« 鱧料理 その2 | トップページ | 山用テントを買った! »

2009年7月11日 (土)

再び ギボウシ

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」今日も応援ク リックお願いします。

Img_7250_sp0000

ギボウシ

梅雨の季節、、、、花も葉の緑も美しい

僕の庭には、いくつかの種類のギボウシが咲く

Img_4504_sp0001 Img_4508_sp0000                      

種類によって、葉の色、花の付き方が異なる。

花も美しいけれど、蕾が連なってる様は、もっと美しい。

Img_4510_sp0000_2

ギボウシを撮る時は、どうしても縦の構図になるね。

Img_4517_sp0000_2 これは、僕の事情だけど、縦の画像はブログにアップしにくい。

同じ幅で二枚の写真を並べるか、

このように、幅を少しおおきくして一枚だけアップする。

もし、一枚を幅いっぱいにすると、巨大な写真になってしまうので、好ましくない。

このギボウシは、蕾がたくさん密集しているので、それ自体が絵になるね。

最近、ブログの背景で気づいた。

僕のは3年前から、このアメジストの単純な背景を使ってるが、ほかの新しいのに替えることができない。

ブログにアップする花の写真、どのような色の花を入れても、アメジストの背景と、見事に調和するのである。

実に包容力があり上品で落ち着いた色、

控えめで、主役の花の写真を背景が支える。

今日は週末、今週は山の茶園の草取りの最終日

庭、畑、茶園、、それぞれの作業を一週間単で集中して行えば、完璧な達成感のある仕事ができるだろうと、、、

山の茶園、、最下部の端、、、少し残ってた。

Img_4493_sp0000_2

ここは、完全にススキとシダ、、それに棘のある蔓性の草とやはり棘のある野苺で覆われている。

棘のある蔓性の草、、、NETで調べてみた。(写真撮るの忘れた、、)

ままこのしりぬぐい」という凄い名前がついている。

継母がじゃまな連れ子(継子)のお尻をこの草の蔓で拭いたという意味である。

可哀想に、、、お尻が血だらけ、傷だらけになるよ、、、

皆様、、ご存じでした?

この草の茎は長さ1~2mにもなって、完全に茶樹を覆っている。

茎や葉には逆さの棘がびっしりと並んでいる。

暑かったのと、わずかな面積だったので、T-シャツで作業したのが間違いだね。

僕の両腕がどのようになったかは、ご想像に、、、

最後の草取りImg_4496_sp0000 作業が終わった!                       

もうぼつぼつ梅雨明けかな、、、

蜜蜂も暑そうに、巣門の外に溢れてる

Img_4499_sp0000

モンタは涼しい家の中、、

Img_7408_sp0000

今日も、「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

|

« 鱧料理 その2 | トップページ | 山用テントを買った! »

コメント

ギボウシ~~よく見るとサフランのような 笹ゆりのような
上品な花ですよね  ギボウシは花より葉の方に目がいきますが花の方も素敵ですconfident

モンタ君の言葉・・・・・「モンタノシリヌグイ」はご主人様がしてくれます~~極楽heart01 極楽heart04  うぅ~~ん 気持ちいい背のびぃ~

投稿: れんげ畑 | 2009年7月11日 (土) 23時21分

ギボウシ,逆輸入されて今は庭の緑を作ってくれてますが,昔はこの茎を茹でて酢の物にして食べました。歯ざわりがいいけど,あまりおいしいという思い出はありません。
ままこのしりぬぐいとはしりませんでした。ミゾソバなら知ってましたが,それと違うんですよね。
モンタ君,家が一番涼しいのね。ということは,これからずっと家の中?

投稿: tirokuro | 2009年7月12日 (日) 08時24分

この背景を3年半見てますから~、これがイコール『ナベショーのシニアライフ』とインプットされちゃってます。

確かに写真のアップに縦長は使いにくいですね、縦長の細めの写真を画面中央って、ココログでも出来るのかしら・・・なんか、いつも右か左かで横に文字が入っちゃいます。

「ママコノシリヌグイ」悲惨な幼児虐待の状況を連想させます。

童話に白鳥にされた12人の兄の魔法を解くために、イラクサを踏んで柔らかくしながらベストを編み続ける妹の話が・・・イラクサの仲間なのかしら。

投稿: ば~ば | 2009年7月12日 (日) 11時00分

まさか、半ズボン?  それはないと思いますけど、、、
あれは痛いいたいの草!  どなたが命名したのか存じませんがあまりにも、、、  
ホントにチクチクですものね。

投稿: やまんば | 2009年7月12日 (日) 16時14分

れんげ畑さま
上品な美しい花、日陰でもよく育つし、大好きです。
それに種類によって初夏から秋までそれぞれの時期に咲くので有り難いです。
そう、、モンタのカリカリ、猫砂の処理、げ~げ~の掃除、、もういたせりつくぜりですよ~

投稿: ナベショー | 2009年7月12日 (日) 21時08分

tirokuroさま
春先に出てくる新芽、、和え物で食べますが、ちょっと時期を逸すると、硬くて駄目、、
そんなに美味しい、、というものでもないですね。
ミゾソバと花も茎の似てるけど、ミゾソバにはこんな棘、棘はありませんね。
すさまじい名前、、驚きました。
テーブルの上が一番冷たくて気持ちが良い、、、らしい。

投稿: ナベショー | 2009年7月12日 (日) 21時13分

ば~ばさま
この背景使ってるブログ、、ほかに無いんですね。
ますます、ほかのに代えられません。
縦の写真、左に寄せると、右の余白に文章を入れねばならないし、、
まさに昔の幼児虐待、、、今のほうがもっと悲惨かも、、、
あのイラクサ、、種類は異なるけど、やはり茎や葉に痛い毛がたくさんあって、触ると痛いそうです。

投稿: ナベショー | 2009年7月12日 (日) 21時21分

やまんばさま
下はちゃんと長ズボン、マムシ対策に長靴を履いて、、
上半身が手抜きでした、、
半そでのT-シャツ、、、、
よくぞ、こんなリアルな名前をつけたもの、、、昨夜は赤くなってひりひり、、、今日はほとんど痛くありません。

投稿: ナベショー | 2009年7月12日 (日) 21時24分

本当に 酷い名前をつけたものですね。
継子いじめってのは それを想像させる程 酷かったって事?
最近も 酷い 虐待のニュースを見るけど・・・・・

【ギボウシ】こんなに風に 写してもらうと 上品な 中年の女性かな? (笑)

蜂サン達 頑張って ね。

投稿: シーちゃん | 2009年7月12日 (日) 22時49分

シーちゃんさま
最近は死にいたる虐待、しかも我が子を、、、、昔の継子いじめ、今のほうが、もっと酷いのかも、、、、
ギボウシ、、そう中年女性の落ち着いた上品な美しさです。
カラフルなキラキラギャルよりも、僕はこのほうが好きだな~。

投稿: ナベショー | 2009年7月12日 (日) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鱧料理 その2 | トップページ | 山用テントを買った! »