« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

オオスズメバチ、、襲来は続く

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門にエントリーしています。

Img_0238_sp0000

百日紅はサルスベリ、、百日草と言うのもあったね

この丸い花は千日紅(センニチコウ)Img_0242_sp0000                       

紫、白、ピンク、、いろんな色がある

Img_0247_sp0000_2

初夏から晩秋まで咲きつずけるが、一年草、、、

千日間も咲く、、、まあ、、白髪三千丈という表現と同じ、、、

長~い間、咲き続ける花という意味だろう。

Img_0251_sp0000

ドライフラワーになってるのを見かけるね。

Img_0254_sp0000

昔は、どの家の庭にも、仏花として百日草とともに植えられてたののだけど、最近は見かけなくなった。

でも、美しい花、見直したでしょう!

ピンクの花を主役にしたので、紫の花は、前ボケ、裏ボケ、、背景の脇役になってもらいました、、、御苦労さま!

Img_0430_sp0000

雨が止んだ合間に蜜蜂は、、、、

Img_7901_sp0000

今年は、ほんとにスズメバチが多いね~

この間、巣箱の蓋の上に置いたネズミペッタン、、、ずいぶん多くのスズメバチがかかってる

しかも、もっとも巨大なオオスズメバチがほとんど、、、

Img_7895_sp0000

さあ、、全部で何匹いるでしょうか?

一枚のペッタンに20匹はくっついてるね~

これだけではないよ、、、捕獲器の中にも、、

今朝から入った新しいのが、数匹ずつ、どの捕獲器の中にもガサガサ動いてる、

Img_7897_sp0000

巣箱の前にいた30分あまりの間にさえ、数分毎にオオスズメバチが飛んでくる

もちろん、巣箱の上を旋回してるのを、、全部、網で捕らえて足で踏みつぶし!

明日は、新しいペッタンに交換しないといけないな~

やはり、どの箱にも、20匹は入ってる、、、

とすると、概算で、捕獲器とペッタンで、約200匹弱 かかったことになる、、、

NHK TVのためしてガッテンでスズメバチのことをやってたが、、

最近、都会で増えてきたのは、キイロスズメバチ

ナベショーの蜜蜂を襲ってるのは、その数倍大きなオオスズメバチだよ!

まだまだ、12月まで気が抜けない、、、

モンタ、、目を細めて、何が面白いのだろう?、

Img_7986_sp0000

嬉しそうだね、、、何かいいことあった?

Img_7988_sp0000

顔が笑ってるよ!

Img_7989_sp0000

訪問、ありがとうございました。

お帰りの際は、人気blogランキングブログランキングを、是非クリック(一日一回)お願いします。

私の順位が上がりますし、他の方のブログも見る事が出来ます。

| | コメント (22)

2009年9月29日 (火)

雨上がりのコスモス

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門にエントリーしています。

Img_0485_sp0000

夕方から朝にかけて、待望の雨が降りました!

8月11日、地震の朝に降って以来、ず~と晴れ、

10日ほど前に、少しのお湿り、、

山も畑も、庭もカラカラだった、

雨に濡れたコスモス、、生き生きしてるかな?

Img_0498_sp0000

花ビラや茎に水滴がキラキラ!

Img_0509_sp0000

一昨日にアップしたコスモスとの違い、、、、どうでしょうか?

Img_0515_sp0000

カラカラの晴れの日々も、雨が降ってても健気に咲いてる、、可愛いね!

畑の池に通じる水路の溝                                 

Img_7919_sp0000

山に降った雨が流れて来てる

池の水は、、、、Img_7918_sp0000

しっかりと貯まってる、、、金魚も安心してるよ!

畑もしっとりと雨を吸って、、キャベツも白菜も大きくなってきた、、

Img_7921_sp0000

人参の種も芽を出してる

Img_7923_sp0000

さて、夕食は、昨日と同じくドンコ料理

薄塩で〆てあった切り身、羅臼昆布を底に引いて、お酒を注いで、加熱し、昆布〆の酒蒸し

Img_7931_sp0000

濃厚な昆布出汁、薄い塩味の利いたドンコ、、、

真鱈やグチでよくする料理だが、ドンコもなかなか美味しいです。

ドンコの頭の味噌汁

Img_7935_sp0000

昆布出汁、里芋、豆腐、ネギ、、、頭にたくさん身がついてる

昨日の肝を煮た煮汁で豆腐と糸コン、キノコ、ネギを煮る

Img_7939_sp0000_2

これだけでも御馳走だね。

畑の間引きでサラダ

Img_7949_sp0000

今日は、ヘルシーな料理でした!

モンタ、、、何を考えてるんだろうね?

Img_7956_sp0000

訪問、ありがとうございました。

お帰りの際は、人気blogランキングブログランキングを、是非クリック(一日一回)お願いします。

私の順位が上がりますし、他の方のブログも見る事が出来ます。

| | コメント (18)

2009年9月28日 (月)

ドンコ 食べたことありますか?

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門にエントリーしています。

Img_0214_sp0000

シロクジャクと言う名前の花

純白の菊のような花がいっぱい

Img_0217_sp0000

ここまで、たくさん咲くと壮観だね~、、、、立派!

Img_0218_sp0000

まさしく、白いクジャクが尾っぽの羽根をいっぱいに広げたようだね。

今日は、久しぶりに、福一焼津流通センターへ

今日の買い物は、、、、、これ!

Img_7875_sp0000

なんとグロテスクな姿、、、、ドンコ って言います。

こんな醜い魚、、美味しいはずが無い!

て、いう先入観は見事に外れ、、、

こんな美味しい魚は無い!

白身魚で、身が柔らかくて崩れやすいのが難点、、だが、大きな肝は何物にも代えがたい

一般には、ぶつ切りにして味噌汁で食べるのが最も美味しいとされている。

うちでは、味噌汁以外に、お鍋に丸ごと入れて、煮付ける

身が崩れるので、鍋ごと食卓の真ん中に置いて、みんなでつつく

とにかく、値段が安くて美味しいので、ナベショー家では冬の定番料理である。

さて、この大きなドンコ、、、1.4Kgもあったよ

しかも 840円、、、、、これをナベショーが見逃すわけがないね!

今日は、まず鱗を取って、二枚に下して、、、頭を取り、、、

Img_7879_sp0000

塩を軽く振って、冷蔵庫へ、、、

天気が良ければ天日で乾かすのだが、、、

まず、でっかい肝はお酒、醤油、味醂、生姜で、こってりと煮る

Img_7887_sp0000

なんて美味しいこと!

御飯が幾らでも進みそう、、、

全部食べたら、身体に悪いよ、、、

煮汁、、、明日は、これでお豆腐を煮るよ、、、と妻

さて、塩と冷蔵庫で、身が引き締まった半身を使い、、、

カレー粉の入った小麦粉まぶして、ムニエルに!

Img_7892_sp0000

ふんわりした柔らかい身、、脂も乗って香ばしくて、上品なお味

こんな美味しいムニエルはめったに食べられるものではない。

真鱈よりも美味しいと思う。

まだ、半身と頭が残ってるよ!

一緒に買ってきた、背黒イワシ

5%の塩水に30分浸けて、天日に干して、、、干物

5匹づつラップして冷凍庫へImg_7881_sp0000                               

毎朝、凍ったまま、オーブンレンジで焼く、、

程よい塩加減、、、毎朝御飯が進みます。

Img_7883_sp0000

モンタ、、魚料理は嫌いだったね~

Img_7869_sp0000

訪問、ありがとうございました。

お帰りの際は、人気blogランキングブログランキングを、是非クリック(一日一回)お願いします。

私の順位が上がりますし、他の方のブログも見る事が出来ます。

| | コメント (24)

2009年9月27日 (日)

今日もコスモスの花

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門にエントリーしています。

今日もコスモスを撮ってみました。

昨日のコスモスと変わり映えしないかもしれませんが、、、、、

Img_0154_sp0000

明日から、天気が崩れるという予報、、、

コスモスを撮るのは、やはり青空を背景に!

Img_0158_sp0000

最近は休耕田や河川敷など、広大な敷地いっぱいにコスモスが咲いてるところもある。

Img_0162_sp0000

でも、数本だけ植わった道路脇、昨年のこぼれ種からの一本咲いてる田んぼの隅、、、

それでも、マクロレンズで覗いてみると、美しいメルヘンの世界が広がる!

Img_0166_sp0000

こういうシンプルなのを好まれる方も多い。

Img_0179_sp0000

これもシンプルですっきりしてる

Img_0266_sp0000

手前に咲いてるピンクの花を被写体とレンズの間に入れて撮ると、、、

Img_0269_sp0000

幻想的で柔らかい雰囲気の花を撮る技術で、前ボケと言います。

背景をボカスのを裏ボケ、、

こういう技法を駆使出来るのがマクロレンズの最大の特徴

最近になってから、、だね~

僕も出来るようになったのは、、、以前は、ただアップして撮るだけ

花って、正面からだけでなく、下方から後ろ姿を見上げるように撮ると、

透過光によって意外な美しさを発見出来ることが多いよ!

Img_0287_sp0000

濃ピンクに白い筋の入ったコスモス

Img_0298_sp0000

背景がイマイチ、すっきり出来なかったが、これはこれでいい感じ!

