« 青春18きっぷの旅 雪の米沢から仙台へ | トップページ | ピンクの梅が咲き始めたよ! »

2010年1月17日 (日)

青春18きっぷの旅 白石城

ブログランキング人気blogランキング 花、ガーデニング」部門にエントリーしています。

2010年1月14日(木)

Img_1498_sp0000

昨日、青葉城公園には行った、

他のところへ行くには、中途半端

予定より、早めに仙台駅から上りの電車に乗ることにした。

宿の前の大通りには東北大学病院

Img_1445_sp0000

仙台駅行きのバスに乗る

駅からの景色、、、初夏には街路樹の欅の新緑が美しいだろうね。Img_1449_sp0000

9時過ぎの電車に乗り、白石駅で途中下車

当初の予定だった仙台駅11時04分発の快速がちょうど11時40分頃に白石に、、

それに乗ればいいね。

Img_1455_sp0000

タクシーで白石城へ

白石城は、伊達正宗の家来、片倉小十郎の居城

正宗が梵天丸と言われた 幼少の頃から正宗の守役として仕え、生涯、伊達家を支えた名将である。

昔、NHKの大河ドラマの「独眼竜正宗」では、正宗役の渡邊謙、小十郎役は西郷輝彦

ドラマでの幼少の正宗の「梵天丸もかくありたい」のセリフ、、覚えておられるでしょう。

小十郎は生母に愛されなかった片目の正宗を精神的にも支え、養育した。

また、豊臣秀吉と対決しようとした正宗を説いて、秀吉の小田原討伐に参陣するように諌言し、伊達討伐を回避させたImg_1457_sp0000                           

片倉小十郎は、伊達家の最高の家格では無かったが、秀吉からも認められ、

片倉氏の居城は、徳川幕府からは一国一城令の例外として認められた正式の城である。

復元された白石城は、鉄筋コンクリートの城ではなく、総檜作りの立派なもの

Img_1467_sp0000

上杉家の直江兼続、伊達家の片倉小十郎、、だね。

二代目片倉小十郎は、大阪夏の陣で真田軍を破り手柄を立てた

Img_1461_sp0000

その時、連れて帰った真田幸村の娘は、小十郎の後妻となる。

三代目片倉小十郎は、伊達騒動の際、藩内の混乱を鎮めて伊達家改易の危機を免れさせた。

以上のように、片倉家は代々伊達家の重鎮として、伊達家を支える。

上杉の直江兼続は、盟友石田三成と組んで徳川家康に対抗したが、関ヶ原の合戦で西軍が破れる。

家康から許されるも、会津120万石から米沢30万石に、、、

息子の早世、本田家との養子縁組も解消が原因で、兼続の死後、直江家は断絶する。

上杉家の減移封を招いた責任を感じて断絶させたのか、、、

擁護者上杉景勝の死後、直江家が責めを受けることを予測したのか、、、

兼続の死後、主君を誤らせ、石田三成と組んで徳川家康に刃向かい、上杉家を窮地に陥れた奸臣とされていたが、米沢藩9代藩主上杉鷹山が兼続を手本に藩政改革を行ったことから、次第に再評価が高まった。

秀吉を支えた石田三成、上杉景勝を支えた直江兼続、伊達正宗を支えた片倉小十郎

徳川家康を支えた本田正信、、、、

激動の時代の彼らの生き様に思いを巡らせながら、、、

鳩山首相を支える小沢一郎は、、、、、

白石駅から藤枝への長~い帰途に、、冬の青春18きっぷの旅を終える。Img_1478_sp0000

モンタ、、Img_6009_sp0000 そうとういじけてるね!

訪問、ありがとうございました。

お帰りの際は、人気blogランキングブログランキングを、是非クリック(一日一回)お願いします。

|

« 青春18きっぷの旅 雪の米沢から仙台へ | トップページ | ピンクの梅が咲き始めたよ! »

コメント

長旅でしたね。お疲れ様でした。ところで電車の中では,どのようにお過ごしですか。
モンタ君,今日は暖かだよ。外に出たいでしょう。

投稿: tirokuro | 2010年1月18日 (月) 07時47分

白石は行ってない街です、仙台の周辺はかなり出かけたんですが~。

白石温麺が美味しくて、一度は本家本元で食べたいと思っているうちに転勤しちゃいました。

家臣の信を得る君主にはそれなりの人格がありますね・・・で、そういう君主はいい家臣に恵まれますね。

投稿: ば~ば | 2010年1月18日 (月) 08時55分

おはようございます。ナベショーさまnote
そうなんです。若葉の青葉通りは、ほんとに美しく 
空を仰ぎ 目を閉じると 友達と歩いた青春時代にタイムスリップしちゃうんです。
ぜひ 今度は若葉のトンネルのころ いらしてください。
私は毎月行ってます。 遭 遇 できるかも・・・

