« 沈丁花 | トップページ | 諸葛菜(ハナダイコン)の花 »

2009年3月 5日 (木)

馬酔木の花

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。

Img_3406_sp0000

馬酔木(アシビ)

白い花が一般的だが、園芸種なのだろう、、ピンク!

葉っぱを食べると毒、、

鹿や馬はそれを知っているので食べない、、Img_3408_sp0000

子供の頃、山羊を飼ってた

大雪の冬、軒下に積んであった薪の柴の枯れた葉を食べた山羊が、

二週間の間、泡を吹いて、苦しがった。

幸いにも、助かったが、柴の中に馬酔木がまじっていたのであった。Img_3411_sp0000

生の葉なら、食べなかったのであろうが、枯葉だったのと大雪で緑の草が無く、枯れ草ばかり食べてからであった。

今日は暖かい晴天

蜜蜂はImg_0368_sp0000 、、、、、、                                 

黄色い花の花粉の団子を足につけて、巣に運んでる働き蜂が目立つ

Img_0394_sp0000   

箱の中に、成長中の幼虫がたくさんいることを示す。

幼虫の成長にとって、花粉は、たんぱく質みたいなもの、、

花蜜は炭水化物に相当する。

花粉を運んでくる働き蜂の数の多さで、女王蜂の産卵の状態がわかるのである。

アメリカのカルホルニア州

アーモンドの受粉用の蜜蜂の群れが巣箱から大量に逃亡したり、消滅するという現象が、この数年に問題となっている。

地球温暖化の影響か?

何でも温暖化のせいにしたがるが、、真相は?

地平線まで見渡す限りのアーモンド果樹園

蜜蜂はアーモンドの花蜜のみを食べ、アーモンドの花の花粉だけを食べ、休息もなく、受粉作業を毎日させられ、、、

(冷凍食品やコンビニ弁当ばかりを食べ、ストレスで心身共に過労の人はいないでしょうか?)

日本と異なり、天気が良いから、休息出来る雨の日が無い、、、

ストレスと食事、栄養の偏りから、働き蜂の寿命が短くなって、群れが自然消滅した、、、というのが真実らしい。

働き蜂の寿命は2~3カ月

ストレス下にアーモンドだけを食べてた働き蜂の寿命は20日間

産卵された卵が幼虫となり、成虫になるのに21日間

これでは、いかに元気な女王蜂が、毎日1500~2000個も産卵し続けても、群れはどんどん小さくなり、ついには消滅する。

つまり、蜂の群れを維持する最小の数以下に働き蜂が減ると、群れとしての機能が働かなくなって消滅するのである。

寒い時に、互いに暖めあうこともできないから、冬に凍死する

育児担当の内勤の働き蜂が少ないから、幼虫が育たない

外勤の働き蜂が少ないと、蜂蜜が不足して餓え死する

今、問題になってる山間部の過疎地域の限界集落と同じである。

今日は天気も良く、暖かいので、たくさんの蜂が飛び回っている

箱の中には6枚の巣脾  そのうち3枚が卵と幼虫で満たされている。

来週末には、今年の新しい働き蜂が誕生し始める

Img_0399_sp0000

ダニの被害から生き残ったこの貴重な一箱、、、

何んとか、今年中に Img_0405_sp0000 二箱、三箱に増やしたい                

昨年の春には、ここに4箱並んでたのです。

今日は、昨日の青鯵のムニエル

Img_0421_sp0000

それに、蕪のスープ

Img_0419_sp0000

畑に残ってた小蕪、、煮て柔らかくして、塩胡椒、コンソメ、牛乳で味を整え、ミキサーをかけて出来上がり、、

この小蕪は、もう筋がたくさん、、網でろ過しました。

この蕪のスープは、妻の得意料理、、すっごく美味しくて、お客さん料理にも十分OKです。

Img_0337_sp0000

どうだ~、、 でっかいお目目だろう!              

今日も、「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます。

|

« 沈丁花 | トップページ | 諸葛菜(ハナダイコン)の花 »

コメント

おはようございま~す♪ナベショーさま
暖かな春の日差しがうらやましいです~
いまにも動き出しそうな蜜蜂の写真。足に花粉がたくさんついてましたね。

私には、得意料理がない‥‥たぶん

投稿: キュリー | 2009年3月 6日 (金) 07時43分

懐かしい…この山の風景。

間もなく一年ですね。

このお茶畑の風景は一生忘れないぐらい、

感動的でした。

投稿: れおん | 2009年3月 6日 (金) 07時49分

モンタ君と目がばっちり。
あまりの大きな目にみつめられ、
私耐えられずにおもわず、そらしてしまいました。(笑)

我が家でも今ピンク色の馬酔木が咲いています。
葉が毒なんですね。
しりませんでした。
5月頃に真っ白に咲く"あせび”
花が良く似ていますが、同じ仲間なのでしょうか・・。
あしび、あせび、全然違うのでしょうか。

