« リンゴの花 | トップページ | 何故12月の花? »

2009年4月19日 (日)

タツナミソウ

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。

Img_4924_sp0000

タツナミソウ(立浪草)

Img_4927_sp0000 ヒメオドリコソウやホトケノザなどと同じシソ科の植物

花の形がよく似ている。

これらの中でも、このタツナミソウは、ひときわ美しい。

野にある雑草なのであるが、花壇に植えてもおかしくないほどである、、

僕も庭に植えているが、すこしずつ増えて、毎春になると花が咲く

色はこのような薄紫やピンク、白に近いピンクなど、少しずつ変化がある。

海岸に繰り返し押し寄せる波の波頭にちなんでの呼び名である。

Img_4928_sp0000

曇りの寒い日が二日続いたら、今日は晴天の暑いくらいの陽気、、、

でも、明日からは少し気温も下がり、西の方から天気は崩れてくる、、、

夏のような暑い陽気、肌寒い雨の日、、この繰り返しがお茶の生育には良いようだ。

雨の降った翌日の晴れた日、お茶の葉はぐんぐんと成長する

わが茶園、、茶摘は月末の予定である。

モンタImg_2475_sp0000 、、、あのな~ あんたが寝そべってるのは痛んできたとはいえ大切なテーブルの上なんだけど、、、

明日から数日、所要のため関西方面に出かけます。

妻はいるから、寂しくないね。

今日も、「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます。

|

« リンゴの花 | トップページ | 何故12月の花? »

コメント

Tsunamiso ga uchi demo mankai desu. Murasaki to shiro ga arimasu. Kaze de namiutsu tatsunamiso no utsukushisa ha kakubetsu desune.
Tane ga tonde achikochi demo saite imasu.

Kyou ha atsukatta desune-.
Soudesuka, ochano seiiku ha juncho nanodesune.
Tanoshimi desu,

投稿: M.K. | 2009年4月19日 (日) 23時33分

お茶の摘み取りが始まったら、
忙しくなりますね。
それまでにお出かけですねぇ~
いってらっしゃいませ。

投稿: れおん | 2009年4月20日 (月) 07時23分

おはようございます

ほんとうに暑い日と寒い日
寒暖の差がきついですね。
お茶の生育には良いのですかぁ。
だらけた身体には少々応えます。
タツナミソウ
お花も美しいですが花の名がいいですね。
波の波頭、砕け散る寸前の波のようです。
茶摘のお忙しくなる前のお出かけ
お気を付けていってらっしゃいませ。
モンタ君一人じゃなくてよかったね。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年4月20日 (月) 09時33分

はじめまして!
いつも素敵な写真や楽しい日記をとても楽しみに拝見しています。
今朝もブログを開いたら大好きな花の美しい写真が!
朝からなんだか爽やかな気持ちにさせていただきました。これからも楽しみにしていますね。
モンタ君もかわいいです~~。

投稿: bianco | 2009年4月20日 (月) 09時39分

そういえばオドリコソウの仲間って言うのは葉や花の形、付き方で分かります。

オドリコソウよりパッと目に付きますね。

モンタ君はおかあさんが居ても、なんとなくつまらないのかな?

投稿: ば~ば | 2009年4月20日 (月) 14時39分

たつなみ草は、きれいですよね。
友人の家の裏に毎年たくさん咲いてました。
雑草にしとくのは、惜しいですね。
白い花も見たことあります。
八十八夜の茶摘?
以前居た狭山市は、かの狭山茶の産地
お茶店が多く、三十三年飲んでたので今も狭山茶愛飲
してます。

投稿: 五十路 | 2009年4月20日 (月) 17時36分

野に咲く花は,うつくしいですね。園芸種になってコテコテしたのはどうもって言う気になります。命をつなごうと,長い期間に渡って花を咲かそうとする知恵が美しさを作ってますね。
モンタ君,やっぱりすねてる。数日は,カメラを向けられないんだよ。

投稿: tirokluro | 2009年4月20日 (月) 19時44分

☆ふたりのお留守番。
の〜んびりでしょうか。
タツナミソウ、ハッとする美しさですね。
野趣たっぷりなのも◎。大好きです。

投稿: るな | 2009年4月21日 (火) 19時38分

みなさま
野の花の中で最も美しい花は、、と聞かれたら、ためらいなくササユリとタツナミソウを挙げるでしょう。
個体によって、色の濃淡があり、いろいろ集めるのも楽しいと思います。
biancoさま、初めてのコメント、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしく

投稿: ナベショー | 2009年4月24日 (金) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リンゴの花 | トップページ | 何故12月の花? »