« お茶、、まだまだ続くよ! | トップページ | 久しぶりの雨! »

2009年5月 4日 (月)

紅茶を作ろう!

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。

お茶を作りながら、片手間に、遊びで紅茶を作ってみる、、、

萎凋の終わった茶葉を、ひたすら手で揉みあげるImg_2807_sp0000              

揉んで、揉んで、揉みあげる、、、、

一晩、置くと、、、

Img_2825_sp0000

ほら! 発酵が進んで、褐色に変化してるでしょう!

お茶の葉は、表面に傷が付くことにより、お茶の主成分の青葉アルコール(グリーンノート)が空気中の酸素の作用で酸化発酵し、果実のような甘い香味成分に変わっていく。

詳しくは、山口大学名誉教授 畑中顕和先生の著書「みどりの香り」(丸善株式会社)を読まれると、面白いですよ。

Img_2889_sp0000

でも、まだまだ 甘い香りとともに刺激臭のある青葉アルコールの臭いが強い。

お茶作りの合間に、手で揉む、、、だんだん紅茶らしくなってきたでしょう。

Img_2834_sp0000 

自宅に持ち帰り、釜の中でガスの火で熱して、かき混ぜながら酸化発酵を止めるとともに、乾燥させる。Img_2868_sp0000                                   

ハイっ! 自家製紅茶の出来上がり!

Img_2874_sp0000  

さっそく、試飲してみましょう!

紅茶にはまってる次男の嫁さんに淹れてもらった!

Img_2881_sp0000

う~ん、、なかなかの出来具合、、

色も良し、、香りも良い、、ほのかな甘さ、、、市販の高級紅茶と比べて遜色ないよ!

お茶や紅茶の歴史に関しては、この二冊の本が抜群に面白い。

「茶の世界史」(角山 栄 著 中央新書)、「一杯の紅茶の世界史」(磯淵 猛著 文藝新書)

オランダの没落と大英帝国の勃興、アヘン戦争、アメリカの独立戦争、、、

すべて、日本からヨーロッパに伝わったお茶、茶道が発端、、

風が吹けば桶屋が儲かる、、、、世界史におけるお茶の影響の大きいこと!

また、紅茶にミルクか、ミルクに紅茶か、、英国王立協会が定めた正式の紅茶の入れ方など、面白い。

少しでもお茶や紅茶が好きな方、、は必読ですよ!Img_2888_sp0000

モンタ、、Img_2864_sp0000 、、、、今日はハイレベルの話だな~

今日も、「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングをクリックしていただけるとモンタも喜びます。

|

« お茶、、まだまだ続くよ! | トップページ | 久しぶりの雨! »

コメント

毎日お疲れ様です。

紅茶、良い色で美味しそうですね。
緑茶と同じ茶葉で紅茶が出来るなんて知りませんでした。新潟県でも北限のお茶と言って村上と言うところで
お茶が出来ます。そこの御茶屋さんが作る紅茶があるのですが緑茶の茶葉を発酵させてつくるのですか・・・・驚きです。それを自分で作るとはすごいですね。一段と(いいえ、数段と)美味しい事でしょう。

投稿: 新潟っ子 | 2009年5月 5日 (火) 00時12分

へえ~~~~!そうなんですか!
お茶も紅茶も中国茶も全部同じお茶っ葉からできるって・・・。
そして中国やインドを回ってヨーロッパに運んでいる最中に発酵して紅茶になるっていつだか誰かからか??聞いたような気がしていましたが、早速求めてみます。
そして、世界史と茶道と紅茶道と・・・。
私の知識の引き出しに入れなくっちゃ~!

投稿: viviel | 2009年5月 5日 (火) 03時42分

れおぽん、
この紅茶が買いたいなぁ~

のみたいなぁ~

投稿: れおん | 2009年5月 5日 (火) 05時08分

美味しい緑茶作りは手間隙根気が要ることを日々の記事から教わっています。

紅茶はさらに揉んで発酵させたり発酵を止めたりの時間もかかるんですね。

どんなお茶も、頂く時にはボケーッと飲めません、何かを感じ取りたいです。

投稿: ば~ば | 2009年5月 5日 (火) 10時32分

この紅茶も売り出してみて!
外国産の紅茶で?マークのつくものがありますね。国産紅茶もありますが,味は今一つ。おいしい紅茶も飲みたいです。遊びでなく,こちらの方も緑茶が終ったら,残りの茶葉でぜひお願いします。ねえ,モンタ君からも頼んでよ。

投稿: tirokluro | 2009年5月 5日 (火) 12時12分

まァ~、ナベショウさん、紅茶まで作るのですか・・・。
すごいです!ますます尊敬です。

お茶の葉から、紅茶ができるなんてしりませんでした。
紅茶には紅茶の木があるとばかり・・・・。

ナベショー紅茶も飲んでみたいです。

投稿: にりんそう | 2009年5月 5日 (火) 15時26分

こんにちわ

お茶の葉からって言うのは知っていましたが種類が色々あるのか??
って思っていました。
海外の紅茶は産地によって風味が変わるのでしょうね。
私もナベショーブランドの紅茶を買いたいです。
お茶って奥が深いですね。
まだまだ楽しみです続きも待っています。
モンタ君もいっしょにお勉強しようね。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年5月 5日 (火) 16時06分

