« 雑草、恐るべし | トップページ | クサギ(臭木)の花 »

2010年7月31日 (土)

蜜蜂、、今年もオオスズメバチが、、

人気blogランキング 花、ガーデニング部門にエントリーしています。

Img_2991_sp0000

百日紅、、、パソコンでサルスベリと入力してエンターを叩くと、百日紅と変換してくれる。

この花は、日本ではサルスベリ(猿滑り)、、、、木のぼりの上手な猿も滑ったというツルツルの木の幹

それが、中国では、百日間も咲いてる紅色の花、、、確かに暑い夏の間、ず~と咲いてるね。

Img_2988_sp0000

この暑さのため、蜜蜂達も、さすがに巣門の前に出て、羽ばたいて冷却風を巣の中に送ってる

Img_7952_sp0000

天津スダレ、、、少しは断熱効果があると思うのだけど、、、、

実は、昨日のことだけど、、、、すごい光景を見た、、、

カメラを持ってなかったのが、まことに残念!

別の群れの巣門の前、、、

Img_7953_sp0000

こんな少ない蜜蜂ではなかったよ。

蜜蜂が、もっともっとたくさん、直径20センチくらいの円陣を敷いていた。

どうも、いつもの巣門の前の様子と異なるな~、、、、と。

さらに、よく観察すると、、、

円陣の周囲の蜂は、すべて頭を外に向けて、ダッ、ダッ、ダッ、、前進、後退を繰り返す、、、

伝令役の蜂が、前方と後方を忙しく行き来している

まるで、映画に出てくる戦闘シーンではないか!

歩兵隊、騎馬隊、槍隊、弓隊、幾重にも重なりながら巣門の前を固めている、、、

ラッパの音とともに、まさに戦闘開始!

空を無数の矢が飛び交い、騎馬隊が疾走する、、、

これは映画の場面

こりゃ、写真に撮りたかったのに、、、敵はいずこに?

その時、一匹にオオスズメバチが羽音を立てて、どこからともなく飛来し、

巣門の前、30センチ上空をホバーリングし始めた!

ナベショーが、側に置いてある捕虫網を取りに行き、戻ってきた時に、、、、

オオスズメバチが、ホバーリング体勢から、5センチくらいの高さに急降下

その瞬間!

円陣の蜜蜂、数百匹が一斉にオオスズメバチに飛びかかり、地面に引きずり下ろしたのである

のたくり回るオオスズメバチに数十匹の蜜蜂がとりついて、転げ回る、、、

騒然とした中で、やっとオオスズメバチは、蜜蜂の攻撃をふりほどいて退散!

いや~、、すごい光景を見ました。

今年もネズミペッタンが活躍しそうだな、、、

今日のランチはチャーハンImg_7956_sp0000

紅生姜が乗ってるでしょう!

モンタ、、蜜蜂の巣箱に近づいたらいけないよ!

Img_7962_sp0000

人気blogランキングブログランキング クリックして下さると嬉しいです

|

« 雑草、恐るべし | トップページ | クサギ(臭木)の花 »

コメント

すごいところを見ましたね
沢山の力で
誰が教えた訳ではないのに
モンタ
きょとんてかわいい

投稿: 奈美 | 2010年7月31日 (土) 22時03分

サルスベリ、暑い時期に貴重な花。昔、屋敷には植えないと言われたことがあります。すべるから?可愛いのに・・・。
 小さなミツバチも数が集まれば大きな力に!凄い!
写真がないのが残念ですね。
農業用の日除けネットはどうでしょう。遮光率が高いようですが。

投稿: buu | 2010年7月31日 (土) 22時19分

最近愚妻が1番楽しみにしているのがナベショ-殿の
日記です

写真
いつもよくとれております

料理
よくこれだけのレパートリーをプロの料理人を超える
見事な出来栄えでいたく感心しております

あなたも見習ったらとは言いませんが,,,
小生はなにもできませんので

モンタ
弊社にもよく似たパンダ猫が3月までいました
20年間苦楽を共にしました
モンタ殿もしわわせそうですね

ミツバチ
今年の夏は酷暑ですね
ミツバチも暑くて難儀のようです
ダニの駆除はされましたか
耐性ダニによく効くアロマ剤が
ありますので必要ならごいっぽうください

投稿: 芹澤 | 2010年8月 1日 (日) 06時58分

おはようございます

すごい光景だったのですね・・・
オオスズメバチの実物も見たことがないのに
ナベショーさんの解説で、私までが、その場所で見たような気になりました。
蜜蜂さん達の小さなチカラでも団結、協力して退散させたなんて、胸がスッとしましたよ~。
検索して見ましたが、怖い顔してますね。
ナベショーさん、カメラを持ってたら危険だったかも知れないですよ・・・
モンタ君、ちゃんとお話を聞いたでしょ~怖いよね~
クリクリお顔がとっても可愛いです。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年8月 1日 (日) 09時37分

ナベショーさん 写真が無くてもこの臨場感ある文章で充分に伝わりますよ。
むしろ文章だけだと想像力は膨らみますね。
浅田次郎の文章にちょっと似てきたかも??
私も好きで読んでますよ それにしてももの凄い量の作品です。
書いて書いて 競馬場に通って また書いて・・
蜜蜂もオオスズメバチも必死 小さな蜂も力を合わせて戦えばオオスズメバチに勝てる・・
出来ることなら止めを刺して置きたかった 残念。
スズメバチやブヨが怖いので庭仕事は帽子に専用の網を掛けて顔をすっぽり覆ってやってます。
長袖長ズボン長靴手袋・・暑い中この恰好じゃ暑いです。

投稿: ミモザ | 2010年8月 1日 (日) 10時37分

今年もやって来ましたか、オオスズメバチ!
一体どこから嗅ぎつけて来るんだか…
でも 体の小さい蜜蜂が集団で力を合わせて
スズメバチをやっつける、誰に教わるでもなく…
本来備わっている本能からか??

