« 手揉み茶を作ろう! | トップページ | 庭でパーテイー! »

2010年5月 1日 (土)

虫の知らせが、、、

ブログランキング人気blogランキング 花、ガーデニング」部門にエントリーしています。

Img_0001_sp0000_3

アメリカハナミズキの花

明治の頃、アメリカに桜の木を贈ったお礼に、アメリカからハナミズキが贈られてきた。

Img_9991_sp0000

この春、4個の単箱でスタートした蜜蜂、、、

二つの蜂場を確保したことから、王台が生成したら、それを別の場所に移して新王を育てて、、、、

その間は旧王が産卵を継続し、新王が育って産卵を開始したら、二群を合同して、旧王は処分する、、

という基本方針で、新王への更新を行って来たが、、、なかなか方針通りにはいかないものだ、、、、

女王の産卵状態が急に悪くなって、身体も小さくなり、働き蜂にかみ殺されてしまった女王、、、

新王が産卵を開始したので、合同したが、新王の産卵状態がよくない、、、とか、

そのたびに対処してきたが、もう5月に、、、

蜜柑の花が咲きはじめる5月10日頃までには、とにかく二段の継箱を蜂で満杯にしなくちゃならない。

4月は寒くて、雨が多く、、、

花蜜は入らず、、餌切れを起こして、餓死寸前になったことも、

巣箱の中の産卵圏がいっぱいに広がって、急な寒さのために、蜂が中央に固まった結果、はしっこの巣脾の幼虫が凍死してしまったり、、、

あまりかまい過ぎたり、遊び過ぎてもよくない、、、、、

結局、こういうことに、、、

Img_4986_sp0000

単箱二個を合同したり、旧王の箱を合同したり、、、

5月10日頃から蜜柑の蜜が採取出来るのは3箱ということになった。

このうち、二つは新女王、一つは旧女王

別の荒れた茶園の蜂場は巣脾3枚の小さい巣箱 3個  いずれも、新女王が生まれたばかり

さて、午後からの倉庫の掃除を終えて、夕方5時頃に、、

荒れた茶園の巣箱、、、貯蓄蜜が少ないので砂糖水を与えないと餌切れを起こしそうだな~、、、、と急に気になった。

今から行くの、、、と怪訝そうな妻!

2リットルの砂糖水のボトルを準備して、軽トラで茶園に、、、

何?

Img_4977_sp0000

お茶の木の枝にぶら下がった蜜蜂の分蜂群!

アップしましょう!

Img_4975_sp0000_6 三つの小さい巣箱を置いてる場所から3~5mの位置

いづれかの巣箱から産まれて間もない新女王が働き蜂を連れて分蜂したに違いない。

ということは、1~2日後に新女王が生まれる王台があったということ、、、

今までは、新女王が生まれると、即、ほかの王台は破壊されて、後から新たな女王が生まれることは無かった。

そんな理由で、新王が生まれるまで2~3個の王台を温存放置していた。

王台の中で、産まれるはずの幼虫が死んで腐ってる場合もあるからである。

三つの箱の蓋を取って、中を点検したが、

もっとも働き蜂が少なったる箱、、この箱は、今朝、あるいは昨日に新王が生まれたばかりだよ、、、そんな?

たまたまラッキーにも、軽トラに空の小さい巣箱を積んでいた。

蜂の塊の下に、箱を受けて、お茶の木の枝を折って、蜂を箱の中に収容して蓋をした。

Img_4981_sp0000_2

結局、4個の小さい巣箱になったよ。

それぞれに、砂糖水を与えて、今日のところは、これで終わり!

Img_4983_sp0000

虫の知らせとは、こういうことかな、、、、

蜜蜂の世界では、新しい女王が生まれる数日前に、女王蜂は群れの半分を連れて、巣箱を出て、新しい場所を探して移動する。

Img_9724_sp0000 日本では、昔は、息子が元服し、家督を継ぐと、親である家の主は隠居して、母屋から出て隠居部屋に移動し、母屋を息子に明け渡す、、、、

今は、息子が成人すると、息子が母屋を出て、別のところに所帯を設け、親は相変わらず母屋に居座る。

さて、どちらが本来のあるべき姿なのだろうか?

モンタ、、猫の世界は?

訪問ありがとうございました。

お帰りの際は、人気blogランキングブログランキングを、是非クリック(一日一回)お願いします。

|

« 手揉み茶を作ろう! | トップページ | 庭でパーテイー! »

コメント

さすがです!
虫の知らせというのは,きっと今までの経験から様子を見たいという気持ちになったのでしょうね。
お茶の気に固まっている蜜蜂の様子をTVで見たことがありました。こんなことが起こるんですね。
うちのサクランボの蜜を吸っていた蜂さんたちは,そんな風に出て行った蜂さんたちかしら。どこかに新しい巣を作っているんですね。
猫の世界は,人間と同じでしょうね。モンタ君だって,新しい家を探すなんてしないものね。昔はずっと住み続ける家だったのでしょうけど,今は家そのものが変わってきているから,若い人は新しい方がいいかも。それに隠居部屋など作る余裕もありませんわ。

投稿: tirokuro | 2010年5月 2日 (日) 06時13分

ん!、確かに蜜蜂は虫だし・・・虫が報せたんですね。
良かったですね、分蜂の群れも箱に収まったようだし。

私たち夫婦は息子の結婚を機に、小さな2LDKのマンションに~。
古い家は息子も要らないと言うので、売って息子のマンション代の一部に(私たちは、いつまで暮らすか分からないので賃貸です)。

