« 雨上がりの庭 | トップページ | 母の牡丹 »

2009年4月16日 (木)

新女王蜂がいた!

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。

いよいよ来週初めくらいから、茶摘みが始まるよ!

うちのよりかなり早いから、早生のお茶だな、、、、

Img_2359_sp0001_2

斜面に広がる茶園、、、

麓の町は藤枝、、

さらに海岸に面した焼津

海の向こうは伊豆半島

このようにすっきりと空気が澄んでる時は少ない

はるか向こうの地平線の先端、、、は御前崎

Img_2360_sp0000_2

昨年の4月21日、、東京からのお客さんを案内した時、おばさん達がここで新茶を摘んでたんだ

Img_2365_sp0000

僕の茶園は4月末から茶摘が始まるだろう。

15日の蜜蜂の内部検査

王台の口が破られて、新女王蜂が出苞してるはずなのに、姿が見えない。

繰り返し、注意深く2回探したが、やはりいない。

16日の今朝、、、再度、検査

Img_2384_sp0000

この中から、新女王蜂を見つけるんだよ。

しかも、箱の中には8枚、、、それぞれの両面、、、

生まれたところの女王蜂は、、働き蜂より小さいくらい

ああっ! いました、、いました、、よかった~                  

Img_2383_sp0001

一枚目の写真にも写ってました。

えっ! どこに?

写真がボケてるからわからない

まだまだ働き蜂よりも小さいくらい、、お腹もまだほっそり、

昨日はあんなに探したのに見つからなかった。

もう交尾飛行に出かけてたのだろうか?、

さて、では同じ箱の中にある他の王台を無くさないと、せっかく生まれた女王は仲間を引き連れて、そとへ出てしまう。

新しい女王が生まれる2~3日前である

他に出来 てる王台を除かねば、、Img_2388_sp0000_2 

もし、アクシデントで新王が、ほんとにいなかった時のために取り除かないでいた。

なかなか立派な王台だよ!Img_4776_sp0000                            

一度に5~10個くらいの王台が出来てることもある。

半分に割って中を見ましょう。

Img_4782_sp0000

下のほうにある白いのがローヤルゼリー!

同じ雌蜂でも、ローヤルゼリーだけで育った蜂が女王蜂

そうでない蜂は働き蜂

さて、巣門は賑やかだよ!

働き蜂よりも数倍も大きい雄蜂が、元気いっぱい外に飛んでいくImg_2424_sp0000

あちら、こちらの巣箱から飛んできた雄蜂が一か所に集まって処女王が飛んでくるのを待つ。

処女王が来ると、雄蜂達は待ってましたと、、追いかける。

処女王は、空高く、高く、高く、上昇していく、、、

最後まで処女王について、高く飛んでいくことが出来た強い優秀な雄蜂が処女王と空中で交尾するのである。

交尾の終わった雄蜂は、死んでしまう。

せっかく交尾した新女王が、空を飛んでる時にツバメに食べられてしまうアクシデントがしばしば起こるので、まだ安心できない。

二三匹の雄と交尾した女王のお腹は大きくなって、毎日1000~2000個の卵を5~6年の間、産卵し続けるのである。

Img_2394_sp0000

両サイドの小さな巣箱の中は、移された旧女王が産卵し続けて、新たな群れをつくる

真ん中の二段の大きい巣箱二つは、今までの大きい群れが、若き新女王を迎えて群れをさらに大きくしていく。

Img_2419_sp0000

病気にならず、ダニにやられず、強い群れに育ってほしい。

強い群れになるか否かは、ひとえに女王にかかっている。

毎日2000個の卵を産み続ける若くて、タフで、安産、多産型の女王でないとだめなのである。

だから、養蜂家は毎年、ピチピチの元気な新女王に交換していくのである。

モンタ、、この話は蜜蜂の世界のことだからね。

Img_2276_sp0000

今日も、「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます。

|

« 雨上がりの庭 | トップページ | 母の牡丹 »

コメント

えぇ~~~
もし、自分が雄だったら、高く飛ぶふりをして…
途中で負けたふりして、逃げる気がしました。

もんたくんなんか確認事項があったのですね?

投稿: れおん | 2009年4月17日 (金) 00時02分

いまだにどの子が女王かわかりません・・・・・・・。
でも、頑張ってくれている姿が愛おしいですね!
Gardenに顔を見せてくれるみつばちに出会うとつい「元気でね!」なんて声をかけていますが、
今年はまだお会いしていません。
やっぱり絶対数が減っているからなのでしょうか?

投稿: viviel | 2009年4月17日 (金) 03時14分

へー

凄いですね。


まったく女王は、分かりませんでしたが・・・笑


去年から、蜜蜂が減っていると、マスコミでも大きくとりあげられていますが、ナベショーさんの所は、大丈夫ですか?


