« 甲斐駒ケ岳 黒戸尾根(2) | トップページ | 甲斐駒ヶ岳 美しい山麓 »

2009年8月22日 (土)

甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根(3)

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

2009年8月18~19日Img_6151_sp0000                             

甲斐駒ヶ岳黒戸尾根七丈小屋テント場

テントを叩きつける雷雨は止み、いつしか外は満天の星空

気温が下がり、寝袋の中に潜り込むも、なかなか眠れず、、、

ここは標高ほぼ2300m

2967mの甲斐駒ヶ岳まで、標高差約600mの急登

ガイド地図によれば コースタイム 登り2:30 下り1:30 合計 4:00

丁度昨年の秋、反対側の北沢峠の仙水小屋(約2000m)から甲斐駒ヶ岳への往復に7:30要している。

早朝、出発したとして、山頂には7時~8時、七丈小屋には10~11時

既に体力、脚力を消耗し、疲労した状態で15kgの荷物を背負って、安全に下山出来るだろうか?

あの梯子と鎖場の黒戸尾根を、、、、、

山の事故は、ほとんど下山中に発生する

よって、甲斐駒ケ岳山頂は諦めて、七丈小屋より黒戸尾根を下山することにした。

日本三大急登の一つである黒戸尾根、、、十分体験させてもらった。

いつの間にか眠っていたが、2時頃に騒がしい音と声で起こされた。

隣のテント、東洋大山岳部

もう出発の準備を始めたのだ、、、、

先輩が新入生2人を厳しく鍛えている!

彼らは、テントを畳んで、4時に出発していった、、、Img_6152_sp0000

リーダーの学生は白馬の出身、池袋の好日山荘でアルバイト、お父さんは山岳ガイド、

昨日から、登山についていろいろ教えてもらった。

朝日連峰の大遭難に関連して、山の遭難で生死を分けるのは何ですか?

装備ですか、、体力、経験ですか?

彼曰く、、

最終的には生き抜こうとする生への限りなき執着、ハートです!

かって雪山の吹雪の中で遭難した同条件の二つのパーテイー

一つは全員死亡、もう一つのパーテイーは全員元気に下山

元気に下山したパーテイーのリーダーは、明るく振る舞い、自信をもってメンバーを励まし、一夜を明かして、全員が生環した。

リーダーの能力によりますね。

朝食をとり、テントを撤収し、6時に下山開始

おっかない多くの梯子も鎖場も無事通過し、屏風岩に

Img_6172_sp0000

やれやれ、、ここまで来れば、もう安心

いやいや、気を抜くな!

小石一個に躓いて、滑落事故になることもあるぞ、、、

刃渡りから見た富士山

Img_6179_sp0000

シラビソの苔むした原生林の中の山道、、、

Img_6176_sp0000

長い下り道、、、、、やはり、登りの時と異なりザックの15kgは、ほとんど気にならない

でも、脚はかなり疲労してる

11時頃、竹宇駒ヶ岳神社側のキャンプ場に無事下山した。

ラーメンを食べて、尾白温泉に入って三日間の汗を流し、若干の昼寝を!

Img_6187_sp0000_2

甲斐駒ケ岳山麓で第二の人生を送るブログの読者「ミモザさん」

ご主人が車で迎えに来てくれて、ミモザさんの素敵なお家へ

Img_6218_sp0000

花と緑の美しいお庭、、ガーデニングブログをされれば、すぐにベストテンに入るよ。

16時過ぎにJR中央線日野春駅に着くナベショーの妻を一緒に迎えに行き、

ミモザさんのお家で、しばし過ごして、今晩の宿泊予定のペンションB&B白州

Img_6201_sp0000

ペンションでミモザさんご夫妻とナベショー夫婦4人で夕食を一緒に!

