« 早春の毛無山へ | トップページ | 今日は良い買いもの! »

2010年3月30日 (火)

荒れた茶園に作った広場に、、、

ブログランキング人気blogランキング 花、ガーデニング」部門にエントリーしています。

Img_9020_sp0000

園芸カタログで白モクレン、、、で購入した苗を庭に植えて、かれこれ10年以上

白モクレンというよりはシデコブシ、、、

Img_9037_sp0000

クチャクチャになった白い花ビラ

Img_9035_sp0000

青い空にまぶしいくらい、、、

Img_9019_sp0000

木が小さい時は、あまり蕾が付かなかったが、今では大きくなって花もたくさん、、、

Img_9022_sp0000

蜜蜂の巣箱、、、標準箱に巣脾8枚と餌箱で蜂が満杯

7日前、4個中、2個に王台が出来た。

まだ寒い日もあるこの時期に王台が出来るのは、あまり好ましくない。

女王蜂の産卵能力が減少してきたために、働き蜂達が新しい女王との交替を望んでいるのである。

このままでは、来週4日頃には、新女王が誕生する。

ということは、後二、三日すると、今の女王蜂が仲間を引き連れて巣箱から出て行く。

今日、実行すべき選択は二つ

一つは、王台を潰して、新女王の誕生を阻止する。

他の一つは、群れを二つに増やす、、、旧女王と新女王の群れに。

4日後に生まれる王台のある巣脾と有蓋蜂児がたくさんある巣脾の二枚を別の箱に移す、、、、

誕生した新女王が、交尾して、産卵を開始したら、新しい群れが出来る。

でも、何故か王台の中の幼虫が死んでたり、交尾飛行中にツバメに食べられたりして、新し群れを作るのに失敗することも多々ある。

失敗したら、旧女王の群れと合同する。

成功したら、新しい群れを増やせたことになる

もし、旧女王の産卵能力が劣っていれば、群れから旧女王を除いて、新しい女王の群れと合同する。

まあ、こういう手法で、女王蜂の更新をしたり、新しく群れを増やしたりする。

今日は、小さな巣箱に王台のある巣脾と有蓋蜂児がたくさんの巣脾を入れて、

先日作って用意した竹薮の荒れた茶園の広場に移動させました。

Img_3808_sp0000

蜂の興奮が収まってから、巣門を開ける、、、

ここはどこだろう、、?

間もなく、巣門から飛び出して、新しい箱の置かれた場所を覚える

盆踊りをしてるのではありません。

Img_3811_sp0000_2

元の巣箱の位置から6km離れているので、働き蜂が元の巣箱に帰ってしまうことは無いだろう。

さて、せっかく来たのでタケノコは?

見つけました、、、出てました!

Img_3814_sp0000

鍬で回りの土を除き、、、

Img_3820_sp0000

白い根が見えてくるまで、、、

Img_3821_sp0000

えいっと気合をかけて、鍬を打ちこむ!

Img_3822_sp0000

今日の収穫は!

Img_3823_sp0000

すぐに米糠で茹でて、、、

タケノコのお刺身!

Img_9093_sp0000

モンタ、、、大きな目!

Img_9083_sp0000

訪問ありがとうございました。

お帰りの際は、人気blogランキングブログランキングを、是非クリック(一日一回)お願いします。

|

« 早春の毛無山へ | トップページ | 今日は良い買いもの! »

コメント

ミツバチ箱作ってあげればそれでおわり!と素人の私は思っていましたが簡単ではないのですね!
今夜も寒い夜でした!お月様がそのぶん綺麗に輝いてまるでモンちゃんの瞳のようでした!

投稿: せっちゃん | 2010年3月30日 (火) 23時07分

おはようございます

蜜蜂さん達の成長は見極めが難しいそうですね。
経験と観察力がとても大切で人間の子供と同じなような気がします。話をしない分見守りも必要ですね。
掘りたてだったら灰汁もすくなくて、お刺身も美味しそうですね。
以前、主人の知り合いに二度ほどタケノコ堀りをさせて貰いました、鍬を入れる方向が難しかったです。掘った後は土を戻して身体は応えましたが見つけるとウズウズ掘りたくなって楽しかった思い出です。
モンタ君、大きなお目目でハンサムで~す思わず睨めっこしましたよ。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年3月31日 (水) 09時36分