投稿: キュリー | 2010年1月18日 (月) 09時43分

お疲れ様でした~。
素敵な旅でしたね~。
東北はたくさんの歴史の埋まっている街ですね。
ナベショーさんの歴史の講義をも聴きながら
一緒に旅をさせていただきました。
下手な歴史本を読むよりよ~くわかりましたよ~。
楽しかったです。
ありがとうございました。

投稿: にりんそう | 2010年1月18日 (月) 10時10分

こんにちは
米沢と仙台の様子が良く分かって楽しかったです。
歴史をしっかり理解して、良いところは学ぶのは重要ですね。
旅は、色々なものが見れるし美味しいものが食べられるので最高ですね。
また、応援と遊びに来ます。ポチ!

投稿: 骨董品 / 骨董市ネットギャラリー | 2010年1月18日 (月) 10時24分

こんにちは

歴史が全く苦手(えぇ年して)なんですが・・・
ナベショー先生のご講義は分かりやすくこのように教えて頂いたら好きになっていたかも・・・歴史=年表意識があるんです。
最近、宮部みゆきの「孤宿の人」を読んで私にも読めるんだと今更ながら・・・池波正太郎に挑戦中です。
仙台は清々しい都会って印象があります行ったことはないですが・・・
モンタ君いじけたお顔もいいですよぉ~表情豊かですね
今はお外も自由なんでしょう・・・

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年1月18日 (月) 11時18分

ナベショー先生の講義 とても面白く分かり易く 歴史の授業もこうだったら・・ね。
現政権の主君を支えてるのは? 
もしかして立場は逆だったりして・・
家庭も同じかな 夫を支える賢い妻の存在あればお家安泰 そうナベショー家のように。
わかっちゃいるけどシニアライフともなると気も緩み我儘も出てきます。
どうしましょ。

その昔から我が家の山歩きは途中までリフトか何かで登り頂上を目指す安易な方法でした。
西吾妻もそうして歩きました お粗末。

投稿: ミモザ | 2010年1月18日 (月) 13時07分

trainナベショーさんご夫妻の旅bus
無駄無く、ポイントはきちっと押さえて、美味しいものをしっかり食べてdelicious delicious train最後に早起きしてもうひとつオマケまでsign03
どこやらさんちの旅とは大違いでございますよ~coldsweats01
またまたつくづく感心happy01flairでございます~sign01

catheart04モンタく~ん、いっぱい甘えて良いからネsign03
モンタくんがお玄関にちょこんと座ってお出迎えcatchair思っただけでも可愛くて抱きしめたくなっちゃいますね~confidentheart04

投稿: たんぽぽ | 2010年1月18日 (月) 13時20分

ハイ!歴史の勉強させて頂きました。
いつの世も シッカリしたブレーンがいないとダメですねぇ。上杉の直江、伊達の片倉ですね。
史実と 小説が ゴッチャになっちゃうけど、<天地人>では 直江が 意思をもって 断絶!、の様でした。
その時々の評価は、目先か 数年先か で難しいし どの面を評価するかで 違ってきますよね。
仙台からの 帰途は 一日がかりですね。お疲れ様!!

モンタ君の 拗ね顔、いいねぇ。(笑)寂しかったの裏返しで。。 

投稿: シーちゃん | 2010年1月18日 (月) 14時04分

tirokuroさま
電車の中では、外の景色を眺めたり、本を読んだり、、
単身赴任中は、通勤や帰省、出張の時にたっぷり本が読めたのに、退職すると、そういう読書の時間が無くなりました。
今回は、宮本輝さんの「骸骨ビルの庭」(上下)他3冊を完読しました。
モンタは外へ出ると、草食べて、げ~げ~だから、出ちゃいけないんだよ!