新潟っ子さま
我ながら、いい紅茶が出来て満足してます。
少なくとも、いい色ですね。
お茶は発酵のさせ方、度合いで、緑茶、ウーロン茶、紅茶、、元は同じお茶なのです。
もっとも、インドやセイロンなどの紅茶は、アッサム種という特に紅茶に適したお茶が原料ですが、日本茶の品種でも、そこそこの紅茶は出来ます。
北限のお茶どころ村上市は有名ですね。
農家からお茶の生葉を摘ませてもらえれば、僕がやったような方法で簡単に紅茶が出来ますよ。

投稿: ナベショー | 2009年5月 5日 (火) 20時10分

vivielさま
この二冊の新書本を読んだ知識を、何かのお茶の時に、さり気なく、ほんの少しだけ披露すれだけで、viviel様の知識と教養の深さに、同席した友人たちは尊敬の眼差しで見ることでしょう!

投稿: ナベショー | 2009年5月 5日 (火) 20時15分

れおんさま
まだまだ実験中、、量産化の目途が立ちまでは、、、

投稿: ナベショー | 2009年5月 5日 (火) 20時17分

ば~ばさま
紅茶のほうが、緑茶よりも工程は簡単かも知れません。生のまま揉んで、空気にさらして酸化発酵させた後、加熱乾燥させるだけですから、、、
日本茶だって緑茶以外に、昔は地方、それぞれのお茶があり、中国茶なぞは、限りなきほどの種類があり、紅茶も然り、、
同じお茶の葉から、さまざまなお茶が出来る、、すごいことですね。

投稿: ナベショー | 2009年5月 5日 (火) 20時23分

tirokluroさま
紅茶は二番茶、セカンドリーフの紅茶が美味しいと言われていますね。
こうやって、少しだけ遊びで揉んで作るのが楽しいのですが、緑茶は半分仕事みたい、、、、
数十Kg単位で作れる目途が立ったら、その時はご期待ください。
モンタ、、聞こえてないよ、、

投稿: ナベショー | 2009年5月 5日 (火) 20時36分

にりんそうさま
お茶葉を酸化発酵させたのが紅茶、、ということは知ってましたが、やってみるといとも簡単に紅茶が出来ました。
後は量産するのに、どういう機械を使うか、、が課題ですが、、、
一度は数十Kg単位で作ってみたいですね。

投稿: ナベショー | 2009年5月 5日 (火) 20時41分

ムックのお母ちゃんさま
紅茶に適したお茶はアッサム種というお茶ですが、基本的には同じ茶樹なので、日本の緑茶用のヤブキタでも簡単に紅茶を作ることが出来ます。
中国茶のような酸化を伴わない発酵と、酸化発酵の紅茶、基本的に発酵させない日本の緑茶、、
同じお茶葉からいろんなお茶が出来る、、面白いですね。
ナベショーの紅茶、、、皆様に御笑味いただけるほど、作って見たいものです。

投稿: ナベショー | 2009年5月 5日 (火) 20時48分

Ichinichiju, mukashi yonda Okakura Tenshin no [Cha no Hon] wo sagashiteite tsukare mashita.

Gosuisho no hon yomasete itadakimasu.

Koucha ha sofu ga tsukutte imashita. Kodomono koro yori Nitto Koucha yori sofu ga tsukuru koucha no houga oishii to omotte imashita. Motto
iroiro sofu kara osowatte okeba yokatta to tokidoki omoidashite imasu.

投稿: M.K. | 2009年5月 5日 (火) 22時50分

M.Kさま
これらの本、お茶に関する一般教養として、とても優れた内容かつ、楽しく読めます。
祖父さまが、昔紅茶を作ってられた、、これはすごいですね。

投稿: ナベショー | 2009年5月 6日 (水) 20時43分

畑中教授の本とは、またマイナーな。(マニアック?)青葉アルコールを知っているとはただものでないな! 畑中のおっさんは山大農学部OB以外ほとんど知らないと思うし。もしかして・・・

投稿: AKB50 | 2011年1月17日 (月) 20時22分

AKB50さま
コメントありがとうございます。
ブログで紹介した本の以前に出版され、今は絶版の中央新書からの「みどりの香り」(畑中顕和著)を最初に読んで、畑中先生のことを知りました。
香りのお茶を作ろうと試行錯誤するものにとっては、参考になる本、もっとお茶業界で見直されても良いのでは、、と思います。
6年前、畑中先生に山口から藤枝に来ていただいて、藤枝茶商工組合年会で、お茶の香りについて講演をしていただきました。(化学式を使わないでお茶農家が理解出来る内容で、、とお願いして、、)
もしかして、、、?????

投稿: ナベショー | 2011年1月17日 (月) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お茶、、まだまだ続くよ! | トップページ | 久しぶりの雨! »