大人の雰囲気だね

Img_0305_sp0000

背景に、緑を入れることにより、可愛いコスモスになったでしょう!

Img_0308_sp0000

これも、色とりどり、賑やかで、楽しいコスモス、、可愛いでしょう!

Img_0311_sp0000

これは、ピンク一色

Img_0315_sp0000

今日のコスモス、、十分に楽しんでいただいたでしょうか!

昨年は10月2日にコスモスをアップしています。

少しは、撮り方が変わったかな?

今日は、たくさんアップしたので、モンタを忘れるとこだったよ!

Img_0384_sp0000

訪問、ありがとうございました。

お帰りの際は、人気blogランキングブログランキングを、是非クリック(一日一回)お願いします。

私の順位が上がりますし、他の方のブログも見る事が出来ます。

| | コメント (24)

2009年9月26日 (土)

コスモスの花

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門にエントリーしています。

コスモス、、、澄み切った青空がバックだよ!

Img_0070_sp0000

彼岸花が終わりました、、、、、今度はコスモスの花です。

今日は風があったので、撮った写真のほとんどがブレてピンボケ

手ごたえあり、、、、パソコンに取り込んで、がっかり

今日はいくつかのましなのを探し出して披露しましょう。

眩しいですね!

Img_0075_sp0000

コスモス、、、みんな同じ方向を向いてるよ

Img_0081_sp0000

濃ピンク色もいいね~

Img_0091_sp0000

Img_0095_sp0000

背景が暗いけど、、、

Img_0097_sp0000

Img_0111_sp0000

コスモスはどのようは背景にも合わせた美しさを演出してくれる!

次回、撮る時はどんなコスモスになるだろうか?

畑の間引き苗、、、、小蕪、水菜、小松菜

サラダドレッシングをかけて、、

Img_7856_sp0000

お好みかき揚げ、、

Img_7866_sp0000

左上、、、新牛蒡

右上、、、サツマイモ

左下、、、ボイルホタテ貝とインゲン豆

右下、、、ピーマンと鶏肉

いずれの材料も、薄く長く切るか、あるいは小さく切る

小麦粉を加えて、最小限の水、あるいは日本酒で練る、、、油の中でバラけない程度に、、、

かき揚げは塩または天つゆでいただく

モンタImg_7835_sp0000 、、、雨乞いの踊り、、まだやってないでしょう?            

訪問、ありがとうございました。

お帰りの際は、人気blogランキングブログランキングを、是非クリック(一日一回)お願いします。

私の順位が上がりますし、他の方のブログも見る事が出来ます。

| | コメント (16)

2009年9月25日 (金)

雨が降って欲しい!

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

昨日の夕陽に輝く彼岸花のような、迫力ある写真をアップした翌日は、

Img_9912_sp0000

さ~てどんな花の写真をのせようか、、、と悩むところである。

紫色の綺麗な花でしょう!

Img_9925_sp0000

Img_9928_sp0000

真昼の日の光の下、、透けて見える花弁の紫が美しい

Img_9929_sp0000

何と言う花?

Img_9933_sp0000

とても身近にある花

花が終わると、実をつける

Img_9922_sp0000

そう、茄子の花でした。

茄子は暑い真夏の間は、実をつけるのをお休みし、

涼しい秋になると、再度元気に花をつけ、実をつける。

今年は8月に入っても、梅雨が明けず、ずるずると雨や曇った日が多かった。

8月11日朝 静岡で大きな地震発生

この地震発生の時、外は激しい雨だった、、、

それから、、、、降っていない、、、晴れたカンカン照り

一週間ほど前に、ちょっとお湿りほどの雨があっただけ、、、

野菜畑、、秋、冬野菜の種蒔き、苗植え、、、をしたけど、

毎日夕方、畑に水やりが欠かせない

キャベツ、白菜、ブロッコリー、カリフラワー、、、、Img_7816_sp0000

芽を出した大根

Img_9941_sp0000

小蕪も育ってるよ

Img_7821_sp0000

白菜もどんどん大きくなるよ

Img_7824_sp0000

数日ごとに収穫してる里芋、、、、完全に枯れてしまった畑も多いと聞く

Img_7825_sp0000

畑の側に、小さな池がある

そこからバケツで水を汲んで、水やりしてるが、、、、

Img_7819_sp0000

池に流れてくる水が、次第に細くなってきた、、、、

僅かな水を求めて、蜜蜂が吸水、、、

Img_0018_sp0000

山の蜜柑畑、、、

蜜柑の木の葉が枯れ始めたそうである、、、、

ここで、急に雨が降ると、成長中の蜜柑が破裂するという、、、。

梅雨が明けないね~、、と言ってたのに、今度は雨が降らないね~

年間通じては、バランスは取れてるようだけど、、、

来週、火、水は全国的に雨予報、、、当たって欲しいね~

余談になるけど、、十数年前の広島の工場勤務の頃を思い出す、、

目立った台風が来ないまま、雨は降らずで、冬になった、、、、、

下降を続けるダムの水位をグラフにプロット、60%、50%、40%と次第に厳しくなる工業用水の制限、

工場地帯の化学会社間では、水利権を盾に熾烈な水争い、、、

会議では、工場の製造設備、、次はどれを停止するか、、を議論した。

2月になってだか、3月になってか、最悪の事態になるぎりぎりで、雨が降って助かったが、、、、、、

このまま、台風も来ないと、秋から、冬にかけて、全国的な水不足、干ばつによる野菜の高騰となるだろう。

モンタ、、Img_9975_sp0000 眠ってる姿、表情、知らぬは本人ばかりなり!         

モンタの可愛い写真が底を着いた、、、ごめん!

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (22)

2009年9月24日 (木)

彼岸花、、番外編

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

彼岸花、、昨日で撮り納め、、のつもりだったが、、、、

Img_9944_sp0000

山に沈みかけた秋の陽光に照らされた彼岸花

Img_9949_sp0000

カメラを向けて見ると、今までの彼岸花とは、また違った美しさ!

Img_9968_sp0000

真っ赤に燃えた太陽だ~から、、って歌があったっけ!

Img_9971_sp0000

美空ひばりとジャッキー吉川、ブルーコメッツだ!

いや、ピンピーとキラーズの歌だったっけ?

いや、それは恋の季節 、、、、曲が似てるな~

判らなくなっちゃったよ~

え~、そんな歌知らないって?

お若い世代だね~

Img_9957_sp0000

今日は、蜜蜂の巣箱のネズミペッタン、、、

スズメバチは一匹も新たにくっ付いてなかった。

でも捕獲器に中には3匹入ってた。

一昨日と昨日で襲来のピークは過ぎたか、、、

しかし、油断大敵

再び、新たな偵察蜂がやってきて、また仲間を数十匹連れて攻撃してくるかもしれない。

先日、次男と共に登った「大谷崩れ」

次男もブログ(コーディーの浜松ライフ)にアップしてるので、ご覧ください。

同じ山の風景を撮って、これだけ差がある

カメラと交換レンズ キャノンイオスキスデジタルX2にタムロン18-200mmは、僕と全く同じ、、

山以外のブログ、ほかの写真を見ても、技術と美的センスは、僕より上だな~

カメラ歴半年なのに、、、、悔しいけど、、、

豚カツ用豚ロース、適当に切って塩コショウ、、

カタクリ粉をまぶして、フライパンで焼く

お皿に盛ってから、醤油、味醂、ニンニク、ショウガのタレ

大根おろしをたっぷりかけて、青シソを、、

ピーマンとキノコの炒めたのを添えて

Img_7811_sp0000

モンタ、、もう少し、まともな顔で欠伸したら、、、?

Img_7751_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (26)

2009年9月23日 (水)

ネズミペッタンの効力は如何に!

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_7793_sp0000

今日はお彼岸 秋分の日

この日に合わせたように、山深い里山は彼岸花で赤一色

Img_7785_sp0000

農道の脇も、田んぼの用水路の土手も、、、赤、赤、赤、、

Img_7796_sp0000

例年よりも、今年の彼岸花はたくさん咲いてるみたい、、、

Img_7727_sp0000

彼岸花の繁殖力、、、すごい!

Img_7731_sp0000

一個の球根、、、5年後には幾つに増えるのだろうか?

Img_7747_sp0001

昔から、大飢饉の時、最後には、彼岸花の球根を掘り、

潰して水で幾度もさらし、アルカロイドの有毒成分を除いて、そのデンプンを食料にしたとか、、、

Img_9885_sp0000

これで、今年の彼岸花は撮り納めかな、、、

昨日、スズメバチに襲われた蜜蜂

巣門につけた捕獲器だけでは、不十分なので、ネズミペッタンを巣箱の上に置いた。

囮のスズメバチをペッタンの上に置いておくと、蜜蜂を襲うために飛来してきたスズメバチは、まず、囮のスズメバチを共食いしようとして、ペッタンにくっつく

さて、昨日の午後に、一枚のペッタンに3匹ずつスズメバチを置いた、、

今日、その成果は如何に!

Img_7810_sp0000

どうですか!

Img_7769_sp0000

他のペッタンも、それぞれ、、、、

Img_7808_sp0000

4個の巣箱、全部で30~40匹は捕れただろう!

