« アンズジャム | トップページ | 月下美人の開花 »

2009年7月 2日 (木)

やっと新しい女王蜂!

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援クリックお願いします。

Img_7159_sp0000

鹿の子百合と山百合を掛け合わせたような百合だね。

Img_7166_sp0000

近くに住宅団地のお庭に咲いてた百合

大きくて、立派で、圧倒される

最近の園芸種のユリはすごいね。

でも、これらヨーロッパで開発されたカサブランカをはじめとする園芸種は、日本の山百合が元になってるという

Img_7165_sp0000

蜜蜂、、、、なかなか新しい女王蜂が育たなくて、、、、、、こんなに苦労した年はなかったよ。Img_4347_sp0000

手前から3番目の二段の箱、、、これは、この春に購入した群れ

蜂で満杯になると、働き蜂は王台を作って、新しい女王を育てる

新女王誕生の前に旧女王は仲間を連れて巣から出ていく

また、巣箱から女王蜂を別の箱に移してしまうと、新しい女王を作るために巣の中には、女王蜂用の特別の王台がいくつも出来る

こういう習性を利用して、4月末ごろから、新たな女王を作って群れを増やそうとしているのだが、、、王台が育たなかったり、、消滅したり、、働き蜂が産卵しはじめたり、、、

しかし、やっと何とかなりそう!

手前の箱、、ここには、旧女王が、、、

元気な頼りがいのあるお母ちゃんだよ

ず~と3月から一日1500~2000個の産卵を続けている

分蜂が起こっても、遠くへ飛んで行けないように、羽が切ってあります。

Img_4344_sp0000 

空の巣苞の中に産みつけられた白い小さな卵がわかるでしょう!

21日間で働き蜂が誕生します。

次の箱

ここには2週間前に誕生した新女王

発情し、交尾飛行をして、数日前から産卵を開始した。

産まれた時は、小さなお腹、ちいさなお尻だったのに、女王らしく大きくなったよ!

Img_4339_sp0000

女王蜂は17日で孵化して、王台の天井を食い破って出てきます。

これが、入ってた王台Img_4340_sp0000  ロイヤルゼリーの海の中で育ったのです。   

さて、二段の箱、、、、、

旧女王を除いた後に出来た王台から誕生した新女王

Img_4332_sp0001

誕生してから10日で産卵始めたよ!

先日見た時は小さなお腹だったのに、立派なお腹になってるね。

常に、働き蜂が女王蜂の周りを取り囲んでお世話をする

ロイヤルゼリーを口移しで与えたり、産卵する場所に導いたり、、、

この時、働き蜂は女王蜂よりクイーン物質(フェロモン)を貰い、女であることを忘れてしまう。

さて、もっとも端の4番目の箱

昨年から越冬した箱、どうも昨年12月頃に誕生したらしい小さな女王

5月頃から、急に産卵が鈍り、新女王を作るために女王蜂を除いたら、急に働き蜂が産卵を始めてしまった群れ

その後も、王台は出来るが、育たず、、、

しかし、やっと新女王が誕生した、、、が、旧女王も巣箱から出ていかない、、

この旧女王は、産卵能力が減少したとたんに、女王として認知されなくなっているようだ、、、

かわいそうだが、巣箱から除去した。

新しい女王、、、まだ発情、交尾飛行してないので、身体は小さい。

Img_4350_sp0000

梅雨で雨の日が多いと交尾飛行出来ないし、飛行中のツバメに食べられるというアクシデントも起こる

無事、産卵を開始してくれると良いのだが、、、

しかし、女王としての産卵能力が劣る場合は、別の女王を育てて、置き換えることもある。

蜜蜂の群れが元気か否か、、、すべて女王蜂にかかっている

昨年は、4箱の群れが、7月から瞬く間に寄生ダニにやられてしまったのである。

今年は、夏、秋、、、ダニや病気、スズメバチなど、の災いから何とか守り抜いて、

来春は元気な四つの群れでスタートしたいものである。

茄子は焼いて生姜醤油が美味しいね。

夏はこういうのが一番の御馳走!

Img_7198_sp0000  

モンタImg_7040_sp0000                       

丸いお顔だね!

今日も、「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

|

« アンズジャム | トップページ | 月下美人の開花 »

コメント

女王蜂が分かるようになってきています~私!
簡単にいかないのは大変だけれど、エンドレスのチャレンジって感じでワクワクしちゃいます!
女王蜂さん達ガンバ!って声をかけたくなっちゃう!
今日のブログの最初の画像~私も百合でした。
やっぱりナベショーさんの画像は、計算されていて、丁寧で素敵です!
私のは、大胆といいますか、大雑把といいますか・・・・・。
性格が出るようです・・・・。

投稿: viviel | 2009年7月 3日 (金) 01時58分

女王蜂も大変なんですね。
一日1500~2000個の産卵…ひゃああ。
初めて知りました。
暑かったり雨に降られたりする中、世話をするナベショーさんも苦労なさると思います。
美しい花、美味しくなってきた夏野菜でパワーアップしてくださいね!

