« クリスマス・ローズが咲き始めた! | トップページ | 今日はモンタが、、、 »

2010年2月15日 (月)

懐かしき故郷の味

ブログランキング人気blogランキング 花、ガーデニング」部門にエントリーしています。

Img_7063_sp0000

何と言う花だろう?

先日、HCに行ったら苗が売ってた。

やはり、難しくて覚えられないカタカナの名札が付いていた。

Img_7064_sp0000

紫色の鮮やかな花弁

Img_7066_sp0000

これも元気の出る花だよ!

昨日の荒れた茶畑

今日も雨の降らなかった午前中に、、、

まず、下の畝まで大雑把に刈り終えた。

Img_2341_sp0000

今度は、さらに低く刈り下げ、、、

ところが、整枝機の馬力が不安定、、おまけに刃が一枚、欠けてしまった。

午後に、農機具店に、ドック入り

お昼には、鯖の棒寿司

Img_2349_sp0000

鯖を薄く切って、ソフトな握り寿司も美味しいが、伝統的な鯖寿司も、立派な大きな鯖の時は、作ってみたいもの、、、

ずっしりとした食べ応えがある、、、、懐かしき故郷の味である。

子供の頃、丹波の故郷では、母が若狭から来る行商のおばさんから塩鯖を買って、酢で絞めて、鯖寿司を作った。

お祭りや法事などの時は、数十本作ってたよ。

木の型に入れて作る押し寿司だったが、、、、

僕のは竹のスダレで巻いて作る棒寿司、、、この方が簡単に作れるし、形も丸く整え易い。

夕食には、、、、

味醂と醤油に漬けてあった鯖のい切り身に小麦粉まぶして、油で揚げて、

人参、シイタケ、玉ねぎ、ピーマンなどと炒めて、醤油、味醂、片栗粉でとろみを付けた中華風

Img_2356_sp0000

小魚の干物のから揚げ、、、ポン酢でいただく

Img_2362_sp0000

固形物のたべられない義母用に、、、

長芋のすりおろし、豆腐、エビ、卵、ネギ、花カツオ、醤油出汁を混ぜて

油で揚げる

Img_2359_sp0000

明日の分もあるわね、、と妻が言うけど、結局ほとんど全部、食べてしまう、、、

モンタ、、じろじろ見ないで、、

Img_2312_sp0000

訪問、ありがとうございました。

お帰りの際は、人気blogランキングブログランキングを、是非クリック(一日一回)お願いします。

|

« クリスマス・ローズが咲き始めた! | トップページ | 今日はモンタが、、、 »

コメント

仙台単身赴任の「まつ」です。

いつも鯖の調理に感心してます。

どこかで聞いたのですが、焼津の真鯖は日本一だとか?
ほとんどが京都の料亭送りになっているとか

もともとの若狭あたりの「鯖街道」は、今は入荷が少なく、とはいっても「ノルウェー産」では油があって、〆鯖にはむかない。。

ところで、一つ質問です。
ナベショーさんは、「真鯖」でなく「ごま鯖」をよく使ってますよね。

一般的に、ゴマは〆鯖には使わないのでは?
新鮮だったらいいのかな?
スーパーでは、真鯖ですら「これシメていい?」と店員さんに聞くと、
「うーん、加熱してください」と言われるんですよね。

真鯖か、ゴマ鯖かは、「味」の問題で、鮮度とは関係ないんでしょうかね?

投稿: | 2010年2月15日 (月) 23時23分

どっしりした鯖寿司もできましたね。昨日ソフトなのがすきと書いた後から,もしかしてこちらの方も作られたかなと思ってました。あたりです。!こちらの方は,日保ちがしますね。でも一切れでお腹はいっぱい!
お茶畑の整枝って大変ですね。手が震えますね。この畑もナベショーさんの手にかかり,綺麗な畑になっていくんですね。モンタ君,こんなお茶畑を走ってみたいね。