Img_7807_sp0000

スズメバチの来襲は、11月末、いや12月初まで続く、、、

スズメバチの巨大な巣、約1000匹以上の蜂に増えている

秋の間に、約10匹の女王蜂を育てて、スズメバチの働き蜂は冬を前に全部死んでしまう。

10匹の女王蜂は、それぞれ石の下や木々の陰で寒い冬を越して、

春になると巣作りをし、次第に蜂は増えて、秋には1000匹近い巨大な群れを形成するのである。

モンタの出番は無かったね~

Img_7755_sp0000

蜜蜂がスズメバチから守られるように、皆様のクリックを!

人気blogランキングブログランキング ありがとうございました。

| | コメント (20)

2009年9月22日 (火)

オオスズメバチの来襲

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9858_sp0000

山萩

7月頃にも咲いたが、やはり秋の萩が本命

Img_9869_sp0000

山道の岸から、下に垂れさがる

園芸種のミヤギノハギのような大株の迫力はないが、秋の七草の一つとして風情がある

Img_9874_sp0000_2

今朝、10時過ぎに蜜蜂の様子を見に行って驚いた。

4箱のうち、最も元気の良い群れの箱にオオスズメバチが数十匹群がり、迎え撃つ蜜蜂との戦いの真っ最中!

巣門の前は、もう既に、殺されたり、ぴくぴく動く働き蜂の死骸の山!

すぐに長袖シャツを着て、覆面布を被り、捕虫網でスズメバチを捕っては踏み付け、捕っては踏み付け、、、、

殺したスズメバチ、、、、約30匹くらい、、、

その後も、一匹、二匹と新たに飛んでくる、、

正午過ぎまで、待機して、やってくるスズメバチを捕まえた。

午後一番でドラッグストアーへ行って、ネズミペッタンを買って、

Img_9850_sp0000

再び蜜蜂のところへ、、

ややっ!

再び、5~6匹のオオスズメバチが来襲し、戦闘中

働き蜂の死骸がさらに増えている!

それらのオオスズメバチを即、捕らえて踏み殺す!

午前、午後で捕らえて殺したオオスズメバチ

Img_7711_sp0000

巣箱に仕掛けたスズメバチ捕獲器の中のスズメバチ

Img_7694_sp0000

4っつの箱からスズメバチを全部出して、、、、

左が捕獲器から取り出したスズメバチ、、、右が網で捕らえたスズメバチ

Img_7703_sp0000

午前、午後の戦いで戦死した蜜蜂

Img_7709_sp0000

群れ全体の1割くらいがやられたかも

最初、1匹のスズメバチが偵察に来る、、、

そのスズメバチが捕獲器に入ればOK

あるいは、十数匹の働き蜂が攻撃して、背中に乗って毒針を差し込めば蜜蜂の勝ち

然し、失敗して、偵察のスズメバチを帰らせてしまうと、次には数十匹のスズメバチが来襲する

こうなると、もう数万匹の蜜蜂の群れは全滅である。

巣箱の中に入らせないように、巣門を蜂の塊で覆うとともに、スズメバチに各個攻撃を仕掛けるも、次々にかみ殺されていく、、、、、

(スズメバチと闘うのは働き蜂、、身体の大きな雄蜂は巣箱の中から出てこない、、)

これは、西洋蜜蜂の場合であるが、日本蜜蜂は、最初の偵察に来たスズメバチを数百匹でボールのように包み込んで、熱で殺してしまう。

しかし、数十匹で来襲されると、もう全滅!

しかし、スズメバチも必死

秋には巣が巨大化し、多くの幼虫を育てねばならないし、そのなかから新しい約10匹の女王蜂を育てなければならない。

スズメバチは肉食なので、蜜蜂を襲う、、、、、蜜蜂を殺した後は、肉団子にして巣に持ち帰るのである

さて、4っつの巣箱の上に、ネズミペッタンを置くImg_7713_sp0000                  

各ペッタンの上には、網で捕らえたスズメバチを囮に置く

Img_7715_sp0000

しばらく、様子を見てると、飛んできたスズメバチがペッタンの上に着地してくっついたよ!

手っ取り早く、仲間のスズメバチを食おうとしたのである。

もがけば、もがくだけ、足や羽根がくっつく

Img_7717_sp0000

捕獲器だけでは不十分なので、ペッタンを置かねば、、と思ってた矢先であった。

さあ、これでスズメバチの来襲から蜜蜂を守れるか?

数日は心配である。

モンタは、、家に入れて、、と絶叫!

Img_7683_sp0000

大声を出し過ぎたかな、、恥ずかしい!

Img_7684_sp0000

今日はスズメバチと闘う健気な蜜蜂のために、皆様のクリックを!

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (16)

2009年9月21日 (月)

大谷崩に咲く花

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_7426_sp0000

浜松からやってきた次男家族

今日は、次男と久しぶりに山登り

静岡市を流れる安倍川の上流、、日本三大崩れの一つ、「大谷崩」を登り、標高2000mの大谷嶺へ

約300年前の宝永4年[1707年)、日本最大級の地震といわれるM8.6~8.7の宝永地震(死者2万人以上、、)

これは遠州灘を震源とする東海地震と紀伊半島沖震源とする南海地震が同時に発生したと考えられている。

この宝永地震の49日後に、富士山が噴火

大量の火山灰と高温の火山岩が家屋を焼き、田畑を埋めつくし、江戸でも大量の火山灰が降った。(新田次郎作、、怒る富士

この宝永地震の時、安倍川上流、南アルプス南部の約2000mの山、大谷嶺が崩壊した跡が、大谷崩れである。

扇形の崩壊跡、扇の要といわれる1300mの登山口より標高差500mの瓦礫の急坂を登る

急坂の途中から扇の峰々を一望

Img_7429_sp0000

すざましい崩壊の跡、、、2000mの山半分がそっくり崩れ落ちたのである。

Img_7472_sp0000

天候が悪くて、間もなく霧が山全体を覆ってしまい、展望は不可!

瓦礫の急坂の道々に咲くお花を観賞してください

イタドリの花

Img_7440_sp0000  

フジバカマの仲間のヒヨドリバナ

Img_7504_sp0000

ヨメナのようだけど、、、

Img_7514_sp0000

白い野菊が群生、、ますます霧が深くなり、20m先も見えないよ。  

Img_7566_sp0000_2

おなじみのトリカブト、、、猛毒だよ!

Img_7599_sp0000

糸魚川静岡構造線(フォッサマグナ)を中心とした地域にだけ分布するイワシャジン

Img_7596_sp0000

花を楽しみながら登るも、霧が深くて何も見えない

Img_7551_sp0000

片側は、断崖絶壁、、、崩壊の跡

Img_7637_sp0000

標高2000m 大谷嶺の頂上に着きました。

静岡県では大谷嶺  、山梨県側では行田山、、と呼んでいる

しかしね~ 全く恥さらしもいいところ!

Img_7646_sp0000

山梨県早川町が建てた木の表示板 行田山 の行田の文字が削られている

静岡側の大谷嶺の表示の木杭が折られ、大の文字を破壊してる、、、

いまだに戦国時代の武田と今川の争いを、、、!

せめて、毎年、静岡市長と早川町長が、この山の上で、腕相撲をして、勝った方の山の名前を表示する、、、というくらいのことは出来ないのか!

なんと見苦しい泥試合、、!

山を愛する人達の仕業とは思われない。

素晴らしい山頂の景色が泣いてるよ!

静岡と長野の県境の青崩峠、両方の町民が綱引きして、境界線を決めるという楽しい行事(国盗り綱引き合戦)、

毎年TVで放映してる、、、

大谷嶺、行田山の名前争いも、これくらいのことをしたらいかが?

頂上で、ラーメン食べて、下山しました。

一昨年の10月末に登った時は、素晴らしい秋晴れの全山紅葉!

今日は霧のために山の素晴らしさをご覧になれなかったので、一昨年のブログを見てください。

(もっとも、この時は、ビバーグという遭難騒ぎを引き起こしてしまったのだが、、)

モンタ、、いい顔してるね。Img_8473_sp0000                                

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (18)

2009年9月20日 (日)

僕の得意の肉料理

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9776_sp0000

彼岸花のようでもあり、、違うようでもあり

Img_9763_sp0000

白色というよりも黄色かクリーム色

Img_9789_sp0000

先日にアップした白い彼岸花のように、高貴な気品が漂うことはないが、可愛いらしさのある綺麗な花

花ビラが少し縮れてるね、、

Img_9801_sp0000

背景によって、ずいぶんと感じが変わるでしょう。

これが、マクロレンズで撮る花の写真の面白さの一つです。

浜松の次男家族がやってきた。

畑に薩摩芋を掘りに行く

まずは、掘る分だけ蔓を鎌で除いて、、、

Img_7377_sp0000

蔓は一か所に集めて、、

Img_7378_sp0000

細心の注意を払って、鍬を入れて芋を掘りだす

収穫は、、、Img_7380_sp0000 もちろん芋の蔓の茎も、、                     

里芋も二株ばかり、、

Img_7382_sp0000

たくさん小芋がついてるでしょう。

Img_7383_sp0000

浜松へ持って帰る土産が出来ました。

今日は久々の御馳走だよ!

