« 栗の渋皮煮 | トップページ | 二ラの花が満開 »

2009年9月11日 (金)

リコリスの花

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9549_sp0000

リコリス

彼岸花科の花を総称してリコリスという

Img_9548_sp0000 夏に咲くナツズイセン、

キツネノカミソリ、彼岸花、、、

みんなリコリス

ただし、アルカロイドを多量に含む有毒植物である。

彼岸花が美しいにもかかわらず、昔から日本では忌み嫌われているのは、その有毒故であろう。

しかし、常に人の住むところに大量に咲き、いざ大飢饉の時は、球根を掘り起こし、潰して水でさらして毒を除き、デンプンを採って食料とした。

中国からの渡来人と共に、日本に来た花

人里離れた山の奥、、彼岸花が咲いてたら、昔、人が住んだ集落の存在を示す

八月に咲いたナツズイセンは薄いピンク、、

今年は、もう地中から出てこないのかな、、と心配してたら、なんと庭にちゃんと咲いてるではないか!

この秋咲きのリコリス、、、ピンクに紫がかかった色、、、美しい!

Img_9540_sp0000

今日は保健所による蜜蜂の検査

感染すると蜜蜂の幼虫が次々と腐ってしまう恐ろしいアメリカ腐蛆病

保健所の検査員が指定する巣箱を開けて、巣脾枠を一枚づつ見せる

Img_6925_sp0000

法定伝染病に指定されていて、この病気が発見されると、蜜蜂の群れを巣箱ごと焼却せねばならない。

緊張の一瞬である。

藤枝地区、すべての養蜂家の蜜蜂を検査、、みんな一緒について回る

他の養蜂家の蜜蜂や蜂場を見たり、いろんな情報交換ができる機会でもある。

これは、スズメバチの襲来によって全滅した巣箱Img_6928_sp0000                   

箱の上の置いたネズミ獲り用の粘着シート、、、襲ってきてくっついた大量のスズメバチの死骸

巣門の前は、スズメバチによって殺された働き蜂の死骸の山、、、

アップしましょう!

Img_6929_sp0000

居たはずの女王蜂がいなくなったり、女王蜂の幼虫が死んでしまう、、また、生まれた女王蜂が従来よりも小さい、、

今までになかったような異変が、昨年、この春以来多々発生している。

働き蜂が急に減ってしまって群れが短期間で消滅してしまった、、、

花蜜や花粉を集めに飛び立った働き蜂が、方向感覚が狂って、巣に帰れなくなったためではないだろうか、、、農薬の影響か?

昨年は薬剤への耐性ダニの大発生によって、全国的に壊滅的被害

とにかく、何十年も養蜂をやってる大ベテランさえも、苦労をしてるのである。

地球の自然界の生態系が狂い始めて、最も小さな昆虫達への影響が、具体的な現象として顕在化してきたのであろう。

先日、畑から収獲してきた8個の貴重な 南瓜

一個使っていいでしょう?、、、、、と妻

Img_6915_sp0000_2

パンプキンパイが出来てました!

Img_6912_sp0000_2

モンタ、、複雑な姿勢をしてるね~

Img_6963_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

|

« 栗の渋皮煮 | トップページ | 二ラの花が満開 »

コメント

彼岸花が人里深い所に咲いていた時は、以前住居があったかもしれないことなど想いめぐらすようにします。
一斉に咲き揃い、里山を賑やかに飾ってくれる神秘的な花です。
蜜蜂の異常な行動は人間社会の警告で、私たちはもっと謙虚にそして深刻に蜜蜂の警告を聞かなければならないと思います。
みつばちさ~ん 元気に秋を過ごしてね。

投稿: めーちゃん | 2009年9月12日 (土) 06時24分

おはようございます。
ミツバチの人間社会への警告、しっかりと受け止めなくてはいけませんね。

ナベショーさんの家はご夫婦そろってお料理上手、
奥様の作られるデザートもおいしそうですね。

投稿: にりんそう | 2009年9月12日 (土) 09時19分

おはようございます。って、あまり早くないんですが・・。

今日もきれいなお花のアップで、まだ覚めていない目でぼ~っと見ていました。風邪気味なのです。

蜂は大変な事になっていますね~。有吉佐和子さんの”複合汚染”や、レーチェル・カーソンさんの”沈黙の春”が、脳裏に浮かびます。

環境問題って、日本の取り組みは甘い、と思うんです。国そのものが取り組んでいるところもあるのに。
私は、10年以上前から、家で使う洗剤、せっけん類は本当に無添加のせっけんのものに変えました。

これは、食べても大丈夫なせっけんです。だから、植木にも、たとえば汚れ水をあげる事ができるんです。
弟の若白髪とか、母のハゲとか、私の髪の枝毛とかお肌の荒れとか、父のじんましんも治りました。
九州のしゃ××玉せっけんの会社ですが、御存じでしょうか。

また、コメント長くなりました。(●^o^●)
でもせっけんを変えて、化粧品も全然使わなくてよくなりトリートメントもなしで、髪もカラスの濡れ羽色、となれば、女性にも男性にもお勧めです。

投稿: メアリー | 2009年9月12日 (土) 09時31分

おはようございます

中国からの渡来人~試行錯誤しながら大切に育てたのでしょうね。
彼岸花を見つけたらそんな思いで見てみます。
蜜蜂たちが訴えてること真摯に受け止めないと恐ろしいことになりますね・・・
昨夜バラエティ番組で巣箱を作った隣に
金稜辺欄の鉢を置いていましたが蜜蜂が好むんですね。
それとネコブログで見たのですが
田んぼにニラを植えるのってモグラ除けなんですって??
貴重な南瓜が美味しそうなパイに~パイを頂きたいで~す。
モンタ君捻りの入った新体操??