お互いに初対面であるにもかかわらず、旧知の友人のように親しく、話題は限りなく、時間を忘れて、、、、

甲斐駒が岳山頂には立てなかったが、素晴らしい時を持つことができた。

モンタ、、家の中と外では、表情が異なるね。

Img_6240_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

|

« 甲斐駒ケ岳 黒戸尾根(2) | トップページ | 甲斐駒ヶ岳 美しい山麓 »

コメント

登頂をきっぱりとあきらめた勇気ある決定に大拍手。

投稿: Yash | 2009年8月22日 (土) 23時24分

この三日間、心配だったよ。
よかった、無事で。
何かあってもすぐに駆けつけられないから。

負けず嫌いのお父さんがあきらめるくらいなんだから、よっぽど大変な山だったんだね。

投稿: LAの次女 | 2009年8月23日 (日) 00時28分

お疲れ様で~す!

ドキドキしながら、2泊3日山登りの記事を読んでいました。
特に、昨日のはしご道と鎖道と細い細い道。
見ただけで、ヒエーッと声がでそうなコースですね。

高い所から見る山の景色は、すばらしい!!
苦労した人だけがみることができるご褒美ですね。
私も、ナベショーブログで十分堪能させていただきました。
ありがとうございま~す。
ミモザさんご夫妻との歓談も又楽しい出会いですね。

投稿: 三つ子ばあば | 2009年8月23日 (日) 04時03分

決断する時って勇気が要りますね。いろんな条件を冷静に判断したのは,これまでの経験がものをいうのでしょうね。日野春?その日はその辺りをうろうろしてました。その近くに薔薇農場があるのです。(長野県ですが)
モンタ君,いい顔してる。今日もアップで楽しんだわ。

投稿: tirokuro | 2009年8月23日 (日) 07時10分

あ、こんなアクシデントもあったのですか、予定は順調にこなせたと思っておりました。

こういうときの進退の決断は勇気が要りますね・・・なまじ予定に未練がありすぎると引き返せずに大事に至ることもあるでしょうし。

ミモザさんご夫婦との交流は良かったですね~、第2の人生の輪が広がることは楽しいことですもの。

投稿: ば~ば | 2009年8月23日 (日) 08時57分

勇気ある 変更ですね。
最初の写真の ピンクの寝袋? 間違い写真?と(笑)
あの 鎖の所は どうやって降りるんですか? 後ろ向き? 奥様 同行じゃない分、慎重になったとしたら ヤッパリ 名コンビですよ(ブレーキを踏む 事を覚えたんだから・・笑) 麓で 奥様を始め ミモザさんご夫妻と 待っている人達が居たんだから・・ 元気に下山 ナニヨリ!。

Laの 次女さんの 久し振りのコメント(父親の性格を知っての上の心配)、お元気に 頑張って居るんでしょうね。

投稿: シーちゃん | 2009年8月23日 (日) 09時12分

おはようございます

今日もマウスを上下にしながら拝見しました。
ナベショーさんの判断、勇気、決断力は素晴らしいですね。
ご本人は残念な所もお有りかと思いますがしっかり後々のことも考えての決断は人生の経験者ですねぇ。
山岳部のリーダーさん、まだまだ頼もしい若人がいらっしゃる嬉しさを感じました。
ナベショーさん大きな沢山の収穫がありましたねぇ~
本当に読ませて頂いただけでも教えられることが多かったです。
モンタ君安心してお散歩できるね~

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年8月23日 (日) 09時42分

おっとっと氏と一緒に拝見させていただきました。
若かりし頃に登山をした彼には懐かしい画像だったようです。
あかんよ!鍛えてないのだから・・・とくぎを刺しておきました。
プラス思考の明るい性格のリーダーを探さないと,あなたはすぐ諦めるでしょう?

登頂を諦める決断力も・・・怪しい。
なんて信用していませんね私。

投稿: viviel | 2009年8月23日 (日) 12時51分

無事で何よりです。
決断することも重要ですよね。
奥様も安心なさったでしょう。
あの階段見ているだけでため息ものです。
てっきりご一緒だと思ってました・・・。

投稿: ショコラママ | 2009年8月23日 (日) 13時33分

Yashさま
命あっての第二の人生、、、登頂は次の機会に!

