« アメジストセージ  | トップページ | 青いセージは、、、 »

2009年10月 4日 (日)

セイタカアワダチソウ、、美しい花なのに

ブログランキング人気blogランキング [花、ガーデニング」部門にエントリーしています。

Img_0549_sp0000

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)、、美しい花なのに、ブタクサなんて言われて、、(ブタクサは別の花でした)北アメリカ原産の帰化植物

戦後、蜜蜂の蜜源として、日本に持ち込まれた。

Img_0563_sp0000

れんげ、蜜柑、アカシア、、、、など、春から初夏にかけてたくさん咲く花から集めた蜂蜜は、全部人間が横取り、、、

夏は、ほとんど蜜を出す花は少ない、、

秋になると、冬越しのために、巣いっぱい蜂蜜を貯蔵しなければならないのに、、、

たくさんの蜜を出す花は少ない、、、、

蜂蜜の貯蔵が少ないと、越冬中の蜂は餓死したり凍死する。

蜂蜜がいっぱい詰まった巣枠は、冬の寒さから蜜蜂を守る効果的な断熱材なのである。

戦後、日本に持ち込まれたセイタカアワタチソウは、蜜を出す花の少ない秋に、蜜蜂にとっては救世主なのである。

Img_0567_sp0001

最近は、日本各地で、大規模な休耕田や放棄された農地が急増

でも、そこにはセイタカアワダチソウがどんどん広がっていく、

真っ赤な彼岸花の後は、黄色いセイカワダチソウが、日本の秋の原風景としての地位を確保しつつある、、、

Img_0590_sp0000

数mmにも満たない小さな花の集合体

たくんの昆虫達が花蜜を集めにやってくる

Img_0575_sp0000

早春 杉の花粉アレルギーで苦しむ人が増えてきた時、秋に発生する花粉アレルギーはセイアカアワダチソウが原因であると言われてきた。

然し、最近では、それが完全なる濡れ衣であることが分かってきた。

セイタカアワダチソウは、花粉を空中に飛ばして受粉する風媒花ではなく、

蜜蜂など昆虫によって受粉する虫媒花であるからである。

Img_0568_sp0000

セイタカアワダチソウの花が咲き始めた、

蜜蜂は、毎日大忙しで冬越しの準備

蜜や花粉を大量に集めるために、野を飛びまわる

モンタ、、今日は悪戯せづにImg_7978_sp0000_2 、どっしりと、、                  

訪問、ありがとうございました。

お帰りの際は、人気blogランキングブログランキングを、是非クリック(一日一回)お願いします。

私の順位が上がりますし、他の方のブログも見る事が出来ます。

|

« アメジストセージ  | トップページ | 青いセージは、、、 »

コメント

セイタカアワダチソウは、蜜蜂の秋の救世主さんだったんですね。
赤の彼岸花の後、思いっきり大きくなって黄色い花を咲かせ始めました。
里山の原風景です。
今日見たら、エールを送っておきます。

投稿: めーちゃん | 2009年10月 5日 (月) 06時20分

ようやくナベショーに訪問できました。しかも2度もお邪魔しましたよ。渡辺家からの帰りの新幹線の窓から15夜を見ました。
写真でみるとセイタカアワダチ草もきれいですね。もんたもオスマシで、英国紳士風!

投稿: 岡里 | 2009年10月 5日 (月) 07時38分

おはようございます♪ナベショーさま
そうなんです。少し忙しかったんです。
今日は お肌のお手入れ怠った分 朝っぱらから
化粧水パックなどしながら お便りしていますcoldsweats01
最近は シーツの痕 自分のほっぺの重力に負けた痕など 残り 朝早く出かけるのは 勇気がいります~

投稿: キュリー | 2009年10月 5日 (月) 09時00分

一時期、花粉症の因になると言われていた頃は、避けるようにしてましたが、何だったんでしょうね~。
噂が一人歩きしちゃったんでしょうが、早く調べて発表されてればあんなにビクビクしなくて良かったのに。

