« 簡単、、茗荷の柴漬け | トップページ | 百日紅の花 »

2009年8月 1日 (土)

百日草

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_8363_sp0000

ヒャクニチソウ(百日草) 

初夏から初秋までの長きにわたって咲いている。

ほんとに百日間、花が開いたままで咲く続けていそうだね。

Img_8372_sp0000

昔、子供の頃の田舎では、どのお家の庭にも、百日草がたくさん咲いていた。

お盆のお供え用のお花だった。

Img_8378_sp0000

今のお墓のように「、、、、家先祖代々の墓」ではなく、 「、、、、、居士」元禄、、年なんて

江戸時代の昔からの一人、一人のための石塔がある。

石塔に一対づつの花筒とそれを飾るお花が必要、、

先祖からのお墓を守る田舎の家では、その労力たるや大変なことになる。

子供の頃、田舎ではどのお家の庭にも、百日草がたくさん咲いてた。

暑い日照りの続く八月、丈夫に咲く花は百日草くらい、、、

Img_8385_sp0000_2

我が家では、鯖寿司をしばしば作るため、紅生姜が欠かせない。

寿司屋が出す薄いピンクの生姜、ガリやスーパーに売ってる人工着色の赤い生姜ではしょうがない、、、

濃ピンクの真紅の紅生姜でなければならない。

我が畑の新生姜、、、まだ大きく成長してない

妻がスーパーで、ほぼ1kg 買ってきた、、

Img_5640_sp0000_2

これでは足らないが、来週にJAの朝市で予約注文するしかない。

まっ、とりあえず 二つに切って、、

Img_5642_sp0000  

5%の塩をまぶしながら、容器に並べていく

Img_5643_sp0000

蓋をして、荷重をかけて、、、

Img_5655_sp0000

こうして、水が上がってくるまで数日間、押しておく。

塩漬けの後は、取り出して梅干しの赤梅酢で漬ける

今晩は妻がマーボー豆腐を、、、

Img_5652_sp0000

もう義母は、マーボー豆腐とかカボチャの煮たのとか煮魚の身とか、、すぐ容易のつぶれる物や流動的な物しか食べられなくなった。

口の中で食べ物を咀嚼出来ないので、硬い塊はすぐに喉に詰めてしまう、、、、

あるいは飲み込むことができないで、口の中がいっぱいになってしまう、、、

僕はゴーヤのかき揚げを、、、

ゴーヤ、インゲン豆、シラス干し、新生姜、、、いろいろ入れた。Img_5648_sp0000     

モンタ、、、外から帰ってきた時は、、、何時間でも、、、

Img_8403_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

|

« 簡単、、茗荷の柴漬け | トップページ | 百日紅の花 »

コメント

柴漬け、美味しそう!
でも・・簡単?
手間がかかってます。
今日は、採れたナス、ミョウガ、シソを軽く塩もみして、ギュッ・・・擦り胡麻かけて・・・
あれっ?
これ、ナベショーさんのレシピだった?

投稿: MONA | 2009年8月 1日 (土) 23時10分

百日草は田舎にピッタリの花。
水をやるのを忘れていても、枯れることなく咲き続けてくれます。
私の花畑は百日草と鶏頭の花が主流です。
3年前までひとりひとりの墓に竹筒を立てて、お花を供えていました。
お盆は花畑のようなお墓になったものです。
百日草は平凡だけど夏の花の存在感がありますね。
お盆に帰省されてはいかがですか?

投稿: めーちゃん | 2009年8月 1日 (土) 23時19分

おはようございます

百日草~最近見なくなりました。
昔は、お家の庭や路地にも必ず咲いていましたよねぇ~ちょっと暑い色でした。
つめきり草なんてお花もあったような~
ナベショーさんのブログを読ませて頂いて
母のこと夫婦のこと同じなんだと思って気持ちが楽になります。
分かっていてもイライラしたりしていまって。。。もっと「ゆとり」を持たないとって反省ばかりですが素直に出せないです。
八月は、お寺さんの盆参りやお墓参り、それにくっ付く食事の世話あぁ~頑張らないと。。。です。