投稿: こだわり野菜宅配 すくすく | 2009年4月17日 (金) 09時05分

おはようございます

雄大な風景の中でお茶摘をされるんですね。もう少し左側には富士山が見られるのでしょうか?
私も女王蜂はわからないです。
ローヤルゼリーで育っても後の使命が大変ですね。若くてタフで安産、多産型。。。
人社会では一時代昔のような。。。
でも蜜蜂達は守っているんですね。
六角形の小部屋もお見事ですね。
モンタ君ネコさんでよかったよぉ~

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年4月17日 (金) 09時05分

お茶畑からの雄大な眺め、街~海岸~海~遠くの島並。
晴れた日には見るものの胸も広く開く感じですね。

女王蜂誕生の写真を見せていただくのも3度目になります。
でもぉ~~~、相変わらず見つけられませんweep
みんな同じように見えます。

生物の生態・自然界の掟・・・時に残酷なまでに決まり通りに進んでいきますね。

投稿: ば~ば | 2009年4月17日 (金) 10時28分

お久しぶりです~ナベショーさま
穏やかな春の日に すばらしい景色。
なのに 世界中で 蜜蜂たちが とても心配されていますがどうしたことでしょう。

こちらは 桜が満開です。明日は 暖かくなりそうなので お花見でもしましょう

投稿: キュリー | 2009年4月17日 (金) 17時44分

女王蜂,どれかなって目を凝らして見ましたが,わかりませんでした。もっと全部がはっきりしていたら,ウオリーを探せでずっと見てるんだけど。この画像を拝借して当分壁紙にして探してみることにします。
モンタ君,あなたの女王様いた?

投稿: tirokluro | 2009年4月17日 (金) 17時59分

私も女王様を 見つけられません!
(マウスの指差しが丁度 当たって、「ウン、見つけ!」って(笑)。そそっかしい わたし。)
みんな 同じにしか 見えませ~ん。夫々が 夫々の役割で 頑張って!!

投稿: シーちゃん | 2009年4月17日 (金) 19時48分

れおんさま
雄蜂達はみな必死です。

投稿: ナベショー | 2009年4月17日 (金) 20時27分

vivielさま
今までの女王蜂の写真は十分成熟した蜂だったので、わかりやすかったと思います。
処女王はまだ小さいので見つけにくいです。
でも、最後の写真のは、はっきりと女王蜂が映ってるのでわかるでしょう?
西洋蜜蜂は昨年の半減、、いやどれくらい減ったのでしょう。


投稿: ナベショー | 2009年4月17日 (金) 20時33分

こだわり野菜宅配すくすくさま
僕の昨年夏からの蜜蜂の記事は、蜜蜂の災難、被害の状況かりです。

投稿: ナベショー | 2009年4月17日 (金) 20時35分

ムックのお母ちゃんさま
そう、、富士山は左の方に向きを変えたら見ることが出来ます。
3枚目の風景写真、富士山が真ん中に見えるはずですが、この日はちょうど雲がかかってるので見えません。
子孫、集団を次世代、将来に残すこと、生き延びさせるためには、女性は働き者でタフで丈夫で多産、男性は、普段遊んでても、強く、優秀で、精力的でなければならない、、、すべての生き物の共通の事なんですが、人類はどうなってるんでしょう。
もう長くは生き延びられないのでしょうね。

投稿: ナベショー | 2009年4月17日 (金) 20時49分

ば~ばさま
広大な茶畑の斜面、眼下の街並み、青い海、、こんな素晴らしい景色、展望は、そうあるものではない。
藤枝で最も美しい山の頂上です。
ね~、、この中から一瞬にして女王蜂を見つけられるようになるまで、、、、時間がかかりました。
でも、最後の写真では、すぐ女王蜂、わかるでしょう?
しっかりと女王にピントもあってるし、、、
自然の生き物の世界、、しっかりと掟を守らなければ集団は立ちどころに滅亡する、、、

投稿: ナベショー | 2009年4月17日 (金) 20時56分

キュリーさま
前々から、こうなることが予想されててもお役所は知らん顔、、、
遂に被害が現実化し、蜜蜂が激減して、ハウス農家の人口受粉用の蜜蜂も足らなくなって日本中大騒ぎ、、
やはり、危ないから歩道橋を作ってくださいと署名を集めて陳情しても知らん顔、現実に死亡者が出て、初めて腰を上げる、、、というようなことも多々ありましたね~
地球環境が、異常気象、、とんでもない。

投稿: ナベショー | 2009年4月17日 (金) 21時02分

tirokluroさま
ざ~と目を走らせるだけで、女王を見つける、、蜂は動き回ってるので、慣れないとなかなか見つけられません。
三枚目の写真は、はっきりピントもあってるし、わかりやすいのですが、、、
ぼくも、箱の検査の時、10数枚の巣脾枠、最後まで女王を見つけることが出来なくて、再度見直しても結局わからず、、、心配してたら次回は元気に走り回ってて安心、、ということもしばしばあります。

投稿: ナベショー | 2009年4月17日 (金) 21時17分

シーちゃんさま
やはり、難しいようですね。
一枚の表面に数千匹の蜂、それらが重なり合ってることもあり、動き回ってるから、ほんとに判らない、、、
みな同じに見えますか、、、ちょっと異なった蜂がいないですか?

投稿: ナベショー | 2009年4月17日 (金) 21時20分

Ganka ni hirogaru yudaina keshiki, chabatake ha iitokoroni aruno desune-. ii ochaba ga tsumemasu youni! Hayaku nabe-sho cha ga
nomitai de-su.

Royal jelly tte hachimitsuni shika tokenai no desuyone. Ittoki kenkou wo gaishite royal-jelly wo oyu de toite nondeimashita ga, saishoni hachimitsu de tokanaito oyu deha tokemasen deshita.

投稿: M.K. | 2009年4月17日 (金) 21時22分

M.Kさま
女王蜂は幼虫の時から成虫になってからも、ず~とロイヤルゼリーで育てられます。
生き物が生長するのに必要な完全な栄養、食物、、だそうです。
でも、それ自身は酸っぱくて刺激臭があって、食べるにはちょっと、、、一般には食べやすくするために蜂蜜と混ぜて市販されています。
水に溶かしたことはありません。

投稿: ナベショー | 2009年4月17日 (金) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨上がりの庭 | トップページ | 母の牡丹 »