投稿: にりんそう | 2009年3月 6日 (金) 08時56分

おはようございます

馬酔木。。。ウチには白い花の木しかないのでピンクのお花は可愛いですね。馬が食べると酔うのだと思っていましたが毒だったんですね。
黄色い花粉の団子をつけて~本当によく働くんですね。
カルフォルニア州の働き蜂さんショックでした自然界から学ぶことが沢山ありますね
あるがままの自然を大切にしなくては。。壊したらもう戻らないですものね。
奥様のスープがとっても美味しそうです。
モンタ君に見つめられたらドキドキします。すっかりトリコになってます。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年3月 6日 (金) 08時59分

馬酔木(アシビ)、葉っぱを食べると毒。
だから、馬が二日酔いのごとく苦しむからの名でしょうか。
アセビという名も聞いたことがありますが、同じ木でしょうかね~。

花の形はブルーベリーやドウダンツツジにそっくり、ベル型ですね。

私も蕪を買ってきたので摩り下ろして使おうと思いましたが、皮下が筋っぽかったのでプロセッサーで潰しちゃいました。
それでもトロッと感が少なかったの・・・裏漉しの手間をかけなかったからです。

投稿: ば~ば | 2009年3月 6日 (金) 09時38分

私もカブのスープをたくさん作って食べたとこです。(^^;
冬野菜が冷蔵庫にいっぱい。
キャベツもどんどん食べないと・・・
く・・苦しい・・・・

アセビ、とても綺麗に撮っていますね。
私もそのうちUPします。

投稿: MONA | 2009年3月 6日 (金) 12時44分

キュリーさま
3月に入って、寒い雨の日が続きますが、たまの晴れの日は、暖かくて春の日よりです。
北国の春はまだですか?
御主人が美味しいと言ってくれた料理が得意料理になりますよ。

投稿: ナベショー | 2009年3月 6日 (金) 13時23分

れおんさま
ごく普通の景色です、、
そんなに大げさに感動されると、、、

投稿: ナベショー | 2009年3月 6日 (金) 13時24分

にりんそうさま
こんなにアップで見つめられるとドキドキするでしょう!
馬酔木は毒、かなり強い毒ですよ。
奈良公園には馬酔木がたくさん植わっていますが、鹿は決して食べません。
もし、毒が無ければ鹿が全部食べて丸坊主、、
あしびもあせびも同じ、馬酔木の呼び方が違うだけです。
馬が食べると酔って足が萎えることから「足しび」と呼ばれたが、次第に変化して「あせび」になったそうです。

投稿: ナベショー | 2009年3月 6日 (金) 13時33分

そうそう、カルフォルニアにいると、ミツバチだけじゃないよ、人間も疲れちゃうの。季節間がないから、人間二手に分かれる。いつも働いている人、いつでも働かない人。それくらい気候が毎日温暖。今日は一日半袖T-シャツだったよ!!

南の島の大王、風が吹いたら遅刻して、雨が降ったらお休み。本当は人間それくらい自然に生きれたらいいのかも。

カルフォルニア、真っ青な空、眩しい太陽におされて、毎日張り切っているYUKOです。今度雨の日はお休みしようかなー。

投稿: LAの次女 | 2009年3月 6日 (金) 13時38分

ムックのお母ちゃんさま
シキビ、あせび、夾竹桃、水仙、彼岸花、、意外と身近に猛毒の花があるものですね。
蜜蜂を飼ってると、教えられることや、蜜蜂の群れの知恵に驚かされることも多いです。
蜜蜂の巣の中にいる蜂で、実働してるのは数割、多くはさぼって休息してるそうです、
でも、たくさんの蜜を出す花があったり、スズメバチなどの襲来があると、全員出動で対処するそうです。
だから、今の企業もリストラしてぎりぎりの人員でやってると、何かが起こった時に対処できない。
人間の社会、知恵は浅はかですね。

投稿: ナベショー | 2009年3月 6日 (金) 13時41分

ば~ばさま
馬酔木のあしびの呼び名が変化して、あせびになったそうです。
奈良公園では、鹿が他の植物を全部食べてしまったので、鹿のたべない毒の馬酔木ばかりになったといいます。
ホントにどうたんつつじやぶるーべりーの花、そっくりですね。
馬酔木もつつじ科の植物です。
蕪のスープ、なかなか美味しいものですね。

投稿: ナベショー | 2009年3月 6日 (金) 14時06分

博学のナベショーさんには「へえー そうやったん!」といつも感心したり、感動したりです。今日も毒のある花や葉、そしてカリフォルニアのかわいそうなミツバチの話。
 人間社会にもあてはまる恐ろしい社会現象。たっぷり勉強させていただきました。丹波の里は限界集落の呼び名を避け「水源の里」と呼び、活性化の取り組みをしています。
モンタ君のぱっちりオメ目で未来は明るいかも・・?(^。^)

投稿: めーちゃん | 2009年3月 6日 (金) 14時20分

MONAさま
ぼくの畑は、あとはブロッコリーと、花芽の付いた白菜だけです。
ひっこ抜くのがもったいなくて、、、
毎食、白菜の炒め物と煮ものが定番メニューです。
MONA様のあせびの花、、はっとするようなの、、期待してます。

