« 梅雨の庭、生き生きと! | トップページ | 御馳走と言えば、やはりステーキ! »

2010年7月12日 (月)

ムクゲの花

ブログランキング人気blogランキング 花、ガーデニング」部門にエントリーしています。

Img_2364_sp0000

ムクゲの花

アオイ科の花、もっともシンプル 一重のムクゲ

Img_2368_sp0000

葵、ハイビスカス、フヨウ、トロロアオイ、オクラ、、、、みんなアオイ科

Img_2354_sp0000

真夏に咲く花だけど、梅雨空に咲くムクゲも美しい

Img_2352_sp0000_2

小さな小枝の挿し木を植えて、10年も経つと大きな木に成長、、、

Img_2376_sp0000

梅雨の長雨、、、蜜蜂は花蜜を集めることが出来ない。

花も蜜を出さない、、

たくさん貯めた蜂蜜は、ナベショーに取られたために、少なくなってる。

実際は、二段の巣箱の上の箱の蜂蜜だけを採り、下段の育児エリアの蜂蜜は採らない。

しかし、群れは最高に大きく生ってるし、幼虫も多いから、一週間も雨や雨空が続くと、貯蔵してる蜂蜜は空っぽとなる。

蓋を開けて、中を点検、、ギャ~ 、、危ない、危ない!

急遽、砂糖水を準備して、与えることになる。

実際は、餌切れがないように、前もって供給をしているが、、、

Img_7176_sp0000

今日は、4kgの砂糖を湯に溶かして、三つの箱に供給した。

蜜蜂は蜂蜜が少なくなると、みんなで分けあう

そして、蜂蜜が無くなると、最後は全員が飢えて死んでしまう、、、

弱肉強食、、強い蜂が蜂蜜を独占し、最後まで生き残るのではないのである。

雨の日の点検、、、晴れた日に点検するよりも意味がある。

病気の蜂、ダニに寄生された蜂、、などが巣門の近くで死んでいる。

晴れた日には、そういう蜂は、巣箱から遠くに運び出されてるので見ることが出来ない。

Img_7180_sp0000

巣門の近くの蜂の死骸の数や様子を観察することで、その群れの状態を判断することが出来る。

梅雨期の管理、点検は油断出来ない。

今晩は、ちょっと御馳走、、ナベショー亭

数日後には、先日ハワイから帰国した長女が出発する

今度は、シルクロードの中央アジアへ、、、、、期間は、、半年くらいなのかな?

海老、茄子、タラの若葉の天麩羅、玉ネギと牛蒡、人参のかき揚げ

Img_7188_sp0000

実際は、この5倍くらい揚げたよ。

カツオと烏賊のお刺身

Img_7195_sp0000

モンタ、、、お目目パッチリ!、

Img_2340_sp0000

眠くなった、、、眠くなった、、、、瞼が重い、、、、

Img_2342_sp0000

人気blogランキングブログランキング、一日一回 クリックして下さると嬉しいです。

|

« 梅雨の庭、生き生きと! | トップページ | 御馳走と言えば、やはりステーキ! »

コメント

カツオうまそおおおお
野菜のてんぷらって おいしいですよねえ

葵科の花は似てますねえ
見事な花ですね

蜂の生態 なるほろ

モンタ赤ちゃん・・だね
父性あふれるナベショーさん
娘さんの幼い頃も かわいかったことでしょう

投稿: 奈美 | 2010年7月13日 (火) 00時28分

私 蜜蜂の生き方、好きだな~~
餌は分け合って なくなると 全滅! ソレは 種の保存に対しては 弱い?。弱肉強食で 強い モノだけが生き残れる 世界は 幸せ??

蜜蜂さん達、折角 貯めた 蜜は 私も頂きました。ナベショー父さんから 砂糖水を貰って 凌いで下さいね。

ナベショー家の お嬢さん達は、海外で 大活躍なんですね。 つかの間の 日本、ご両親の 手作り料理を たくさん 食べて 元気の 基にして ご活躍下さいな。

モンタ君、不安定な空模様で、何時 降りだすか分からないから お出掛けには 傘を持ってね (笑)

投稿: シーちゃん | 2010年7月13日 (火) 09時03分

蚊かもいるのか。猫役には立たないが,家にいるだけでもいい。

投稿: | 2010年7月13日 (火) 10時37分

おはようございます

アオイ科の、お花は優しくて好きです、やはり一重がいいですね。
蜜蜂さんの生き方は、日本人の生き方、道徳の時間や子供の頃に自然に身に付いたはずなのに・・・自然を知るって大切なことですね。4㎏もの砂糖水、食欲旺盛なのですね、しっかり動いて夏ばて知らずナベショーさんとそっくりですね。
ご長女さんには、色々な栄養補給基地ですね世界中の食べ物で一番ですよね。