今ではススキと一緒に切ってきて、月見の花として飾ってます。

投稿: ば~ば | 2009年10月 5日 (月) 09時09分

ナベショーさま 
久しぶりです。ブタクサはセイタカアワダチソウとは全く異なる雑草ですよ。秋の花粉症に関係があるとも云われています。

投稿: 浦和のGG | 2009年10月 5日 (月) 09時26分

おはようございます

私も、ば~ば様と同じく
花粉症や喘息の根源だと思っていました・・・
今まではなるべく避けて通っていましたが
これからは、ゆっくり眺めてみます。
十五夜は見逃したので・・・
十六夜を見ていました。
二日間とも晴れてトクした気分でした・・・
お団子もススキもなく・・ですがぁ~
蜜蜂さんは忙しそうですが私は食欲ばっかりの秋です。
モンタ君は如何ですかぁ??
何でも美味しくて困ってしまうま~す。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2009年10月 5日 (月) 10時47分

めーちゃんさま
この花が無かったら、蜜蜂は冬越し用の蜂蜜を得ることが出来ないほどです。
お茶、サザンカ、コスモス、、、それなりにあるけど、とても足りない、、
もう、すっかり里山にも、都市部にも定着しましたね。

投稿: ナベショー | 2009年10月 5日 (月) 11時33分

岡里さま
たどり着けましたか、、ようこそ!
二日続きの晴天が終わり、今日は曇り、間もなく雨が降りそうです。
綺麗なお花の写真と、イケメンモンタがレギュラーですので、楽しみにお越しください。

投稿: ナベショー | 2009年10月 5日 (月) 11時36分

キュリーさま
もう、気にする年でもなし、、これはナベショーの場合ですが、、男は楽ですね。
それでも、髪だけは形を整えて出掛けますが、、、
服装は、どこへもT-シャツ、ジーパン、、、車は軽トラ。

投稿: ナベショー | 2009年10月 5日 (月) 11時41分

ば~ばさま
セイタカアワダチソウも、やっと日本の秋の花として認知されてきたようですね。
昨年、千葉の房総半島を汽車で一周しましたが、広大な水田の半分近くが荒れ果てた放棄地、、セイタカアワダチソウの黄色い花で覆われてなかったら、みじめな光景だったでしょう。
花粉症の原因としてずいぶん騒がれましたね。

投稿: ナベショー | 2009年10月 5日 (月) 11時46分

浦和のGGさま
なるほど、ブタクサは別の花、風媒花でした、、見かけない花だし、花も地味、、
僕も含めて、多くの人がセイタカアワダチソウと花粉症のブタクサを混同してるようです。

投稿: ナベショー | 2009年10月 5日 (月) 11時50分

ムックのお母ちゃんさま
ほとんどの人が、花粉症の原因のブタクサと間違えてるようですね。
でも、違う花で良かった!
中秋の名月、二日続きで晴れて、もうけもんでした。
梨、柿、が美味しいですね。
早生ミカンも出てきたし、ほんとに食欲の秋
モンタは、カリカリ、、季節感無し、、です。

投稿: ナベショー | 2009年10月 5日 (月) 11時54分

もんた氏。実にいい顔してますね。

あわだちそうは、染めの材料として捨てがたいものです。
クリームから灰色がかった深緑がでます。
幸い花粉症ではないので大丈夫!
これも時期は番茶も出花、今頃はちょっと遅いかな?

