« トサミズキの花 | トップページ | もうワラビが出てた、、 »

2010年3月 9日 (火)

浜松の鍾乳洞「竜ヶ岩洞」へ

ブログランキング人気blogランキング 花、ガーデニング」部門にエントリーしています。

Img_3092_sp0000

さあ、このピンク一色の見事な花は?

梅でもなし、まさか桜、、否、否、、、、ミヤマツツジや三つ葉ツツジにしては、開花が早すぎるし、、、

近くへ寄って、よく見ると、、

Img_3094_sp0000

やはり、ミヤマツツジの仲間だ!

このツツジの木の前が、、、、

Img_3058_sp0000

浜松市の北、引佐町にある 鍾乳洞「竜ヶ岩洞(リュウガシドウ)

前々から行きたいと思ってたところ

Img_3061_sp0000

観光案内によれば、、、

ここに鍾乳洞があることは、大正時代には地元の人達にすでに知られていた。

夕暮れに蝙蝠が飛び出してくる洞窟は、子供たちの探検遊びの場でもあった。

Img_3070_sp0000

その洞窟の一番奥まったところに、探検に入る度に覗きこんでは引き返す幅50センチ、高さ10センチの小さな窓があり、

そこから噴出してくる風、そして懐中電灯に照らされた先には、確かに空洞が続いているように見えた。

Img_3080_sp0000

1981年、一輪車に粘度を積んで運び出し、洞窟内の整備を進めていた地主の戸田貞雄氏の理解を得た二人の洞窟愛好家が手掘りで拡張作業を始めた。

この時、戸田氏は70歳代、、

地下水と粘土の上に腹ばいになっての作業、、、全身泥だらけの3日後、、

遂に抜けることに成功、、、

Img_3082_sp0000

懐中電灯に照らしだされた前方の鍾乳石の数々、、、

幾多の難所を突破し、その後の調査で総延長1000mに及ぶ洞窟であることがわかった。

Img_3084_sp0000

有名な秋芳洞の大きなには及ばないが、こんな近くに大きな鍾乳洞を見られるなんて、、Img_3086_sp0000

太古の地球の空気は炭酸ガスが多い、、、それを海の生物のサンゴ虫が取りこんで炭酸カルシュウムに固定、、

このサンゴ虫の炭酸カルシュウムの死骸、すなわちサンゴが堆積、、、、、

これが堆積して、熱と圧力で石灰岩に、、、

これが隆起して石灰岩の山に、、、、

2億5千年前の地層、、、

空気中の炭酸ガスで弱酸性に地下水によって溶かされて、鍾乳洞は幾万年の年月をかけて出来上がる

100年に1センチという速度、数万年という年月で鍾乳石は成長するのである。

竜ヶ岩洞の探検と発掘、、、

洞穴の行きどまりの小さな窓、必ずその先があると信じて穴を突破した戸田氏と洞窟探検家の執念

男のロマンだね!

今日も、モンタにはわからぬ話

Img_3054_sp0000

訪問ありがとうございました。

お帰りの際は、人気blogランキングブログランキングを、是非クリック(一日一回)お願いします。

|

« トサミズキの花 | トップページ | もうワラビが出てた、、 »

コメント

鍾乳洞!見たことないけど、近場で発見されてよかったですね!昨夜の雪!今朝はとけて道どろどろです。
三つ葉つつじもう咲いてるんですね?

投稿: せっちゃん | 2010年3月10日 (水) 10時24分

ずいぶんと昔になりますが日本三大鍾乳洞のひとつ「龍泉洞」に行って感動したことを思い出しました。

奥多摩にも関東随一の日原鍾乳洞があるのですが、2度行って一度も見られてません。
混雑で、入り口まで行くのに数時間待ち・・・そんな日にばかりあたって~。
今度は空いてそうな時季ハズレの平日に行ってみましょう。

鍾乳洞にしても、富士山の風穴などにしても、自然の作り出す不思議に触れるのは感動しますね。

投稿: ば~ば | 2010年3月10日 (水) 13時21分

こんにちは~

沖縄が返還される以前、観光地化されてない与論島の鍾乳洞に入ったことがありました。地元の方も素朴でお茶をよばれたり方言教えて頂いたり・・・でも誰も居ないと思っていた鍾乳洞で声を(親切心で)かけられた時は友人と2人腰を抜かすほどビックリしました。
戸田貞雄氏が掘っていらっしゃる時代にナベショーさんも一緒だと参加されてたような気がします。プロジェクトX挑戦者たちですね。
モンタ君もしっかり聞いてるようにもみえますが・・・

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年3月10日 (水) 15時04分

せっちゃんさま
山口県の秋吉台、初めて秋芳洞に入った時は、その規模の大きさ、美しさに圧倒され、感激しました。
それほど出なくとも、鍾乳洞を見学するのは、わくわく興奮するものです。
昨夜の雪、今朝はドロドロですか、、、天気がやっと回復しましたね。
三つ葉ツツジでは無いけれど、良く似た園芸種だと思います。

