« スイカズラの花 | トップページ | カタバミの花 »

2010年5月14日 (金)

ニワセキジョウの花

ブログランキング人気blogランキング 花、ガーデニング」部門にエントリーしています。

Img_0391_sp0000

ニワセキショウ(庭石菖)、、、アヤメ科

北アメリカ原産、、日本には明治時代に入ってきたそうです。

庭や公園の芝生など、、いたるところに見られる花、、、、なんて言うと、

そんな花あったかしら、、、見たことないわ、、、と思われるでしょう。

Img_0390_sp0000

群生して紫色になるほど咲いている、、、

これはマルミヤ製茶さんの植え込みの中に生えてたの、、、

製茶の合間の、ちょっとした空き時間に、、、、

Img_0385_sp0000

花が咲き終わった後には、丸い実がなる

Img_0396_sp0000

直径一センチもない小さな、小さな花、、、

Img_0382_sp0000

お茶摘みは今日で終わり、、、と思いきや、、、

今日の分を摘み終わった後、まだ3畝残ってる、、、

Img_5411_sp0000

ず~と下、栗の木の下にも、、

Img_5412_sp0000

しかし、約400坪の茶園、明日には遂に全部終わるよ!

Img_5414_sp0000

ず~と向うの山の茶園、、今日もやってる

Img_5416_sp0000

マルミヤ製茶さんのお茶工房

Img_5434_sp0000

こんな素敵な数寄屋風の建物の中に、、、、、、

Img_5436_sp0000

小さな製茶機械が並んでるとは、気が付かないだろうね。

Img_5437_sp0000

いよいよ製茶するばかりの今朝摘んだ茶葉

Img_5432_sp0000

お茶の葉は、干して萎れさせることにより、香りを発する、、、その香りを萎凋香という。

しかし、萎凋作業をしたからといって、香りのお茶が出来るとは限らない。

僕がお茶作りをしてるのは、その萎凋香の発現のメカニズムを解明するのが、僕の究極の目的なのである。

お茶に関しては新参者の素人だが、

化学工場での新規製品の試作製造の経験と知識から、化学の切り口からお茶の世界を眺めることは、まことに興味深いことが多い。

今日も、出来上がったばかりのお茶を淹れて、、、

Img_5449_sp0000

常滑焼の素敵な急須、、、だったのに、幾度も幾度も壊されて、ボンドでくっつけて

かろうじて形を保ってる、、、

いや、モンタが壊したのではないよ、、

Img_5445_sp0000_2 

人気blogランキングブログランキングを、クリック(一日一回)お願いします。

様々なカテゴリー分類の、他の方のブログも見ることが出来ます。

|

« スイカズラの花 | トップページ | カタバミの花 »

コメント

今日のお茶もいい香りですね。この画像は本当に飲みたいって言う気持ちにさせます。
お天気続きでお茶のお仕事も一段落でしょうか。でもナベショーさんにはまだまだいろんな仕事がありますね。
モンタ君,かまってもらえるのはずっと後だよ。自分で遊びにいくしかないよね。

投稿: tirokuro | 2010年5月15日 (土) 06時37分

おはようございます

400坪もの茶畑すごいですね・・・向こうの茶畑さんも励みになってるんじゃないですか?
化学の切り口・・・化学なんて一番苦手な科目でした~
ナベショーさんの経験と知識から、美味しい萎凋茶が生まれるんですね。
万古焼きでしたか・・・今日の常滑焼も素敵です。
いよいよ母が、今日退院で老老介護に入ります。15年前の大腿骨骨折、10年前の父の葬儀から介護は始まってますが今回からはディケアーのお世話にもなります。
モンタ君が壊したなんて思ってないよ~。おばさんは慌て者だから急須の口を直ぐ欠かします。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年5月15日 (土) 07時56分

↓、ありがとうございます。
お茶は美味しい上に、カテキンで免疫力もでき、喉の消毒にもなりますから・・・いまの夫には何よりです。

昨年からの茶畑も、今年はお茶になるのでしょうか。
400坪、そんなに広いところを(しかも斜面で)行ったり来たり・・・想像してるだけで疲れそうです。

投稿: ば~ば | 2010年5月15日 (土) 08時10分

tirokuroさま
今日も良い天気、、晴天より薄曇りくらいが萎凋には良い。
今日で僕の畑のお茶は終わりました。
来週は、高い山の上のお茶、生葉を分けて頂いて、ぜひ揉んでみたい、、
蜜蜂も、畑も、ほったらかし、、庭は草ぼうぼう、、、

投稿: ナベショー | 2010年5月15日 (土) 20時36分

ムックのお母ちゃんさま
400坪と言っても、一反少々、、、、どんどん放棄される茶園が出てきてるので、借りるのは簡単、、
でも、にわか農家にちゃんと世話管理できるのやら、、、
化学、、面白いですよ。
いろんな仮説を立てて実験する、、、萎凋がうまくいくか否か、、、
介護保険の公的サービスをたくさん利用して、こちらの負担を減らすことがいいですね。
うちは、毎日デイサービス、月に2回はショートステイ
に行ってます。

投稿: ナベショー | 2010年5月15日 (土) 20時55分

ば~ばさま
山の斜面を行ったり来たり、、、けっこう疲れますね。
来年は、今のほぼ二倍の面積になるので、さあ~やれるかどうか、、、
ご主人さま、、原因がわかり大したことが無ければ良いですね。

投稿: ナベショー | 2010年5月15日 (土) 20時59分

綺麗に撮った花の写真から始まるブログ、いつも楽しませて頂いています。
ニワゼキショウ、アヤメ科の一番小さな花。
床しい色合い、優しいのに きりっとして風に揺れている たたずまいが好もしいです。

茶摘が終るとホッとされると同時に淋しいのでしょうね。
毎晩の一服、味わいのある急須を選ぶのも とても楽しそうですね。

投稿: Tao | 2010年5月15日 (土) 22時55分

Taoさま
いつも楽しんでいただきありがとうございます。
ニワセキジョウ、、こんなに小さいのに、あのアヤメと同じ種類とは知りませんでした。
ほっとしたいのですが、今月いっぱいは、何やかやとお茶の仕事が入ってきます。
一年に一度のこととはいえ、いろんなことが重なる時期、忙しい事です。
現役中、フリーマーケットや地方の町の陶器屋さん、デパートなどを覗いて、気に入った急須を探しました。
その中から気分で選んでお茶を淹れるのも楽しみです。

投稿: ナベショー | 2010年5月15日 (土) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイカズラの花 | トップページ | カタバミの花 »