モンタ君も元気を注入してるものね~~
シーちゃんさんの補足です・・・長ぐつもね(笑)

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年7月13日 (火) 10時47分

奈美さま
カツオ、、夏はカツオの刺身、タタキ、薬味をたっぷり、、いくら食べても飽きないよ。
天麩羅もついつい揚げ過ぎるけど、翌日は天丼、天麩羅蕎麦、、足りないくらい。
アオイ科の花、一日で萎れてしまうけど、美しいですね。
モンタ、、赤ちゃんに戻りました。

投稿: ナベショー | 2010年7月13日 (火) 16時32分

シーちゃんさま
蜜蜂は、弱い蜂が死んで、強い蜂が生き残っても、群れは存続できないんですよ。
最小限の数が必要で、群れのすべての機能を分担(掃除、育児、蜜集め、、、、)しないと、群れは消滅します。
日本も、田舎が過疎化して、人口が減ると、町の機能が失せてしまって、人が生活出来なくなります、、限界集落。
人間社会よりも蜜蜂の社会の方が、人情も厚く、ヒューマニズムに満ちてますね。
ナベショーが採らなかったら、蜜蜂は砂糖食べなくとも、梅雨を過ごせたのに、、、砂糖を貰って当然でしたね。
長女、、一年に1~2回は帰ってこないとストレスで倒れてしまうそうです。
モンタ専用の合羽と長くつが要るね。

投稿: ナベショー | 2010年7月13日 (火) 16時45分

無記名さま
庭には蚊がわんわんいるよ!
暑くても家の中が一番!

投稿: ナベショー | 2010年7月13日 (火) 16時47分

ムックのお母ちゃんさま
そう、やはり一重が良いですね。
花も大きく、優雅、、、アオイ科の花は良く似てますね。
蜜蜂の生き方、、人間よりもはるかに人道的ですね。
外敵には命を捨てて群れを守り、仕事はみんなで分担し、食べ物は分け合って、死期が迫ったら、巣を汚さず、面倒かけないように、巣から遠くへ行って一人で死ぬ、、
長女、、やはり家で食べるのが一番良いようです。

投稿: ナベショー | 2010年7月13日 (火) 16時57分

このムクゲの花,旅立ちの花と聞いたことがあります。白だったかも。こんな昔からの花を見かけなくなりました。どこも大きくなる木を植えられないのでしょうね。
蜜蜂さん,もう少しの辛抱。そちらの梅雨明けは,あと4.5日で?
長女さん,美味しいものがあるから家に戻ってくる?気軽に戻ってこられるっていいですね。体力つけて,また飛び立つんですね。

投稿: tirokuro | 2010年7月13日 (火) 18時50分

tirokuroさま
朝に咲いて、夕には萎む、一日の花、、、
旅立ちの花、、なんとなくわかりますね。
そういえば、庭にムクゲが咲いてる家、見かけなくなりました。
梅雨明け、、まだまだその気配無し。
今日も、午前中は曇り、雨、、午後は強烈な暑い日差し、夕方からは雨、、、でした。
これじゃ蜜蜂も落ち着けないね。
心身ともに疲れてダウンしないうちに、しばしば美味しいもの食べに帰ってくればいいのに、、と長女には言ってるんですが、、、

投稿: ナベショー | 2010年7月13日 (火) 20時21分

 雨の日の見回り、落ち込んでいましたが、
 巣門前の上り板の上に、幼虫の死骸、スムシ、雄、雌、中には、雨にぬれて、まだ足がうごいているものもいます。
 急に増えたのではなく、晴れの日は、遠くに運び出していたのですね。
 とにかく、死に蜂をみると、病気のこととか、いろいろなことを創造して心配です。
 参考にさせていただいています。

 
 

投稿: 阪田 | 2010年7月14日 (水) 07時34分

阪田さま
14群の管理は大変ですね。
早朝とか雨の日の巣門の前は時々観察する価値があります。
農薬にやられると、死骸の山が出来てるし、ダニが寄生すると羽根が縮れた蜂が這ってるし、寒さで幼虫が死ぬと、幼虫の死骸がたくさん出されてるし、、、、、

投稿: ナベショー | 2010年7月14日 (水) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨の庭、生き生きと! | トップページ | 御馳走と言えば、やはりステーキ! »