投稿: ナベショー | 2009年8月23日 (日) 14時34分

LAの次女さん
心配かけたね~
あんな心霊写真みたいの載せるから余計に心配だね。
ふ~、、大変な山だった。

投稿: ナベショー | 2009年8月23日 (日) 14時37分

三つ子ばあばさま
梯子、、ほんとに ヒエ~、、の連続でした。
でも、山道で転倒したら、谷にまっさかさま、、というようなところは少なく、ほとんどの登山道は広くで安全でしたよ。
山の景色は美しく、絵になります。
夕暮れや明け方は、特に美しいですね。

投稿: ナベショー | 2009年8月23日 (日) 14時44分

tirokuroさま
あの梯子と鎖場の連続の下山に自分の体力が耐えられるか、、、若干不安だったので、今回は断念しました。
基本的には、勇気というより、臆病なのでしょう。
もう、若くは無いので、、、
日野春付近をうろうろ、、涼しくて景色が良くて、とてもいいところでしたね。
どこかですれ違ってたかな?
モンタ、、外のほうがきりっと良い顔するね。

投稿: ナベショー | 2009年8月23日 (日) 14時53分

ば~ばさま
まあ、アクシデントというか、計画変更ですね。
山は頂上を極めることと同じく、自力で無事に下山することのほうが、もっと大切だと思いました。
山登りは、そういう自分の限界ぎりぎりの状況を体験させてくれます。
おかげで、ミモザさんご夫妻との楽しい交流が出来ました。
無事に下山出来てこそ、、でした。

投稿: ナベショー | 2009年8月23日 (日) 14時59分

しーちゃんさま
勇気ある決断、、というより怖さのほうが先に立ちました。
基本的に臆病なのでしょう。
ガクガクの足であのたくさんの梯子を下るなんて、、怖くてとても出来ないよ~、、、って。
あの最初の写真、ピンクの寝袋の中で、明日はどうするか、、もんもんとしながら考えてました。
登りも下りも、梯子も鎖場も、腹ばいで両手両足でしっかりしがみつきながら一歩一歩です。
麓で、ミモザさんご夫妻や妻が待ってると思うと、何としても無事に下山しなければ、、と。
後で聞いたのだけど、厳しい鎖場の側、亡くなった人の碑がたくさんあったそうです。
見なくてよかった、、、
LAの次女さん、、久々のコメントでしたね。
お店開店し、忙しく頑張ってます。

投稿: ナベショー | 2009年8月23日 (日) 15時15分

ムックの母ちゃんさま
勇気ある決断、、というより臆病風が吹いたのでしょう、、、、失敗の経験が多いので。
まだ、まだ、元気にシニアーライフを楽しみたいです。
若い人、、みなしっかりして頼もしいです。
走って4~5時間で往復する訓練してる若者、登山訓練の山岳部のリーダー、、、
山での人との出会い、、良いですね。

投稿: ナベショー | 2009年8月23日 (日) 15時24分

vivielさま
登山は良いですよ~
ご主人さま、、ましてや若かりし頃に登山やってたなんて、、寝た子を起こしてしまったかな。
vivielさまもご一緒に始められたらいかが?
ダイエットにもなるし、脚も腕もたくましくなりますよ!

投稿: ナベショー | 2009年8月23日 (日) 15時29分

ショコラママさま
山は、とにかく自力で麓まで下山しなければならない、、
だから、捻挫したり、転倒したり、アクシデントに遭遇して歩けなくなったら大変です。
妻も、以前は一緒に南アルプスを登ったのですが、、、

投稿: ナベショー | 2009年8月23日 (日) 15時36分

雷雨晴れたのに、思い切っての山頂断念、冷静な
判断すばらしいですね。
下山されてから、有意義な時間を過ごされ
ブログ楽しく見せていただきました。
兼ねてより、サントリー工場も行ってみたいと
ガイドブックでマークしてました。

投稿: 五十路 | 2009年8月24日 (月) 10時03分

山では決して無理をしないことが、鉄則ですね。
勇気を持っての下山の決断、ほっとしました。

次回は荷物を軽くしての登頂はいかがですか?

下山後の楽しいひと時、奥様も合流なされたのですね。

ミモザ様ご夫妻とのひと時、又山でお会いした人たち、
いろいろな方たちとの出会いなど、大変有意義な時をすごされたかと思います。

筋肉痛はそろそろ治ってきましたか?

投稿: にりんそう | 2009年8月24日 (月) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 甲斐駒ケ岳 黒戸尾根(2) | トップページ | 甲斐駒ヶ岳 美しい山麓 »