« アザミの花 | トップページ | ニワセキジョウの花 »

2010年5月13日 (木)

スイカズラの花

ブログランキング人気blogランキング 花、ガーデニング」部門にエントリーしています。

Img_0367_sp0000

スイカズラ

茶園の側、、山の岸に絡んでたスイカズラの蔓

花が咲きはじめたよ!

香りがとても良いよ、、、、

ジャスミン、蜜柑、みな同じような甘い香り

Img_0375_sp0000

今朝は昨日よりも気温が低い、、、山間部では霜注意報

TVの天気予報でやってた、、

八十八夜から数えて十日、、、

今頃の霜の事を昔から「九十九夜の夜泣き霜」と言うそうな、、、

そう、今頃霜が降りたら、ほとんどの作物は大被害、、、

おいおいと夜泣きしたくなるだろう、、、

お茶摘みも、後二日、、、

新しい茶刈り機にもやっと慣れて、綺麗に刈れるようになった。

最初の頃の刈り面、、

Img_5387_sp0000

密度も低いこともあるが、深く刈り過ぎたため、葉の中に茎、否、小枝がたくさん入ってしまった。

今日は綺麗に刈れたよ!

Img_5386_sp0000

小枝はほとんど入らず、、、

夫婦、やっと慣れてあうんの呼吸で、、

さあ、後一日、、、下の方の数畝で、ほとんど刈り終わるよ!

Img_5376_sp0000

向うの山の斜面の茶畑、、、茶刈り機のエンジン音が聞こえてくる

二人用の茶刈り機、、、後ろで袋を持つ人合わせて3人必要!

Img_5385_sp0000

マルミヤさんの工場で、、

昨日のお茶を仕上げたよ。

Img_5389_sp0000

アップすれば、、、

Img_5391_sp0000

今日は、機械が大きな異音を発生、、、夕方修理に来てもらい、、、

あちこちの製茶工場から引っ張り抱っこ、、、

昨日の朝から、まだ自宅に帰ってないとか、、、

僕も帰りが8時前になってしまった、、、

急須でお茶を、、、至福の一杯、

Img_5405_sp0000

モンタにはわかるまいぞ、、、

Img_5392_sp0000

人気blogランキングブログランキングを、クリック(一日一回)お願いします。

様々なカテゴリー分類の、他の方のブログも見ることが出来ます。

|

« アザミの花 | トップページ | ニワセキジョウの花 »

コメント

急斜面での茶刈り作業お疲れ様ですsweat01
新しい機械もあうんの呼吸で慣れるのも早いですね。
やはり奥様がベストパートナーですねheart02

静岡はお茶の香りと富士山と森のナベ松?ですかねhappy01

モンタ君の至福のときは、美味しそうにお茶を飲む
ご主人様を見てる時かしらjapanesetea

投稿: れんげ畑 | 2010年5月14日 (金) 00時02分

おはようございます

綺麗なお茶が出来上がってますね~♪
急斜面でのお茶刈に、機械の故障、連日の作業、本当にお疲れ様です。
立ってるだけでも踏ん張りがいりそうな斜面で、機械を操るなんてご夫婦だからこその「あ、うん」の呼吸ですね。ウチだったら最後までは自信なしで~す・・・
備前焼の急須ですか?至福の一杯・・・こんな時の言葉ですね。
モンタ君も、味は知らなくても香りは分かってるよね。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年5月14日 (金) 08時50分

予定を組んでも、天候、機械、体調などなどどこかにハプニングが出ることがあるものですね。

順調に作業が進むとホッとしますでしょ。

昨日の夫の件、余計なことをお耳に入れてご心配をおかけする・・・ときつく叱られました。

4月から咳き込みと気道出血が続いていますが、本人は痛みも無く元気にしています。
MRIや細胞などの検査結果が出るのは6月初旬になりそうです。

お気遣いありがとうございます・・・お茶は製品化されてからで充分に間に合います。

投稿: ば~ば | 2010年5月14日 (金) 08時54分

スイカズラはいい香りですね。昔へレンケラーがサリバン先生と出合った日にこの花の香り香りを嗅ぐヘレンの様子を訳したことがあります。その時はこの花を知りませんでした。その時この花のことを知っていたら,情景がもっと想像できたたのに・・・。
お茶も,もうすぐですね。機械と言うのは,毎日使うから調子が出るといわれたことがあります。農機具やさんも大変ですね。でも新茶は来年まで味わえません。何とかして・・・ですね。お疲れが出ませんように。
モンタ君のこの顔を見るときがナベショーさんがほっとするときかもしれませんね。