投稿: tirokuro | 2010年2月16日 (火) 06時31分

鯖寿司はナベショーさんの定番料理ですから敢えて触れず~coldsweats01

鯖の中華風・・・酢豚の鯖バージョンみたいなんですね。
これ、お野菜も美味しく食べられそうでいいです。

投稿: ば~ば | 2010年2月16日 (火) 09時25分

おはようございます

子供の頃、花弁がもう少し丸い百日草が何処にでも咲いていたのを思い出しましたが、今は全くお目にかかりません。
鯖の棒寿司が美味しそうですねぇ~買ったらお高いです大阪の「すし萬」は好物ですが中々手が出ません。
中華風もから揚げもいいですねぇ。お義母さま用は何時も感心させられます。
整枝機のドック入り・・・ナベショーさんも無理をなさいませんように・・・お節介でした。
モンタ君、男子も身だしなみが大切やもんね。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年2月16日 (火) 09時31分

まつ さま
焼津には数軒の塩鯖加工の会社があって、大きな真鯖は新鮮なうちに塩鯖に加工されて、京都、大阪の老舗の鯖寿司店や料亭に出荷されてるとか、、、
郷里の綾部でも、スーパーに出てる大きな塩鯖も、「焼津の塩鯖」て書いてありました。
母は、やはり焼津の塩鯖出なくちゃ、、と、それを酢で〆て鯖寿司を作ってましたね。
真鯖(平鯖)に比べ、ゴマ鯖(丸鯖)は鮮度が落ちやすいけど、新鮮で脂の乗った大きいのは刺身にしても、酢〆にしてお寿司も美味しいです。
九州では、郷土料理にゴマ鯖を刺身にして胡麻や醤油、胡麻油などで食べる胡麻鯖が有名ですし、土佐の姿寿司はゴマ鯖で作っています。
真鯖もゴマ鯖も、鮮度が落ちたのを食べると、当たって蕁麻疹が出る人もあり、寄生虫にやられることもあります。
したがって、スーパーでは生で食べるのは勧めないでしょう。
寄生虫は、鮮度が落ちると内蔵から身のほうに移動するそうなので、新鮮なうちに料理すれば安全だと、僕は信じてます。
僕は、基本的には、早朝に漁港に揚がったばかりの鯖を、朝に買い、すぐに調理して、煮付けたり、塩を振って冷蔵庫へ、、

投稿: ナベショー | 2010年2月16日 (火) 11時55分

tirokuroさま
そう、数切れでお腹がいっぱい、、、でも、紅生姜で食べる鯖寿司 美味しいです。
でも、大きな脂の載ったのでないと美味しくないですね。
整枝機を使った日は、手と腕がガタガタ、、茶碗を手に持ったつもりが落としてしまう、、
モンタ、、茶畑は駄目だよ、、迷子になって帰って来れなくなるから、、

投稿: ナベショー | 2010年2月16日 (火) 12時00分

ば~ばさま
鯖の中華風、、そう 酢豚の鯖バージョンですね。
煮付け、塩焼き、中華風、鯖寿司、、3本の鯖もすぐに無くなってしまいます。
酢で〆たのを、冷凍しておくと、酢ものやサラダにも使えるのて重宝です。

投稿: ナベショー | 2010年2月16日 (火) 12時04分

ムックのお母ちゃんさま
花だけみれば、百日草ですね。
大阪や京都の老舗で買ったら、数千円、、もっとするかも、、一度、どんな美味しさか、食べてみたい気持ちもあるけど、、僕の鯖寿司と比べてどちらが美味しいかな?
整枝機のドック入り、、、5年前に始めた頃は、腰も腕も痛くなって半年以上、堪えました。
今は、慣れましたが、、、

投稿: ナベショー | 2010年2月16日 (火) 12時08分

はじめまして、はなごよみというブログです。
今日のお花の名前はディモルフォセカですよ。ピンクの濃淡で色んな色があって素敵ですよね。宿根草なので花が終わって切り戻しておけば何年でも楽しめます。我が家にも一鉢あって今一輪咲いています。薄いピンクです。買ってこられたのでしょうか?

投稿: manot | 2010年2月16日 (火) 13時08分

きょうはお友達の「絵手紙」展覧会に日本橋まで行ってきました。昨日の残りがあるので使い切ってしまおうと今夜のメニューは酢豚!ナベショーさんのブログでサバを使って同じようなのがありおどろきました。サバを使ってもいいのか!私は出来合いのから揚げを買ってきました。酢豚ではなく「酢鶏!」ですね!