Img_7390_sp0000

牛のサーロイン2枚、豚ロース豚カツ用2枚

塩コショウして、フライパンで焼く

一口の大きさに切って、大きいお皿に、、

醤油、味醂、ニンニクと生姜、玉ねぎのすりおろしで作ったタレを焼いたお肉に注ぐ

その上に大根おろしと刻みネギをタップリ

この料理は、どんなステーキレストランで食べる肉料理よりも美味しい

上等のサーロインでなくとも、赤身肉でも、豚でも、鶏の腿肉でも、美味しいよ。

お肉は片栗粉をまぶして焼くと、さらに美味しい。

大根おろしたっぷりなので、お肉の脂がまったく気にならず、、

モンタ、、普通の顔Img_7376_sp0000                                    

大欠伸して顎が外れそうになった顔

Img_9731_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (17)

2009年9月19日 (土)

白い秋明菊

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9734_sp0000

カラカラの真夏から、やっと涼しい秋、、もうすぐお彼岸

この一カ月ほどは、写真に撮る花が無くて、困っていたが、、、

彼岸花が咲き始め、萩も咲き、ついに秋明菊も咲き始めた。

Img_9736_sp0000

菊と名がつくが、キク科ではなく、キンポウゲ科の花

濃ピンクの八重の秋明菊が一般的

京都の貴船にたくさん咲いてるので貴船菊ともいう。

中国原産ではるか古い時代に帰化した、、

Img_9750_sp0000

そういえば、中国山東省の煙台市へ出張した時、伝説の八仙人(日本では七福神)を祭った蓬莱閣にたくさんの秋明菊が咲いてたように記憶している。

秦の時代、始皇帝の命により、不老不死の薬を探して蓬莱山のある日本に渡ってきたという徐福

(実は、徐福は始皇帝をたぶらかして、資金を出させて、徐福村の一族を連れて日本に渡った)

徐福をリーダーとする数千人の女、子供、技術者一行の渡来人、、、

多分、8隻の船で海を渡ったが、一隻が難破し、7船が無事日本にたどりついたと想像される。(ナベショーの説)

伝説では、一人の仙人が空を飛んでて、神通力が失せて、海に落下して死んでしまって七仙人になってしまったと。

話はそれたが、一重の白やピンクの秋明菊

これは、園芸種である。

Img_9741_sp0000

やっと咲き始めたが、もうすぐすると、たくさん咲くだろう!

Img_9753_sp0000

毎日、魚、魚、魚は食べ飽きた、、、

お肉、お肉、お肉料理が、、、

、、で、今晩は、、、餃子!

冷凍餃子じゃないよ、、、

Img_7366_sp0000

モンタ、、、、おお なんと怖い顔

Img_7367_sp0000

必殺仕置人みたい、、、

イメージを変えましょう

Img_9729_sp0000

半分、、眠ってます

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (23)

2009年9月18日 (金)

白い彼岸花

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

昨年も同じ頃に、白い彼岸花をアップしました。

お茶畑へ行く途中の山道、、おおっ、一つだけ咲いてるよ!

Img_9693_sp0000

たくさん、地面から花茎が出てるけど、まだどれも蕾

さあ、、どんなふうに撮るかな?

背景は、ただの緑の雑草

Img_9674_sp0000

少し、花の前にも緑の草の葉を、、、、、、Img_9677_sp0000

ちょっと右の一部分を、、

Img_9687_sp0000

左の部分も、、、

Img_9689_sp0000

真っ赤な彼岸花は、燃えるような情熱的!

こ薄いクリーム色が入った白い彼岸花

気品があり高貴な雰囲気でしょう!

今日はお茶畑に秋の肥料を!

一反の茶畑に5袋(20Kgx5)、畝の間に蒔く

肥料は魚粉が主体、それに化学肥料が配合されてる

Img_7332_sp0000

6月に軽く整枝して表面を均したのが、もう夏の間に、ずいぶん伸びてる

Img_7333_sp0000

茶園の中の蜜蜂の巣箱

秋になり、スズメバチの攻撃が始まっているが、、、

それ、既に、巣箱に仕掛けた捕獲器に、こんなにスズメバチが入っている

Img_7340_sp0000

まだ生きてるスズメバチが、鋭い牙で針金をガチガチ噛んでる

茶畑の一番下には、大きな栗の木がある

Img_7335_sp0000

栗のイガが開いて、栗の実が地面に落ち来るのを待ってたのでは手遅れ!

イノシシが全部、食べてしまう。

数日前なんか、蜜蜂の世話してたら、

すぐ側を、おおきなイノシシがトットコ、トットコ走って横切ったよ!

だから、長い竹竿で、木の枝の栗のイガが開いたのを選んで、叩いて地面に落とす

 Img_7339_sp0000                                                     

地面に落ちたイガ、、、両足で踏んで、栗の実を取り出す

今日の収穫

Img_7352_sp0000

栗は、やはり栗御飯

Img_7299_sp0000

昆布のお出汁、塩を少々、栗だけではなく薩摩芋も少し入れると美味しいよ!

妻は、せっせと栗の外皮を剥く、、、

(先日、作った栗の渋皮煮は、もう既に無くなってしまった)

モンタ、、いつもと違ったイメージで!Img_9723_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (16)

2009年9月17日 (木)

再び彼岸花(3)ピンクの花

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9670_sp0000

彼岸花は、燃えるような真っ赤な色!

でも、真っ白や黄色、あるいはピンク色の花もある

これはピンク色

Img_9632_sp0000

もう少し開くと

Img_9644_sp0000

真っ赤も良いが、白が入ったのも良いでしょう。

Img_9645_sp0000_2

ちょっと彼岸花のイメージとは異なりますね。

Img_9649_sp0000

白い彼岸花と赤いのが混ざって出来たのだろうか?

Img_9667_sp0000

かなり、白の近い花もある。

Img_9661_sp0000

やはり、最後は真っ赤な彼岸花で、、、!

Img_9662_sp0000

開花の早いところ、まだ蕾だけの遅いところ、、、、

でも、来週のお彼岸、秋分の日には、日本中が、真っ赤な彼岸花で覆われるでしょう。

秋刀魚の酢〆

Img_7296_sp0000

キュウリ、茗荷、青紫蘇、ワカメ、酢〆の秋刀魚でキュウリ揉み

Img_7298_sp0000

モンタは玄関で、、

Img_7305_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (10)

2009年9月16日 (水)

南アルプス茶臼岳へ向かって

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_7251_sp0000

中央右の山が、南アルプス茶臼岳(2604m)

僕が初めて登った南アルプスの山、、妻を初めて南アルプスに連れて行ったのも茶臼岳、

僕は、妻と2回、長女、近所のSさん、単独2回で、、かれこれ、6回登ってる山である。

自宅から車で3時間、畑薙第一ダムから約1kmの沼平の駐車場ゲート

ここが、南アルプスの静岡側からの入口である。

ここからは中部電力と東海フォーレスト(株)の管理地、一般車両は入れない。

東海フォーレストのリムジンバスに乗って一時間、椹島(さわらじま)ロッジから赤石、荒川、聖岳に登るのが一般的なルートである。

僕は沼平の駐車場に車を置いて、約2.5kmを歩いて畑薙大吊橋を渡り、茶臼岳を登る

Img_7289_sp0000

(地図をクリックすると、拡大できます)

実は、今回の登山、、、15日の朝、突然妻が行こうと言いだして、急きょ出発!

16日の夕方まで義母のショートステイ

当然、それまでに帰ってくるには、茶臼岳頂上の往復はできない。

美しい渓谷を歩き、ウソッコ沢小屋まで行き、そこに泊まって帰ってくるだけで十分満足という。

朝、9時に出発し、沼平には12時20分

畑薙大吊橋を渡ったのは13時00分

いきなりの急登

以前、一人で登った時、腐った大木に蜂が巣を作ってて、僕は大丈夫だったが、後から来た5~6人のパーテイーが蜂の群れに襲われて、登山を中止したことがあった。

Img_7197_sp0000

美しい樹林帯のアップダウンが続く、、が、急な斜面の登山道は痩せていて、踏み外したらお仕舞い!

Img_7055_sp0000

美しい渓谷に沿った道

Img_7065_sp0000_2

いくつかの吊り橋を渡り、

Img_7192_sp0000_2

険しい梯子も登り、、

Img_7175_sp0000

Img_7080_sp0000

ウソッコ沢小屋に14時45分に着く

コースタイムより、かなり早い

Img_7087_sp0000

実は、十数年前、初めて妻を南アルプス登山に連れて行った時、16時頃に着いてこの無人小屋に泊まっている。

雨が降ってて、夜になると、墨を流したように真っ暗、一寸先も見えなかった、

ここから、かなりの急登が続くが、コースタイム1時間50分で横窪沢小屋まで行ける。

17時なら、まだ明るい

さらに、横窪沢小屋を目指した。

険しい階段が、、、

Img_7154_sp0000

急坂が、、、Img_7095_sp0000                                    

これだけ急登が続くのは、南アルプスでも稀である。

歩幅を靴一つ分にして、呼吸が乱れないペースを維持して一歩、一歩、身体を前に運ぶ。

妻に、幾度も、歩幅を狭く、、と指示するが、なかなか出来ないようだ、、

疲労が極に達しているようだな、、、、

おお、やっと横窪沢小屋に着いた!