モンタ君締め出されたのぉ~まだ入りたくないのぉ~

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年8月 2日 (日) 09時14分

うちも紅生姜とお寿司用の甘酢漬けの生姜は,自家製です。使っていても気分がいいですね。
モンタ君,待つことに慣れているから平気だね。家の中が窺える様なガラスだったら,きっとのぞくだろうね。外の空気をいっぱい吸ってきたら気持ちがよいでしょう。モンタ君の敵は近くにいないのかしら。

投稿: tirokuro | 2009年8月 2日 (日) 09時32分

百日草、ダリア、グラジオラス・・・昔の庭には大抵ありましたね。
最近は外来の園芸種が多くなってか、あまり見られなくなった花々。

お義母様のご様子に母を偲びました・・・嚥下困難で大好物のヨーグルトさえ飲み込めず、口から溢れさせてしまうので、口中から取り出そうとすると必死に抵抗して、いつまでも頬張ったまま・・・イライラして声を荒げたことなど、いま思えばその時の私の狭い心が哀しいですが~。

投稿: ば~ば | 2009年8月 2日 (日) 09時37分

こんにちは

再びすいません。
本屋さんに藤原伊織さんの本を買いに行って何冊かの衝動買いです。
その中のシオリに百田尚樹さんの「風の中のマリア」と言うオオスズメバチの小説らしいのですが。。。読んでないので書けませんが連絡網です。私は「永遠の0ゼロ」を買いました。
何かまとまらなくてすいません。
興味がお有りでしたらついでの時にでも本屋さんで見てください。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年8月 2日 (日) 15時15分

MONAさま
塩漬けして、絞って、梅酢など調味料入れるだけ、、、
3工程か、、、僕の料理にしては加工度が多いね~

投稿: ナベショー | 2009年8月 2日 (日) 15時55分

めーちゃんさま
百日草と鶏頭、、、どんな暑い日照りが続いても、健気に耐えてくれますね~
お墓、、世話が大変だし、古い墓を整理して、まとめて一つ、、、家の墓にする家も多いですね。
子供達は墓のお守はしてくれそうにないので僕はお墓を作らないつもりなんだけど、、、
お盆に上林へ、、、久しく帰ってないな~

投稿: ナベショー | 2009年8月 2日 (日) 16時00分

ムックのお母ちゃんさま
公園や小学校の花壇なんかで、時々見かけますが、少なくなりましたね。
やはり、一見して華やかさがないからでしょう、、、
つめきり草、、どんな花だったかな?
まあ、、いろんな時、状況があるので、イライラ腹を立てる時も多々、ありますね。
やんわりと受け止めることができればいいのですが、そうはなかなかいかなくて、、、
モンタに八つ当たり、、?
八月、、なにかとあわただしいですね。
閉めだされたモンタ、、誰かが入れてくれるまで、何時間でもじ~と待ってるんですよ。

投稿: ナベショー | 2009年8月 2日 (日) 16時08分

tirokuroさま
自家製は気持ちいいですね。
人工着色の色じゃないし、、、真紅の生姜、綺麗です。
ドアの端から家の中が見えるんです。
夜、暗い中、ガラスのドアの外から、青い目をしたモンタが覗いてる事があります。
入れるの忘れて朝までほっておかれたりして、、、
モンタの敵、、近くに住む強いノラだね。
時々、耳を噛まれてる、、、

投稿: ナベショー | 2009年8月 2日 (日) 16時13分

ば~ばさま
昔、普通にみられた花、、少なくなりました。
この辺は田舎なので、農家の広い庭には、まだまだ咲いてるところが多いですよ。
脳梗塞の後遺症なので、どうにもならないのでしょうが、まだ、何とか自分で食べようとしてくれるので助かります。
いよいよ食べられなくなったら、、、

投稿: ナベショー | 2009年8月 2日 (日) 16時17分

ムックのお母ちゃんさま
百田尚樹さんの「風の中のマリア」オオスズメバチの小説なんですね。
スズメバチの生態も詳しく書かれているそうで面白そうです。
藤原伊織さんも百田尚樹さんの小説も、まだ読んだことがありませんでしたが、紹介してくださりありがとうございました。

投稿: ナベショー | 2009年8月 2日 (日) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 簡単、、茗荷の柴漬け | トップページ | 百日紅の花 »