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年9月12日 (土) 10時05分

モンタ君!ついにやりましたね。セミイナバウワー。お見事。これを床でできると体にいいんだよ。私(モモ)の得意技だけど,最近チロもクリもするの。サルも新しいことは若者がするって言うけど,猫もそうみたい。

働き蜂の山の画像は,ナベショーさん巣箱ですか。

投稿: tirokuro | 2009年9月12日 (土) 11時33分

こんにちは、食いしん坊のえるだーです。
ミツバチの管理の厳しさ、皆さんの表情から窺い知ることが出来ます。大変ですねえ、蜂達も受難の時代になっているようですね、いずれ、人間社会にも余波がきそう、もう来てるかな?
新型インフルエンザがそうかもしれません。
で、えるだーは、パンプキンパイによだれをたらしていますよ。美味しそう。
秋刀魚と大根の煮物、ホッケの煮物、いちじくのソテー、くりの渋皮煮、全てチャレンジしてみたいとおもいます。
が、上手く出来るか自信の程はありませんが。

投稿: えるだー | 2009年9月12日 (土) 12時23分

奥様手作りのパンプキンパイご馳走になりたいです。
パイ作りは結構手間取るので簡単ケーキしか焼きませんが
アップルパイでも・・って気になりましたよ。
毎日美味しいものが並ぶとダイエットは当分無理でしょ。

保険所の検査は無事合格だったのですね。
養蜂家のご苦労を教えられました。
自然を相手の仕事は本当に大変です 全ての食生活は
その自然界から頂いてるわけですけど。

秋咲きリコリス 淡いピンクが爽やかです。
此方は彼岸花が咲き出しました。

投稿: ミモザ | 2009年9月12日 (土) 13時10分

ナベショーさま

養蜂のお話の時などの、ナベショーさんの格調高い文章素敵です。 奥様のことを《妻》とおっしゃるのも良いなぁと思っていました。

奥様の栗の渋皮煮と今日のパンプキンパイ、美味しそうですね~  最近はお菓子も、どこそこの何々というようなものが持て囃されていますが、材料本来の味を活かしてお作りになっている、ナベショーさんとこのお菓子、美味しいんでしょうねぇ!!頂きたい~!!

リコリス、美しいですねぇ!ダイヤモンドリリーと似てますが同じ仲間でしょうか?

cat9日のモンタクン、男前ですね~! 私は猫はちょっと苦手なんですが、モンタクンのことが好きになってきました~heart04

投稿: たんぽぽ | 2009年9月12日 (土) 14時18分

めーちゃんさま
彼岸花、、昔、稲作文化とともに日本にやってきたのでしょう。
深い山の中で彼岸花を見かけることがあります。
地球環境の変化、異常、を小さな蜜蜂は敏感に影響受けるのですね。
蜜蜂のサインから学ばねばなりませんね。

投稿: ナベショー | 2009年9月12日 (土) 20時25分

にりんそうさま
手遅れにならないうちに、しっかり対処しないと大変なことになりますね。
料理、、まあ大雑把ですが、それぞれの得意な料理を楽しんでおります。

投稿: ナベショー | 2009年9月12日 (土) 20時31分

メアリーさま
いちばん弱い昆虫に、最初に影響が表れるようですね。
蜜蜂に関しては、数年前からカルホリニアのアーモンド園の蜜蜂失踪が大問題になって以来、世界中の蜜蜂に異変が起こっています。
シャンプーや石鹸は、毎日使うだけに、アレルギーや皮膚に合わない場合は、問題が出てきますね。

投稿: ナベショー | 2009年9月12日 (土) 20時42分

ムックのお母ちゃんさま
中国から日本に渡ってきた人達が持ってきた作物の中に彼岸花の球根が紛れ込んでいたのでしょう。
日本蜜蜂は、あの特別な欄の花に誘因されてやってきます。
日本蜜蜂を巣箱の呼びこむのに使います。
モンタ、、新体操です。

投稿: ナベショー | 2009年9月12日 (土) 20時47分

tirokuroさま
練習の甲斐あって、ついにセミイナバウアーが出来た!
でも、ちょっと手を捻っちゃったな~
働き蜂の死骸の山、、これは僕の巣箱ではありません。
でも、酷いでしょう。

投稿: ナベショー | 2009年9月12日 (土) 20時52分

えるだー様
次第に蜜蜂が生きていける自然環境が破壊されつつあるようです、
そのうち、人間も、、、、恐ろしいですね。
空気も水の汚染され、野菜も農薬漬け、、、いいわけないですね。
僕のは簡単な料理ばかり、、すぐ再現できますよ!

投稿: ナベショー | 2009年9月12日 (土) 20時58分

ミモザさま
ダイエット、、当分というか、永遠に無理かも、、、
作って食べるのが楽しいのでしょうね。
紅玉林檎が出てきたら、アップルパイ、、
保健所の検査、、OKでしたが、これから12月まで油断できません。
自然の生き物相手は、苦労が多いですね、、、
彼岸花、、来週中にはかなり咲くでしょう。

投稿: ナベショー | 2009年9月12日 (土) 21時03分

たんぽぽさま
駄文、雑文ばかり書いてるので、たまには格調高い文章も、、
パンプキンパイ、、20代の頃の、古いレシピーの紙を引っ張り出して、もう忘れたと言いながら作ってます。
身近な材料で作るのは楽しいし、美味しく感じます。
リコリス、、ダイアモンドリリーも同じ彼岸花科の花、美しいですね。
モンタ、、毎日見てると情が移ってくるでしょう。

投稿: ナベショー | 2009年9月12日 (土) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栗の渋皮煮 | トップページ | 二ラの花が満開 »