投稿: ナベショー | 2010年1月18日 (月) 16時55分

ば~ばさま
仙台、、後は松島や気仙沼のほうが有名なんですね。
白石は途中下車の駅だからね~
温麺が有名とは知りませんでした。
良い家臣、良い君主、、これは両輪でしょうね。
上杉家の場合は義を重んじた故に、徳川方のつくことが出来なかったけれど、其のあとは徹底的に徳川に尽くしますね。
直江兼続は、大切なのは領民、家臣の生活を守るということを悟ったからでしょう。

投稿: ナベショー | 2010年1月18日 (月) 17時09分

キュリーさま
青葉通り、、、キュリーさまの青春がたくさんのところなんですね。
5月の青葉のころに行けたらいいけど、、お茶が、蜜蜂が、、、

投稿: ナベショー | 2010年1月18日 (月) 17時11分

にりんそうさま
特に歴史、、というわけではないのですが、その時代の人達の生き様に興味があります。
必ずしも史実と異なることもあり、作家や歴史家の想像、解釈、主観の部分も含めて、自分の生きた半生との二重写しで眺めることが楽しいです。
学校で習った歴史は大嫌い!
暗記が出来ないので、、、

投稿: ナベショー | 2010年1月18日 (月) 17時42分

骨董品さま
東北の初めて訪問するところ、旅は、美味しい食べ物、景色、歴史、それに土地の焼物や工芸品が見られるので楽しいですね。
応援、ポチ ありがとうございます。

投稿: ナベショー | 2010年1月18日 (月) 17時45分

ムックのお母ちゃんさま
僕も学校で習った歴史は嫌い、苦手でした。
暗記が出来ないのですね。
40歳くらいになって、本を読むようになってから、歴史上の人物の生きざまに共感し、楽しくなりました。
記録に残る歴史は、必ずしも史実とは異なりますから、さまざまな解釈や見方が出来るので楽しいです。
歴史小説、、池上正太郎や藤沢周平、山本周五郎、、など、とても面白くてハマってしまいますよ。
モンタ、、ご近所迷惑になるので、出さないようにしてるのですが、時に隙をみて脱出します。

投稿: ナベショー | 2010年1月18日 (月) 17時51分

ミモザさま
政界、、、困ったものですね。
主君を支え、守ってるのは誰でしょう、、、
昔はね~
男は早々と逝ってしまったから、妻が長生きして家、一族を支える、、、
今は、二人だけで喧嘩しながら老後を生きる、、
じっと我慢、忍耐してるのは夫かな?
まあ、、会社時代の延長と思えば、、、
麓まで車で行けば、八ヶ岳なら登れますよ~

投稿: ナベショー | 2010年1月18日 (月) 18時00分

たんぽぽさま
いえいえ、行き当たりばったりの旅行ですよ~
最後に、小十郎の白石城だったので、何とかブログの恰好が付きました。
起承転結も難しいね~
モンタ、、玄関で出迎え、、ミャ~ミヤ~、すり寄ってくると、可愛いもんです。

投稿: ナベショー | 2010年1月18日 (月) 18時04分

シーちゃんさま
そう、上杉の直江、伊達の片倉、シーちゃん家のシーちゃんです。
120万石が30万石に、、、相当責任を感じてたようですね。後は徳川家にびったり忠誠でしたから、、
義よりも領民、家臣の生活、幸せが大事、、、って言うことを悟ったのでしょうね。
ドラマでは、反転した徳川軍の追撃を主張した兼続に対し、寡黙な上杉景勝が、追ってはいけないと留め無ければ、後に上杉家は取り潰しになってたでしょう。
モンタ、、寂しい、寂しい、、

投稿: ナベショー | 2010年1月18日 (月) 18時14分

おかえりなさい!同じ東北でも日本海側と太平洋側では雪の降り方が違いますね~
仙台に友達がいるんだけど、行った事ないんですよね~
歴史は苦手だったけど、ナベショーさんの解説は判り易いです。
帰りの電車は眠ってきたのかな?モンタくんは何泊お留守番できたのでしょう?
偉い子ですね~

投稿: kawazuzakura | 2010年1月18日 (月) 20時38分

kawazuzakuraさま
そうなんですよ、、東北も裏日本と表日本では、雪の降り方が違う。
仙台では雪が無いんですから、、、
仙台のお友だち、、、青春18きっぷで、一日で行ける距離ですよ。
帰りの電車、、ず~と本を読んでました。
上野で読み切ったので、それからは週刊文春を、、
モンタの留守番、二泊三日だね!
おりこう、おりこう!

投稿: ナベショー | 2010年1月18日 (月) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青春18きっぷの旅 雪の米沢から仙台へ | トップページ | ピンクの梅が咲き始めたよ! »