投稿: tirokuro | 2010年5月14日 (金) 09時37分

連日の茶摘みや製茶作業お疲れ様です。
ナベショーさんのパワーは衰え知らずで此方まで元気を頂いてます。
作業を済ませた後のビールの味は堪りませんよね。
ビールって釣られて呑みたくなります 働いて無いのに。
お茶畑からの野の花便りも毎日楽しみです。
今日は新茶と甘いスイカズラの香りが届いて幸せな気分。
スイカズラ 可愛い花に似合わず成長力旺盛で以前玄関前に植えてて困りました。
さすがに玄関からは退去願いましたが強剪定した今も元気に蔓を伸ばしてます。

投稿: ミモザ | 2010年5月14日 (金) 14時20分

れんげ畑さま
やっと慣れてきた頃には、ほとんど終わり、、また来年のお楽しみ、、、
茶摘みしながら喧嘩になる夫婦も多いとか、、、
そう駿河名物、森のなべ松、、って言われるような時が来るかな?

投稿: ナベショー | 2010年5月14日 (金) 21時02分

水をやり忘れてお茶の木を枯らしてしまいました。柿の葉でお茶を作ってみようと思います。

投稿: 蓮華野蜜成 | 2010年5月14日 (金) 21時04分

ムックのお母ちゃんさま
毎年、何らかのハップニング、、でもなんとかなるもんですね。
山の斜面、、それほどではありませんよ。
去年までは20KGの動力バッテリーの上げ下げ、之がたいへんでしたが、
急須、、たぶん昔の万古焼きだと聞いています。

投稿: ナベショー | 2010年5月14日 (金) 21時12分

ば~ばさま
ご主人さま、ご心配でしょうが、今年の新茶でも味わってください。
少し、サンプルとして取ってきたのを、すこしお送りしました。

投稿: ナベショー | 2010年5月14日 (金) 21時29分

tirokuroさま
そうなんですか、、スイカズラの香りをヘレンケラーさんが嗅ぐ、、、ほんとに良い香りです。
製茶機、、なんせ博物館に陳列されてるような古いものなんで、しっかりメンテナンスしないといつ壊れるか、、、でも、意外にタフなんです。
静岡中の製茶工場が動いてるから、製茶機メーカーの技術屋さんは大変です。

投稿: ナベショー | 2010年5月14日 (金) 21時42分

二人に息が ピッタリ合ってきたから キレイに刈れるのかしら ね。 連日の力仕事 お疲れ様です。
ビールでも 何でも 飲んで、 食べて、グッスリ 寝て、 頑張って下さい!!!

先日の【ユキノシタ】 アップで見ると 可愛いですねぇ。 地味な花だから アップの方が いいね。
【アザミ】私も あざみの歌 口ずさみました。
昔(?)の歌は ホント 詩がいい!
今の 歌は 喋り言葉 そのままで 詩(言の葉)の良さが ある歌が少ないですね。
歌い継がれていくのは ヤッパリ 詩が いい!!

投稿: シーちゃん | 2010年5月14日 (金) 21時47分

ミモザさま
20代、30代の若い頃は、毎日会社で身体を動かし、徹夜徹夜で新製品の試作の交替勤務をしてた頃が懐かしいです。
当時はほんとにタフでした。
毎夜、ビールが美味しい、、幸せです。
スイカズラ、、、うちも庭のフェンスに絡ませたら、手がつけられなくなって、切ってしまいました。

投稿: ナベショー | 2010年5月14日 (金) 21時49分

蓮華野蜜成さま
お茶の木、、意外と日照りに弱いです。
挿し木苗を幾度も枯らしてしまいました。
柿の葉のお茶、、、さあどんなでしょう?
蜜蜂、、ほったらかしてるけど、大丈夫かな?

