« 絞めサバとタラの若葉のてんぷら | トップページ | 庭の百合 »

2009年6月17日 (水)

白い額アジサイ

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。

Img_6560_sp0000

これが人気の「墨田の花火」

Img_6567_sp0000

青白い八重の額紫陽花

Img_6570_sp0000

長い花柄が特徴的、、、Img_6571_sp0000                               

「墨田の花火」ではないが、、、やはり青い八重の額紫陽花

Img_6593_sp0000

これは純白の一重の額紫陽花

Img_6658_sp0000 

薄暗い木々の下、、、白さだけが目に入る

Img_6663_sp0000

黒い小さなゴミまで写ってしまう、、、、マクロレンズだからね。

Img_6668_sp0000

今日はちょっと暗い感じの紫陽花でした。

今年は、ずいぶんといろんな紫陽花を撮ったけど、紫陽花の美しさをたくさん発見しました。

もう、これで紫陽花も撮り納めかな、、、、、、、

昨夜は雷雨、、、

庭の土が柔らかく、、、草が引きやすい

とてもはかどったよ!

昨日紹介した草ぼうぼうの庭Img_3822_sp0000

それが、こんなに綺麗に、、、Img_3867_sp0000                          

さあ、空いてる所に、もっとたくさんセージやサルビア、ギボウシなど、植えよう!

モンタはごろごろ、、、Img_3809_sp0000                                

今日も、「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

|

« 絞めサバとタラの若葉のてんぷら | トップページ | 庭の百合 »

コメント

墨田の花火 こんな風に撮るのですね~
最近この紫陽花であまり感動しなくなっていましたが
こうして魅せて頂くと考えを変えられます!今日咲いている茎を剪定しましたが(間引き?)
明日墨田の花火に逢うのが楽しみです。

投稿: 桜シンフォニー | 2009年6月17日 (水) 22時12分

ほぉぉ~~「墨田の花火」って紫陽花なんですか??
そぅ言われれば、、夜空にさく花火に似てるのかも・・
食べ物だけでなく お花もちゃんと見させていただいてますよ~~^^ 撮りかた??というんでしょうか??ナベショーさんがみせてくださる花はとても幻想的で私は好きです。先日のヤマアジサイ・・ナベショーさんは左右対称すぎてつまんない と言ってらっしゃいましたが・・私はすっごく気に入ってしまいました。毎日、綺麗なお花と 美味しそうな料理を楽しく拝見させていただいてます。モンタくん  やはり床が気持いいんでしょうかね~??

投稿: なかつママ | 2009年6月17日 (水) 23時59分

山、額、普通と3つの紫陽花しか知らなかった私でしたが、大変感動的な紫陽花をいろいろ知りました。
ナベショーさんに感謝!!

草ぼうぼう?のお庭に一種の安堵感をもったのに、たちまち美しく草引きをされると、あせりの気持ちが湧きます。
ぼちぼちにしてくださ~い。

投稿: めーちゃん | 2009年6月18日 (木) 05時43分

おはようございま~す。

幻想的な「墨田の花火」の写真に、朝からウットリの私です。

実は私も3日ほど前に、『墨田の花火』を載せました。
『初夏の農業センター(前編)~あじさい編 』の最後の写真です。
やや正面から、デジカメでパチリと2枚撮り、
それでも 一応気に入った方を載せた次第で~す。
作品差があるのは、当たり前ですよね。(笑)

アジサイは、本当に色々な種類がありますね。
私もこの時期になると、あれもいいな、これもいいな、と心ひかれます。

先日も主人と一緒に三つ子を散歩させていて、
『柏葉アジサイ』をみつけたので、知らせたんですが、『何それ?』の世界でした。
あ~あ、名前を知っている花が『チューリップ』くらいの主人に、
難しいことを言うんじゃなかったと反省した私です。

でも、『墨田の花火』 を『隅田川』と つい先日まで間違えて覚えていた私なのです。
似たもの夫婦かもしれませんね。(笑)

忘れても、忘れても、新しいことを、どんどん覚えて、
老化を予防しなくてはいけません。
  ~自分で納得!~

投稿: 三つ子ばあば | 2009年6月18日 (木) 06時13分

上から2番目の画像が気に入ったので,大きくしてみました。大きくするとまた雰囲気が変わりますね。ますますマクロレンズが欲しくなりました。
たくさんの空き場所がうらやましいです。こんな場所があると,あれもこれも植えたくなるのは,私だけ?
モンタ君,そちらは暑いかしら。その足を頭と反対側に伸ばすとイナバウワーになるのよ。気持ちいいからやってみて!