Img_7103_sp0000

16時20分、、、、所要時間1時間35分

コースタイムの1時間50分より速いね。

9月に入って、山小屋は閉鎖されて無人だが、冬期登山者用に、一部のみが解放されている。

小屋の宿泊者は我々二人のみ、

夕食は、カレーピラフ

Img_7107_sp0000

6時に就寝

Tーシャツ、長袖シャツ、フリース、ダウンジャケットで寝袋、、これで十分暖かい

さらにセーター、ズボン下、を持っておれば、10月中洵まではOKかな、、、

翌朝、

夜中の星空と、夜明けの三日月、明けの明星、、、これを見ただけで十分来た甲斐があったと興奮気味の妻

急坂を、3時間登れば2604mの茶臼岳頂上

しかし、往復の時間を入れると、夕方には自宅に帰れない。

朝食をとって7時に下山

下山途中、気になることがありウソッコ沢小屋へ

小屋の中、、昨日、小屋の中に荷物が詰まった約50Lのザックが置いてあったのを見た。

Img_7165_sp0000

今日も、そのままの形でザックが、、、、

ザックの中を確認するわけにはいかないが、ザックの下には黒いシャツとジッポの高級ライターが、、、、

ここにザックを置いて、デイバックで茶臼岳に向かうことは考えられない。

中間地点の横窪沢小屋に泊まったのは我々のみ、

他に誰も出会っていない、、、

このザックの持ち主は、、、???????

かなり下山してから気がついた

小屋から数十m斜面を下った沢周辺を確認すべきであったと、、、

10時過ぎには、畑薙大吊橋へ、、、

これを渡らないと帰れない、、、

Img_7202_sp0000

以前、満々と青い水をたたえたダム湖、強い横風にあおられて吊り橋が左右に揺れる

橋の途中で、恐怖で歩けなくなり、風が収まるまでかがみこんでいたことがあった。

吊橋の長さは180m

今日は楽勝で渡りました。

Img_7208_sp0000

吊り橋から、さらに歩いて沼平のゲートへ 11時10分

ゲートの事務所からウソッコ沢小屋に残されたザックのことを静岡県警に連絡した。

何か悪いことでないのを祈る

帰り途中に温泉に、、以前の赤石温泉 

Img_7249_sp0000

自宅には15時過ぎに、、、

モンタは、すこし寂しそうだったかな、、

Img_7277_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (16)

2009年9月15日 (火)

また、どこかに、、、

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_7044_sp0000

モンタが、まだすやすや眠ってるうちに、ナベショーはまたザックを背負って、どこかに出掛けたよ!

性懲りもなく、、、、、、、、、

| | コメント (6)

2009年9月14日 (月)

再び彼岸花(2)

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9603_sp0000_2

彼岸花

日陰のところなど、気温が低くそうな所から、彼岸花が開花しているようだ。

Img_9596_sp0000_2 普通、気温の高くて暖かいところから、花が開花すると思っていたが、逆、、、

つまり、お彼岸頃の気温になったところから開花してるようだ。

まだ蕾が多いけど、これくらいの咲き始めの頃が美しい。

彼岸花が、昔から忌み嫌われているのは、

其の真っ赤な色が、人の死を象徴する赤い血を連想させるからだろうか、、

実際には、有毒植物であるため、子供たちが容易に近寄らないための昔の人の知恵なのだろう。

Img_9601_sp0000

さて、昨夜のパーテイーで食べた大きな金目鯛の煮つけ、、、

鍋に残った煮汁とくちゃくちゃに崩れたのアラ、、、

いつも、この金目鯛の煮汁で豆腐、ネギ、牛蒡、キノコ、もやしなどを入れて煮ると最高に美味しいのである。

まさか、みなさんは捨ててはいないでしょうね。

Img_7032_sp0000

魚の身はぐちゃぐちゃに崩れてるが、骨を除きながら食べる

特に、豆腐が美味しい!

これが、今晩の主菜

今日も、里芋を一株掘ったので、親芋をすりおろして、いろいろ混ぜて、揚げたり焼いたり、、

Img_7043_sp0000

今回は、里芋に薩摩芋のすりおろしも加えて見た。

中に入れたのは、茹でシラス、花カツオ、ネギ、塩、しょうゆ、片栗粉、豆腐

そして、先日と同じだが、素麺出汁を薄めて、大根おろしと、この揚げたのをいれた揚げ出汁風

Img_7039_sp0000

畑の里芋、、、その親芋のほとんどは、この料理になってしまいそうだ。

モンタ、、、翡翠のお目目

Img_6947_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (12)

2009年9月13日 (日)

遠方より友来たる!

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9552_sp0000

ご近所のバラ、春にも撮ったけど、秋のバラもなかなか美しいね。

Img_9571_sp0000_2

年間の世話管理は、大変、大変、、を通り越して、苦労の甲斐あって、美しいバラを咲かせたい、、、って思うバラ愛好家の方々の気持ち、、わかるような気がします。

Img_9557_sp0000

今日は、僕の会社時代の同僚のYさん、そのお友達、我が家を入れて4家族、

東京、滋賀県の草津から藤枝に集まった。

みんな定年退職後のサンデー毎日

福一焼津流通センターで今晩の魚を仕入れ、お茶畑や野菜畑、「人生の楽園」の撮影箇所を見て、、、、

さて、今夕のパーテイーの料理は!!!

何と言っても、静岡だからね!

みんなで料理しました。

飲むの専門、、もいました。

金目鯛、、こんなにでっかいのは、こういう時以外はさばけないね!

2kg以上あったよ!

Img_6990_sp0000

金目鯛の煮つけImg_6996_sp0000 、、、これ程美味しい魚は無い。

もう一鉢あるんだよ。

焼津といえば、やはりお刺身

金目鯛、秋刀魚、南マグロ中トロ

Img_6999_sp0000

畑で薩摩芋堀りして、、、

オーブンで焼いた薩摩芋

Img_7015_sp0000

もちろん、薩摩芋の蔓のキンピラ風

Img_7004_sp0000

滋賀県琵琶湖の名産、日本三大珍味の一つの鮒寿司

Img_7011_sp0000

日本酒には最高、、こんな美味しいものはない!

お寿司といえば、秋刀魚の押寿司

Img_6993_sp0000

畑の枝豆がちょうど採り頃、、

Img_7001_sp0000

畑の里芋、、、小芋を茹でて塩振って

Img_7006_sp0000

親芋は、すりおろして、片栗粉、卵、茹でシラス、青シソを混ぜて塩で味付け、、

フライパンでチジミ風に焼いて、、

Img_7009_sp0000

これが、美味しいんだね~!

まあ、、ブログでおなじみの料理だけど、、

庭の無花果、、もう最後かな、、輪切りにして、塩振って、片栗粉まぶして、フライパンで焼いて、、

Img_6997_sp0000

ナベショーのパーテイー料理

全部並べると、、、、、何か撮り忘れてない?

Img_7021_sp0000

飲み物は、、、白州の江井ヶ鶴酒造の赤ワイン、新潟の清酒 〆張鶴、ビール、幾本飲んだか数知れず、、

大人9人で平らげました!

モンタ、、すこし緊張、、、みんなからかまってもらって幸せ!

Img_7027_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (22)

2009年9月12日 (土)

二ラの花が満開

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9573_sp0000

ニラの花

先日、撮った時は、まだ蕾だった、、、

満開、、ここまで咲くと壮観だね!

Img_9583_sp0000

花には、たくさんのセセリチョウが忙しそうに飛びかっている

ニラの花、一個の花は小さくて目立たない、、でもそれが集まって一つの花の集合となり、

さらに、面広がる

Img_9590_sp0000

今日は、畑、、頑張ったよ!

午後から雨,、、という予報

午前中に苗を植えたり、種蒔いたり、、、何とか間に合わせよう。

白菜とキャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、サラダ菜の苗、、、

苗屋のおばさん、これも持っていきな、、あれも、、、

かなりたくさんおまけをいただいたよ。

Img_6966_sp0000_2

ほぼ苗を植え終わったら、お昼、、、

時折、パラパラ、、、でも降ってこない、、、

念のため、バケツで水やり、、

午後は晴れ間も出てきたよ。

ラッキョウ、ニンニク、小蕪の種、、、やはり水やりを、、、

Img_6983_sp0000

夕方から雷を伴う雷雨が発生!

水やりしなくとも、良かったかな?

先日の秋刀魚、、、パン粉をつけて冷凍してあったのを、揚げて、、

Img_6986_sp0000

秋刀魚は脂が乗ってるから、どんな料理にしても美味しい。

モンタ、、アップするの忘れてたよ

涼しくなったので、過ごしやすくなったね。

Img_6980_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (17)

2009年9月11日 (金)

リコリスの花

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9549_sp0000

リコリス

彼岸花科の花を総称してリコリスという

Img_9548_sp0000 夏に咲くナツズイセン、

キツネノカミソリ、彼岸花、、、

みんなリコリス

ただし、アルカロイドを多量に含む有毒植物である。

彼岸花が美しいにもかかわらず、昔から日本では忌み嫌われているのは、その有毒故であろう。

しかし、常に人の住むところに大量に咲き、いざ大飢饉の時は、球根を掘り起こし、潰して水でさらして毒を除き、デンプンを採って食料とした。

中国からの渡来人と共に、日本に来た花

人里離れた山の奥、、彼岸花が咲いてたら、昔、人が住んだ集落の存在を示す

八月に咲いたナツズイセンは薄いピンク、、

今年は、もう地中から出てこないのかな、、と心配してたら、なんと庭にちゃんと咲いてるではないか!