投稿: ナベショー | 2010年5月14日 (金) 21時51分

シーちゃんさま
手伝ってくれるので、ほんとに楽ではかどるよ、、って幾度も幾度も言って、機嫌良くやってくれるように気を遣ってます。
歌、、歌詞をじっくり味わうってことが意外に少ないけど、昔の歌は良い詩が多いですね。

投稿: ナベショー | 2010年5月14日 (金) 21時56分

ただいまあ~!元気で帰ってきました23日の夕方、成田につきました!ご多聞にもれず、時差のためか眠くなったり、いろんなかたづけ物のためゆっくりパソコンに向かっている暇がありません(一人暮らしなのに・・・・・!)読むだけ読んでモンちゃんの顔も見たし安心して普段のせいかつにもどりたいとおもいます。フランスではオプションでジベルニーの庭園に行ってきました帰る日にはオランゼリーの美術館に行ってモネの世界を満喫してきました。お義母様!足の甲はれたとか!私も左足の甲が腫れて少し痛い!

投稿: せっちゃん | 2010年5月25日 (火) 17時42分

せっちゃんさま
お元気で、おかえりなさ~い!
まだまだ、頭の中は美しいヨーロッパの景色や歴史の重みのある寺院やお城、美術館がぐるぐる回ってるでしよう!
ヨーロッパは何回行ってもいいところ、歴史の重みに圧倒されてしまいます。
ゆっくりお休みください。
歩きすぎて、足の使い過ぎでしょうか、、

投稿: ナベショー | 2010年5月25日 (火) 20時08分

すてきな急須をお使いですね。これはどなたの作品ですか?

投稿: 塩笥 | 2011年10月26日 (水) 16時10分

塩笥 さま
この急須、、味わいがあって素敵でしょう!
古い瀬戸物屋さんで見つけて、売り物ではなかったけど、老店主より特に願って譲っていただきました。
気に入っていただいた方に使っていただくのが最も幸せ、、として。
万古焼き、、らしいのです。
小さな銘があるのですが、僕には読めません。
僕も作者を知りたいのですが、、、

投稿: ナベショー | 2011年10月26日 (水) 19時22分

ご回答ありがとうございます。古いものなのですね。写真を見ると藻掛けして焼いているように見えるので、ひょっとしたら常滑かも?とも思いましたが、いずれにしてもとてもいい感じの急須ですね!ちなみに僕は、水野博司さんという方の急須を日々愛用しています。

投稿: 塩笥 | 2011年10月27日 (木) 00時21分

塩笥さま
ありがとうございます。
銘が小さくて判別しがたかったのですが、二文字目が司と読めて、一文字目の博の十が読めて、右の專が細かくて判別不能、、
しかし、まさしく 博司 に相違ありません。
万古焼きではなく常滑焼の水野博司さんの作品だったんですね。
美しい繊細な模様が浮き出てるのが気になっていましたが、常滑焼特有の藻掛けという技法があるんですね。


投稿: ナベショー | 2011年10月27日 (木) 08時57分

そうでしたか!とすると、水野さんのお若いころの作品でしょうね。なんだか嬉しいです。大事になさってください。僕も趣味でブログをやっています。http://sioge.exblog.jp/よかったらのぞいてみてください。それでは失礼いたします。

投稿: 塩笥 | 2011年10月27日 (木) 09時12分

塩笥さま
水野さんのお若い頃の作品、、いつごろなんでしょう?
とても趣もあり、美しい急須で、一生大切にして、楽しむ急須です。
ブログ、、のぞいてきました。
お互いに趣味が似てますね。

投稿: ナベショー | 2011年10月27日 (木) 19時34分

さすがにいつ頃かはわかりませんが、すばらしい急須です!ナベショーさんのお茶にたいする気持ちが、この急須との出会いにつながったのだとおもいます。大切に育ててください!

投稿: 塩笥 | 2011年10月27日 (木) 20時52分

塩笥さま
もう10年ちかく気になってた急須の作者がわかり、ほんとにありがとうございました。

投稿: ナベショー | 2011年10月27日 (木) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アザミの花 | トップページ | ニワセキジョウの花 »