投稿: やまんば | 2009年10月 5日 (月) 12時48分

セイダカアワダチソウって,最近見なくなりました。というより,生活範囲がそんなところばかりだからかもしれませんね。今朝は,薔薇にいっぱい蜜蜂がやってきていました。きっと雫より少ない蜜を持っていったんだろうと思います。今日も動くと暑いです。青梗菜の植替えをやっとしました。何でも少なめ。種類は多目ですので,世話ばかりです。そうそう,イチジクは上へ伸びる枝を葉が落ちてから,剪定します。こちらは春です。そして,手が届く枝だけを作ります。こちらで出荷している生産者は,背丈以上の木は作らないそうです。私は,葉の下が,夏の日よけになるので,利用できるようにしますが。
モンタ君,これから何しようか考えてるわね。さっと動くものをみたら,飛びつきそう。

投稿: tirokuro | 2009年10月 5日 (月) 13時08分

☆背高泡立草のファンです。
まだ花穂が開く前に切りとって、いけています。
そうですね。近づくといつも虫たちがいっぱいです。
蜜蜂にとって貴重なお花なんですね。
一時に比べて、姿がぐんと減りました。
前は背の高い茎を冬に切りとって、植物の支柱にしてたのですが
最近、背低ばかりです。
目の仇にされた濡れ衣、すっかりはれるといいですね。

投稿: るな | 2009年10月 5日 (月) 14時17分

【セイタカアワダチソウ】以前ほど 見かけなくなりましたねぇ。悪評高かった頃、この花に 占領されちゃうのでは?と 心配になった位 空き地に イッパイでした。昨年、この時期、貴重な 蜜源だと 教えて貰って、見る目が変わりました。 勝手なものです。
長い目で 見ないと ホント!が分からない事、早急に 手を打たないと 手遅れになる事。新しいモノに対しては 判断が難しいです。 ねぇ、モンタ君!!

投稿: シーちゃん | 2009年10月 5日 (月) 16時18分

こんばんは。
セイタカアワダチソウが、ぜんそくによくないとか昔言われてましたよね。

確かに花粉花粉した姿を見ると、そういう感じもするけれど、確かな事がわからないのに、いろいろいうのは本当によくないですよね~。そういう事は多いけれど。

大事な蜜になるなんて、私も認識あらたに致しました。
がんばれ、セイタカアワダチソウ。

今日のモンタ君は、なんだか瞳ばっちり。男前~
なにかいい事あったのかな。

投稿: メアリー | 2009年10月 5日 (月) 18時14分

セイダカアワダチソウは荒地に生えて土壌改良をし 何年かするとその場所から消える植物だと何かで読んで以来 なるほど役に立つ植物なんだと思っています。
田舎暮らしをする前の事で 何の本だったのかも思い出せませんが 本当だったのかしら・・
ススキと活けると合いますよね。
そういえば先日ススキを活けたら翌日黄色の小さな花(めしべかな)が穂の下に
一列にぶら下がっているの発見しましたよ。
まだ若いススキだったのでしょう。
生きるものすべて生きる理由があり 私達は自然の恩恵で毎日美味しいものを頂いてますね。
ナベショーさんの蜂蜜 とっても美味しいです。 

投稿: ミモザ | 2009年10月 5日 (月) 20時16分

やまんばさま
モンタ、、カメラを向けた時に、なかなか良い顔してくれない、、
染色の材料に、、、野の花や実、何でも利用出来るんですね。
今日、洋種やまごぼうの紫の実を触ってしまい、手が鮮やかな赤紫に染まってしまいました。
お茶、、花が咲いてきました。

投稿: ナベショー | 2009年10月 5日 (月) 20時28分

tirokuroさま
蜜蜂、、少々小雨でも蜜集めに飛んで行きますね。
無花果、、以前は冬に剪定してたのですが、、切らなかったら大木になってしまいました。
たくさん生りますが、長い柄のついたハサミで採ります。
モンタ、、ナベショーが次に何をするかを読んでるんんだよ。
裏のドアを開けて、外へ出る時は、必ず〆るのを忘れる、、って。