この秋咲きのリコリス、、、ピンクに紫がかかった色、、、美しい!

Img_9540_sp0000

今日は保健所による蜜蜂の検査

感染すると蜜蜂の幼虫が次々と腐ってしまう恐ろしいアメリカ腐蛆病

保健所の検査員が指定する巣箱を開けて、巣脾枠を一枚づつ見せる

Img_6925_sp0000

法定伝染病に指定されていて、この病気が発見されると、蜜蜂の群れを巣箱ごと焼却せねばならない。

緊張の一瞬である。

藤枝地区、すべての養蜂家の蜜蜂を検査、、みんな一緒について回る

他の養蜂家の蜜蜂や蜂場を見たり、いろんな情報交換ができる機会でもある。

これは、スズメバチの襲来によって全滅した巣箱Img_6928_sp0000                   

箱の上の置いたネズミ獲り用の粘着シート、、、襲ってきてくっついた大量のスズメバチの死骸

巣門の前は、スズメバチによって殺された働き蜂の死骸の山、、、

アップしましょう!

Img_6929_sp0000

居たはずの女王蜂がいなくなったり、女王蜂の幼虫が死んでしまう、、また、生まれた女王蜂が従来よりも小さい、、

今までになかったような異変が、昨年、この春以来多々発生している。

働き蜂が急に減ってしまって群れが短期間で消滅してしまった、、、

花蜜や花粉を集めに飛び立った働き蜂が、方向感覚が狂って、巣に帰れなくなったためではないだろうか、、、農薬の影響か?

昨年は薬剤への耐性ダニの大発生によって、全国的に壊滅的被害

とにかく、何十年も養蜂をやってる大ベテランさえも、苦労をしてるのである。

地球の自然界の生態系が狂い始めて、最も小さな昆虫達への影響が、具体的な現象として顕在化してきたのであろう。

先日、畑から収獲してきた8個の貴重な 南瓜

一個使っていいでしょう?、、、、、と妻

Img_6915_sp0000_2

パンプキンパイが出来てました!

Img_6912_sp0000_2

モンタ、、複雑な姿勢をしてるね~

Img_6963_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (16)

2009年9月10日 (木)

栗の渋皮煮

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9516_sp0000

この小さな白い花、、、、何の花かわかりますか?

Img_9524_sp0000

一センチ、、、もう少し小さいかな?

暑い夏には、花も少なく、実も育たず、、、時には枯れそうに、、、

でも、秋の涼しい風が吹き始めると、やっと元気を取り戻し、たくさん花が咲き始め、実も育ってきたよ。

Img_9505_sp0000

そう、、これは野菜のピーマンの花でした。

12月頃、霜が降りて、葉が枯れてしまうまで、元気に実を生らし続ける。

葉の影に、赤くなったピーマンが、、、

Img_9533_sp0000

久しぶりの雨が降ったが、今日の日照りで元の黙阿弥、、、

さて、僕の茶園、、、の隣が他人の栗山

Img_6574_sp0000

栗の木には、、

Img_6492_sp0000

栗の実が入ったイガが地面に落ちると、ほとんどが、僕の茶園の通路、あるいはお茶畑の畝の間に転がってくる。

もう僕の茶園の通路と畝の間は、栗のイガだらけ、、、歩くのが困難なほど、、

栗の木の持ち主さん、、何とかしてよ!

栗の木の持ち主は、ほとんど採りに来ない、、、

持ち主の地所に落ちた栗も、僕の茶園側に落ちたのも、夜のうちにイノシシが全部食べてしまう。

それじゃ、もったいないので、僕の茶園に転がってる栗だけは、茶畑に来た時に拾って帰った。

それが積もって、、、、

Img_6817_sp0000

これ、全部、栗の渋皮煮にしてもいいでしょう?、、、、、って妻が、、

面倒だけど、皮を剥いて、、、Img_6883_sp0000  重曹を少々溶かした水に一昼夜浸けて、、     

さらに、4~5回、液の赤い色が無くなるまで煮こぼしして、、、

砂糖を溶かしたシロップに漬けて、煮詰めて、冷めたらブランデーを少々入れて、、

出来上がり、、、、二瓶出来た(僕が作ったのではありませんよ)

Img_6908_sp0000

ちょっとだけ、お味を、、、これは美味しいお茶を淹れて!

Img_6909_sp0000

8月28日に作ったホッケの干物、、、

冷凍庫に保存してあったのを、、、、昆布〆酒蒸しい、、

フライパンに羅臼昆布を敷いて、ホッケの干物、えのきたけ、畑のピーマン、インゲン豆を周囲に並べて、日本酒をじゃ~と一回し

お醤油をほんの少々、、、蓋をして加熱、、 5~10分くらいかな、、

Img_6888_sp0000

お酒が飛んでしまう前に火を止めて、、、

器に移して、、、出来上がり

Img_6896_sp0000

ホッケの干物は焼いても美味しいが、昆布〆酒蒸しも美味しいよ。

ついでに、もう一品

庭の無花果を3個、、、輪切りにして、片栗粉まぶして、サラダオイル敷いて、フライパンでソテイー

Img_6892_sp0000

食塩を少々振って、、、おお 何という濃厚な甘み

モンタ、、この頃貫禄がでてきたね~

ちょっと、メタボじゃないですか?

ナベショーには言われたくないな~

Img_9465_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (23)

2009年9月 9日 (水)

久々の雨!

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします.

Img_9436_sp0000

久々の雨、、、

そういえば静岡に大地震が起きた時、外は土砂降りだった。

それ以来、全く降っていなかった。

Img_9434_sp0000

昨夜の予報、、雨が降るような天気図ではないのに、静岡中部は午前が雨マーク

天気予報の精度、、すごいな~

Img_9457_sp0000

でも、明日からの週間予報は、やはり晴れマークが続くよ!

先日の生鮭もほぼ食べ尽したので、福一焼津流通センターへ

太平洋を通過した台風の影響か、、、見るべき近海物の魚は見当たらず、、、

そこで、安くなってきたという新秋刀魚、、、

思い切って、、、えいっと一箱大人買い!

Img_6864_sp0000

22匹入り、1680円

これでも、容器と運送料で500円かかってるという、、、

背開きして、味醂、醤油漬けして冷蔵庫へ、、Img_6867_sp0000

三枚におろして、塩して冷蔵庫へ、、、これはお寿司や酢もの用

Img_6868_sp0000

二枚におろして、パン粉つけてフライ用、、一枚づつラップして冷凍庫へ

Img_6874_sp0000_2

大根と一緒に煮つけると美味しいよ、、、、鍋ごと冷蔵庫へ

Img_6872_sp0000

塩焼き用にも、、、塩をぱらっと振って、そのまま一匹づつポリ袋に入れて冷凍庫へ

Img_6870_sp0000

え~、、ここまでで、21匹

最後の一匹は、やはりお刺身、、、今晩の夕食に!

Img_6880_sp0000

南マグロの中トロ(超安いお買い得の尾っぽの部分)と先日の生鮭の酢〆

秋刀魚だけではなく、マグロと鮭が加わると、彩りが美しくなり美味しそうでしょう!

モンタ、、雨で濡れた庭の巡回は気持ちが良いよ!

Img_6845_sp0000_2

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (26)

2009年9月 8日 (火)

蜜蜂にとって秋は多難!

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9398_sp0000

酔芙蓉

朝は白い花の酔芙蓉

丁度、日差しの強いお昼頃、、、

Img_9420_sp0000

ほんのりと薄いピンクに頬を染めて、、

ちょっと恥ずかしげに

Img_9403_sp0000  

夕には濃いピンクとなって萎んでしまう

暑い夏を過ぎて、秋になり、蜜蜂は冬準備

養蜂管理にとって、秋こそもっとも多難な時期である。

秋の管理がうまくいけば、元気な群れを冬越し出来る。

今、活動してる働き蜂は全部死に絶え、今から12月までに新たに生まれる蜂が冬を越す。

来春は、元気な群れが活動を始めて、どんどん群れが大きくなり、4月から5月の花がたくさん咲く時期に、たくさんの蜂蜜を集めるのである。

秋は蜜蜂に寄生するダニが発生する、、、、

昨年は認可されてるダニ剤が効かない耐性ダニが爆発的に増えて、日本全国、壊滅的被害をこうむった。

欧米では既に認可されてる新しいダニ剤が、日本でも急遽、この6月に認可された。

僕の蜜蜂も、先日一匹のダニを見つけたので、そのダニ剤を巣箱に入れた。

Img_6485_sp0000

塩化ビニルのプラスチックシートにダニ剤が混ぜられていて、少しずつ表面に出てきて、蜂に寄生してるダニを殺すのである。

秋は、オオスズメバチ、キスズメバチが蜜蜂を襲う

日本蜜蜂は集団でスズメバチを包み込んで、体温の熱で殺す、、

でも、西洋蜜蜂は、一匹ずつスズメバチに攻撃を仕掛け、背中につかまり、針で刺して殺す、、

しかし、その間、スズメバチにかみ殺されて働き蜂の死骸の山となる。

そこで、巣を攻撃してくるスズメバチを捕獲する箱を巣箱の入り口に取りつける

Img_6486_sp0000

蜜蜂は金網の目を通り抜けるが、スズメバチは抜けられず、上に、上にと飛んで、袋小路の中に入って出られなくなる

ほら、もう入って死んでるでしょう。Img_6571_sp0000_2                          

秋には、セイタカアワダチソウが日本全国の野を黄色で染める、、、

実は、蜜蜂は、そのセイタカアワダチソウの花蜜を集めて貯蔵し、冬越しの食料とする

また、秋は、チョーク病やアメリカフソ病という恐ろしい病気に感染し、全滅という危険もある。

そのような幾多の災いから守ってやり、元気な蜜蜂の群れを、冬越しさせねばならない。る。

僕は、昨年、ダニの被害に遭遇し、散々な目にあったが、購入した1群を増やして、4群となった。

暑さ対策のため、スダレを箱に掛けている

Img_6572_sp0000

今、養蜂に関心を持つ人が増えている。

定年退職後に趣味の養蜂を始める人も多い(ナベショーもその一人)