投稿: tirokuro | 2009年6月18日 (木) 06時37分

おはようございます

墨田の花火
初めて聞いて初めて見ました。
紫陽花って種類が豊富なんですねぇ~
他にもこんな風に名前が付いた紫陽花もあるのでしょうか??
昨日のヤマアジサイは可愛く「墨田の花火」は大人の美しさを感じます。
最近は所によっては雷雨。。。。
突然、カミナリと共に凄まじい雨が降りますね大阪方面は少ないですが渇水の心配がある地域もあるので降る時期には降らないと。。。。
モンタ君、カミナリ様は平気なの~~

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年6月18日 (木) 09時26分

あじさいのいろいろ。幽玄の世界に引き込まれるような感じでした。楽しませていただきありがとうございます。
さすがマクロレンズの凄さですね。バカちょんデジカメでは造れない世界ですね。
野良仕事も楽しそう!ワクワクしますね。

投稿: とし | 2009年6月18日 (木) 12時00分

あじさい剪定の仕方でお邪魔した、たまです。
こんにちは。
ひとつ質問があります、土からにょきにょき今年伸びたと思われる緑の茎があるのですが、これに花はついていませんが、今年どのくらい切ればよいでしようか。
これにも来年花はさきますか?
教えてください。
タラの芽、春だけのものだと思っていました。新芽が秋まで摘んでも、摘んでも出るんですね。タラの木があれば秋まで楽しめるんですね。

投稿: たま | 2009年6月18日 (木) 18時16分

桜シンフォニー様
花は一般的には正面から撮る場合が多いですが、逆光で花の裏側から撮ると、一味違った写真が撮れることもあります。
紫陽花は下側や裏側からの写真が面白いですね。
しかし、基本的には背景が決めてになります。

投稿: ナベショー | 2009年6月18日 (木) 19時49分

なかつママさま
「花、ガーデニング」部門ですので、花がメイン、料理はサブです。
でも、モンタや料理のファンの方のほうが多いようで、、
花の写真、、そんなに気に入って、楽しみにしていただけると、ますます精進しないといけませんね~
これでも、15年前に花を撮り始めて、同じようなカメラとレンズですが、最近のほうが綺麗に撮れるようになっています。
ヤマアジサイも墨田の花火も、モデルが良すぎました、、!

投稿: ナベショー | 2009年6月18日 (木) 19時57分

めーちゃんさま
紫陽花、、、ほんとにいろんな種類がありましね。
園芸店に行くと、ほとんど見たことのないようなのがたくさん並んでてびっくりです。
今日は、草刈り機で、かなりすっきりさせました!
まだ、あと3~4日はかかりそう、、、

投稿: ナベショー | 2009年6月18日 (木) 20時01分

三つ子ばあばさま
三つ子さん達も、大きくなりましたね~
ますます目が離せませんね。
今は、どの公園も紫陽花が満開、、ぼくも種類まではわかりません。
墨田の花火、、そういえば隅田川は隅だし、墨田区は墨田だし、、、紫陽花の墨田はなぜ隅田川の隅田ではないのだろう、、、不思議ですね。
命名者が間違って隅田川と墨田を間違えたのでしょうね。

投稿: ナベショー | 2009年6月18日 (木) 20時09分

tirokluroさま
マクロレンズ、、欲しくなったでしょう。
たくさんの素敵なバラ、、、ぜひマクロレンズで撮ってブログにアップしてください。
空き地には、アーモンドと蜜柑が植えてあるので、大きくなったら、草も生えなくなるかな~と期待してるけど、とにかく草がすごい、、
宿根草をもっとたくさん植えるかな。
イナバウワー、、モンタは男の子なんで、優雅な姿するの苦手なんです、、

投稿: ナベショー | 2009年6月18日 (木) 20時16分

ムックのお母ちゃんさま
僕もこの名前知らなかった、、、
他にも、最近の園芸種では、いろんな名前がついてると思います。
やはり墨と隅を間違えて命名したのではないか、、、?
紫陽花は、種類によってさまざまな表情があるので、撮るのも楽しいです。
どれも絵になる美しさ、、、!
静岡は、昨日は雷雨、、今日も少し雨、、、
でも梅雨にしては降りませんね。
モンタ、、全然気にしてない見たい、、、

投稿: ナベショー | 2009年6月18日 (木) 20時27分

としさま
確かに幽玄の世界ですね。
紫陽花は、種類によって、撮り方によって、さまざまな表情を見せる、、、奥が深いです。
やはり花を撮ろうとしたら、マクロが要りますね。

投稿: ナベショー | 2009年6月18日 (木) 20時37分

たまさま
今年ニョキニョキ伸びた元気のよい枝、、先端を切っておくと、ほかの枝と同じように、花の付く芽を作ります。丸々してるので、わかりやすいですよ。
毎年花が咲くように剪定していくと、どんどん背が高くなり、枝も古く生ります。
そこで古くなった枝は、根元から切ってしまい、元気に伸びた緑色の新しい枝に更新していきます。
園芸店にタラの苗木が売ってるので、2~3本植えておくと、どんどん成長し、根を張って増えて行きます。
初秋まで新芽がどんどん出て成長しますので、適当に若葉を摘めば、楽しめます。

投稿: ナベショー | 2009年6月18日 (木) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絞めサバとタラの若葉のてんぷら | トップページ | 庭の百合 »