投稿: ナベショー | 2009年3月 6日 (金) 14時33分

LAの次女さん
アメリカ人、、働く人の働き方はすごい、、超人的!
身体も大きいし、タフで勤勉で、、
でも、どこかで休息する時が無いと、疲れてしまうね。
その点、自然相手の畑や蜜蜂の仕事、、、雨が降ればお休み、シーズンオフの冬もお休み、だからいいよ!
やはり理想は南の島の大王さんだね~
どんなに忙しくとも、頑張ってても、時々の息抜き、休息は欲しいね。

投稿: ナベショー | 2009年3月 6日 (金) 14時46分

めーちゃんさま
博学、、、もう乏しい教養、知識もほとんど底を着きかけてます、、、
丹波、、限界集落ではなく、水源の里
良いネーミングですね。
綾部も、口、中、奥上林、とずいぶん深いですから、過疎化も深刻な問題ですね。
高校時代、同級生達はよくぞ奥上林の奥からスクールバスで綾高まで長時間通学してたもんだ、、、
ぼくは口だったからそんなにかからなかったけど、、、
モンタ、、明るすぎて瞳が小さくなってる

投稿: ナベショー | 2009年3月 6日 (金) 14時57分

●蜜蜂の群れのバランス、なんだか人間にも似ていて
興味いっぱいで読ませていただきました。
蕪のスープ、ほんとに美味しそうです。やさしいお味なんでしょうね。
馬酔木のやさしいピンクも楽しませていただきました。

投稿: るな | 2009年3月 6日 (金) 20時13分

蜜蜂の興味深いお話,今日も楽しみました。こちらの養蜂家の様子がちょうどテレビで放映されてました。点点している様子でした。そちらの蜜蜂は早くからおいしい蜜を集められていいですね。こちらのもそろそろ目覚めとか。モンタ君いつもしっかり見つめていていい子だわ。

投稿: tirokluro | 2009年3月 6日 (金) 20時46分

Ichimaime no shashin no ashibi ga totemo kirei desu. Uchiniha shiro ga arimasu. Pink mo iidesune.

California no mitsubachi no ohanashi ha nakanaka kyoumibukai desu. Ningen mo mousukoshi monorogu de ikitai desu. Saikin no shakai no speed no hayai koto, mega mawarisou desu.

Korekara rokugatsu made ni mitsubahci ha sanbai kurai ni fueru to radio de itte imashita. Junchou nara deshouga. Nabe-sho san no hachi mo takusan fuemasuyouni!!

投稿: M.K. | 2009年3月 6日 (金) 21時00分

かぶのスープ美味しいでしょうね いいかぶが手に入る時頂きます。
蜜蜂の現代を背景にしたレポート そうだったのか!って1つ知識が増えました! 
そして巣箱のある景色 いい所ですねこんな綺麗な所に運ばれた
蜜もロイヤルゼリーも健康づくりの絶大な助っ人ですね羨ましい限り ^^;

投稿: 桜シンフォニー | 2009年3月 6日 (金) 21時49分

るなさま
蜜蜂からは、いろんな事を学びます。
人間よりもはるかに知恵があるんです。
蕪のスープ、、中身が蕪とはわからないほどですよ。
是非、お試しを!
アセビ、、優しいピンクですね。

投稿: ナベショー | 2009年3月 6日 (金) 22時16分

tirokluroさま
こちらでは、2月初旬に目覚めさせて、2月中旬から3月末で群れを大きくし、4月のレンゲ、5月のミカンの蜜に間に合わせるためです。
北陸のように、寒いところでは、蜜蜂が凍死しないように、養蜂家はいろいろ工夫して冬越しさせるようですね。
モンタとにらめっこしたら負けるよ。

投稿: ナベショー | 2009年3月 6日 (金) 22時22分

M.Kさま
春の花、、つぎつぎと咲きはじめました。
あしびの花、、振るとからんからんと鳴って可愛いですね。
この十数年、会社の仕事の量と要求されるスピードが早すぎるし、人を育てる余裕もない、、心身のストレスと過労で若い人はかわいそうです。
もっと、蜜蜂から学ばないと、、、、
蜜蜂は、蜂蜜をたくさん集められるように、これからどんどん増えていきます。
増える増えると喜んでると、ダニや病気が発生して足元をすくわれる、、油断大敵!

投稿: ナベショー | 2009年3月 6日 (金) 22時31分

桜シンフォニーさま
蕪のスープ、、これはもう、自信を持ってお勧めできます。
是非、作ってみてください。
蜜蜂の環境、、、いいところでしょう!
でも、危険がいっぱい、、、
ダニ、病気、スズメバチ、、、ちょっとの判断ミスと対応遅れで、手遅れになってしまう、、
でも、痛い勉強もさせてもらったから、今年は何んとかうまくいきますように!

投稿: ナベショー | 2009年3月 6日 (金) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沈丁花 | トップページ | 諸葛菜(ハナダイコン)の花 »