東京銀座のビルの屋上で蜜蜂を飼育しているNPOもある。

最近のガーデニングブームや都会のビルの屋上庭園、、東京都心でも蜜蜂が蜜を集めるだけの花が咲いているのである。

僕が4年前に初めて蜜蜂を飼おうとした時は、近所の専門の養蜂家に相談し、指導を仰いだ、、、今もなお、、、

実際に、養蜂家の作業を手伝う事により、実地で基本的な年間管理手法と蜂の扱い方を学んだ。

また、日本養蜂協会支部の会員になり、さまざまな情報や便宜を図っていただいている。

注意が必要なのは、、、

蜜蜂(西洋蜜蜂)は家畜に相当するため、市の農林畜産課に届けねばならないこと

保険所による法定伝染病の検査を受けることが法律で義務付けられてること、

蜂場権といって、半径2km以内は既存の養蜂業者が権利を有してるので、新規参入者は養蜂協会支部による許可、調整が必要なこと(自宅の庭でならOK)

住宅地の場合、蜜蜂の黄色い糞が、洗濯物や車に付着し、近所とのトラブルになりやすいこと、、、、

また、分蜂群れが近所の庭の木に固まって、大騒ぎにもなる

新たに蜜蜂を飼育しようと思う人は、役所の農林畜産課に相談し、近くの養蜂家を紹介してもらうことが、もっとも早道である。

蜜蜂の群れ一つと最低必要な道具、ほか、、スタート時には約10万円の費用がかかります。

養蜂、、可愛い蜂が相手なので、守り育ててやるのに多くの苦労が絶えない、、

しかし、一回の採蜜で、1箱あたり10数KGの本物の蜂蜜が採れる喜び、、

また、人間よりはるかに優れた蜜蜂の群れの生きる知恵に感動!

僕のブログのサイドバー、、カテゴリー「養蜂」でクリックすれば、僕の養蜂の苦労と喜びの体験記事を全部見ることが出来ますよ。

妻は、TVの料理番組に凝っている

NHKの「きょうの料理」から、、

キャべツで包んだ餃子Img_6820_sp0000                                 

酢醤油、ごま油、七味唐辛子のタレ浸けて、、、なかなか美味しいよ。

モンタ様、、、、、まだ雨は降らないでしょうか?Img_6826_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (14)

2009年9月 7日 (月)

彼岸花がもう咲いてる

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9360_sp0000

彼岸花

まだ、お彼岸まで2週間以上あるのに、もう彼岸花が咲いてたよ。

花ビラとその縮れ具合、雄蕊と雌蕊、、花としての完成度は高い

Img_9362_sp0000

花の写真を撮り始めて、十数年、、、

花の多様さと美しさに、ますます驚かされる

神の被造物、作品、どのような偉大な芸術家も造りえないだろう!

この曲線を描く長い雄蕊、、、誰が思いつくだろうか!

Img_9364_sp0000

しまった、、、蜘蛛の糸が1本写ってた、、、

Img_9365_sp0000

彼岸花はこれから次々と咲き始めて、ブログにも幾回となく登場するでしょう。

8月31日、生鮭1本の料理を紹介しました。

塩をして、冷蔵庫に入れてあったの、、朝から酢で〆て、薄く切って握り寿司とカルパチオ風に、、

握り寿司

Img_6815_sp0000

青紫蘇で巻いて食べると一層美味しいよ!

丁度、1合の寿司ご飯で、、

カルパチオ風鮭サラダ

Img_6812_sp0000

茹でたインゲン豆とレンコンの薄切り、玉ねぎスライス、クレソンに青シソ、酢〆の鮭

ラッキョウの甘酢で作ったフレンチドレッシングをたっぷりかけて、、、

もう鮭は食べ飽きた、、と言ってた妻殿も、にっこり、満足!

モンタ、、、良い顔してる、、思ったら、目ヤニが、、、、鼻も黒いよ

Img_9372_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (26)

2009年9月 6日 (日)

里芋料理

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9321_sp0000

柳花傘(ヤナギハナガサ)

南米原産の帰化植物、、、園原種としてやってきたのであろうが、今は荒地や道端、いたるところに咲いている。Img_9324_sp0000

僕の畑にも咲いてるが、あまり風情のある美しい花とは言えないけど、、、

Img_9327_sp0000

午後に、養豚場から出てくる豚糞堆肥を軽トラで取りに行く

無料でもらえるので、藤枝、焼津、島田、もっと遠くからも農家の方が来る

最近は、だんだん知られるようになり、取りにきても無い時が多い。

僕が着くと、早くも先客が、、、

間もなく、別の農家の夫婦が、、、そのうちまたまた別の人が、、、

Img_6789_sp0000

これじゃ、すぐ無くなるはずだよ!

Img_6790_sp0000

僕の横の軽トラの御夫婦、、島田の伊久美の I さん(やまんばさんのご近所だよ)

標高600mの山、1町6反のお茶農家、、、

無農薬、除草剤無しのお茶を頑張って栽培し、製茶し、販売されてるという、、、

話が弾んで、互いにうちのお茶畑、見に来てください、、と住所交換!

軽トラに豚堆肥を満載し、僕の畑に、、、

たくさん畑に入れないと、土がなかなか柔らかくならない、、、

もう3~4年間、春、秋に堆肥を入れてるのだが、、、、

夕食は、昨日、採ってきた里芋料理、、、

Img_6777_sp0000

何とか美味しく食べる工夫しないと、400個の小芋、、食べ切れないよ!

まずは、ポピュラーな小芋の味噌汁Img_6802_sp0000

お出しは花カツオ、

小芋、人参、こんにゃく、鶏肉、ねぎの味噌汁、、、肉は豚でも牛でもOK

NHK TVで数トンのお鍋で煮てたのをやってたね。

これも定番 小芋の煮物

Img_6805_sp0000

同じく畑で収穫した薩摩芋、カボチャも一緒に、、、

カツオ出汁しで醤油、お酒、砂糖、でしっかり味をつける

油揚げを入れると美味しいね。

小芋もサツマイモもカボチャも、、何と柔らかくて美味しいこと!

さて、次は、、、ナベショー料理にしては加工度が高いが、、、

ちょっと硬い親芋を、おろし金ですりおろし、、、土生姜も少し、、Img_6794_sp0000

卵2個、茹でシラス、豆腐、片栗粉を混ぜて、塩で味付け、 青紫蘇を刻んで混ぜて

Img_6795_sp0000_2

フライパンにサラダ油を敷いて、少しずつスプーンで取って、両面を焼いて出来上がり!