投稿: かわやなぎ | 2009年7月 3日 (金) 02時40分

蜜蜂の女王様をとりまく社会生活の成り立ちは凄いですね。
高度な昆虫の社会生活に感心しています。

6月30日に蚕が生まれました。春の蚕の子どもです。
性懲りも無くまた飼ってみたくなり、桑をきざんでやっています。
黄色の繭の蚕からは白い繭はできないのか?
黄色の先代さんは白もいたんですから、何故黄色だけになったか納得がいかないもので・・・
でも蚕は蜜蜂のように複雑ではありません。
白になるという蚕も注文したし、今年は蚕にハマったようです。

投稿: めーちゃん | 2009年7月 3日 (金) 05時41分

もうちゃんと女王蜂を見つけられるようになりました。このまま,うまく大きくなってくれることを祈ってます。(こんどは,蜂蜜をゲットしたいのです。)
蜂蜜は来年もとらない方向で?
モンタ君,レンズは見ているけど耳は後ろ。後にも気になることがあるのね。

投稿: tirokuro | 2009年7月 3日 (金) 05時51分

おはようございます

私も直ぐに女王蜂を見つけることが出来ましたぁ~
ナベショーさんのブログを知る前は
蜂=刺されて怖いイメージしかなかったのに今は蜂の社会性や秩序に感心させられています。変わることの無い自然の摂理の凄さですねホント頑張ってもらいたいです。
夏野菜が美味しくて沢山戴けますね蒸してポン酢や甘味噌でもいっぱい食べます。
ほんとだぁ~
モンタ君うしろはお耳が代役のよう~~

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年7月 3日 (金) 08時44分

今度はどの写真でも女王は分かりましたぁ~(学習しましたからね)。

ゲンキにダニ害、スズメ蜂襲撃に遭わずに夏を乗り切って欲しいですね。

夏野菜はシンプルな食べ方が一番な気がします。

投稿: ば~ば | 2009年7月 3日 (金) 10時00分

vivielさま
ぱっと目に入るようになりましたか!
感心、感心!
次々と襲ってくる外敵と闘いながら、蜜蜂を守り、最後に蜂蜜を収獲する、、、高度なゲーム見たいです。
写真、、性格が出てくるようですね。
おおらかで、こだわらず、明るい性格、、、、、
僕は、もうかれこれ15年以上花を撮り続けてるので、少しはプロっぽく撮れないと、、、

投稿: ナベショー | 2009年7月 3日 (金) 19時38分

かわやなぎさま
一日2000個 5~6年間、冬を除いて毎日産み続ける、、女王も楽じゃありませんね。
蜜蜂が元気にしてると癒されますよ。

投稿: ナベショー | 2009年7月 3日 (金) 19時57分

めーちゃんさま
人間よりも高度に進んでる、、としばしば思うことがあります。
6月30日、蚕が生まれる、、、数mmの大きさ、、可愛いでしょう。
こういう趣味も楽しいですね。

投稿: ナベショー | 2009年7月 3日 (金) 20時02分

tirokuroさま
蜂蜜、、5月に絞って、以後は群れを増やすために、分けているので、蜂蜜はたまらず、、、
4群が全部健全に育ったら、来年は100kgの蜂蜜が採れる、、、ご期待を!、、、、と昨年も同じこと言ってたな~
モンタ、全聴力を働かせ、後ろの僅かな物音も聞き逃がさず、、こんな優秀な猫は他にいないよ!
飼い主はわかってるのかな~?

投稿: ナベショー | 2009年7月 3日 (金) 20時10分

ムックのお母ちゃんさま
もうみなさん、蜜蜂の世話が出来ますよ。幾度探しても、何回も見直しても、見つからないこともあるんです。
群れが生き抜いていくための知恵、、すごいですね。
秋、冬野菜も良いけど、夏野菜も良いですね。
茄子、キュウリ、これだけは夏、それに青シソ、茗荷、トマト、、、
モンタの耳、、ホント、後ろを向いてるね。

投稿: ナベショー | 2009年7月 3日 (金) 20時33分

ば~ばさま
蜜蜂、、問題は秋なのです。
ダニ、病気、スズメバチ、全部秋に襲ってきます。
これらから守ってやり、冬越し準備をし、冬越しに入ったら、もう半分成功したようなものです。
昨年は4箱が一箱になってしまったのだから、、、

投稿: ナベショー | 2009年7月 3日 (金) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンズジャム | トップページ | 月下美人の開花 »