投稿: ナベショー | 2010年3月10日 (水) 18時10分

静岡はもう春真ん中ですね。暖かそう。昨日はこちらでは雪が降り5cmほど積もりました。でも春の淡雪だったみたいで,今日はもうありません。首がどんどん長くなります。
鍾乳洞のお話,興味深いです。その先に穴がありそうだと思っても,勇気がいったでしょうね。まだみぬ世界へは誰もがあこがれます。モンタ君はどんな世界へあこがれるんでしょう。

投稿: tirokuro | 2010年3月10日 (水) 18時29分

ば~ばさま
今、寒い時期の平日なら、がらがらかもしれませんよ。
僕の場合は、他に一組の男女の入場者のみでした。
大自然が、気の遠くなるほどの年月を経て創造した作品、、感動します。

投稿: ナベショー | 2010年3月10日 (水) 19時44分

ムックのお母ちゃんさま
沖縄も鍾乳洞があるんですね。
初めての体験、、いい思い出でしたね。
僕は広島にいた時、母と家族全員で秋芳洞へ行ったのが初めてです。
足が痛い、、なんて言ってた母が、秋芳洞の中を歩いて見て回りました。
もし、まだ未知の鍾乳洞を探検する、、怖くてその勇気がありません。
狭くて真っ暗の中、腹ばいになって顔半分水と泥につかりながら、、、閉所恐怖症で気が狂いそうになるでしょう。

投稿: ナベショー | 2010年3月10日 (水) 19時50分

tirokuroさま
今日は晴れ、雪こそ降りませんでしたが風が冷たい一日でした。
北陸、東北、九州も大雪だったんですね~
急速の発達した低気圧の列島通過で、雪の大荒れの天気、、毎年ありますね。
山の遭難者は無いでしょうね~
暖かい春はなかなか来ませんね~
普通の人なら、閉所恐怖症で狭い穴に入っていく、、勇気が要りますね。
僕は、子供のころ、布団蒸しにされた恐怖の思い出から、暗くて狭いところは苦手です。
モンタの夢、どんなかな~

投稿: ナベショー | 2010年3月10日 (水) 20時01分

こんばんは~~

鍾乳洞~~福島にも阿武隈洞というのがあります
子供が小さいころ連れて行きましたね~~

私の住む地域にも小さいものがあり、中に入ったことが
ありますが、ほんとに小さいものなので腹ばいのところもありました。
中には蝙蝠も何匹かいましたよ・・・・・coldsweats02

モンタ君~~鍾乳洞?・・・・  おいらは温かい窓辺で日なたぼっこが最高さheart01

投稿: れんげ畑 | 2010年3月10日 (水) 21時31分

こんばんは。雪、約20センチくらい、積もりました。(T_T)寒いです。 ナベショーさん、秋芳洞に行かれた事あるんですね。夏は、とっても、涼しいです(*^o^*)。秋吉台や大正洞、景清洞は、行かれましたか?秋吉台は、山焼きがありますが風向き次第で、山を越えて灰が飛んで来ます(T_T)。ドライブには、良い所ですが。f^_^; 竜ヶ岩洞、行って見てみたいですね。 ツツジ凄い大きいですね。見事です。(#^-^#)
モンタくんは、男のロマンより、カリカリかな?

投稿: さくら | 2010年3月10日 (水) 21時34分

れんげ畑さま
日本全国に、規模の大小はありますが、たくさんの鍾乳洞があるんですね。
腹ばいで、、、ちょっと怖いですね。
もちろん、照明はあるんでしょうね。
コーモリの住み家、、このほうが気味悪いです。
モンタ、、狭くて小さな穴の中が好きじゃなかったかな?
一年中暖かいし、、、

投稿: ナベショー | 2010年3月10日 (水) 21時54分

さくらさま
雪20センチ、、なんと、なんと 大雪ですね。
広島県の大竹に住んでいたので、秋吉台には2回行きました。
でも、秋芳洞ばかりで、ほかにも大正洞や景清洞という鍾乳洞があることを知りませんでした。
浜松の竜ヵ岩洞は小さいですが楽しめます。
ツツジもこれくらい大きくなると壮観、、庭に一本、これくらい大きいのがあったら、すごいのですが、、
モンタ、は食べてりゃ御機嫌!

投稿: ナベショー | 2010年3月10日 (水) 22時09分

浜松竜ヶ岩洞は独身時代に行ったっきり・・・その時には小さいとは思わなかったけど秋芳洞と比べると確かに小さいですね。秋芳洞へは真夏に行ったので、とっても涼しくずっとこの穴の中にずっと居たいと思いましたbleah

投稿: kawazuzakura | 2010年3月11日 (木) 21時57分

kawazuzakuraさま
独身時代に、、もう何年前のことでしょうか。
秋芳洞が大きすぎるのでしょう。
こんな地底に長く入り込んだ洞窟、、、自然が数千万年かけて造る作品、、感動します。

投稿: ナベショー | 2010年3月11日 (木) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トサミズキの花 | トップページ | もうワラビが出てた、、 »