, kono kuni.

投稿: M.K. | 2009年3月29日 (日) 02時11分

おはようございます

輝寿司オーナーがアメリカの方だとは分かりませんね。概観も店内もまるで日本ですね。
お刺身のけんが人参?なんでしょうか?
まるでケーキのようなお寿司~
是非、見て見たい食べてみたいです。
海苔は使わないのでしょうか?
寿司米は酢米なのでしょうか?
何にも知らないので質問攻めになりました。
新潟の「久保田」山形の「男山」でしょうかキリンビールもあるんですねぇ。
朝から生唾ゴックンです。
モンタ君しっかりカメラ目線ですね。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年3月29日 (日) 08時19分

手の込んだ豪華なお寿司ですね~
日本のお寿司はこうやってみるとシンプルなんですね~
とっても美味しそうです・・・食べてみたい!

投稿: kawazuzakura | 2009年3月29日 (日) 09時56分

素晴らしい本格派ですね。


もっとアメリカ風のお刺身を想像していました(^^)

めちゃくちゃ美味しそう(^^)

お店も活気がありそうですね。

是非是非、LAの次女さんのお店やお寿司などもアップしてほしいですけどーありますか?

行きたいなーLA(^^)

投稿: こだわり野菜宅配 すくすく | 2009年3月29日 (日) 10時37分

海外は寿司ブームといわれるほど、寿司の人気は高いようですが、それにしてもこの【輝寿司】はかなりクオリティの高いお店だと感じます。

寿司とは呼べない代物を提供してる店も多いと聞く中、これらは日本でも充分に通用・・・日本でも負けてる店が多いかも~。

私が行った頃のNYでは今ほど寿司が話題にならなかったせいもあり、海苔は「カーボンペーパー」とか「ブラックペーパー」と呼ばれて好まれてなかったのですが、写真で見る限り、今でも海苔巻きは無いみたいですね。

そのうちナベショーアレンジのLA寿司がアップされるのを期待してますね~。

投稿: ば~ば | 2009年3月29日 (日) 13時29分

M.Kさま
LAでは、中国、韓国、日本、メキシコ、南米、ヨーロッパ、アフリカ、、あらゆる世界中の国から来た人達が住んでるので、世界中の食材がそろってる感じです。
それに、生産規模が大きいので、スーパーの野菜売場も1~2m四方の山で売ってる。
品種も豊富、、、
価格の安さは生産規模でしょうね。
日本の農家では、これだけの量を毎日出荷出来ないでしょう。
ただ、LAでもオーガニックの食材スーパーでは、野菜、お肉も日本並みの価格に近かったです。


投稿: ナベショー | 2009年3月29日 (日) 16時02分

LAの次女さんと楽しい時間を持つことが出来てよかったですね!
それに、とってもおいしそうなお寿司!
ちょっと忙しいスケジュールでも顔を見られるのが一番ですよね。

投稿: chobingon | 2009年3月29日 (日) 16時11分

ムックのお母ちゃんさま
寿司レストランでは、伝統的な握り寿司、お刺身、LA風の巻き物、焼き鶏、天麩羅など、、、とてもカラフルで繊細で、美術工芸品のようです。
サンドウイッチの国ですから、、。
ソース、タレも豊富、、野菜も豊富でヘルシーですね。
海苔巻きもあるし、海苔とご飯が逆の巻き寿司もあり、
大根の薄いので巻いた巻き寿司もあるし、何でもアリですね。
もちろん寿司米は酢飯です。
寿司カフェー、レストランは、中国人、韓国人、いろんな人たちが経営してます。
この輝寿司も日本人はウエイトレスが1~2名だけ、、でした。
SUSHIという看板の店は、どの通りにも必ずあるほど、LA中に広まってますね。

投稿: ナベショー | 2009年3月29日 (日) 16時13分

kawazuzakuraさま
日本は、なお伝統的な江戸前握り寿司からほとんど脱皮出来てないように思います。
逆に、創作寿司、創作和風料理などと言ってLAなどの寿司が日本に逆輸入されています。

投稿: ナベショー | 2009年3月29日 (日) 16時18分

こだわり野菜宅配すくすくさま
ぜひ、LAに旅行されて、本場のSUSHIレストランで食べてきてください。

投稿: ナベショー | 2009年3月29日 (日) 16時20分

ば~ばさま
伝統的な握り寿司や、鉄火巻きのような巻き物を寿司というならば、LAの寿司はもう完全にその範疇を飛び越えていますね。
やはり、カルホルニアロールで代表されるノブ・マツヒサ氏の功績が大きいと思います。
その後、海外に飛び出た日本人料理人がさまざまな寿司を考案し、普及させて、今日のアメリカの寿司文化が出来あがったのでしょう。
LAの次女さんが考案したレモンロールもLA中の寿司レストランに広がっています。
さまざまな国、地域の食材、料理と融合して、新しい寿司が次々と広まっていく、、、日本の寿司とは、そのような可能性を有するグローバルな料理なのですね。
何を持って寿司というか、、定義が難しいです。
海苔巻きは、逆巻きが多いですね。

投稿: ナベショー | 2009年3月29日 (日) 16時35分

chobingonさま
お店がオープンしてしまうと、ぼくたちには構ってる時間が無いので、行ってきました。
いかにもアメリカ風のカラフルで美味しそうなお寿司、子供たちにも人気があるそうです。
ご飯、野菜、魚、、栄養バランスも良いし、ヘルシーな料理です。
一昔には、生魚のお刺身が食べられないアメリカ人が多かったそうですが、今はみんな大好きだそうです。

投稿: ナベショー | 2009年3月29日 (日) 16時45分

●とても美しいお寿司ですね。
ファミリーで食べると楽しそう。
こんな大きなお店で修行されたのですから、
そうとう鍛えられたとお見受けします。
お嬢さんのお店、どんなメニューが並ぶんでしょうか。
すごく楽しみです。

投稿: るな | 2009年3月29日 (日) 20時08分

るなさま
LAでは恋人を誘って寿司を食べる、、、ちょっとしたステイタスだそうです。
家族づれも楽しめますね。
手頃なお値段で、お寿司のほかに、日本の家庭料理、惣菜、ケーキが食べられるお店だそうです。

投稿: ナベショー | 2009年3月29日 (日) 21時36分

これを食べるだけに行ってみたい~
雄大な景色が続いて、楽しい旅ですね。

投稿: MONA | 2009年3月30日 (月) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LAの旅(2)ハリウッド | トップページ | LAの旅(4)美しい自然 »