« 南アルプス茶臼岳へ向かって | トップページ | 白い彼岸花 »

2009年9月17日 (木)

再び彼岸花(3)ピンクの花

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9670_sp0000

彼岸花は、燃えるような真っ赤な色!

でも、真っ白や黄色、あるいはピンク色の花もある

これはピンク色

Img_9632_sp0000

もう少し開くと

Img_9644_sp0000

真っ赤も良いが、白が入ったのも良いでしょう。

Img_9645_sp0000_2

ちょっと彼岸花のイメージとは異なりますね。

Img_9649_sp0000

白い彼岸花と赤いのが混ざって出来たのだろうか?

Img_9667_sp0000

かなり、白の近い花もある。

Img_9661_sp0000

やはり、最後は真っ赤な彼岸花で、、、!

Img_9662_sp0000

開花の早いところ、まだ蕾だけの遅いところ、、、、

でも、来週のお彼岸、秋分の日には、日本中が、真っ赤な彼岸花で覆われるでしょう。

秋刀魚の酢〆

Img_7296_sp0000

キュウリ、茗荷、青紫蘇、ワカメ、酢〆の秋刀魚でキュウリ揉み

Img_7298_sp0000

モンタは玄関で、、

Img_7305_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

|

« 南アルプス茶臼岳へ向かって | トップページ | 白い彼岸花 »

コメント

ピンクの彼岸花、別の種類の花みたいです。
奥さまも山が大好きなんですね。
ヒルや蜂にもめげずに・・・偉い!
ヤレヤレ峠とかうそっこ沢とか、名前が面白い~
山の遭難がここしばらく多いので、何もない事を祈ります。
北アルプスのヘリの事故は、救助する方々が本当にお気の毒。

モンタ君、なにか悪だくみ・・・

投稿: MONA | 2009年9月17日 (木) 23時01分

ピンクの彼岸花、2番目のはダイヤモンドリリーにそっくりです。やっぱり仲間なんですねぇ。

満天の星shineいいですねぇ! 私は登山の経験は無いのですが、去年の12月中津川の鼓土里座という所に行って、帰りに見上げた星空にカンゲキでした。茶臼岳での満天のの星、どんなにか美しいんでしょうねぇ!!! 1度見てみたいな~

catモンタクン、置いてかないで!って言ってるのかな?

投稿: たんぽぽ | 2009年9月18日 (金) 00時08分

家の近くには,耕され尽くしたのか彼岸花は数えるほどです。少し山の方へ行くとたくさん見られますが,赤ばかりです。
モンタ君,玄関で「お出かけしないで。」って,いってるのかしら。

投稿: | 2009年9月18日 (金) 08時29分

おはようございます

わぁ~彼岸花が満開ですねぇ。
私は赤い彼岸花しか見たことがないです。
白や黄色やピンク・・・
赤に白い色の入ったのがとても綺麗です。
奥様の悶々としたお気持ちよ~く分かります・・・私も悶々中(笑)
汗を流して山に登り川の音色や山の匂い
満天の星を眺めて気分一新されたことでしょうね。
私はナベショーさんのブログで気持ち浄化させて頂いてます。
モンタ君お玄関でお出かけ阻止中??

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年9月18日 (金) 08時42分

写真を見ただけでも足がすくみそうなつり橋に急階段。
無人の山小屋泊 凄いです!
大自然に身を置く醍醐味は想像出来るのですが
怖がりの私にその勇気も体力もありませんわ。
今でこそ夜は暗いと当たリ前に思えますが 此方へ来た当時は中々眠れませんでした。
その分星空は見事ですけど。
一人登山も良いけど ご夫婦で登る山はまた格別なものがあったでしょうね。
見習って夫婦仲良く(時には喧嘩をしながら)歩いて行きたいものです。

昨日の茶臼岳登山へのコメントを・・と思ってるうちに
日付も変わってしまいました。
彼岸花と言えば真っ赤なイメージを浮かべますが
白やピンクもあるんですね。

投稿: ミモザ | 2009年9月18日 (金) 20時23分

MONAさま
妻の体力、、冷静に判断しないと、山の上で足がつって歩けなくなったり、骨折したら大変なことになる、、、
年齢とともに、体力が衰えてるので、険しい山は登れなくなりました。
だらだら、長々とアップダウンを繰り返し、ヤレヤレ、、と休憩出来るところがヤレヤレ峠
ウソッコ沢、、カワウソがいたのでしょうね。
面白い名前をつけたものです。
北アルプスのヘリの事故、、痛ましいです。
モンタ、、通せんぼ、してます。

投稿: ナベショー | 2009年9月18日 (金) 21時13分

たんぽぽさま
彼岸花、ナツズイセン、リコリス、ダイアモンドリリー、、みんな彼岸花科の同じ仲間、、よく似てますね。
山の上で見る星空、、星が大きく、すぐ手に取れるほど近い、、キラキラ輝いて、天の川が、ほんとに白い星の川、、圧倒されますね。
モンタ、、通せんぼしてるんです。

投稿: ナベショー | 2009年9月18日 (金) 21時17分

どなたかな?
田舎や、山の方は、まだまだ彼岸花がたくさん咲いてますね。
今が見頃!
モンタ、、玄関から飛び出る隙を狙ってるのでしょう。

投稿: ナベショー | 2009年9月18日 (金) 21時21分

ムックのお母ちゃんさま
彼岸花、、たまに赤でない色のが咲いてるんです。
でも、赤い色のが、絨毯のように咲いてるのは圧巻です。
妻は、頂上まで行けなかったのが、ちょっぴり心残りですが、十分満足して下山しました。
もう少し脚力を鍛えて、次回、来年のお楽しみです。
僕のブログ、、多少はお役に立ってるようで、うれしいですね。
モンタ、身体を張って、お出かけ阻止、、さもなくば、隙見て玄関から外へ脱出!

投稿: ナベショー | 2009年9月18日 (金) 21時28分

ミモザさま
茶臼岳は、黒戸尾根とはまた違った険しさ、しんどさのあるルートでした。
妻にダウンされると、身動きとれなくなるので、妻の体力の限界を見極めながらペース配分し、どこまで進むかの判断を要します。
だから、途中で喧嘩してしまうと危ないんです。
一人登山は、何の制約もないけど、ストップが効かないので、つい無理して、かえって危ないこともあります。
まあ、、互いに相手をいたわりながら、歩いて行きたいものですね。

投稿: ナベショー | 2009年9月18日 (金) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南アルプス茶臼岳へ向かって | トップページ | 白い彼岸花 »