投稿: ナベショー | 2009年10月 5日 (月) 20時36分

るなさま
セイタカアワダチソウ、、以前よりも勢いが無くなりましたね。
小さい花は、小さな虫にとって、口を伸ばして蜜を吸いやすいのです。
花粉症の原因になるブタクサの別名がセイタカアワダチソウであると誤解されたようですね。
僕も今までそう思ってたから、、、

投稿: ナベショー | 2009年10月 5日 (月) 20時42分

シーちゃんさま
セイタカアワダチソウ、、一頃は、すごい勢いで空き地、荒地、休耕田、道端、、を占領してました。
根に他の植物の生育を阻害する成分を出すそうです。
でも、とうとう、自分自身の生育も阻害して育成が止まったとか、、、
最近はススキと共存し、背丈も低く、、、自然に調節がなされるんですね。

投稿: ナベショー | 2009年10月 5日 (月) 20時47分

メアリーさま
セイタカアワダチソウ、、花粉症のブタクサと間違えられて、えらい濡れ衣でした。
台風が過ぎれば、まっ黄色に満開、、蜜蜂も蜜集めに大忙し、、頑張るでしょう。
モンタ、、たまにはいい顔を!

投稿: ナベショー | 2009年10月 5日 (月) 20時53分

ミモザさま
セイタカアワダチソウ、、あんなにすごい勢いで増えてたのに、最近はおとなしくなってススキや他の植物とも共生してますね。
ススキも良く見ると不思議な花がたくさんついてます。
野の草花や昆虫の健気に生きてる姿を見ると、謙虚にさせられます。
来春は、たくさん蜂蜜が採れますように、、、
後、2カ月、無事に冬越しに入ったら、もう安心!

投稿: ナベショー | 2009年10月 5日 (月) 21時05分

この花の由来と真実!初めて教えていただきました 今の今迄 花粉症説を信じていたのです
初めてこの花を摘み花びんにさしていた処友人が「花粉症になるわよ!」って
それから30年になります 知らずに来た道は随分永かったな~と今日は目から鱗でした  
ナベショーさんの蜜蜂が重い程かき集められることを祈ります。モンタ君っておメメの色どうなっているのでしょうね?
何時も不思議です。 桜シンフォニーでした。

投稿: asakura211 | 2009年10月 5日 (月) 21時26分

セイタカアワダチソウのこと、
(昔はキリン草と言っていたように思いますが、あれはまた別の物でしょうか?)
私も、今回ナベショーさんに教えて頂くまで全く知りませんでした。心が痛みます・・・

まるで人間界のことのようですね。そんな風に、噂が中傷が一人歩きして、長い間一人の人をまた多くの病気の人を苦しめ続けることがあります。・・・あってはならないことだと思います。

セイタカアワダチソウさん、良かったね! もう悲しまなくて良いから、ゆっくり思い切り呼吸してね!!そしてミツバチさんにいっぱい蜜をあげてね!!

投稿: たんぽぽ | 2009年10月 5日 (月) 22時29分

asakura211さま
花粉症のは、ブタクサという別のもの、、、
ほんとに、ほとんどに人が、セイタカアワダチソウを花粉症の原因になる花、すなわち別名ブタクサ、と誤解してたんですね、、、
繁殖力も一頃よりも衰えて、ススキなんかと共存し、日本の自然に溶け込もうと努力してたんですね、、、
モンタのお目目、、写真とる角度で色が違うんです、、不思議!

投稿: ナベショー | 2009年10月 5日 (月) 22時52分

たんぽぽさま
別に良く似た花で、アキノキリンソウと言うのがあります。
黄色くて、背がノッポで、キリンソウですね。
キリンソウのほうが、ぴったりくる花です。
こんなにたくさんの人が誤解してたなんて、、
初めの頃は花粉症に、、って騒がれたけど、風媒花ではなく虫媒化であることが分かったけど、その時は、すでにそう信じられてたのでしょう。
可哀想に、、、

投稿: ナベショー | 2009年10月 5日 (月) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメジストセージ  | トップページ | 青いセージは、、、 »