油で揚げても良いのだが、、、

Img_6797_sp0000

さらに、素麺つゆのお出汁に入れて、ちょっと煮たてて、片栗粉でとろみを出して、、

こんなのはいかが?Img_6801_sp0000

モンタ、、抜き足、差し足、狙ってるのは、トカゲかな、、コオロギかな?Img_6738_sp0000

頭が高い、、、もっと低くしないと逃げちゃうよ~~

Img_6739_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (18)

2009年9月 5日 (土)

三時草

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9280_sp0000

午後の三時頃に開花するので三時草(さんじそう)

夕方,4時頃に開花するのはお白粉花(おしろいばな)

小さなピンクの花がたくさん咲いて可愛い花

Img_9281_sp0000

しかし、可愛い花、、と気を許すととんでもない、、、

畑の土の中に根が少しでも残ってると、どんどん増えていく困りもの

畑を耕す時、すっかり除いたはずなのに、再び芽が出てくる、、

種が飛び散って、増えて行く、、、

どんなに雨が降らなくて、カラカラ天気でも元気なのは薩摩芋

Img_6779_sp0000

一株、掘り起こすと、、、

Img_6778_sp0000

まだまだ小さいね

この二倍くらいになるまで我慢、我慢、、、

でも、焼き芋で食べるには、これくらいがいいね。

枯れそうになって息絶え絶えなのは里芋

Img_6776_sp0000

この数日、毎日水をやって、何とか元気に、、

二株ほど、掘ると、、、小芋がたくさん

Img_6777_sp0000

里芋は東南アジアで栽培されるタロ芋と同じ種類

この小芋、一個を春に植えておくと、一回り大きな親芋と10数個の小芋に増える、、、

東南アジアやそこから渡ってきた古代縄文人達の主食

小芋、、今晩は茹でて塩振って食べたImg_6785_sp0000                       

昨年の小芋を40個 畑に植えたから、10倍として400個の小芋が収獲出来ることになる、、、

薩摩芋も数百個は収獲出来そう、、、

今年の秋から来春は、、里芋と薩摩芋で十分、食は満たされるね~

さらに、晩秋には山芋を掘り、来初夏にはジャガイモを収穫し、、、

これに季節の青物野菜を栽培すれば、米、肉、魚以外は自給自足、、

ともあれ、、カラカラに乾いて硬くなった畑を耕して、冬野菜の種蒔きをやらねばね~

硬くて耕運機は歯が立たない、、、石灰を蒔いて、鍬で掘り起こす

Img_6780_sp0000  

さらに豚糞堆肥をたくさん混ぜ込んで、、、

冬野菜は、、

白菜、キャベツ、大根、小蕪、水菜、人参、小松菜、ほうれん草、九条ネギ

それに、ラッキョウ、ニンニク、百合根、玉ねぎ

百獣の王  モンタ!

Img_6757_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (22)

2009年9月 4日 (金)

秋茗荷で再び柴漬け

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9266_sp0000

畑のミニトマト、、、

日照り続きの暑い夏、、、実をつけるのはちょっとお休み

9月に入って、少し涼しくなったのと、水やりを始めたら、再び黄色い花が咲き出したよ。

トマトの花、、、可愛いでしょう!

雨が降らず、からから天気、、、もう咲いてる花も少なく、、、

ついにトマトの花までブログに登場、、か!

Img_9252_sp0000

ミニトマト、、12月頃まで、赤い実を収穫出来るよ。

Img_9248_sp0000

7月31日に茗荷の柴漬けの記事を載せました。

あまりの美味しい出来具合い

妻殿がすっかり気に入って、毎食ごとに食べて、お友達にも気前よくお裾わけして、、、、、

一カ月で、ほとんど無くなってしまいました。

Img_6586_sp0000

茗荷の種類には夏茗荷と秋茗荷がある

先日、山で秋茗荷を見つけて採ってきた。

再び、茗荷の柴漬けを作るか!

Img_6525_sp0001

茄子、キュウリ、新生姜、、、、畑には無いので、JAの市場へ

Img_6530_sp0000

とにかく安いので、たくさん買ってきた。

刻んで、5%の塩を振って、重しをして一昼夜

Img_6531_sp0000

赤紫蘇、、僕の畑にたくさん生えてる、、、

ちょっと青紫蘇と化けてるけど、まあいいか、、

Img_6576_sp0000

葉っぱを取って、、

Img_6577_sp0000

塩で揉んで、絞って、揉んで、絞って、、、、赤黒い灰汁を出して、、

ここで、十分過ぎるほど揉まないと、美しい赤紫色に発色しない。

梅干しも同じだね。

Img_6582_sp0000

野菜も紫蘇も塩が効きすぎてるので、、水出しして、少々塩分を除く

赤紫蘇、野菜に、梅干しを漬けた後の梅酢、食酢、ホワイトリカー、三温糖、を加えて良く混ぜる

Img_6584_sp0000

重しして、一晩漬けて、出来上がり

プラ容器に移して、冷蔵庫へ、、、一年分だよ~Img_6666_sp0000                  

ちょっと試食  前のとどちらが美味しいかな?

Img_6674_sp0000

前回より少々塩が効きすぎてるか、、、もう少し塩出しした方が良かったか?

モンタが外に飛び出し、野生に帰ると、、、

Img_6764_sp0000

コンクリーの上でゴロン、ゴロン、、、

Img_6766_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (20)

2009年9月 3日 (木)

この花は、、わかるまい!

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9243_sp0000

この小さな小さな花は何でしょう?

おそらく、知ってる人はほとんどいないでしょう。

Img_9220_sp0000

葉っぱはほとんど小金虫の大群に食べられてしまった、、、

Img_9224_sp0000

それでも、新しい新芽がちゃんと出てる

Img_9228_sp0000

この新芽を摘んで、天麩羅に、、、

そう、、これは春の山菜として人気の高いタラの芽、、、、の花でした。

畑の南瓜、、、苗を植えるのが遅かったが、、、それでも8個もぶら下がってる

さて採り頃がわからない、、、

えいって一個試し採り

Img_6696_sp0000

ちょっと早すぎたかな?

二つに割って、、、

Img_6698_sp0000

ちょっと早いが、まあいいか!

さっそく、薄く切ってフライパンで焼くImg_6700_sp0000 、、、塩をパッと振り、、

柔らかく、ねっとりした感触、、、美味しいじゃ~ん!

もちろん、お出汁たっぷり効かせた煮物

Img_6711_sp0000

とっても美味しい!

メインデイッシュは、、、先日の鮭のムニエル

Img_6707_sp0000

昨日掘った薩摩芋やインゲン豆も並んでる、、、

もう一カ月近く雨が降ってない

カチカチに乾いた畑を掘り起こして耕し、草を除き、、、

秋、冬野菜の植え付け準備だよ

それにしても、雨が降らない、、、、

猫が顔を舐めると雨が降る、、、って言わなかったかな~

モンタが舐めてるのは前足か~

Img_6716_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (24)

2009年9月 2日 (水)

芙蓉の花

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9191_sp0000

芙蓉の花が美しい

Img_9195_sp0000

なんという柔らかいピンクなんだろう!

Img_9200_sp0000

女優さんは、自分が一番美しく見えるのは、右向きか、左向きか、顔の角度は、、

ちゃんと計算して、カメラのほうに微笑む

さて、この芙蓉は、、、右向きか、左向き、、どちらが美しいかな?

Img_9198_sp0000

後ろ姿も美しいよ!

Img_9209_sp0000

僕は後ろ姿が好きだな~

正面から見てがっかり、、、ということもあるが、、、

えっ 芙蓉の花の話でしょう?

Img_9217_sp0000_2

今日も、雨が降りそうで降らない一日、、、、

先日の台風の時も降らなかったし、ず~と降っていない、、、、

Img_6618_sp0000

雨が降りそうなので、畑の水やりは止めとこう、、、、て言うのが今まで

今日は、あきらめて、バケツで池から水を運んで、、、何杯運んだか、、、

日照りが続くと、種の保存作用が働いて、地中の芋を太らせようとするのではないか?

せっかくだから、里芋と薩摩芋、、一株づつ掘り上げた、、

収穫はこんなもの、、

Img_6662_sp0000

まだ少し小さい感じだが、まあまあかな!

オーブントースターで焼いて、、

Img_6677_sp0000

茹でるより、焼く方が美味しいよ。

薩摩芋は、、、もっぱら妻が、、、

里芋は 塩振って、僕が食べる

薩摩芋の蔓から出てる茎、、、捨てるのもったいない

胡麻油で炒めて、花カツオ、油揚げ、お酒、味醂、醤油で味付け

水分が無くなるまで、、、

Img_6667_sp0000

テーブルに出すと、出しただけ食べてしまうので、半分冷凍しておくわね!

と妻殿が、、、

モンタ、、、さあ、次は何をするか、、、な~

Img_6693_sp0000

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (20)

2009年9月 1日 (火)

ニラの花

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門、 今日も応援ク リックお願いします。

Img_9185_sp0000

ニラの花

野生化したニラが、道の側に草むらに群生している

Img_9179_sp0000

これはまだ全部蕾だね。

Img_9182_sp0000

根元からたくさんの葉が出てるが、まだ柔らかいので、採って料理に使うことも出来るよ。

昨日の鮭、、、塩して、半日酢に浸けて、寿司ネタのように切って、、

ついでに、サンマも、、、、Img_6589_sp0000

寿司ご飯にキュウリと青紫蘇を混ぜて、その上に魚を並べる

彩りに紅生姜

散らし寿司はいかがでしょうか?

Img_6595_sp0000

畑のインゲン豆、、、とても大きくなりすぎて、、、

筋を取って、、茹でて、、、

まづはマヨネーズで食べるのが一番素朴で良いね。Img_6600_sp0000                    

茹でたのを切って、擦り胡麻をかけて砂糖、醤油でお好みに、、Img_6602_sp0000

生のインゲン豆を切って、シラス干しと一緒に、、、かき揚げはいかが?

Img_6597_sp0000

寿司ご飯だけ作って、外出してた妻

暑い暑いと帰宅して

あらっ! 

散らし寿司だけかと思ったら、こんなに出来てるなんて!

インゲン豆とシラス干しのかき揚げはなかなか美味しいね。

お寿司とよく合うわ!

モンタ、、今日は幾度も外へ出て遊んだね。

そう簡単には家に入れてやらないから、、Img_6605_sp0000                   

今日も、「猫」ではなく「花・ガーデニング」部門

人気blogランキングブログランキングの応援クリック ありがとうございました。

| | コメント (24)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »