« また、どこかに、、、 | トップページ | 再び彼岸花(3)ピンクの花 »

2009年9月16日 (水)

南アルプス茶臼岳へ向かって

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_7251_sp0000

中央右の山が、南アルプス茶臼岳(2604m)

僕が初めて登った南アルプスの山、、妻を初めて南アルプスに連れて行ったのも茶臼岳、

僕は、妻と2回、長女、近所のSさん、単独2回で、、かれこれ、6回登ってる山である。

自宅から車で3時間、畑薙第一ダムから約1kmの沼平の駐車場ゲート

ここが、南アルプスの静岡側からの入口である。

ここからは中部電力と東海フォーレスト(株)の管理地、一般車両は入れない。

東海フォーレストのリムジンバスに乗って一時間、椹島(さわらじま)ロッジから赤石、荒川、聖岳に登るのが一般的なルートである。

僕は沼平の駐車場に車を置いて、約2.5kmを歩いて畑薙大吊橋を渡り、茶臼岳を登る

Img_7289_sp0000

(地図をクリックすると、拡大できます)

実は、今回の登山、、、15日の朝、突然妻が行こうと言いだして、急きょ出発!

16日の夕方まで義母のショートステイ

当然、それまでに帰ってくるには、茶臼岳頂上の往復はできない。

美しい渓谷を歩き、ウソッコ沢小屋まで行き、そこに泊まって帰ってくるだけで十分満足という。

朝、9時に出発し、沼平には12時20分

畑薙大吊橋を渡ったのは13時00分

いきなりの急登

以前、一人で登った時、腐った大木に蜂が巣を作ってて、僕は大丈夫だったが、後から来た5~6人のパーテイーが蜂の群れに襲われて、登山を中止したことがあった。

Img_7197_sp0000

美しい樹林帯のアップダウンが続く、、が、急な斜面の登山道は痩せていて、踏み外したらお仕舞い!

Img_7055_sp0000

美しい渓谷に沿った道

Img_7065_sp0000_2

いくつかの吊り橋を渡り、

Img_7192_sp0000_2

険しい梯子も登り、、

Img_7175_sp0000

Img_7080_sp0000

ウソッコ沢小屋に14時45分に着く

コースタイムより、かなり早い

Img_7087_sp0000

実は、十数年前、初めて妻を南アルプス登山に連れて行った時、16時頃に着いてこの無人小屋に泊まっている。

雨が降ってて、夜になると、墨を流したように真っ暗、一寸先も見えなかった、

ここから、かなりの急登が続くが、コースタイム1時間50分で横窪沢小屋まで行ける。

17時なら、まだ明るい

さらに、横窪沢小屋を目指した。

険しい階段が、、、

Img_7154_sp0000

急坂が、、、Img_7095_sp0000                                    

これだけ急登が続くのは、南アルプスでも稀である。

歩幅を靴一つ分にして、呼吸が乱れないペースを維持して一歩、一歩、身体を前に運ぶ。

妻に、幾度も、歩幅を狭く、、と指示するが、なかなか出来ないようだ、、

疲労が極に達しているようだな、、、、

おお、やっと横窪沢小屋に着いた!

Img_7103_sp0000

16時20分、、、、所要時間1時間35分

コースタイムの1時間50分より速いね。

9月に入って、山小屋は閉鎖されて無人だが、冬期登山者用に、一部のみが解放されている。

小屋の宿泊者は我々二人のみ、

夕食は、カレーピラフ

Img_7107_sp0000

6時に就寝

Tーシャツ、長袖シャツ、フリース、ダウンジャケットで寝袋、、これで十分暖かい

さらにセーター、ズボン下、を持っておれば、10月中洵まではOKかな、、、

翌朝、

夜中の星空と、夜明けの三日月、明けの明星、、、これを見ただけで十分来た甲斐があったと興奮気味の妻

急坂を、3時間登れば2604mの茶臼岳頂上

しかし、往復の時間を入れると、夕方には自宅に帰れない。

朝食をとって7時に下山

下山途中、気になることがありウソッコ沢小屋へ

小屋の中、、昨日、小屋の中に荷物が詰まった約50Lのザックが置いてあったのを見た。

Img_7165_sp0000

今日も、そのままの形でザックが、、、、

ザックの中を確認するわけにはいかないが、ザックの下には黒いシャツとジッポの高級ライターが、、、、

ここにザックを置いて、デイバックで茶臼岳に向かうことは考えられない。

中間地点の横窪沢小屋に泊まったのは我々のみ、

他に誰も出会っていない、、、

このザックの持ち主は、、、???????

かなり下山してから気がついた

小屋から数十m斜面を下った沢周辺を確認すべきであったと、、、

10時過ぎには、畑薙大吊橋へ、、、

これを渡らないと帰れない、、、

Img_7202_sp0000

以前、満々と青い水をたたえたダム湖、強い横風にあおられて吊り橋が左右に揺れる

橋の途中で、恐怖で歩けなくなり、風が収まるまでかがみこんでいたことがあった。

吊橋の長さは180m

今日は楽勝で渡りました。

Img_7208_sp0000

吊り橋から、さらに歩いて沼平のゲートへ 11時10分

ゲートの事務所からウソッコ沢小屋に残されたザックのことを静岡県警に連絡した。

何か悪いことでないのを祈る

帰り途中に温泉に、、以前の赤石温泉 

Img_7249_sp0000

自宅には15時過ぎに、、、

モンタは、すこし寂しそうだったかな、、

Img_7277_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

|

« また、どこかに、、、 | トップページ | 再び彼岸花(3)ピンクの花 »

コメント

おはようございます

急遽出かけられたんですねぇ~
でも、ちゃ~んと登山の用意万端。
川の音や山の匂いがしてきそうです。
連休前で人影もなさそうで満喫されたんでしょうねぇ。
帰りのつり橋の長いこと・・・
ナベショーさんの笑顔が満足って描いてますよ。
大きなザックの方、何も無ければいいですね・・・
モンタ君事前連絡して貰わないと心の準備がいるものね。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年9月17日 (木) 08時39分

ご無事で帰宅、お疲れ様でした。

奥様もすっかり登山の魅力に引き込まれたようですね。
サラッと言い出して、スッと出かけられる日頃の準備が素晴らしいです。

ザックの方、特に事故などのニュースも無いようだし・・・無事でありますように。

投稿: ば~ば | 2009年9月17日 (木) 09時11分

お帰りなさい!!
ご無事で何より!!(ザックの方もご無事でありますように!) 
今朝のニュースでクレヨンしんちゃんの作家の方が山へ行ったきり帰らないと・・・思わず『ナベショーさんは??』と心配になりましたが帰ってらして良かったです。
そして、奥様とご一緒にいらしたんですね!美しい景色とご夫婦の温かさが同時に伝わってきます。吊り橋を渡るナベショーさんの表情が素敵です!

モンタクン、ちょっとすねて、いっぱい甘えてcatheart04よかったネ!! 

投稿: たんぽぽ | 2009年9月17日 (木) 09時16分

ヤッパリすごいです。
ハードな山です。
それについていく奥様もすごいです。
斜めに渡るやせている登山道、恐いですね。
一歩足をすべらしたら・・・。
それにしても、残されたザック、どうしたのでしょう。
何もなければいいですね。

投稿: にりんそう | 2009年9月17日 (木) 16時31分

ムックのお母ちゃんさま
一昨年の夏、南アルプス仙丈が岳に登り、去年は甲斐駒ケ岳を登る予定が、手首の骨折のために登れず、、今年こそは、、、と期待してたのに、義母の体調がイマイチでままならず、、僕だけが黒戸尾根の甲斐駒が岳登頂、
妻は悶悶として欲求不満だったんです。
もう、今年最後のチャンスとばかりに、、だったんです。
体力ダウンに、少々ガックリのようです。

投稿: ナベショー | 2009年9月17日 (木) 20時22分

ば~ばさま
この十数年、毎夏、二人で南アルプス登ってたのに、手首の骨折で去年行けなかったので、欲求不満がたまってました。
僕だけ一人で甲斐駒へ登ってたので、ますます、、、
残されたザックの件、何かわかれば警察から電話をくれるようになってるんですが、、、