投稿: せっちゃん | 2010年2月16日 (火) 15時54分

私は 一昨日の握り寿司がいいな!

お花の名前【ディモルフォセカ】ですって。
私も カタカナ名前が 頭に入らなくて・・・・
コレも 加齢の せいかしら ね。

お義母さん、たくさん 食べられますねぇ。
口から 入れられる 栄養が一番! 娘殿、婿殿の愛情タップリ入った・・・ 美味しいから 食べるんだよね。

投稿: シーちゃん | 2010年2月16日 (火) 17時54分

こんばんは
お花はオステオスペルマムかと思ったのですが…違うのかな。
寒鯖の季節ですね!
次男がこの写真をみたら「食べたい」と言うこと間違いなしです。

投稿: でつ | 2010年2月16日 (火) 21時43分

仙台単身赴任の「まつ」です。

長年の謎が、わかりました!!

投稿: | 2010年2月16日 (火) 21時51分

manotさま
ようこそ、、ブログはなごよみ、先ほど行ってきました。
ディモルフォセカ、、HCで見たのですがカタカナの名前を覚え切れませんでした。
教えて頂き、ありがとうございました。
いろいろな色があり、宿根草なら手入れも簡単かな?
ぜひ、庭に植えたいものです。
近所の庭に咲いてるのを撮りました。

投稿: ナベショー | 2010年2月17日 (水) 00時02分

せっちゃんさま
酢豚、酢鶏、酢鯖、、中身は異なっても、作り方は同じ、みな野菜も豊富に食べられて、美味しい料理ですね。
鯖、、一度に食べ切れないので、小さめの切り身にして、味醂と醤油に漬けて冷蔵庫に保存してました。
小麦粉つけて揚げてたら、妻が酢豚風に料理しました。

投稿: ナベショー | 2010年2月17日 (水) 00時06分

シーちゃんさま
握りのほうが、ソフト感があり、たくさん食べられます
ね。
僕は子供のころからカタカナの名前が覚えられなくて、、記憶力と集中力が弱いようです。
ディモルフォセカ、、難しい名前だね。
義母、、咀嚼して、ごっくんと飲み込むことをしないで、次々口の中に入れるから、しまいにはむせて、喉に摘める、、、困ったものです。

投稿: ナベショー | 2010年2月17日 (水) 00時10分

でつさま
オステオスペルマムとディモルフォセカ、、、同じ花の異なる呼び名でした、、、、Netに書いてあったよ。
寒鯖、、脂が乗ってて、お寿司が美味しい、、
息子さんの大好物、、頑張って作らなきゃ~!

投稿: ナベショー | 2010年2月17日 (水) 00時14分

まつ さま
謎が解けて良かった、、、
鯖の寄生虫にやられると、すごく痛いそうです。

投稿: ナベショー | 2010年2月17日 (水) 00時15分

ナベショーさま、こんばんわ。
この花は、”デモルフォセカ”ですね。
このデモルは、濃い紫色のきれいな色ですね。
いろいろな色があります。
我が家はもう少し薄い紫。白っぽいピンク色もあります。
花期が終わったら切り戻しをしておくだけで
毎年たわわの花が咲いてくれますよ。
一鉢で立派に成長しますよ。

投稿: にりんそう | 2010年2月17日 (水) 22時02分

にりんそうさま
ディモルホスカ、、、みなさんに教えて頂いて、なんとかな名前を覚えました。
思いだしたい時、出てくるかの保証なし。
色いろな色の中でも、この濃紫はきれいです。
ぼくも庭に植えてみます。

投稿: ナベショー | 2010年2月17日 (水) 23時08分

綺麗な色のお花happy01
写真お取りになるのお上手だし
料理もhappy01
美味しそうで自分も食べてるようで
嬉しいですhappy01

投稿: HIROHArt | 2010年2月19日 (金) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマス・ローズが咲き始めた! | トップページ | 今日はモンタが、、、 »