昨年私も我が家で、襲ってきたスズメバチを
蜜蜂が集団で取り囲み、体から熱を出して
スズメバチをやっつける、を初めて見ました。
地面にはスズメバチの死骸がゴロゴロ…。
ナベショーさんのブログに出会わなければ
何をしてるところか全く分らなかったと思います。

ナベショーさん、今度はスズメバチに刺されないように気を付けて下さいね。

投稿: mituemon | 2010年8月 1日 (日) 11時50分

早とちりで,「今年もおすすめ・・・」と読んでしまいました。どんな蜂蜜だろう,昨年はあったかな。
開いてびっくり。もう大スズメバチの季節ですか。
今年はかわいい蜜蜂さんが食べられないように,たくさんのぺっタンを用意してください。
逃げたオオスズメバチは,仲間に蜜蜂の巣のありかを教えるでしょうか。気になります。
モンタ君,外はやはり怖いね。

投稿: tirokuro | 2010年8月 1日 (日) 17時40分

奈美さま
蜜蜂、、すごい知恵です。
数万匹の蜂が、一つの社会、集団を形成し、外敵から守り、次の子孫を残すための営みをしています。
人間よりはるかに優れてますね。
モンタ、、瞳が美しい!

投稿: ナベショー | 2010年8月 1日 (日) 19時47分

buuさま
サルスベリ、、屋敷に植えると、子供や誰かが木に登り、足を滑らして怪我するから、、、ではないでしょうか?
蜜蜂、、2~3000匹以上だと、ちゃんと分業して社会を形成しますね。
人の家庭も、核家族ではダメなんだけどね~
農業用の黒いの、、、良いでしょうね~
でも、それを取りつける支柱が要るな~

投稿: ナベショー | 2010年8月 1日 (日) 19時52分

芹澤さま
御夫婦でブログを見てくださりありがとうございます。。
会社時代の友人からは、妻に内緒で秘かに見てるとか、、、知られると、少なからず、奥さまからのプレッシャーがありそうだから、、、
蜜蜂のダニ、、6月中旬にダニを見つけたので、7月末までダニ剤を入れました。
夏の蜂蜜を採りたいので、今は除いて隔王板を入れました。
秋には、再度入れないとダメかな、、
アロマ剤はまだ試したことがありません。
いろいろ教えてください。

投稿: ナベショー | 2010年8月 1日 (日) 20時00分

ムックのお母ちゃんさま
秋になると、巣門の前に、殺されたオオスズメバチが転がってるのを、よく見かけます。
逆に十数匹のスズメバチに襲われて、蜜蜂の死骸の山になったのもあります。
自然の闘いは厳しいですね。
モンタ、、こんな可愛い顔も出来るんです。

投稿: ナベショー | 2010年8月 1日 (日) 20時58分

ミモザさま
浅田次郎さんの文章に、、、うわ~ 誉めすぎ!
作品、多いですね。
僕も、まだまだ最近のは読んでません。
日本蜜蜂は集団で襲って、熱団子にして焼き殺すのですが、西洋蜜蜂にはそのような知恵は無く、各個で向かって行き、やられてしまう。
しかし、今回は集団で向かって行き、追い払った、、初めて見ました。
庭仕事、、完全防護ですね。
さぞお暑いことでしょう!
蜂は巣に近寄らない限り、大丈夫ですよ。

投稿: ナベショー | 2010年8月 1日 (日) 21時07分

mituemonさま
今年は、春からちょこちょこ来てますね。
虫が少ないためか、、、
日本蜜蜂が熱団子で焼き殺すのを実際に見られたんですか!
すごいすごい!
西洋蜜蜂は、そのような知恵は無く、やられても、やられても、向かって行きます。時々、背中にしがみついて、後ろから首を刺して殺す、、
巣箱にくるオオスズメバチ、、人に向かってくることは無いので安心です。

投稿: ナベショー | 2010年8月 1日 (日) 21時13分

tirokuroさま
今年もオススメ、、なるほど!
オオスズメバチの蜂蜜漬け、、、予約注文とろうかな?
結構、愛用してる人多いそうです。
八月末くらいから、ネズミペッタンが活躍します。
オオスズメバチ、、偵察隊が巣に戻ると、たくさんの仲間で攻撃してくるからね~
今回は恐れをなして、来なかったようです。

投稿: ナベショー | 2010年8月 1日 (日) 21時17分

ホウホウの態で逃げ帰った オオスズメバチが 「ナベショーの蜜蜂は 手強いから近づくな!!」って 報告してくれると いいのだけど・・・・
弱いモノは 集団になって 闘うんですね。
闘いの 指揮官は? 指示されなくても 夫々が 役割を知っていて ・・・?
頑張れ!! 蜜蜂達。 暑さにも オオスズメバチにも。

投稿: シーちゃん | 2010年8月 1日 (日) 21時20分

シーちゃんさま
オオスズメバチもそういう風に学習してくれるといいのだが、、また性懲りもなくやってくる。
女王蜂は産卵に専念、、雄蜂は戦うことなく遊んでる、、働き蜂の行動、、誰が指示して、命令、統率してるのだろうか、、不思議ですね。
命令されなくとも、瞬時に的確に行動出来る蜜蜂!
誰かが命令しないと行動出来ない人間は、蜜蜂よりも劣っているのでしょうね。

投稿: ナベショー | 2010年8月 1日 (日) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑草、恐るべし | トップページ | クサギ(臭木)の花 »