投稿: ナベショー | 2009年9月17日 (木) 20時29分

たんぽぽさま
最近は、TVや新聞で、山での遭難記事が載らない日が無いですね。
一人で登ってて、斜面を滑落したら、発見されない限り、もう自力で帰還は不可能です。
残されたザック、、捨てたザックであれば良いのですが、、、でも、そんなことする人あるかな~?
妻は美しい渓流の景色と、手に取るように近い満天の星と月を見て、大満足でした。
だた、体力が思いもよらず低下してたのにショックなようでした。
モンタ、、み~み~とず~と付きまとっていましたね。

投稿: ナベショー | 2009年9月17日 (木) 20時37分

にりんそうさま
南アルプスの中で、高い山ではないのですが、最初から頂上まで、階段と直登がほとんどなので、脚力がないとシンドイ山です。
それに、痩せた道のトラバースもたくさんあって、滑落すると怖いです。
残されたザックのミステリー、、、何かわかったら警察から連絡があるのですが、、
茶臼岳は、毎年、数人が遭難事故で死んでます。

投稿: ナベショー | 2009年9月17日 (木) 20時43分

これが満足とおっしゃる奥様,さすがです。どんなことでも,満足することを見つけられるってなかなかできることでないですもの。まして山頂を目指していたのなら,なおさらのこと。いい登山になりましたね。
モンタ君も,お目目パッチリ。いい子でいたよっていいたいのかも。甘えを感じます。

投稿: tirokuro | 2009年9月17日 (木) 21時06分

おかえりなさ~~い ご無事で何よりですscissors
それにしても気になりますね・・・どなたのザックなのでしょう?
人気漫画家が山に行くと言い残して、今だ行方が分りませんが・・・・ひょっとしてなんて思いましたsign03
モンタ君もちょっと一安心confident

投稿: れんげ畑 | 2009年9月17日 (木) 21時08分

ナベショーさん、無事にお帰りになったのですね。
山小屋のナップザック、謎ですね。持ち主が無事であることを祈ります。

星がきれいなのですね、私もどこかにきれいな星を見に出かけようかなあ。
ご夫婦でお出かけになるのが、羨ましいですね。

ネコ君は、一匹で、ず~っとほっておかれると、ノイローゼにかかるそうです。
数日なら、問題ないと思います。お母さんはいつもはずっといっしょですもんね。

モンタ君、お父さんお母さん、お帰りーって、言ってたんだと思います。

投稿: メアリー | 2009年9月17日 (木) 21時32分

tirokuroさま
まあ、今回は久しぶりの茶臼岳の下見のつもりで、、
義母のステイがもう一日長かったら、頂上まで行って、尾根歩きして、茶臼小屋に泊まって下山出来たのですが、、また来年のお楽しみ!
モンタ、、しっかり甘えてました。

投稿: ナベショー | 2009年9月17日 (木) 22時21分

れんげ畑さま
気になりますね~
最悪の事が起こってるかも、、、
警察からは、何かわかったら電話くれることになってるんですが、、、

投稿: ナベショー | 2009年9月17日 (木) 22時24分

メアリーさま
もう、アルプスの高い山からでないと、手の届くほどの低いところに満天の星は見られなくなりました。
ザックの謎、、、そのうち何かがわかるでしょう。
モンタ、、今までは4~5日は一人でお留守番出来ましたが、、、、そうか~ノイローゼにかかるんですね~

投稿: ナベショー | 2009年9月17日 (木) 22時30分

ちょっと忙しく久しぶりで拝見したら、
奥様も山人間だ!!
もんた君無事に帰ってくれて一安心だね。
それにしても・・・
ザックの持ち主の方元気で帰宅すると良いですね。

投稿: ショコラママ | 2009年9月18日 (金) 14時20分

ショコラママさま
十数年前から、低い山から順番に妻を連れて行き、やっと南アルプスに登れるようになりましたが、険しいコースは無理です。
まあ、無理せずに楽しめる登山です。
それでも、以前、妻が2000mの山で足を骨折したり、道を誤って日が暮れてビバーグして捜索隊が出たり、、、、ヤバイこともありました。
ザックの持ち主、、どうなってるんだろう?

投稿: ナベショー | 2009年9月18日 (金) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また、どこかに、、、 | トップページ | 再び彼岸花(3)ピンクの花 »