筍の刺身は魚同様に鮮度が命、掘りたてを直ぐに茹でるのが美味しさですね。

この辺のスーパーで皮付きを買っても、刺身には出来ません。
それなら、産地(国産)で掘って茹でて即真空パックされた筍の方がまだ美味しいことがあるって知りました。

鮮度のいい筍・・・香りからして違いますものね~。

投稿: ば~ば | 2010年3月31日 (水) 09時48分

筍をお刺身で食べられるとは 何とも羨ましい限りです。
掘って直ぐ茹でるなら糠も要りませんね。
ちゃんと筍掘り用の鍬もあるし・・でも竹林を借りたわけじゃなく元は確かお茶畑。
筍もそのままにしたら竹林が荒れるし 蜜蜂にも住みよさそうな所で一挙両得?
蜜蜂は一年中目が離せない大変な仕事だと何時も感じてます。

投稿: ミモザ | 2010年3月31日 (水) 13時15分

新しい女王蜂を育てたり,群れを増やしたりするって,ナベショーさんのように鋭い観察眼を持ってないとできないみたいですね。ドキドキの1週間かしら。それともナベショーさんは,うまくいきそうだからワクワクの気分かも知れませんね。
モンタ君,体力温存の日々かな。

投稿: tirokuro | 2010年3月31日 (水) 18時17分

せっちゃんさま
空箱を置いておけば、自然に蜜蜂が入って、蜂蜜を集める、、、それを絞るだけ、、てな具合では無かった。
日本蜜蜂は、それに近いのですが、神経質で、飼い主が気に入らぬと、即引っ越ししてしまう、、
夜は冷えますね。
今朝も霜が降りてました。

投稿: ナベショー | 2010年3月31日 (水) 20時31分

ムックのお母ちゃんさま
よく観察して、愛情を持って育てる、、子供と同じですね。
世話がかかる分、可愛さも大きい、、
タケノコ堀り、、力も要りますが、コツがありますね。
専用の鍬もありますが、僕の鍬では、力を入れすぎると折れてしまいます。
ちゃんとうまく掘れた時は嬉しいものです。
掘りたてを茹でると、エゴ味もなく、甘くて美味しいものです。
モンタの目、見つめられるとドキドキでしょう。

投稿: ナベショー | 2010年3月31日 (水) 20時39分

ば~ばさま
JAの朝市、スーパー、八百屋、、お店に並ぶのは、掘った翌日になってしまう。
硬くなり、エゴ味も出てきます。
掘って、一時間以内に茹でる、、、に勝るものはありません。
産地なら、掘ってすぐに茹でて、真空パック、、これならOKですね。
高級料亭の筍料理、、掘りたての茹でたのを、農家から仕入れてるのでしょうか?

投稿: ナベショー | 2010年3月31日 (水) 20時45分

ミモザさま
田舎に住んでも、自分の竹薮を持たないと、タケノコは自由に手に入らない。
借りてる山は、お茶よりも、タケノコのほうが魅力です。
周囲が竹林なので、タケノコ退治しないと、どんどん浸食されてしまいます。
蜜蜂、、一年中、それぞれ管理に目が離せない、、、
否、一年中、楽しませてくれるゲームみたいなもの。

投稿: ナベショー | 2010年3月31日 (水) 20時51分

tirokuroさま
長年、養蜂を業としてやってる方達の話を聞くと、なかなか奥が深いものです。
基本は教わったので、毎年、いろんな状況の中で試行錯誤しながら、自身のやり方を確立していく、、、うまくいけばラッキーですね。
モンタ、、外は寒かったり、暖かかったり、、やはり部屋の中がいいね~

投稿: ナベショー | 2010年3月31日 (水) 20時58分

さすがナベショーさん、蜂の気持ちよく分かりますね。
新しい巣箱の場所だったのですか~
新、旧、どちらも巣として無事に大きくなって欲しいです。

不思議の国のモンタ?

投稿: MONA | 2010年3月31日 (水) 21時57分

MONAさま
この場所、、問題が一つ、、、
近くの蜂場のたくさんの蜜蜂の巣箱を見に行ったら、、れんげ蜜採取のために、全部4月中は遠くに移動してた、、、ガ~ン!
新女王が交尾する相手の雄蜂がいない、、、自前の巣箱の雄だけでは少ないし、、、困った、困った!
モンタは、ちゃんと知ってたね~

投稿: ナベショー | 2010年4月 1日 (木) 06時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早春の毛無山へ | トップページ | 今日は良い買いもの! »