投稿: ば~ば | 2010年5月 2日 (日) 09時04分

〔虫の知らせ・・〕 なんて、悪い方に 考えちゃった。「ホッ!!、ラッキー!」って 事ですね。
これも 日頃、蜜蜂さん達に 愛情を持っている ナベショーさんに 知らせてくれた 六感!!
「行って良かったよ・・・巣箱を乗せていた・」と、奥様にも ウンチク報告(笑) 良かった~~
働きが悪いと女王様も 食べられちゃうんだ ね。


なんか 気になったのに そのままにして 後悔!は あります。「行こうかな?」って思ったのに 行かなくて・・・ あの時 行っていれば 母と話せたのに・・ 

【アメリカハナミズキ】今 アチコチで咲いていますね。可愛い花。ハナミズキ通りなんて・・。街路樹になっているけど モット 大きくなる木なんでしょう??

投稿: シーちゃん | 2010年5月 2日 (日) 17時23分

まさに危機一髪でしたね。
それにしても軽トラに巣箱も乗っかてたなんて・・
私 こんな蜜蜂の集団を見つけたら卒倒してしまいます。
我が家の裏の家 巣箱を数個置いてるんです。
最初 蜜を取る時蜂が興奮して飛び回り迷惑を掛けるからと蜂蜜を頂き
美味しかったので以来毎年購入しています。
我が家のイチゴがお世話になってるんだからお互いさま
ハウスじゃないけど多分力を貸してもらってるんですよね。
最近その蜜蜂が外の水道の蛇口の所に何匹か集まってるんだけど
どうしてかしら? 水を飲むって事??

GWに入り他県ナンバーの車がどっと押し寄せていますよ。
普段は留守のお宅も明りが灯り賑やかです。
ようやく訪れた春 もったいなくて何処にも出かける予定はありません。

投稿: ミモザ | 2010年5月 2日 (日) 17時24分

tirokuroさま
夕方に見に行くなんて、めったにないことなのに、助かりました。
運が良い、、!
tirokuroさんの庭にくる蜜蜂、、きっと近くに蜜蜂を飼ってるか、分蜂した群れがどこかに巣を作ってるのかもしれませんね。
蜜蜂は、飼い主の世話が悪いと、引っ越しします。
モンタも世話が悪いと、どこか別の家に引っ越すかな?

投稿: ナベショー | 2010年5月 2日 (日) 21時32分

ば~ばさま
分封の群、今朝は箱の底で固まってましたが、夕方見に行くと、ちゃんと巣脾にくっついてました。
居を定める気になったようです。
年取ると、広い家は必要ないので、息子たちに住んで欲しいのですが、、、さあ、将来はどうなることやら、、
種族の保存、という観点からは、蜜蜂のほうが知恵がありますね。

投稿: ナベショー | 2010年5月 2日 (日) 21時39分

シーちゃんさま
ラッキーな虫の知らせでした!
夕方見に行くなんて、今までなかったことでした。
産卵能力が弱くなったら、容赦なく処分されて、新しい元気な新女王に替えられてしまう、、、箱の中に二匹の女王が要らない、、、厳しいけど生き抜くための知恵なんですね。
ハナミズキ、、、刈り込まなかったら、もっともっと大きな木に成るんでしょう。

投稿: ナベショー | 2010年5月 2日 (日) 21時45分

ミモザさま
たまたま、、が重なり、ついてました。
もし、分蜂が始まったら、巣箱に上空を無数の蜂が飛び交い、すごい光景です。
お隣さんの蜜蜂、、其のうち分蜂に遭遇するでしょう。
苺の受粉、、きっとお隣さんの蜜蜂がやってるのだと思いますよ。
蜜蜂は、水溜まりで水を飲みますよ。
水道の蛇口の蜜蜂、、そう水をのんでるんです。
GWは別荘に、、白州、、これから日々若葉で美しくなりますね。

投稿: ナベショー | 2010年5月 2日 (日) 21時52分

たまにありますね。蜂球が3つ出来たり。分蜂して逃げた蜂は所有権はどうなるんでしょうかね?

投稿: 蓮華野蜜成 | 2010年5月 2日 (日) 23時09分

蜂のことはよくわかりませんが虫の知らせで出かけてみてよかったですね!先日お墓参りに出かけこの時期はなみずきが新緑の間から見えてとてもきれいでした。連休2日目は息子一家の来宅で孫たちとも会えて嬉しいでした!道路が混雑して大変だと思いましたがこちらはあまり影響なかったようです。

投稿: せっちゃん | 2010年5月 2日 (日) 23時25分

蓮華野蜜成さま
新王が誕生して一日も経ずに分蜂し、其の直後に第二の新王が誕生、、、こんなことってあるんですね~
逃げた蜂の所有権、、、見つけた人のものかな?

投稿: ナベショー | 2010年5月 2日 (日) 23時38分

せっちゃんさま
ほんとに虫の知らせ、、夕方に見に行くことなんて無いですから、、、
GW、、昔は家族連れて故郷の老いた母のところに、、
今は子供たちが家族連れてやってくる、、、
そういう立場になっているんですよね~
お孫さんにもお会い出来てよかったですね。
こういう混む時は出かけないので、道路や新幹線の混雑も、人ごとになってしまいました。

投稿: ナベショー | 2010年5月 2日 (日) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手揉み茶を作ろう! | トップページ | 庭でパーテイー! »